Intel 8048

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
Intel 8048 マイクロコントローラ
UV EPROM付きの8749
HP3478Aマルチメーターに使われているIntel 8049。製造時期は1990年第48週。

Intel 8048またはそのシリーズであるIntel MCS-48インテル初のマイクロコントローラである。当初のラインナップには8048、8035、8748が存在した。これらは元々NMOSプロセスで生産されていたが、1980年代初めにはCMOS版も供給された。既存の古い設計をサポートするため、1990年代に入っても製造された。

構成[編集]

8048のアーキテクチャはハーバード・アーキテクチャの変形であり、プログラム用ROM(内蔵または外付け)とデータ用RAMを分離して持っていた。27個のI/Oポートを持つが、それらは独自のアドレス空間にマップされ、プログラムやデータとは分離されている。また1回路の8bitタイマ・カウンタを自前でもっていた。8048の内蔵ROMは1KBで、外付けのプログラム用ROMを用いることもできた。内蔵RAMは64バイトであった。ROMの種類、メモリ容量によってファミリーを形成し、例えば8049は2 KiBのマスクROM(8749EPROM)を内蔵しており、このROMは4 KiBの外部ROMで置き換えることができる。

外部から供給されたクロックは内部の発振器ブロックによって15の内部フェーズに分割される。そこで、最高動作周波数である11MHzの水晶発振器を接続すると、0.73MIPS(1クロック命令について)の性能が出る。1CPUサイクルで実行できる1バイト長の命令もあるが、多くの命令は2CPUサイクルないし2バイトを必要とする。従って実際の動作速度は0.5MIPS程度である。

MCS-48ファミリー[編集]

8049は2KBのマスクROM(8748と8749はEPROM)と128バイトのRAM、27個のI/Oポートを搭載し、ROMは4KBの外部ROMに置き換えることができた。マイクロコントローラのクロック発振器ブロックは入力クロックを15分周し、最大11MHzで0.73MIPSの駆動が可能であった。命令の7割は1命令サイクルあたり1バイトで、3割は2サイクル・2バイトを必要としたため、実際のパフォーマンスは0.5MIPSほどになる。

フィリップス・セミコンダクタ(現NXP)がこのシリーズを生産するライセンスを所有しており、このアーキテクチャをベースにMAB8400ファミリとして開発していた。これらはI2Cインターフェースを統合した最初のマイクロコントローラで、フィリップスの最初のCDプレーヤー「CD-100」に用いられた[1]

Intel 8748はクロック発振器を内蔵しており、8ビットタイマーを2個、I/Oポートを27個、64バイトのRAMと1KBのEPROMを搭載していた。2KB EPROMと128バイトのRAMを搭載したバージョンは8749としてリリースされた。

デバイス 内部ROM メモリ 注釈
8020 1K × 8 ROM 64 × 8 RAM 8048のサブセット、20ピン、13本のI/O
8021 1K × 8 ROM 64 × 8 RAM 8048のサブセット、28ピン、21本のI/O
8022 2K × 8 ROM 64 × 8 RAM 8048のサブセット、A/Dコンバータ
8035 無し 64 × 8 RAM
8039 無し 128 × 8 RAM
8040 無し 256 × 8 RAM
8048 1K × 8 ROM 64 × 8 RAM
8049 2K × 8 ROM 128 × 8 RAM
8050 外部ROMソケット 256 × 8 RAM
8748 1K × 8 EPROM 64 × 8 RAM
8749 2K × 8 EPROM 128 × 8 RAM
8648 1K × 8 OTP EPROM 64 × 8 RAM
デバイス 内部ROM メモリ 注釈
8041 1K × 8 ROM 64 × 8 RAM Universal Peripheral Interface (UPI)
8041AH 1K × 8 ROM 128 × 8 RAM UPI
8741A 1K × 8 EPROM 64 × 8 RAM UPI、8041のEPROM版
8741AH 1K × 8 OTP EPROM 128 × 8 RAM UPI、8041AHのOTP EPROM版
8042AH 2K × 8 ROM 256 × 8 RAM UPI
8742 2K × 8 EPROM 128 × 8 RAM UPI、EPROM版
8742AH 2K × 8 OTP EPROM 256 × 8 RAM UPI、8042AHのOTP EPROM版

応用[編集]

8048は後に開発された8051に駆逐されつつあるが、21世紀を迎えた時点でもなお極めて広く用いられている。コストが低く、広範な応用範囲を持ち、1バイト命令セットによってメモリ利用効率が高く、枯れた開発用ツールが存在することがその理由である。そのため、大量生産される民生用電子機器、例えばTVのリモコン、玩具等といったコストダウンが至上命令であるような製品によく用いられる。

8048はマグナボックスオデッセイコルグTridentシリーズ[要出典]、コルグPoly-61[2]ローランドJupiter-4およびProMars[3]アナログシンセサイザーに使用された。

オリジナルのIBM PCキーボードは内蔵マイクロコントローラとして8048を使用していた[4]。PC/ATではPCのI/Oアドレス0x60~0x63にあるIntel 8255周辺機器インターフェースチップを0x60-0x64にある8042に置き換えられた[5]。キーボードインターフェースを管理するだけでなく、8042はATのIntel 80286 CPUのA20ラインを制御、または80286をリセットするコマンドを送ることができた。(80386やそれ以降のプロセッサとは異なり、80286はリセットする以外にプロテクトモードからリアルモードに戻る方法がなかった。)後のPC互換機では8042の機能をスーパーI/Oチップに統合している。日本電気PC-9800シリーズでは、キーボード側は8048を、本体側は8251Aをもち、I/Oアドレス43Hでアクセスすることができた[6]。キーボードと本体の間はシリアル通信が行われた。シャープX1シリーズでも使用された。

他の変種としては、ROMを持たない8035が任天堂のアーケードゲーム『ドンキーコング』に用いられた。マイクロコントローラの用途としては変わっているが、ゲームのバックに音楽を流すためである。

関連項目[編集]

参考文献[編集]

MCS-48
  • MCS-48 Single Component Microcomputer, Applications Seminar Notebook, 1978, Intel Corporation.
  • http://www.sharpmz.org/download/8048.pdf MCS-48 MICROCOMPUTER USER'S MANUAL (PDF) , 1978, Intel Corporation.
  • Lionel Smith, Cecil Moore: Serial I/O and Math Utilities for the 8049 Microcomputer, Application Note AP-49, January 1979, Intel Corporation.
  • A High-Speed Emulator for Intel MCS-48 Microcomputers, Application Note AP-55A, August 1979, Intel Corporation.
  • Phil Dahm, Stuart Rosenberg: Intel MCS-48 and UPI-41A Microcontrollers, Reliability Report RR-25, December 1979, Intel Corporation.
  • Microcontroller Handbook, Intel 1984, Order number 210918-002.
  • 8-Bit Embedded Controllers, Intel 1991, Order number 270645-003.
UPI-41
  • UPI-41A User's Manual, Intel 1980, Order number 9800504-02 Rev. B.
  • http://games.rossiters.com/manuals/Fluke/UPI-41a.pdf Microprocessor Peripherals UPI-41A/41AH/42/42AH User's Manual (PDF) , October 1993, Order number 231318-006, Intel Corporation.
  • Johan Beaston, Jim Kahn: An 8741A/8041A Digital Cassette Controller, Application Note AP-90, May 1980, Intel Corporation.

外部リンク[編集]

脚注[編集]

  1. ^ Datasheet (pdf) Philips MAB8400-Family
  2. ^ Korg Poly-61 Service Manual (PDF)”. 2016年11月2日閲覧。
  3. ^ Gordon Reid (2004年11月). “The History Of Roland, Part 1: 1930–1978”. The History Of Roland. Sound On Sound Magazine. 2010年11月29日閲覧。
  4. ^ “Section 4: Keyboard”, Technical Reference: Personal Computer, Personal Computer Hardware Reference Library (Revised ed.), IBM, (April 1984) 
  5. ^ “Section 1: System Board”, Technical Reference: Personal Computer AT, Personal Computer Hardware Reference Library, IBM, (September 1985) 
  6. ^ アスキーテクライト(編)「第2部 ハードウェア 第6章 キーボード」『改訂版 PC-9800シリーズ テクニカルデータブック HARDWARE編』アスキー、1993年10月25日、139-155頁。ISBN 4-7561-0456-8

この記事は2008年11月1日までGFDLバージョン1.3以降の再ライセンス規約に基づいていたFree On-line Dictionary of Computingにある項目の資料が元になっている。