可視化

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

可視化とは、人間が直接「見る」ことのできない現象・事象・関係性を「見る」ことのできるもの(画像グラフなど)にすることをいう。視覚化・可視化情報化・視覚情報化ということもある。英語の "visualization", "visualize" に相当し、そのままビジュアリゼーション・ビジュアライゼーションと称されることもある。流れの可視化のように分野や領域に結びついて生まれた呼称も多い。

可視化には方法や方法論の研究がある。等値線表示・ベクトル表示・グラフ表示などの基本的な表示法の応用展開や、可視化される対象に依存する、あるいは対象に適した可視化手法の提案などである。主成分分析多次元尺度構成法自己組織化写像などは人間が直接「見る」ことのできない高次元空間上に分布しているデータを、「見る」ことのできる2次元空間(=平面)上に写像する可視化手法の例である。

類似の概念としては

  • 可聴化 - 「聞く」ことができるようにする
  • 可触化 - 「触る」ことができるようにする

などがある。

なども提唱されているが、一般的とはいえない。

主な可視化手法[編集]

関連書籍[編集]

  • 「可視化経営」 長尾一洋・本道純一 中央経済社

関連項目[編集]

外部リンク[編集]

  • R graphics manual - フリーの統計ソフトR言語によるデータ可視化の例を、1万数千点紹介している
  • iv.xight.org - データの可視化・視覚化の例を紹介している
  • Pictovia - グラフィックスジェネレータ