山本卓眞

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

山本 卓眞(やまもと たくま、1925年9月11日 - 2012年1月17日)は日本陸軍軍人コンピュータ技術者、経営者勲等勲一等瑞宝章藍綬褒章大英帝国勲章

人物[編集]

池田敏雄のチームでソフトウエア開発担当としてFACOMの開発に係わり、後に富士通の社長・会長・名誉会長を歴任した。

実兄の卓美が八紘第八隊(勤皇隊)隊長としてフィリピンで戦死しており、戦争遺族の活動にも積極的に参加した。日本会議の副会長や他に「佐藤正久を支える会」会長なども務めた。

年譜[編集]

主な役職[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 附属中の同期に、石川六郎鹿島建設名誉会長)、嘉治元郎(元東京大学教養学部長)、森亘(元東京大学総長)、芥川也寸志芥川龍之介の三男)などがいる。
  2. ^ “富士通元会長、山本卓真氏死去”. 読売新聞. (2012年1月30日). http://www.yomiuri.co.jp/atmoney/news/20120130-OYT1T00636.htm 2012年1月30日閲覧。 
  3. ^ 官報本紙第5742号、2012年2月20日(同日閲覧)

外部リンク[編集]

日本コンピュータ博物館『日本のコンピュータパイオニア