FM16π

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

FM16π(エフエムイチロクパイ)は1985年富士通が発売したハンドヘルドコンピュータである。

1985年4月16日発売[1]Intel 8086互換CPU、128KB~448KBのメインRAM、JIS第1水準漢字と単語変換辞書を収録したROM、640x200ドットの液晶ディスプレイを搭載。内蔵バッテリで最大3時間連続稼働。標準OSFM-16βと同様のCP/M-86で、別売のBASICまたはCOBOL ROMカートリッジに収録された。

本体はA4判サイズ、キーボード装備、折りたたみ式で持ち運び可能な重さでありながら、当時の普及型デスクトップ機に引けを取らない性能と日本語処理機能を持っていた[2]

仕様[編集]

  • CPU: MBL8086L 5MHz
  • 内蔵ROM: 256KB(JIS第1水準漢字、単語辞書を含む)
  • システムROM: 256KB(オプションのBASIC/COBOL ROMカートリッジにて供給)
  • RAM: 128KB - 448KB
  • VRAM: 16KB
  • 画面解像度: テキスト:80桁x25行、グラフィック:640x200ドット
  • キーボード: JIS標準配列準拠75キー、または、50音配列106キー
  • 補助記憶装置: マイクロカセット 78/153.5KB(1300~1800bps)
  • 外部インターフェース:
  • 電源: Ni-Cdバッテリで3時間連続稼働(オプションのACアダプタ、カーバッテリアダプタを接続可能)
  • 重量: 2.9kg
  • 外形寸法: 297(W)x210(D)x76(H)mm
名称 型番 標準価格(円) メインRAM キーボード
FM16π MB25320 195,000 128KB JIS配列
MB25321 245,000 288KB JIS配列
MB25322 295,000 448KB JIS配列
MB25325 195,000 128KB 50音配列
MB25326 245,000 288KB 50音配列
MB25327 295,000 448KB 50音配列

市場の反応[編集]

性能は実用に足るものであったが、OSにCP/M-86を採用したことや補助記憶装置がカセットテープのみという構成はビジネスパソコンとしては時代遅れで、対応ソフトも少なく、大ヒットには至らなかった[2]。主に企業のオンライン端末として使用されたほか、専門学校の指定パソコンに採用された例もあった[3]

本機の後継機は存在しない。富士通が本格的にラップトップ市場に参入するのは、1988年に発売されたFMRシリーズのラップトップ機「FMR-10LT」からである。

なお、当時富士通にとって最大のライバルであった日本電気は本機の発売に対して、「まだ国内市場は未成熟でポータブルパソコンの需要は少ない」として見守る姿勢を示していた[4]

脚注[編集]

  1. ^ 富士通「一人一台、A4サイズの16ビットパソコン「FM16π」新発売」『情報科学』 Vol.21、1985年、pp.182-185。
  2. ^ a b 井田昌之「FM16π 日本式16ビット・ハンドヘルドの1つの答」『bit』 Vol.17 No.9、1986年、pp.84-89。
  3. ^ 「秋葉学園、新入生はパソコン必携、富士通に500台発注」『日経産業新聞』1985年11月18日、6面
  4. ^ 『日経産業新聞』 1985年5月11日、4面。

参考文献[編集]

  • 「ASCII EXPRESS:FM-16π使用レポート」『月刊アスキー』 1985年7月号、pp.144-146。

外部リンク[編集]

関連項目[編集]