富士通研究所

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
株式会社富士通研究所
FUJITSU LABORATORIES LIMITED
Fujitsu Laboratories.jpg
富士通研究所(川崎市中原区)
種類 株式会社
本社所在地 日本の旗 日本
211-8588
神奈川県川崎市中原区上小田中4-1-1
設立 1962年
法人番号 1020001070106
事業内容 情報通信技術の研究
代表者 佐相秀幸
主要株主 富士通
外部リンク http://jp.fujitsu.com/group/labs/
テンプレートを表示

株式会社富士通研究所(ふじつうけんきゅうしょ、英文社名:FUJITSU LABORATORIES LTD.)は、富士通グループの研究開発の中核をなす富士通の主要子会社神奈川県川崎市中原区上小田中に本社を置く[1]

事業所[編集]

日本国内には神奈川県川崎市厚木市に、日本国外にはアメリカ合衆国中華人民共和国イギリスに研究拠点を持つ。

人物[編集]

著名な関係者として、篠田傳(フェロー)、和田英一(東大名誉教授。1992年から2002年まで在籍)、佐藤良夫(フェロー)、三村高志(フェロー)がいる。

ソフトウェア開発[編集]

個人ユーザにも、インターネット・リレー・チャット(IRC)クライアントであるフリーウェア「CHOCOA」の開発・頒布元として知られている。

沿革[編集]

  • 1962年 富士通社内に研究部門として富士通研究所を創設。
  • 1968年 分離独立して株式会社となる。

関連項目[編集]

脚注[編集]

  1. ^ JR南武線武蔵中原-武蔵新城間の多摩川側の車窓から見える位置にある。

外部リンク[編集]