フリー・ガイ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
フリー・ガイ
Free Guy
Free Guy logo.png
監督 ショーン・レヴィ
脚本 マット・リーバーマン英語版
ザック・ペン
原案 マット・リーバーマン
製作 ショーン・レヴィ
ライアン・レイノルズ
グレッグ・バーランティ
サラ・シェクター英語版
アダム・コルブレナー
製作総指揮 ダン・レヴィン
メアリー・マクラグレン
ジョシュ・マクラグレン
ジョージ・デューイ
マイク・マグラス
出演者 ライアン・レイノルズ
ジョディ・カマー
リル・レル・ハウリー
ウトカルシュ・アンブドゥカル英語版
ジョー・キーリー
タイカ・ワイティティ
音楽 クリストフ・ベック
撮影 ジョージ・リッチモンド英語版
編集 ディーン・ジマーマン[1]
製作会社 20世紀スタジオ
バーランティ・プロダクション
21ラップス・エンターテインメント英語版
マキシマム・エフォート・リット・エンターテインメント・グループ
配給 アメリカ合衆国の旗 20世紀スタジオ
日本の旗 ウォルト・ディズニー・ジャパン
公開 アメリカ合衆国の旗日本の旗 2021年8月13日
上映時間 115分[2]
製作国 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
言語 英語
興行収入 日本の旗 5億531万円[3]
テンプレートを表示

フリー・ガイ』(原題:Free Guy)は、2021年アメリカ合衆国SF映画マット・リーバーマン英語版ザック・ペンの脚本、リーバーマンのストーリーをもとにショーン・レヴィが監督を務める。ライアン・レイノルズジョディ・カマーリル・レル・ハウリーウトカルシュ・アンブドゥカル英語版ジョー・キーリータイカ・ワイティティが出演している。アメリカでは20世紀スタジオ、日本ではウォルト・ディズニー・ジャパンの配給により2021年8月13日に劇場公開された。

自分がビデオゲームの背景キャラクター(モブキャラ)だったことに気付いた男ガイの日々を描いており[4]、主演のレイノルズは本作を“現代版『バック・トゥ・ザ・フューチャー』”と称している[5]

あらすじ[編集]

ルール無用で悪事を働くことが当たり前な街「フリー・シティ」では、サングラス族と呼ばれる連中が気ままに銃をぶっ放し、ヘリコプターやクルマを破壊したり強盗を働いたり、やりたい放題だ。

そんな中、毎日同じ会話を交わして、毎日銀行強盗に遭い、それでも真面目に働く幸せな銀行員のガイは、ミステリアスなサングラス族のモロトフ・ガールに一目惚れする。警備員の親友バディに「サングラスがないと相手にされないさ」と助言され、彼女を追うために銀行強盗からサングラスを奪って掛けてみると、街中にパラメーターや今まで見えなかったアイテムなどが見えるようになる。サングラス族はオンラインVRゲーム「フリー・シティ」をプレイするプレイヤーたちで、ガイはその世界の中にプログラムされた、一定の行動しかしないモブ(雑魚)キャラ(ノンプレイヤーキャラクターNPC))だったのだ。

キャスト[編集]

ガイ
演 - ライアン・レイノルズ、日本語吹替 - 加瀬康之[6][7]
VRオンライン・ゲーム「フリー・シティ」で銀行窓口係をしているモブキャラ。モロトフ・ガールへの一目惚れを切っ掛けに、プレイヤーアバターのサングラスを手に入れ、人助けをしてレベルを上げる特異な存在「ブルーシャツ・ガイ」として次第に注目されていく。
元々は「ライフ・イットセルフ」でキーズが設定した「片想い」というキャラクターで、運命の相手である“理想の女性”と出会うことが目的[注 1]
ミリー・ラスク / モロトフ・ガール
演 - ジョディ・カマー、日本語吹替 - 早見沙織[6][7]
過去にキーズと共にゲーム「ライフ・イットセルフ」を制作した女性。自分達のプログラムコードが「フリー・シティ」に盗用された証拠を探している。
「フリー・シティ」ではモロトフ・ガールとしてミステリアスな女性を演じている。レベルは195と高く、モブキャラの台詞とそのタイミングを暗記するほどやり込んでいる。
キーズ
演 - ジョー・キーリー、日本語吹替 - 小野賢章[6][7]
「フリー・シティ」を運営するゲーム会社「スナミ・スタジオ」の社員。共同制作者だったミリーから証拠探しの協力を頼まれているが、確信が持てないため踏ん切りがつかない。
バディ
演 - リル・レル・ハウリー、日本語吹替 - 小川剛生[6][7]
「フリー・シティ」で銀行の警備員をしているモブキャラ。ガイの親友。
マウサー
演 - ウトカルシュ・アンブドゥカル英語版、日本語吹替 - 吉野裕行[6][7]
「スナミ・スタジオ」の社員。キーズの同僚兼友達。アントワンの命令には忠実。
アントワン
演 - タイカ・ワイティティ、日本語吹替 - 子安武人[6][7]
「スナミ・スタジオ」の社長。能天気だが自己中心的かつ冷酷で、自分の利益が最優先。ミリーから盗用を疑われ訴訟まで起こされているが、全く意に介していない。
デュード
演 - アーロン・W・リード[注 2]
アントワンがガイを倒すために投入した未完成だが強力なキャラクター。顔だけはガイにそっくり。
キース
演 - マティ・カーダロプル英語版
「フリー・シティ」のプレイヤーでゲーム実況者。「ブルーシャツ・ガイ」のファン。22歳のニートであり、ゲームの実況中に母から叱られる。
リベンジャミン・バトンズ
演 - チャニング・テイタム、日本語吹替 - 小松史法[7]
キースのプレイヤーアバター。ダンスのキレがいい。
ミッシー
演 - ブリトニー・オールドフォード英語版、日本語吹替 - 富田美憂[7]
「フリー・シティ」のモブキャラ。コーヒーショップのバリスタで、いつも決まったコーヒーを作る。
セクシー
演 - カミーユ・コステック英語版
「フリー・シティ」の美女モブキャラ。サングラス族(プレイヤー)の傍らに付き添って行動する。
人質
演 - マーク・ライナー
「フリー・シティ」のモブキャラ。いつも銀行で強盗(プレイヤー)の人質にされているため、両手を上げるのが癖になっている。
ジョニー巡査
演 - マイク・ディヴァイン
「フリー・シティ」のモブキャラ。毎朝ガイとコーヒーショップで挨拶を交わす。
ビッグ・シティ・ドリーマー
演 - ソフィー・レヴィ[注 3]
「フリー・シティ」のモブキャラ。都会に出てきたばかりの設定らしく、これからの生活を夢見るような台詞が特徴。
銀行支店長
演 - ヴァーノン・スコット
「フリー・シティ」のモブキャラ。
ジョー
演 - ナヒーム・ガルシア
「フリー・シティ」でコンビニの店主をしているモブキャラ。いつも強盗(プレイヤー)に外へ放り投げられている。
フィリス
演 - アナベル・グレーツ
「フリー・シティ」のモブキャラ。いつも猫を探している老女。
裏路地にいるマスクのアバター
声 - ヒュー・ジャックマン(カメオ出演)
モロトフ・ガールと情報の取引をしたプレイヤーアバター。取引によって報酬を得るが、モロトフの忠告を無視して余計な詮索をしたため殺される[注 4]
銀行強盗 #2
声 - ドウェイン・ジョンソン(カメオ出演)
銀行を襲うもガイに反撃されてサングラスを奪われる。プレイヤーはまだ幼い少女。
キースの母
声 - ティナ・フェイ(カメオ出演)
キースのゲーム実況中に掃除機をかけ始めたことで彼に怒鳴られるが、22歳にもなって働こうとしない息子を逆に叱りつける。
シルエット・ゲーマー
声 - ジョン・クラシンスキー(カメオ出演)
「ブルーシャツ・ガイ」についてインタビューで話すゲーマー。
アレックス・トレベック
演 - 本人(カメオ出演)
アメリカのクイズ番組『ジェパディ!』の司会者。
ララ・スペンサー英語版
演 - 本人(カメオ出演)
アメリカの情報番組『グッド・モーニング・アメリカ』の司会者。
ニンジャ
演 - 本人(カメオ出演)
アメリカのゲーム実況者。
ポキメイン
演 - 本人(カメオ出演)
アメリカのゲーム実況者。
レイザービーム英語版
演 - 本人(カメオ出演)
アメリカのゲーム実況者。
ジャックセプティケイ
演 - 実際のアーティスト名に似せた架空の配信者(カメオ出演)
アイルランド生まれのゲームストリーマー、ミュージシャン(代表曲 「All the way」など)、ドキュメンタリアン(Tour " How did we get here " )。
ダンTDM英語版
演 - 本人(カメオ出演)
アメリカのゲーム実況者。
クリス・エヴァンス
演 - 本人(カメオ出演)、日本語吹替 - 中村悠一[7]
ガイがデュードの攻撃を防ぐアイテムとしてキャプテン・アメリカのシールドを使った際、配信映像を見ていたため「僕の盾!?」と驚く。

製作[編集]

『フリー・ガイ』は20世紀フォックス時代に製作が進められていた企画であり、ディズニーに買収され「20世紀スタジオ」となった後も製作が進められた作品の一つでもある[8]ショーン・レヴィと共にプロデューサーを務めたライアン・レイノルズは「これほど何かに夢中になるのは『デッドプール』以来だ」と語っている[8]。同作にはゲーマー・ストリーマーのジャックセプティックアイニンジャポキマネダニエル・ミドルトン英語版ラザービーム英語版カメオ出演しており[9]、『ジェパディ!』の司会者として知られるアレックス・トレベックは本作が遺作となった[10]。また、ヒュー・ジャックマンドウェイン・ジョンソンティナ・フェイジョン・クラシンスキーのカメオ出演も発表されている[2]

舞台となる「フリー・シティ」の世界観は『グランド・セフト・オートシリーズ』『フォートナイト』と比較されることが多いが、プロダクションデザイナーイーサン・トブマン英語版は『シムシティシリーズ』『レッド・デッド・リデンプションII』から多くのインスピレーションを得たと語っている[11]。映画には『ロックマンシリーズ』のロックバスター、『スター・ウォーズシリーズ』のライトセーバー、『フォートナイト』のツルハシ、『ハーフライフ2』のグラビティ・ガン英語版、『Portal』のポータルガン、キャプテン・アメリカの盾、ハルクの拳など複数のゲームや映画のアイテムが登場している。『マーベル・シネマティック・ユニバース』『スター・ウォーズシリーズ』のアイテムについては、20世紀フォックスがディズニーに買収された後、レヴィが同社に使用許可を求めて許諾されたことで実現した[12][11]

2019年5月にボストンフィナンシャル・ディストリクト英語版を含む地域で主要撮影が始まり[13][14]、この他にウースターのダウンタウン[15]フレイミングハムの旧フレイミングハム銀行ビル[16]ウェイマスの旧海軍航空基地でも撮影が行われた[17]

公開[編集]

2021年8月13日に米国・日本で公開された[18][19]。 45日間は独占劇場公開となる[20]。また、8月4日から14日まで開催される第74回ロカルノ国際映画祭英語版でも上映される[21]

当初は2020年7月3日にアメリカで、8月14日に日本で公開予定だったが、新型コロナウイルス感染症の世界的流行の影響で3回(日本では4回)公開が延期された[22][23][24][25]。 2020年4月にアメリカ公開が同年12月11日に延期され[26][27][28]、日本公開は未定とされた[29]。8月に日本公開は2021年1月22日と発表され[30]、9月には1月8日に繰り上げられた[31]。11月に『ナイル殺人事件』と共にアメリカでの公開が取り消された[32][33]。12月にアメリカ公開が2021年5月21日に決定[34]、日本公開も同日に設定された[25]。しかし、2021年3月にアメリカ公開が8月13日に延期し、日本での公開も同日に延期となった[35][36][37]

2021年5月、ウォルト・ディズニー・カンパニーはディズニーを含むアメリカの大手映画会社4社[注 5]シネマコンプレックスチェーンとの間で締結した契約に基づき、本作と『シャン・チー/テン・リングスの伝説』について、公開から45日間は劇場独占とし、それ以降はDisney+でも配信を開始することを明らかにした[38][39][40]。日本でも同様の措置が講じられるため、これにより、同年1月21日に全国興行生活衛生同業組合連合会(全興連)から出された指針に従い[41]、Disney+プレミアアクセスの同時公開対象作品[注 6]の上映を見送っていた、TOHOシネマズ東宝子会社)や松竹マルチプレックスシアターズ松竹子会社、「MOVIX」「ピカデリー」を運営)、ティ・ジョイ東映子会社)など、大手配給会社系列の映画館やシネマコンプレックスでも上映された[42][43]

ソニー・ピクチャーズ モーション ピクチャー グループ会長のトム・ロスマンは2021年8月23日に行われたイベントにおいて、劇場公開を優先した本作の方針を強く評価した上で、「(『フリー・ガイ』は)まず素晴らしい作品であり、その次に、家のテレビでは観られない。(こういう方法を)とことんやってほしい」とコメントした[44]

ウォルト・ディズニー・ジャパンは2021年10月27日にブルーレイDVDセット並びにデジタル配信をリリースすると共にDisney+のスターでも見放題作品として追加することを同年9月24日と同年10月5日にそれぞれ発表した[45][46]

アメリカではディズニーによる21世紀フォックスの買収前にフォックスがHBOワーナーメディア)との間で優先放映契約を結んでいる。この経緯から、同国においてのDisney+での配信はHBOにて初回放送した後になる予定としている[47]。その後、2022年2月23日からDisney+にて配信されることが2021年12月に発表された[48]

評価[編集]

興行収入[編集]

北米では4165劇場で『リスペクト』『ドント・ブリーズ2』と同日公開された。当初はオープニング週末に1500万ドルから1800万ドルの興行収入を記録すると予想されていたが[49]、公開初日の興行収入が1050万ドル(木曜日の試写会興行収入220万ドル含む)だったことから、想定興行収入は2600万ドルに引き上げられた。実際のオープニング週末の興行収入は2840万ドルを記録し、週末興行成績第1位となった[50]。また、海外における興行収入も2250万ドルを記録し、合計で約5100万ドルのオープニング興行収入を記録した[51][52]。公開第2週末の興行収入は1850万ドルを記録し、週末興行成績第1位を維持した。公開2週目の減少率は34%となったが、これは2021年夏公開の作品の中で最も減少率が低く、レイノルズ主演作品の中でも2番目の好成績である[53]

一方、日本での興行収入ランキングは芳しくなく、興行通信社発表による8月14日・8月15日の「週末観客動員数TOP10」では初登場8位[54]、翌週8月21日・8月22日は第10位だった[55]

批評[編集]

Rotten Tomatoesでは224件の批評が寄せられ支持率82%、平均評価7.1/10となっており、「巧妙なコンセプトや甘くて自意識過剰なユーモア、そして魅力的なキャストを組み合わせた『フリー・ガイ』は軽薄な楽しさがあります」と批評している[56]Metacriticでは50件の批評に基づき62/100のスコア[57]CinemaScoreでは「A」評価になっている[50]

ピーター・デブルージはバラエティ誌に寄稿して『フリー・ガイ』を「『マトリックス』や『LEGO ムービー』のような多重現実を題材にしたブロックバスター作品を、時に扱いにくい形でマッシュアップした作品」と表現し、「『フリー・ガイ』はレヴィと脚本家がルールを変えながら進めていることが明らかにも関わらず、とても楽しい作品になっている」と批評している[58]A・Vクラブ英語版のA・A・ダウドは「C+」評価を与え、「カジュアルな騒動にも関わらず、『フリー・ガイ』はバブルガム・アイスクリームを回路に詰まらせた、ハイコンセプトのブロックバスター・トライアルのような、どちらかと言えば可愛げのある観客受けを狙った作品であることが分かります」と批評し、同時に『トゥルーマン・ショー』と比較して「レイノルズはトゥルーマン・バーバンクの少し動揺した笑顔を再現しているが、その裏にある絶望感は再現していない」と指摘した[59]シカゴ・サンタイムズリチャード・ローパーは「完璧なキャスト」であるレイノルズと「素晴らしく、魅力的」なジョディ・カマーを絶賛しており、『フリー・ガイ』には3/4の星を与えている[60]

続編[編集]

2021年8月14日、レイノルズはTwitterを通してディズニーが続編製作を希望していることを明かした[61]

関連項目[編集]

脚注[編集]

[脚注の使い方]

注釈[編集]

  1. ^ “理想の女性”はミリーがモデルになっており、ガイが好きな味や趣味・趣向はミリーのそれと完全に一致している。
  2. ^ 顔はライアン・レイノルズ
  3. ^ 監督ショーン・レヴィの娘
  4. ^ 「フリー・シティ」内の話であり、プレイヤー本人を殺したわけではない
  5. ^ ウォルト・ディズニー・カンパニー、ソニー・ピクチャーズ エンタテインメントパラマウント映画ワーナー・ブラザース・ピクチャーズの4社。
  6. ^ ラーヤと龍の王国』や『ブラック・ウィドウ』などの4作品。

出典[編集]

  1. ^ Dean Zimmerman, ACE - The Rough Cut”. The Rough Cut (2019年8月19日). 2020年7月25日時点のオリジナルよりアーカイブ。2020年7月25日閲覧。
  2. ^ a b Free Guy”. 2021年5月16日時点のオリジナルよりアーカイブ。2021年5月27日閲覧。
  3. ^ キネマ旬報』 2022年3月下旬特別号 p.22
  4. ^ “モブキャラがヒーローに!? ライアン・レイノルズ主演映画「フリー・ガイ」日本版予告編公開!”. Game*Spark. (2020年3月19日). https://www.gamespark.jp/article/2020/03/19/97634.html 2020年3月20日閲覧。 
  5. ^ “ゲーム世界のモブキャラが主人公!? ライアン・レイノルズ主演「フリー・ガイ」8月公開”. 映画.com. (2020年3月19日). https://eiga.com/news/20200319/2/ 2020年3月20日閲覧。 
  6. ^ a b c d e f “『フリー・ガイ』の日本版声優陣が決定、ライアン・レイノルズはおなじみの声”. シネマトゥデイ. (2021年7月27日). https://www.cinematoday.jp/news/N0124983 2021年7月27日閲覧。 
  7. ^ a b c d e f g h i フリー・ガイ -日本語吹き替え版”. ふきカエル大作戦!! (2021年8月5日). 2021年8月5日閲覧。
  8. ^ a b Ryan Reynolds turns videogame hero (or not) in first Free Guy footage and poster”. Entertainment Weekly (2019年10月3日). 2020年1月4日時点のオリジナルよりアーカイブ。2019年12月7日閲覧。
  9. ^ McMillan, Grahame (2019年10月3日). “First Look at Ryan Reynolds' 'Free Guy' Wows New York Comic Con”. The Hollywood Reporter. オリジナルの2019年12月8日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20191208024642/https://www.hollywoodreporter.com/heat-vision/ryan-reynolds-free-guy-trailer-wows-new-york-comic-con-1245235 2019年10月3日閲覧。 
  10. ^ Ivie, Devon (2020年10月5日). “Free Guy Trailer: Wreck-It Ryan Reynolds”. Vulture. オリジナルの2020年10月5日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20201005210015/https://www.vulture.com/2020/10/ryan-reynolds-free-guy-trailer-2020-watch.html 2020年10月5日閲覧。 
  11. ^ a b Egan, Toussaint (2021年8月14日). “Free Guy’s IP-bonanza ending was inspired by the entire crew”. Polygon. 2021年8月14日閲覧。
  12. ^ Boone, John (2021年8月13日). “'Free Guy' Director Shawn Levy Talks Chris Evans' Cameo and Mariah Carey (Exclusive)”. Entertainment Tonight. 2021年8月24日閲覧。
  13. ^ Brown, Lillian (2019年5月14日). “Ryan Reynolds strikes a pose with 'Free Guy' cast as filming ramps up in Boston”. The Boston Globe. オリジナルの2019年5月17日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20190517104948/https://www.bostonglobe.com/lifestyle/names/2019/05/14/ryan-reynolds-strikes-pose-with-free-guy-cast-filming-ramps-boston/4u8NH4R4Zrche0PruCkNoO/story.html 2019年6月22日閲覧。 
  14. ^ Slane, Kevin (2019年5月17日). “Ryan Reynolds movie 'Free Guy' sets up to film in Boston”. The Boston Globe. 2019年12月7日時点のオリジナルよりアーカイブ。2019年12月7日閲覧。
  15. ^ “Ryan Reynolds movie 'Free Guy' transforms downtown Worcester into car chase scene”. MassLive. (2019年5月22日). オリジナルの2019年12月8日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20191208151921/https://www.masslive.com/worcester/2019/05/ryan-reynolds-movie-free-guy-transforms-downtown-worcester-into-car-chase-scene.html 2019年6月22日閲覧。 
  16. ^ Haddadin, Jim (2019年5月7日). “Framingham bank to be featured in Hollywood movie 'Free Guy'”. The MetroWest Daily News. オリジナルの2019年6月22日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20190622203126/https://www.metrowestdailynews.com/news/20190507/framingham-bank-to-be-featured-in-hollywood-movie-free-guy 2019年6月22日閲覧。 
  17. ^ Trufant, Jessica (2019年5月21日). “Life goes on at Union Point after developer's ouster”. The Patriot Ledger. 2020年10月31日時点のオリジナルよりアーカイブ。2020年10月27日閲覧。
  18. ^ Rubin, Rebecca (2021年3月23日). “'Black Widow,' 'Cruella' to Debut on Disney Plus and in Theaters as Disney Shifts Dates for Seven Films”. Variety. 2021年3月23日時点のオリジナルよりアーカイブ。2021年3月23日閲覧。
  19. ^ フリー・ガイ : 作品情報” (日本語). 映画.com. 2021年7月22日閲覧。
  20. ^ 'Free Guy' and 'Shang-Chi' to Get Exclusive Theatrical Releases”. The Hollywood Reporter (2021年5月13日). 2021年5月13日時点のオリジナルよりアーカイブ。2021年5月13日閲覧。
  21. ^ Grater, Tom (2021年7月1日). “Locarno Unveils 2021 Line-Up: Abel Ferrara's Ethan Hawke-Starrer 'Zeros And Ones' To World Premiere”. Deadline. 2021年7月2日閲覧。
  22. ^ Welk, Brian (2020年4月3日). “'Black Widow' Moves to November as Other MCU Films Shift Back to 2021, 2022”. The Wrap. 2020年9月27日時点のオリジナルよりアーカイブ。2020年4月3日閲覧。
  23. ^ Ramos, Dino-Ray (2019年12月7日). “Fox Releases First Trailer For 'Free Guy'; Ryan Reynolds Refers To Unlikely Superhero Origin Story As Modern-Day 'Back To The Future' – CCXP” (英語). Deadline. 2019年12月21日時点のオリジナルよりアーカイブ。2020年1月25日閲覧。
  24. ^ Kit, Borys (2018年9月28日). “Ryan Reynolds, Shawn Levy Team for Action Comedy 'Free Guy'”. The Hollywood Reporter. 2019年10月4日時点のオリジナルよりアーカイブ。2019年6月22日閲覧。
  25. ^ a b ライアン・レイノルズ主演『フリー・ガイ』日本公開、2021年5月に再決定” (日本語). THE RIVER (2020年12月24日). 2021年7月22日閲覧。
  26. ^ Bullard, Benjamin (2020年4月5日). “Ryan Reynolds reveals Free Guy December new release date”. SyFy. 2020年4月27日時点のオリジナルよりアーカイブ。2020年7月7日閲覧。
  27. ^ Gemmill, Allie (2020年10月4日). “New 'Free Guy' Trailer Teaser Hypes Ryan Reynolds' Comedy That You'll (Probably) See in 2020” (英語). Collider. 2020年10月7日時点のオリジナルよりアーカイブ。2020年10月5日閲覧。
  28. ^ ライアン・レイノルズ主演、ゲームの背景キャラだと気づいた男描く『フリー・ガイ』米公開延期 ─ ウェス・アンダーソン最新作も” (日本語). THE RIVER (2020年4月3日). 2021年7月22日閲覧。
  29. ^ https://twitter.com/20thcenturyjp/status/1248392750489309184” (日本語). Twitter. 2021年7月22日閲覧。
  30. ^ “ライアン・レイノルズがモブキャラ演じた「フリー・ガイ」の公開日決定”. 映画ナタリー. (2020年8月7日). https://natalie.mu/eiga/news/391072 2020年8月7日閲覧。 
  31. ^ ウォルト・ディズニー・ジャパン配給作品 劇場公開スケジュール一部変更のお知らせ”. ウォルト・ディズニー・ジャパン. 2020年9月30日閲覧。
  32. ^ McClintock, Pamela (2020年11月5日). “'Free Guy,' 'Death on the Nile' Sail Out of 2020 Amid Ongoing COVID-19 Crisis”. The Hollywood Reporter. 2020年11月5日時点のオリジナルよりアーカイブ。2020年11月5日閲覧。
  33. ^ Ryan Reynolds' 'Free Guy' movie won't hit theaters in December” (英語). Engadget. 2020年11月6日時点のオリジナルよりアーカイブ。2020年11月6日閲覧。
  34. ^ Couch, Adam (2020年12月11日). “'Free Guy,' 'Thor 4' and 'Lightyear' Get Release Dates Amid New Disney Plan”. The Hollywood Reporter. オリジナルの2020年12月30日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20201230135342/https://www.hollywoodreporter.com/heat-vision/free-guy-thor-4-and-lightyear-get-release-dates-amid-new-disney-plan 2020年12月11日閲覧。 
  35. ^ D'Alessandro, Anthony (2021年3月23日). “Disney Shifts 'Black Widow' & 'Cruella' To Day & Date Release In Theaters And Disney+, Jarring Summer Box Office”. Deadline Hollywood. オリジナルの2021年3月23日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20210323183840/https://deadline.com/2021/03/black-widow-cruella-disney-plus-theaters-day-and-date-release-1234720116/ 2021年3月23日閲覧。 
  36. ^ ウォルト・ディズニー・ジャパン配給作品 劇場公開スケジュール延期・公開形態変更のお知らせ”. ウォルト・ディズニー・ジャパン. 2021年4月1日閲覧。
  37. ^ 主人公・ガイ(ゲームのモブキャラ)が渋谷に・・・!?アクション&ユーモア満載の最新映像解禁!”. 20世紀スタジオ公式 (2021年6月18日). 2021年6月18日閲覧。
  38. ^ 実写版『ジャングル・クルーズ』劇場とディズニープラスで同時配信 米ディズニーが発表”. シネマトゥデイ (2021年5月14日). 2021年5月14日閲覧。
  39. ^ ディズニー映画が北米の劇場に帰ってくる!マーベル最新作『シャン・チー』は45日間劇場で独占公開”. MOVIE WALKER PRESS (2021年5月17日). 2021年8月30日閲覧。
  40. ^ 米ディズニー、「フリー・ガイ」「シャン・チー テン・リングスの伝説」を劇場独占上映へ 45日後にDisney+で配信”. 映画.com (2021年5月22日). 2021年5月22日閲覧。
  41. ^ 細野真宏 (2021年3月3日). “「ラーヤと龍の王国」。ディズニーと映画館の関係が激変!一体何が起こっているのか?【前編】”. 映画.com. 2021年8月1日閲覧。
  42. ^ 上映劇場・チケット”. 20世紀スタジオ公式. ウォルト・ディスニー・ジャパン. 2021年7月31日時点のオリジナルよりアーカイブ。2021年7月31日閲覧。
  43. ^ 境治 (2021年7月31日). “スカヨハ提訴、シネコン上映拒否、ディズニー配信戦略が起こす摩擦”. Yahoo!ニュース. 2021年8月1日閲覧。
  44. ^ 「劇場・配信の同時公開、映画業界を破壊」米ソニー幹部、他社スタジオの戦略を批判”. THE RIVER (2021年8月24日). 2021年8月30日閲覧。
  45. ^ ライアン・レイノルズ主演『フリー・ガイ』UHD BDが10/27発売。豪華カメオも“アッセンブル””. PHILE WEB (2021年9月24日). 2021年10月5日閲覧。
  46. ^ 『フリー・ガイ』ディズニープラスで10.27見放題配信スタート!”. シネマトゥデイ (2021年10月5日). 2021年10月5日閲覧。
  47. ^ Vary, Adam B. (2021年8月13日). “Why Disney’s ‘Free Guy’ Will Be on HBO Before It’s on Disney Plus”. Variety. 2021年10月5日閲覧。
  48. ^ Free Guy@FreeGuyMovieのツイート”. Twitter (2021年12月17日). 2022年2月7日閲覧。
  49. ^ Rubin, Rebecca (2021年8月11日). “Disney's 'Free Guy' Is Playing Only in Theaters. Can That Help Ticket Sales?”. Variety. 2021年8月11日時点のオリジナルよりアーカイブ。2021年8月11日閲覧。
  50. ^ a b D'Alessandro, Anthony (2021年8月15日). “How Ryan Reynolds & Shawn Levy's 'Free Guy' Triumphed At The Weekend Pandemic B.O. With A Great $28M+”. Deadline Hollywood. 2021年8月15日時点のオリジナルよりアーカイブ。2021年8月15日閲覧。
  51. ^ 『フリー・ガイ』首位デビュー!予想を上回るヒット”. シネマトゥデイ (2021年8月17日). 2021年8月20日閲覧。
  52. ^ ライアン・レイノルズが続編に意欲的な『フリー・ガイ』 全米大ヒットでも劇場は苦戦?”. Real Sound (2021年8月17日). 2021年8月20日閲覧。
  53. ^ D'Alessandro, Anthony (2021年8月22日). “'Free Guy' Posts Best Summer Second Weekend Hold During Pandemic; 'Paw Patrol' Arrests $13M – Sunday Box Office Update”. Deadline Hollywood. 2021年8月22日時点のオリジナルよりアーカイブ。2021年8月22日閲覧。
  54. ^ 8月14日~8月15日 今週の映画ランキング”. CINEMAランキング通信. 興行通信社. 2021年8月24日閲覧。
  55. ^ 8月21日~8月22日 今週の映画ランキング”. CINEMAランキング通信. 興行通信社. 2021年8月24日閲覧。
  56. ^ Free Guy (2021)”. Rotten Tomatoes. Fandango Media. 2021年8月20日閲覧。
  57. ^ Free Guy Reviews”. Metacritic. 2021年8月20日閲覧。
  58. ^ Debruge, Peter (2021年8月5日). “'Free Guy' Review: Ryan Reynolds Levels Up in This Meta-Video Game Rom-Com”. Variety. 2021年8月13日時点のオリジナルよりアーカイブ。2021年8月13日閲覧。
  59. ^ Dowd, A.A. (2021年8月5日). “Free Guy review: Ryan Reynolds gets his own Truman Show”. The A. V. Club. 2021年8月15日時点のオリジナルよりアーカイブ。2021年8月16日閲覧。
  60. ^ Roeper, Richard (2021年8月11日). “‘Free Guy’: Ryan Reynolds at top skill level in clever video game comedy”. Chicago Sun-Times. 2021年8月11日時点のオリジナルよりアーカイブ。2021年8月24日閲覧。
  61. ^ Reynolds, Ryan. “Aaaannnnd after 3 years messaging #FreeGuy as an original IP movie, Disney confirmed today they officially want a sequel. Woo hoo!! #irony”. Twitter. 2021年8月14日閲覧。

外部リンク[編集]