富士通 FR

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

富士通 FR (富士通 RISC) は32ビット RISC プロセッサファミリーである。[1] 新型では浮動小数点と部分的な動画入力アナログ-デジタル変換回路デジタルシグナルプロセッサを備える。Softune, GNUコンパイラコレクションと他の統合開発環境によってサポートされる。

用途[編集]

以前は画像処理専用のMilbeaut 信号処理の制御に使用された。[2][3] 2011年の第6世代とそれ以降の型ではデュアルコアARMアーキテクチャASSP/ASICに変更されたものの、FR制御装置は継続された。

同様にプロセッサコアの1から3がニコンExpeed画像処理プロセッサで内蔵された(3Aと4はARM CPUに移行した)。[4]

出典[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]