FM-X

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

FM-X富士通から発売されていたMSX1983年発売。最初で最後の富士通製MSXである。

概要[編集]

カートリッジスロット1つと16KiBytesのRAMを備えた、当時の廉価なMSXとしては標準的な仕様を持つ。

他に独自の拡張スロットにFM-7インターフェースを実装し、同社のパソコンFM-7と接続し協調動作を行えるのが特徴。FM-7との接続により、双方で以下の機能が使用できる。

  • FM-X側より
    • FM-7のメモリーを増設メモリーとして使用し、メインメモリーを32KBに拡張できる。
    • 別売りのパラレルインターフェイス搭載時にプリンターバッファとして利用可能。
    • FM-7のシリアルポートを使用可能。
    • FM-7側の一部のキー入力をサポート。
    • call monとしてコールすると、マシン語モニタが利用可能。
    • PSGを共有し、6和音の発音が可能。
  • FM-7側より
    • デジタルRGB出力をFM-XのデジタルRGB入力端子に接続することでスプライト機能が利用できる。
    • PSGを共有し、6和音の発音が可能。
    • FM-X側のジョイスティックポートが利用可能。
    • 3CPU協調動作が可能。

その他[編集]

この機種は、「FM-7との協調動作のために一部MSX仕様に準拠していないため、(MSX規格とは異なる)MSX互換機とも呼ばれる。」とされることがある。[要出典]

RGB映像出力がFMシリーズ用と同じ8色しか表示できないデジタル方式になっていた為、RGB出力ではFMシリーズと共通のディスプレイを利用できた半面、MSXの本来の色表現である16色の表示が出来なくなっていた。

ただし、MSX規格では「映像はRFビデオアナログRGBのいずれかの出力方式で表示できれば良い」とされ、また規格で定められていないハードウェア拡張に関しても制限は無い。本機はRF出力もあったため、この点では仕様に準拠している。

外部リンク[編集]