画面解像度

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

画面解像度(がめんかいぞうど、Display resolution, Screen resolution)は、慣用的にコンピュータ等のディスプレイに表示される総画素数を指す。

本来の「解像度」の言葉通り、画面の精細さを指すこともあるが、区別する場合は画素密度、ピクセル密度 (pixel density) と称される。

前者の場合は、横×縦, 横x縦などの形 (1024×768, 1920x1080) で示され、後者の場合は ○dpi, ○ ppi の形 (96dpi, 600ppi) で示される。

概要[編集]

RGB 液晶(左)と有機EL(右)の例 赤1個、緑1個、青1個の3つのサブピクセルで、1つのフルカラー正方形のユニットを構成し、1ユニットで1ピクセルとなる。 RGB 液晶(左)と有機EL(右)の例 赤1個、緑1個、青1個の3つのサブピクセルで、1つのフルカラー正方形のユニットを構成し、1ユニットで1ピクセルとなる。
RGB 液晶(左)と有機EL(右)の例
赤1個、緑1個、青1個の3つのサブピクセルで、1つのフルカラー正方形のユニットを構成し、1ユニットで1ピクセルとなる。
RGBG , RGBW ペンタイル配列 RGBGは、赤2個、緑4個、青2個、RGBWは、赤2個、緑2個、青2個、白2個のそれぞれ8つのサブピクセルで、1つのフルカラー正方形のユニットを構成するが、縦または横方向に2つのフルカラー長方形となることから、仕様上では1ユニットで2×2ピクセルとされる。 RGBG , RGBW ペンタイル配列 RGBGは、赤2個、緑4個、青2個、RGBWは、赤2個、緑2個、青2個、白2個のそれぞれ8つのサブピクセルで、1つのフルカラー正方形のユニットを構成するが、縦または横方向に2つのフルカラー長方形となることから、仕様上では1ユニットで2×2ピクセルとされる。 RGBG , RGBW ペンタイル配列 RGBGは、赤2個、緑4個、青2個、RGBWは、赤2個、緑2個、青2個、白2個のそれぞれ8つのサブピクセルで、1つのフルカラー正方形のユニットを構成するが、縦または横方向に2つのフルカラー長方形となることから、仕様上では1ユニットで2×2ピクセルとされる。
RGBG , RGBW ペンタイル配列
RGBGは、赤2個、緑4個、青2個、RGBWは、赤2個、緑2個、青2個、白2個のそれぞれ8つのサブピクセルで、1つのフルカラー正方形のユニットを構成するが、縦または横方向に2つのフルカラー長方形となることから、仕様上では1ユニットで2×2ピクセルとされる。
ブラウン管の蛍光体配列 アパーチャーグリル(左)とシャドーマスク(右)の例 アパーチャグリルは液晶のRGB配列に近く、シャドーマスクはペンタイル配列に類似したサブピクセル構成。 ブラウン管の蛍光体配列 アパーチャーグリル(左)とシャドーマスク(右)の例 アパーチャグリルは液晶のRGB配列に近く、シャドーマスクはペンタイル配列に類似したサブピクセル構成。
ブラウン管の蛍光体配列 アパーチャーグリル(左)とシャドーマスク(右)の例
アパーチャグリルは液晶のRGB配列に近く、シャドーマスクはペンタイル配列に類似したサブピクセル構成。

画素と画素数[編集]

ドットマトリクス型の電子ディスプレイ(以下、ディスプレイ)では画素(ピクセル、pixel)と呼ばれる小さな点を縦横に並べ、それらの点を別々に制御することで画面を表示している。

現在、一般に使用されている液晶ディスプレイでは赤・緑・青の3つの副画素(サブピクセル)のそれぞれの輝度を制御することで多様な色を生み出しており、通常は副画素3つ合わせて1つの正方形画素になっている。例外として、シャープの『クアトロン』では赤・緑・青・黄の4色、ジャパンディスプレイの『WhiteMagic』[1]では赤・緑・青・白の4色で正方形画素を構成している。

一般的には、ディスプレイ上で平面的に展開する画素の総数を、仕様における画面解像度としている。したがって、副画素の総数ではない。 ただし、一部の機種では、バイヤー配列に似たペンタイル配列など、副画素の色と配置構成を変えることで実際よりも見掛け上の画素数を上げている場合があり、この場合正方形画素とはならないが、全体として正方画素と近似するように配置しているため、見掛け上の画素数を仕様における画面解像度としている。

画素密度(表示精細度)と長さの単位[編集]

通常は同一の表示サイズで比較する場合、画素数が多いほど細やかで綺麗な表示が可能となる。つまり、表示画面上の長さ当たりに存在する画素数(解像度)によって表示の精細度が定められる。例えば「表示領域の水平長が10cmで水平方向画素数が1,000個」の場合と「表示領域の水平長が20cmで水平方向画素数が2,000個」であった場合、水平方向の画面解像度は同一の10pixel/mmとなる。 ただし、実際には、歴史上フラスコの底の形をした円形ブラウン管の直径の解像度を表した経緯から、現在でも水平長ではなく、画面外接円の直径となる、対角線の精細度として表示される。

印刷分野においてインチ単位での解像度(スクリーン線数)が用いられていたことからコンピュータ等もこの単位長さにはインチが用いられておりISO加盟国においても、解像度の単位は1インチ (= 25.4 mm) 当たりの画素数(単位:dpi (dots per inch) またはppi (pixels per inch))で表示される事が多い。

画素密度(ピクセル密度)による画面解像度[編集]

単位[編集]

ドットの物理的な並びは「ドットピッチ」、1インチの長さあたりのドット数は「dpi」と表記されるが、最近では、画面解像度をあらわす単位として印刷分野の単位と区別する目的でppiがしばしば用いられる。これは階調表現能力が異なる別の技術に、同一の単位を用いることで発生すると思われる混同を防止する為である。

例えば印刷の100dpiとディスプレイの100pixel/inchを同じ単位 (dpi) で表現すると、あたかも同じ表現能力であるかのような誤解を生じる。単色2値データのみで比較すると同等であるが、印刷においては網点を用いて多色・多階調を表現するため、物理的解像度は落ちてしまう(周囲のドットを利用するため)。一方、ディスプレイの画素では256階調や4,096階調といった多値表示が可能であるためディスプレイの100pixel/inchのほうが表示能力が高く情報量が多いことになる。なお、本稿においては誤解を生じる恐れがないため、dpiとppiを同じとして記載している。これは例えば1,000ピクセルの画像を100%表示すれば1,000ドットとなることによる。

代表的な解像度[編集]

Macintosh の場合、1984年に初代から Retinaディスプレイが登場するまでの画面解像度は 72 dpi に統一していた[2]。 これは、WYSIWYG 設計思想の実装に基づき 1 ポイントを 1 ピクセルに相当させたためである。ディスプレイの大きさが同じならばピクセル数は一定で本体側のソフトやハードでは変更できないため、拡大率を 100 % にしたときディスプレイで見たままの大きさの文字や図形をプリンターへ印刷できる仕組みであった。

また、Windows 7 までの Microsoft Windows では、以下のように解像度を規定していた[2][3]。23 インチ Full HD 画面における画素密度が規定解像度であった。

  • 96 dpi - 小(規定)100 %
  • 120 dpi - 中 125 %
  • 144 dpi - 大 150 %
  • 192 dpi - 200 %

最近の画面の高精細化の傾向により、これらは、より見やすい表示にコントロールできるようになりつつある[4][5]

画素数による画面解像度[編集]

画面(ディスプレイ)モード[編集]

画面モードとはディスプレイに表示される総画素数(横×縦のピクセル数)、またはそれに加えてリフレッシュレート色深度などの値を定義したものでコンピュータの歴史上さまざまな規格が利用されてきた。

特定のコンピュータでどの画面モードが表示できるのかは、そのコンピュータに搭載されているビデオカードの性能に依存している。よって特定の画面モードを得たい場合はそのビデオカードが必要な容量のビデオメモリを搭載していることと、ディスプレイのインタフェース仕様に合致する適切な信号を生成できるものであることが条件となる。また当然であるが、その画面モードの画面解像度を表示できる能力を備えたディスプレイを用いる必要がある。ただし、表示内容を観察するためだけであればその信号を表示できるディスプレイを用いれば十分である場合もある。

画素数で示される類似のものとしては、デジタルカメラのカラー撮像装置があるが、カラー撮像装置の光感「画素」については、ディスプレイでは副画素として扱っているものを「画素」として扱い、その総数を画素数としている場合が多い。このため、仕様画素数が同じであればカラー撮像装置よりディスプレイのほうが高精細である傾向にある。例えば、カラー撮像装置の撮像「画素」が正方形のバイヤー配列ならば、通常ディスプレイのほうが4倍解像度が高い。

消費者向けカラーテレビ製品においては、画面解像度とほぼ同義語である「definition」が「画質」として呼ばれることが多いが、直訳すれば「image quality」となるように、本来なら画面解像度だけで画質が決まるわけではない。画質を左右する要素は、それぞれの画素が表示できる色数や、その再現性など、他にも多くの要素を考慮に入れる必要がある。

代表的な画面モードの表示総画素数[編集]

「画面解像度の通称名と総画素数」、色別に分けられた「画面の大きさの比較」とその「アスペクト比
画面解像度によるサイズと画素密度の関係

以下の表はピクセル数の少ない順に画面モードの種類を並べたものである。

多くの解像度で4で割り切れる偶数が用いられるが、4で割り切れない単偶数が用いられることもある。また、アスペクト比を優先するために奇数が採用される場合もある。

「比」はピクセル数の比で、ピクセルが正方形ならば画面アスペクト比に等しいが、一部の規格(主に古い規格)はピクセルが正方形ではないので画面アスペクト比は異なる。

ピクセルが正方形ならば、画素密度による画面解像度はピタゴラスの定理から

で求まる。

なお、ブラウン管には表示されない領域(ブランキング期間)があるが、仕様上のインチ数は表示領域の対角長ではなく管自体の対角長となる。

テレビジョン放送[編集]

アナログ放送においては、各ドットが正方形ではなく長方形になっているものがほとんどであった。デジタル放送ではパソコンのモニター同様、各ドットが正方形になっている。

  • SDTV
    • 480i - 走査線243本のインターレース方式。主に南北アメリカと日本周辺(有効垂直解像度480本)
    • 576i - 走査線288本のインターレース方式。主にヨーロッパ諸国(有効垂直解像度576本)
  • クリアビジョン
  • HDTV
    • HD - 1280 × 720 プログレッシブ方式 (有効垂直解像度720本)
    • Full HDi - 1920 × 1080 走査線540本のインターレース方式(有効垂直解像度1080本)
    • Full HD - 1920 × 1080 プログレッシブ方式(有効垂直解像度1080本)
  • UHDTV
    • 4K UHDTV - 3840 × 2160 プログレッシブ方式
    • 8K UHDTV - 7680 × 4320 プログレッシブ方式

コンピュータ・映画[編集]

PCでは一般のアナログテレビの画面に倣った横:縦の比率4:3のもの(640×480、800×600、1024×768など)が長く使用されていたが、Windows Vistaが登場した2005年ごろからハイビジョン(国内外のデジタルテレビを含む)や映画などとの比率に近い16:10 (8:5) や16:9といった横長(ワイド)の画面が多くなっている。2016年現在、16:9アスペクト比(1280×720、1366×768、1920×1080など)が主流である。このため、アスペクト比は、互いに素となる整数のほか、4:3または16:9に比してどのくらい違うのかという数値で表されることがおおい。インフォメーションディスプレイやスマートフォン、タブレット端末ではしばしば90度回転させて、縦横の長さが入れ替わった状態で使用される。

規格[編集]

  は過去を含め主流とされた画面モードを示す。
通称 横(px) 縦(px) アスペクト比 総画素数 備考
QQVGA (Quarter QVGA) 160 120 4:3 19,200 代表例:2002年ごろまでの携帯電話
QCIF (Quarter CIF) 176 144 4:3 25,344 代表例:2003年ごろまでの携帯電話
QVGA (Quarter VGA) 320 240 4:3 76,800 代表例:2002年ごろの携帯電話、2011年2月に任天堂が発売した携帯型ゲーム機「ニンテンドー3DS」(下画面)
(日本の携帯電話)2002年7月16日にNTTドコモが発売したシャープ製「SH2101V」の3.5型液晶
(日本の折りたたみ式携帯電話)2002年12月21日にJ-PHONEが発売した東芝製「J-T08」の2.2型液晶
(Android端末)2010年12月25日に日本通信が発売した「IDEOS」の2.8型液晶。
ワンセグの解像度[注 1]
SIF (Source Input Format) 352 240 4:3 84,480 代表例:NTSC圏のビデオCDなど
CGA (Color Graphics Adapter) 640 200 8:5 (16:10) 128,000 IBM PC, IBM PC XTのグラフィック用ビデオアダプタ。同じ解像度はPC-98/88 200ライン など。
HVGA (Half VGA) 480 320 3:2 153,600 VGAの横が半分になった規格。
代表例:初代iPhone, 3G, 3GS、iPod touch(第1 - 3世代)、HT-03Aなどのスマートフォン
(Android端末、液晶)2008年9月24日に発表され、2008年10月22日に発売した「T-Mobile G1 (HTC Dream) 」の3.2型
(Android端末、有機EL)2009年6月にサムスン電子が発売した「Galaxy」の3.2型
EGA (Enhanced Graphics Adapter) 640 350 4:3 224,000 IBM PC AT標準のビデオ規格。MDA, CGAの上位互換。
PC-98
DCGA (Double Scan CGA)
640 400 8:5 (16:10) 256,000 代表例:Apple Macintosh Portableおよび初代PowerBook、J-3100、FMR-50など
VGA (Video Graphics Array)
SD
640 480 4:3 307,200 IBM PS/2で採用のビデオ規格。MDA, CGA, EGA, MCGA 上位互換。DOS/Vでサポート。単に640x480解像度の通称としても使われている。同一の解像度はAX (JEGA)など。
代表例:Mac 13インチ、初期液晶テレビ、2010年代のキッズ用デジタルカメラの高画質モード、1996年6月に任天堂が発売した据え置き型ゲーム機「NINTENDO64」など。MUSEなどを除くアナログ放送(特にNTSC、480i)やDVDをパソコン用正方画素モニタに出力する時に一般的な解像度。(アナログテレビの規格自体はそもそもドットが正方形ではなく長方形なので、これとは解像度が若干異なる。)
SVGA (Super-VGA) 800 600 4:3 480,000 VGA上位互換ビデオ規格の総称。日本ではDOS/V初期のハイテキスト (V-text) などでサポート。
XGA (eXtended Graphics Array) 1024 768 4:3 786,432 IBM PS/2後期のビデオ規格。8514/Aに由来し、MDA, CGA, MCGA, EGA, VGA 上位互換。単に1024x768解像度の通称としても使われている。
HD (720p) 1280 720 16:9 921,600 欧米の第一世代のデジタル放送・デジタルテレビにおいて一般的な解像度である。代表例:2011年ごろからのスマートフォン(4インチクラス)
(Android端末)2011年11月17日にGoogleが発売した「Galaxy Nexus」の4.65型有機EL
WXGA (Wide XGA) 1280 768 5:3 (15:9) 983,040 代表例:B5サイズ程度のノートパソコンやネットブック
(液晶ディスプレイ)2002年11月28日にバッファローが発表した17型「FTD-W17VS」[6]
WXGA (Wide XGA) 1280 800 8:5 (16:10) 1,024,000 2006年ごろからのノートパソコン(14 - 15型クラス)の主流。2009年ごろよりFWXGAへ移行。
代表例:タブレット端末
FWXGA (Full-WXGA)
HD
1366 768 683:384
(16:9に非常に近い。16.0078125:9)
1,049,088 16:9には縦方向に0.375ピクセル足りない。ピクセル数が2の20乗をかすかに超える。
 代表例:低価格・小型の液晶テレビの主流(ただし4K・8K画質の衛星放送開始後は低価格・小型のフルハイビジョンテレビが増加)。2008年ごろからのノートパソコン(14 - 15型クラス)の主流(2010年代後半はローエンドを除き減少傾向)、ほかにも浴室用テレビ、液晶モニタ一体型ポータブルDVDプレイヤー、電子POPなどに見られる。
デジタルチューナー搭載液晶テレビの例:2002年9月25日にシャープが発表した37型「LC-37BT5」
[7]
HD+ 1520 720 19:9 1,094,400 スマートフォン、6.3型液晶。「ASUS ZenFone Max (M2)」
HD+ 1600 720 20:9 1,152,000 スマートフォン、6.5型液晶。「OPPO A5 2020」
QVGA (Quad VGA) 1280 960 4:3 1,228,800
WXGA+ (Wide XGA+) 1440 900 8:5 (16:10) 1,296,000 2000年代初頭以降、各社ノートパソコンや、一体型パソコンの液晶で採用される。
SXGA (Super XGA) 1280 1024 5:4 1,310,720 17-20インチのディスプレイで採用される。
HD+
WXGA++ (Wide XGA++)
1600 900 16:9 1,440,000
SXGA+ 1400 1050 4:3 1,470,000 各社のノートパソコンに採用される。
HD+ 1792 828 約19.5:9 1,483,776 スマートフォン、6.1型液晶。「iPhone XRiPhone 11
WSXGA 1600 1024 16:10 1,638,400
WSXGA+ 1680 1050 16:10 1,764,000 各社ノートパソコンに採用される。
UXGA (Ultra XGA) 1600 1200 4:3 1,920,000 各社ノートパソコンに採用される。
FHD (Full-HD, 1080p)
2K
1920 1080 16:9 2,073,600 日本の液晶テレビに多い解像度の一つであり、「フルハイビジョン」の別名がある。ピクセル数が2の21乗よりやや少ない。
(ブラウン管ディスプレイ)1996年10月にソニーが発表した24型「GDM-W900」で表示可能な解像度の一つ[8]
(液晶ディスプレイ)2008年8月26日にBenQが発表した21.5型「M2200HD」および「E2200HD」[9]
(業務用有機ELディスプレイ)2011年2月にソニーが発売した16.5型「BVM-E170」および24.5型 「BVM-E250」[10]
(スマートフォン、液晶)2012年7月にKDDIが発表したHTC製「HTC J butterfly (HTL21)」の5型
WUXGA (Wide Ultra-XGA) 1920 1200 8:5 (16:10) 2,304,000 (ブラウン管ディスプレイ)1996年10月にソニーが発表した24型「GDM-W900」で表示可能な解像度の一つ[8]
(液晶ディスプレイ)2002年3月21日にAppleが発表した23型「Apple Cinema HD Display M8536」[11]
(タブレット、液晶)2012年9月7日にAmazonが発表した「Kindle Fire HD 8.9」の8.9型[12]Panasonic の Let' note シリーズで採用。
FHD+ 2160 1080 18:9 (2:1) 2,332,800 スマートフォン、5型液晶。「SONY Xperia Ace
FHD+ 2280 1080 19:9 2,462,400 スマートフォン、6.3型液晶。「ASUS ZenFone Max Pro (M2)」
FHD+ 2312 1080 約19.3:9 2,496,960 スマートフォン、約6.15型液晶。「Huawei P30 lite」
FHD+ 2340 1080 19.5:9
(6.5:3=13:6)
2,527,200 スマートフォン、6.65型有機EL。「OPPO Reno 10x Zoom」
FHD+ 2520 1080 21:9 2,721,600 スマートフォン、6.1型有機EL。「SONY Xperia 5
FHD+ 2436 1125 約19.5:9 2,740,500 スマートフォン、5.8型有機EL。「iPhone XSiPhone 11 Pro
UltraWide FHD 2560 1080 64:27=4^3:3^3
(約21:9=7:3)
2,764,800 アスペクト比16:9よりも横幅が広いウルトラワイドモニターで採用される。
FHDより左右320ピクセルずつ計640ピクセル横に広い。
製品例:「(液晶ディスプレイ)2012年11月8日にLGが発表した29型「EA93」[13]
QXGA (Quad XGA) 2048 1536 4:3 3,145,728 VGA端子の出力の規格上の最大解像度(設計上はフレームレート60Hzでは2560×1600まで表示できるが、QXGAを超える解像度でのVGAの採用はごくわずか)。
代表例:2012年3月7日にAppleが発表したタブレット「iPad (第3世代)」とそれ以降のiPad 9.7″
(ブラウン管ディスプレイ)1999年4月8日にiiyamaが発売した22型「A201H」で表示可能な解像度の一つ[14]
(液晶ディスプレイ)2001年4月18日にIBMが発表した20.8型「T210」
(プロジェクタ)2002年6月にビクターが発表した「DLA-QX1」[15]
(ノートパソコン、液晶)2002年7月にNECが発売した「VA20S/AE」の15型[16]
FHD+ 2688 1242 約19.5:9 3,338,496 スマートフォン、6.5型有機EL。「iPhone XS MaxiPhone11 Pro Max
WQHD (Wide Quad-HD),1440p 2560 1440 16:9 3,686,400 単にQHDというとこの画質を指すことも多い。画素数がHD(Full HDとは異なる)の四倍で、縦横のピクセル数は共にHDの二倍。(ノートパソコン、液晶)2013年4月18日に東芝が発表した「dynabook KIRA V832」の13.3型
(スマートフォン、液晶)2014年5月8日にKDDIとLGが発表した「isai FL LGL24」の5.5型
WQXGA 2560 1600 8:5 (16:10) 4,096,000 (液晶ディスプレイ)2004年6月29日にアップルが発表した30型「Apple Cinema HD Display A1083」
(ノートパソコン、液晶)2012年6月12日に同社が発表した「MacBook Pro」の一部モデルの13.3型[17]
(タブレット、液晶)2012年10月29日にGoogleが発売した「Nexus 10」の10型
Full Vision QHD 2880 1440 2:1 (18:9) 4,147,200 (スマートフォン、液晶)2017年2月7日にLGが発表した「G6」
2K Square 2048 2048 1:1 4,194,304 (液晶ディスプレイ)2008年5月1日にEIZOが航空管制市場向けに発売した28.05型「SQ2801」[18]および「SQ2802」[19]に搭載
WQHD+ 2960 1440 37:18 (18.5:9) 4,262,400 (スマートフォン、液晶)2017年3月30日にSamsungが発表した「Galaxy S8」
Pixel A5 2560 1800 64:45 (約:√2:1) 4,608,000 (タブレット、液晶)2015年9月30日にgoogleが発表した「Pixel C」の10.2型、A5規格用紙に近似させた
3K 2880 1620 16:9 4,665,600 (ノートパソコン、液晶)2013年12月7日にソニーが発売した「VAIO Fit 15A」の15.5型
Ultra-Wide QHD (UWQHD) 3440 1440 43:18 (21.5:9) 4,953,600 アスペクト比16:9よりも横幅が広いウルトラワイドモニターで採用される。
WQHDより左右440ピクセル、計880ピクセル横に広い。
(液晶ディスプレイ)2013年12月17日にLGが発表した34型および24型「UM95」[20]
Surface 12.3″ 2736 1824 3:2 4,990,964 (タブレット、液晶)2015年10月6日にMicrosoftが発表したSurface Pro 4
3K (QHD+) 3008 1692 16:9 5,089,536 4Kディスプレイの疑似解像度での表示など[21]
QWXGA+ (Quad WXGA+) 2880 1800 8:5 (16:10) 5,184,000 (ノートパソコン、液晶)2012年6月12日にAppleが発表した「MacBook Pro」の一部モデルの15.4型
QSXGA (Quad SXGA) 2560 2048 5:4 5,242,880 (液晶パネル)2002年10月29日にNECが発表した20.1型[22]
iPad Pro 12.9″ 2732 2048 683:512 (約4:3) 5,595,136 4:3より短方向が1画素足りない
QHD+ (Quad HD+)
WQXGA+

3K
3200 1800 16:9 5,760,000 (液晶パネル)2013年6月にシャープが生産開始したノートPC向け14・15.6インチ[23]
(ノートパソコン、液晶)富士通が発表した「FMV UH90/L」の14型[24]
Surface 13.5″ 3000 2000 3:2 6,000,000 (タブレット、液晶)2015年10月6日にMicrosoftが発表したSurface Book
UltraWide QHD+ 3840 1600 21:9 (7:3) 6,144,000 通常のモニターよりも横幅が広いウルトラワイドモニターで採用される。
UltraWide QHD+
(4K HDR)
3840 1644 21:9 6,312,960 スマートフォン、6.5型有機EL。「SONY Xperia 1
QUXGA (Quad UXGA) 3200 2400 4:3 7,680,000 (液晶ディスプレイ)2000年11月16日に東芝が発表した20.8型[25]
4K
QFHD (Quad Full-HD)
UHD 4K (2160p)
[26]
3840 2160 16:9 8,294,400 (業務用液晶ディスプレイ)2007年4月に東芝ライテックが発売した56型「P56QHD」[27]
(液晶ディスプレイ)2012年11月28日にシャープが発表した32型「PN-K321」
(ノートパソコン、液晶)2014年4月に東芝が発表した「dynabook T954」の15.6型
(スマートフォン、液晶)2015年9月にソニーモバイルコミュニケーションズが発表した「Xperia Z5 Premium」の5.5型
DCI 4K[注 2] 4096 2160 256:135 (約17:9) 8,847,360 2009年5月に発表されたHDMI 1.4の最大解像度
(液晶ディスプレイ)2011年10月26日にEIZOが発売した36.4型「FDH3601」[28]
(業務用有機ELディスプレイ)2015年2月にソニーが発売した30型「BVM-X300」
WQUXGA (Wide QUXGA) 3840 2400 8:5 (16:10) 9,216,000 デュアルリンク DVI-D 出力の最大解像度
(液晶ディスプレイ)2000年11月10日にIBMが発表した22型「T221」[29]
iMac Retina 4K 4096 2304 16:9 9,437,184 (一体型パソコン、液晶)2015年10月13日にAppleが発表した「iMac Retina 4Kディスプレイモデル」の21.5型
DCI 4K+ 4096 2560 8:5 (16:10) 10,485,760 (業務用液晶ディスプレイ)2014年1月にキヤノンが発売した30型「DP-V3010」[30]
5K
UHD+
5120 2880 16:9 14,745,600- 縦横のドット数がWQHDの2倍になった規格であり、qHDの5倍(=FHDの2.5倍)ではない。縦横の長さが4Kの5/4倍よりも大きい4/3倍になっている。
(一体型パソコン、液晶)2014年10月17日にAppleが発表した「iMac Retina 5Kディスプレイモデル」の27型
(液晶ディスプレイ)2014年11月27日にデルが発表した27型「UP2715K」[31]
6K
XDR(Extreme Dynamic Range)
6016 3384 16:9 20,358,144 2019年6月3日にAppleが発表したMac Pro用の32型「Pro Display XDR
8K FUHD (4320p)
スーパーハイビジョン
[26]
7680 4320 16:9 33,177,600 (業務用液晶ディスプレイ)2014年6月にアストロデザインが発売した98型[32]
2014年9月に発表されたVESA DisplayPort 1.3規格最大解像度。
(液晶ディスプレイ)2015年9月16日にシャープが発表した85型「LV-85001」[33]
10K 10240 4320 64:27 (約21:9) 44,236,800 2017年1月に発表されたHDMI 2.1の最大解像度。上下方向のピクセル数は8Kテレビと同一である一方、左右方向のピクセル数が多くなっている。その結果、縦横比がHD/Full-HD/4K/8Kと比べてさらに横長で、シネスコープに近い。
16K 15360 4320 32:9 66,355,200 2019年4月に16Kディスプレイをソニービジネスソリューションが納入[34]
16K 15360 8640 16:9 132,710,400 2019年6月に発表されたDisplayPort2.0の最大解像度。

脚注[編集]

[脚注の使い方]

注釈[編集]

  1. ^ ただしアナログ放送停波後はほとんどの番組が縦横比16:9で収録・放送されているので、アナログ放送末期のレターボックス放送に似た形で320x180の解像度で放送されている
  2. ^ Digital Cinema Initiatives

出典[編集]

  1. ^ WhiteMagic™ | JDIの液晶ディスプレイ技術
  2. ^ a b Hitchcock, Greg (2005年10月8日). “Where does 96 DPI come from in Windows?”. Microsoft Developer Network Blog. Microsoft. 2019年11月17日閲覧。
  3. ^ DPI と DIP(デバイス非依存ピクセル) MSDN、2010年10月5日
  4. ^ DisplayMetrics Android Developers
  5. ^ The Ultimate Guide To iPhone Resolutions PaintCode
  6. ^ “TVチューナ搭載、マルチメディア対応17.0型ワイド液晶ディスプレイ 新発売!” (プレスリリース), 株式会社メルコ, (2002年11月28日), http://buffalo.jp/products/new/2002/060_2.html 2015年4月1日閲覧。 
  7. ^ “シャープ、高精細37V型など液晶TV「AQUOS」7機種を発表”. ITmedia. (2002年9月25日). http://www.itmedia.co.jp/news/0209/25/nj00_aquos.html 2015年4月1日閲覧。 
  8. ^ a b “ソニー、アスペクト比16:10の24型ワイドディスプレイ発売”. Impress PC Watch. (1996年10月3日). http://pc.watch.impress.co.jp/docs/article/961003/sonycrt.htm 2015年4月1日閲覧。 
  9. ^ “ベンキュー、16:9比パネル採用の21.5型ワイド液晶「M2200HD」「E2200HD」”. ITmedia PC USER. (2008年8月26日). http://www.itmedia.co.jp/pcuser/articles/0808/26/news063.html 2015年3月28日閲覧。 
  10. ^ “業界初 25型/17型有機ELパネルを搭載した業務用マスターモニターを発売” (プレスリリース), ソニー, (2011年2月16日), http://www.sony.co.jp/SonyInfo/News/Press/201102/11-021/ 2015年4月2日閲覧。 
  11. ^ “アップル、23インチのApple Cinema HD Displayを発表” (プレスリリース), アップル, (2002年3月21日), https://www.apple.com/jp/pr/library/2002/03/20Apple-Unveils-Cinema-HD-23-inch-Flat-Panel-Display.html 2015年4月1日閲覧。 
  12. ^ “Amazon.co.jp、「Kindle Fire HD 8.9」の予約販売を本日より開始” (プレスリリース), Amazon.co.jp, (2013年2月27日), https://www.amazon.co.jp/gp/press/pr/20130227 2015年4月3日閲覧。 
  13. ^ 若杉紀彦 (2012年11月15日). “LG、2,560×1,080ドット/21:9の29型IPS液晶”. Impress PC Watch. http://pc.watch.impress.co.jp/docs/news/20121108_571621.html 2015年4月2日閲覧。 
  14. ^ “飯山、低価格の22インチダイヤモンドトロンCRT”. Impress PC Watch. (1999年4月8日). http://pc.watch.impress.co.jp/docs/article/990408/iiyama.htm 2014年11月18日閲覧。 
  15. ^ “ビクター、世界初の解像度QXGA D-ILA3板式プロジェクタ-HD信号のリアル投影に初対応”. Impress AV Watch. (2002年6月12日). http://av.watch.impress.co.jp/docs/20020612/victor.htm 2015年4月1日閲覧。 
  16. ^ “NEC、2,048×1,536ドット液晶搭載のノートPC”. Impress PC Watch. (2002年7月1日). http://pc.watch.impress.co.jp/docs/2002/0701/nec.htm 2014年11月18日閲覧。 
  17. ^ Apple、まったく新しいMacBook Pro Retinaディスプレイモデルを発表 アップル プレスリリース 2012年6月12日
  18. ^ SQ2801”. EIZO. 2014年11月1日閲覧。
  19. ^ Raptor SQ2802”. EIZO. 2014年11月1日閲覧。
  20. ^ 小西利明 (2013年12月17日). “ワイド画面好き垂涎? アスペクト比21:9で3440×1440ドットを実現した34インチ&29インチ液晶ディスプレイをLGが発表”. 4Gamer.net. http://www.4gamer.net/games/999/G999902/20131217088/ 2015年4月2日閲覧。 
  21. ^ macOS / OS Xの表示サイズ変更設定(HiDPI表示)”. EIZO (2014年11月1日). 2020年6月5日閲覧。
  22. ^ “524万画素の大表示容量を超広視野角で実現した20.1型TFT液晶ディスプレイモジュールの開発について” (プレスリリース), 日本電気株式会社, (2002年10月29日), http://www.nec.co.jp/press/ja/0210/2902.html 2015年4月15日閲覧。 
  23. ^ “ノートPC向けIGZO液晶パネル 3タイプを生産開始” (プレスリリース), シャープ, (2013年5月14日), http://www.sharp.co.jp/corporate/news/130514-f.html 2015年4月15日閲覧。 
  24. ^ “個人向けパソコン「FMV」新製品3シリーズ4機種を発表” (プレスリリース), 富士通, (2013年6月5日), http://pr.fujitsu.com/jp/news/2013/06/5.html 2015年4月3日閲覧。 
  25. ^ “高精細カラー液晶ディスプレイ20.8型の発売について” (プレスリリース), 東芝, (2000年11月16日), http://www.toshiba.co.jp/about/press/2000_11/pr_j1601.htm 2015年4月2日閲覧。 
  26. ^ a b ITU勧告のthe first level UHDTV及び全米家電協会による定義
  27. ^ 大西順雄 (2007年3月6日). “東芝ライテック,QFHDの業務用液晶ディスプレイの受注を4月に開始”. 日経テクノロジーオンライン. http://techon.nikkeibp.co.jp/article/NEWS/20070306/128460/ 2015年4月15日閲覧。 
  28. ^ 山崎健太郎 (2011年6月20日). “ナナオ、36.4型/4K×2Kディスプレイ「FDH3601」-直販288万円。航空管制や地図測量向け”. Impress AV Watch. http://av.watch.impress.co.jp/docs/news/20110620_454630.html 2015年4月2日閲覧。 
  29. ^ IBM、22型で3840×2400ドットの液晶ディスプレイ nikkei BPnet 2000年11月10日
  30. ^ 臼田勤哉 (2014年1月24日). “キヤノン、4Kモニター「DP-V3010」発売日を1月28日に決定”. Impress AV Watch. http://av.watch.impress.co.jp/docs/news/20140124_632301.html 2014年11月1日閲覧。 
  31. ^ 劉尭 (2014年11月27日). “デル、世界初の5K対応液晶を20万円切りで国内販売”. Impress PC Watch. http://pc.watch.impress.co.jp/docs/news/20141127_677853.html 2015年3月28日閲覧。 
  32. ^ 中林暁 (2014年6月19日). “アストロデザイン、初の8K/98型液晶モニタ。約3,000万円”. Impress AV Watch. http://av.watch.impress.co.jp/docs/news/20140619_654196.html 2015年4月2日閲覧。 
  33. ^ “8K映像モニター 第1弾モデル<LV-85001>を発売” (プレスリリース), シャープ, (2015年9月16日), http://www.sharp.co.jp/corporate/news/150916-a.html 2015年9月18日閲覧。 
  34. ^ “ソニー、世界最大19m幅の16K「Crystal LEDディスプレイ」納入。横浜・資生堂ラボ”. Av Watch. (2019年4月2日). https://av.watch.impress.co.jp/docs/news/1177870.html 2020年6月5日閲覧。 

関連項目[編集]

外部リンク[編集]