iLife

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
iLife
開発元 アップル
最新版 9.5(iPhoto)、10.0(iMovie、GarageBand) / 2013年10月22日
対応OS Mac OS X
プラットフォーム Intel
ライセンス プロプライエタリ
公式サイト www.apple.com/jp/ilife/
テンプレートを表示

iLife(アイライフ)はアップルが開発・販売している統合ソフトウェア製品である。最新版の「iLife '11」では、写真加工管理ソフト(iPhoto)、映像編集ソフト(iMovie)、音楽制作ソフト(GarageBand)の3つから構成されている。また現在販売されているアップル社のコンピュータには、標準で付属する。

概要[編集]

元々iMovieとiTunesとiDVD(DVD制作ソフト)の3つのプログラムは、アップル社のウェブサイトからダウンロードして自由に利用できた(iDVDは、SuperDriveを持つMacにのみ、プリインストールされていた。)。しかし2003年1月、音楽制作ソフト「GarageBand」を追加して、「iLife」と命名されたパッケージソフトとして発売されるようになった。また「iLife '06」よりホームページ制作ソフト「iWeb」も追加された、「iLife '08」からはiTunesが外された。現行「iLife '11」からは「iWeb」「iDVD」も外された(App Storeでは「iPhoto」、「iMovie」、「GarageBand」の三つをそれぞれ購入する事になる。また、DVD版のiLife '11には引き続きバンドルされている)。

3つのアプリケーションとiTunesは、「スイート」としてお互いに動作するようデザインされている。それぞれのプログラムは、それぞれのファイルを使用するために、自動的に他のプログラムのライブラリへアクセスする。それぞれのプログラムは、以下のような方法で相互利用する。

  • iMovie:BGMの iTunes (GarageBandの音楽を含む) からの追加;iPhoto から画像を追加、"Ken Burns effect" は画像をパンするために応用できる;動画にチャプターを追加、
  • iPhoto:スライドショーでの iTunes (GarageBandの音楽を含む) の音楽を使用
  • GarageBand: iTunes への制作した音楽の書き出し

パッケージとしてはセット販売だけだったが、Mac App Storeでは個別に購入することができるようになった。

歴史[編集]

同梱ソフト[編集]

iPhoto
デジタル写真の取り込み・管理・編集・共有ができる写真管理・編集ソフト。iPhotoではインターネット上での写真の公開、CDへの書き込み、簡単なプレゼンテーションのためのスライドショーの作成、ドライバを必要としないほとんどのデジタルカメラからの取り込みができる。
iMovie
デジタルビデオを使った動画編集ソフト。FireWireUSBを使った動画の取り込み、ユーザは動画の切り貼り、特殊なエフェクトの追加、完成までが自動的に行われる。またFlash MPEG-4カメラ、HDVビデオカメラ、アップルのiSightとも互換性がある。
GarageBand
音楽作成アプリケーション。1000以上のループが、用意されている。ユーザーは、制作エリアへループをドラッグするだけで、音楽をつくれる。このプログラムは、「Software Instruments」やギターなどの本物の楽器からの録音もできる。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]