富士通クライアントコンピューティング

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
富士通クライアントコンピューティング株式会社
FUJITSU CLIENT COMPUTING LIMITED
ロゴ
種類 株式会社
本社所在地 日本の旗 日本
211-8588
神奈川県川崎市中原区上小田中4-1-1
設立 2016年2月1日
業種 電気機器
法人番号 3020001114711
事業内容 PCおよびタブレット製品の研究開発・製造・販売・保守
代表者 齋藤 邦彰(代表取締役社長)
資本金 4億円
従業員数 1,060人
(2018年5月2日現在)
決算期 3月末日
主要株主 Lenovo International 51%
富士通 44%
日本政策投資銀行 5%
(2018年5月2日現在)
主要子会社 島根富士通
関係する人物 吉村萬治郎
山本卓眞
池田敏雄
秋草直之
外部リンク http://www.fujitsu.com/jp/group/fccl/
テンプレートを表示

富士通クライアントコンピューティング株式会社(ふじつうクライアントコンピューティング、: FUJITSU CLIENT COMPUTING LIMITED)は、レノボ傘下で、富士通グループ日本政策投資銀行との合弁パソコンメーカーである[1]。略称はFCCL。

概要[編集]

2015年10月29日富士通が同社のPC事業ならびに携帯電話事業の体制変更を発表し[2]2015年12月24日には分社化について公表した[3]

2016年2月1日、富士通クライアントコンピューティング株式会社として発足。

2017年11月2日、富士通とレノボは同社の株式の51%をレノボが取得し、44%を富士通、5%を日本政策投資銀行が保有することで合意したと正式発表した[4][5]。また、開発や製造の拠点は閉鎖せず、同じくレノボに買収されたNECと同様に富士通ブランド(FMV)を維持することになった[6]。この株式譲渡は2018年5月2日に完了した[7]

2018年1月16日、個人向けのPCの全てにAIを搭載することを発表[8]。また、エッジコンピューティングやAIの開発にも取り組むとしてる[9]

主な製品[編集]

コンピュータ[編集]

パーソナルコンピュータ[編集]

  • FM-8シリーズ
  • FM-7シリーズ
  • FM-77シリーズ
  • FM77AVシリーズ
  • FM-11シリーズ
  • FM-Xシリーズ
  • FM-16βシリーズ
  • FM16πシリーズ
  • FM-16シリーズ(輸出専用機)
  • FACOMシリーズ
  • FMRシリーズ
  • FM TOWNSシリーズ
  • FMVシリーズ
    • FMV-TOWNSシリーズ(FM TOWNSのソフトが動く個人向けデスクトップFMV)/現在は終息
    • FMV-TEOシリーズ(個人向けデスクトップ)/現在は終息
    • FMV-DESKPOWERシリーズ(個人向けデスクトップ)/現在は終息
    • FMV ESPRIMOシリーズ(個人向けデスクトップ、以前は法人向けデスクトップのブランド名であった)
    • FMV-BIBLOシリーズ(個人向けノート)/現在は一部を除きほぼ終息
    • FMV LIFEBOOKシリーズ(個人向けノート、以前は法人向けノートのブランド名であった)
    • FMV-DESKTOPシリーズ(法人向けデスクトップ)/現在は終息
    • FMV-LIFEBOOKシリーズ(法人向けノート)/現在は終息
    • FMV-STYLISTICシリーズ(タブレットPC)/現在は終息
    • FMV-PenNoteシリーズ/現在は終息
    • FMV-PROシリーズ/現在は終息
  • ESPRIMOシリーズ(法人向けデスクトップ、従来のFMV ESPRIMOから改名)
  • LIFEBOOKシリーズ(法人向けノート、従来のFMV LIFEBOOKから改名)
  • CELSIUSシリーズ(ワークステーション
  • ARROWS Tab Wi-Fiシリーズ / ARROWS Tab Wi-Fi QHシリーズ(個人向けタブレット端末

出典[編集]

  1. ^ “富士通のPC事業、レノボ傘下後もMade in Japanを貫く--新生FCCL“DAY 1”の誓い” (日本語). CNET Japan. (2018年5月16日). https://japan.cnet.com/article/35119267/ 2018年5月23日閲覧。 
  2. ^ “ユビキタスビジネスの体質強化について”. 富士通. (2015年10月29日). http://pr.fujitsu.com/jp/news/2015/10/29.html 2017年12月8日閲覧。 
  3. ^ “会社分割(簡易新設分割)による子会社設立に関するお知らせ”. 富士通. (2015年12月24日). http://pr.fujitsu.com/jp/news/2015/12/24.html 2017年12月8日閲覧。 
  4. ^ “富士通とレノボおよび日本政策投資銀行がPC事業の合弁会社を設立”. 富士通. (2017年11月2日). http://pr.fujitsu.com/jp/news/2017/11/2.html 2017年11月3日閲覧。 
  5. ^ “富士通とレノボおよび日本政策投資銀行がPC事業の合弁会社を設立”. Lenovo. (2017年11月2日). https://www3.lenovo.com/jp/ja/news/article/2017-11-02 2017年11月3日閲覧。 
  6. ^ “Lenovoが富士通のPC事業を支配下に。FMVブランドはNECに加え継続”. PC Watch. (2017年11月2日). https://pc.watch.impress.co.jp/docs/news/1089708.html 2018年3月6日閲覧。 
  7. ^ 联想集团日前已完成收购FCCL 51%股份”. cnBeta (2018年5月4日). 2018年5月11日閲覧。
  8. ^ “富士通PC、全機種に独自AI搭載 国内の個人向け”. 朝日新聞. (2018年1月17日). https://www.asahi.com/articles/ASL1J46DLL1JULFA00H.html 2018年3月6日閲覧。 
  9. ^ “富士通・レノボ、データ解析機器 「脱パソコン」急ぐ”. 日本経済新聞. (2018年5月16日). https://www.nikkei.com/article/DGXMZO30587060W8A510C1TJ1000/ 2018年5月19日閲覧。