ビノッド・コースラ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
ビノッド・コースラ

ビノッド・コースラヒンディー語: विनोद खोसला, 英語: Vinod Khosla, 1955年1月28日 - )は、インドプネー生まれのベンチャーキャピタリスト。米サン・マイクロシステムズ社の共同設立者の一人である。

経歴[編集]

陸軍士官の子息として生まれる。父に入隊を奨励されるが、16歳のときに Electronic Engineering Times 誌でインテル社の設立に関する記事を読み、起業家を志す。インド工科大学デリー校で電気工学技術の学士号を、カーネギーメロン大学医用生体工学の修士号を、スタンフォード大学経営大学院で経営学修士号を取得した。

1979年にスタンフォード大学を卒業後、1982年に同窓生だったスコット・マクネリアンディ・ベクトルシャイム、そしてカリフォルニア大学バークレー校で修士号を取得したビル・ジョイらとともにサン・マイクロシステムズ社を設立。1984年まで最高経営責任者を務め、1985年に退社した。

1986年にシリコンバレーのベンチャーキャピタル会社クライナー・パーキンス・コーフィールド・アンド・バイヤーズ社のゼネラルパートナー(無限責任組合員)に就任。2004年には自身のベンチャーキャピタルである Khosla Ventures を設立。ベンチャーキャピタリストとして数々の企業の設立に携わっている。

また、コースラはシリコンバレーにあるインド人起業家支援組織の The Indus Entrepreneurs の設立者の一人であり、インドのビジネス新聞 Economic Times の編集者でもあった。

業績[編集]

設立[編集]

設立支援[編集]

役員[編集]

  • Grameen Foundation
  • MetricStream
  • E-asic
  • Spatial Photonics Inc
  • Xsigo
  • moka5
  • Infinera
  • Kovio
  • ZettaCore

その他[編集]

  • The Indus Entrepreneurs
  • 1999 World Technology Award 最終選考
  • DonorsChoose サンフランシスコ湾岸地帯諮問委員会名誉会長

外部リンク[編集]