冨樫義博

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
冨樫 義博
Replace this image JA.svg
生誕 1966年4月27日(47歳)[1]
日本の旗 日本山形県新庄市[1]
国籍 日本の旗 日本
活動期間 1986年 -
ジャンル 少年漫画
代表作 幽☆遊☆白書
レベルE
HUNTER×HUNTER
受賞 1987年:第24回 ホップ☆ステップ賞佳作(「ジュラのミヅキ」)
1993年:第39回 小学館漫画賞少年部門(『幽☆遊☆白書』)
テンプレートを表示

冨樫 義博(とがし よしひろ、本名同じ[2]1966年4月27日[1] - )は、日本漫画家。愛称は「ヨシりん」、「冨樫王子」など。妻は同じく漫画家の武内直子[1]。弟の冨樫(冨樫秀昭)[注 1]も漫画家。

1986年に『『週刊少年ジャンプ』Winter Special』に掲載された「とんだバースディプレゼント」でデビューし、1989年平成元年)から『週刊少年ジャンプ』で開始した「てんで性悪キューピッド」で連載デビュー[1]。主に『週刊少年ジャンプ』で活躍。代表作『幽☆遊☆白書』『HUNTER×HUNTER』『レベルE』はいずれもテレビアニメ化されている。『幽☆遊☆白書』により1993年、第39回小学館漫画賞少年部門受賞。『週刊少年ジャンプ』誌上において『HUNTER×HUNTER』を不定期連載中[注 2]

経歴[編集]

幼年期~学生時代
山形県新庄市万場町にて出生、山形県立新庄北高等学校卒業[1]山形大学教育学部美術学科在学中[1]1986年より投稿をはじめ、翌1987年(昭和62年)3月に「ジュラのミヅキ」で第24回ホップ☆ステップ賞佳作、12月に「ぶっとびストレート」で第34回手塚賞準入選をそれぞれ受賞。同年「とんだバースディプレゼント」が『週刊少年ジャンプSpring Special』に掲載され、漫画家としてデビューする。
てんで性悪キューピッド
1989年(平成元年)より『週刊少年ジャンプ』連載開始のラブコメディてんで性悪キューピッド」で連載デビュー[1]。悪魔の少女とのラブコメ漫画であったが、長期連載には至らなかった。
幽☆遊☆白書
1990年より『週刊少年ジャンプ』にて「幽☆遊☆白書」を連載開始。当初は幽霊となった少年を主人公とする1話 - 数話完結の話であったが、連載途中より格闘漫画に作風を移行させた。この作品は人気を集め、1992年にはテレビアニメ化を果たしジャンプの屋台骨を支える看板作品となり、人気の衰えを見る前に連載終了。
レベルE
1995年から1997年にかけては同誌で、不可思議な宇宙人たちを描いたシニカルなSF漫画、「レベルE」を月1で連載する。同作は連載終了より14年を経た2011年(平成23年)にテレビアニメ化されている。
HUNTER×HUNTER
1998年(平成10年)より同誌にて「HUNTER×HUNTER」の連載を開始。王道的な展開ながらも複雑な心理戦を描いた少年漫画として人気を得[3]1999年(平成11年)からと2011年(平成23年)の2度に渡ってテレビアニメ化されている。1999年(平成11年)1月には同じく漫画家の武内直子と結婚[1]。この頃から頻繁に休載するようになり、2006年(平成18年)には僅か4回の掲載[注 3]2007年(平成19年)の連載再開まで79週もの休載を挟んだ。その後も断続的に掲載される形で連載が行なわれている[注 2]

作品リスト[編集]

漫画作品[編集]

各作品の詳細などについてはリンク先の各記事を参照。

  • 2011年12月現在。
  • デフォルトでの表記は発表順。未発表作品については投稿した漫画賞の次期で代用。他列でのソート後に再度発表順でソートするには、最左列を利用する。
  • 「種」欄は連載か読切かで2種に大別。
  • 「収」欄は収録単行本またはイラスト集を「略号x-y」の形で示す。略号対応については#漫画単行本を参照。
    • 「x」は初収録単行本での収録巻を示す。再出版で収録巻の異なる場合は脚注で補足。
    • 「y」は各単行本内での収録順を示す。
連載作品 読切作品
作品名 発行 掲載誌 注記
1 せんせえはとししたセンセーは年下!! 読切 雑誌未掲載(1986年投稿) てA4-3
てB3-3
産休の教師の代理として、小学生が中学校に赴任するギャグ漫画。
第20回H☆S賞(1986年)最終候補。15頁。
2 しゆらのみつきジュラのミヅキ 読切 雑誌未掲載(1987年投稿) てA4-2
てB3-2
植物と会話し操ることが出来るジュラ族の少女を主人公とした作品。
第24回ホップ☆ステップ賞佳作受賞作。35頁。
3 ふつとひすとれえとぶっとびストレート 読切 雑誌未掲載(1987年投稿) 短-6 野球漫画。第34回(昭和62年度下半期)手塚賞準入選作品。
4 とんたはあすていふれせんととんだバースディプレゼント 読切 集英社 WJ増刊 少年ジャンプ 1988年 Winter Spesial 短-5 発明の失敗からコンピュータゲームと結びついた現実世界を舞台とした作品。
デビュー作。
5 おかるとたんていたんオカルト探偵団 PART1 読切 集英社 WJ増刊 少年ジャンプ 1988年 Autumn Special 短-2 推理とオカルトを合わせた作品。31頁
6 ほらあえんしえるHORROR ANGEL 読切 集英社 WJ増刊 少年ジャンプ 1989年 Winter Special 短-4 怪奇映画が登場するラブコメディ
7 おかるとたんていたんオカルト探偵団 PART2 読切 集英社 WJ増刊 少年ジャンプ 1989年 Spring Special 短-3 推理オカルトを合わせた作品。43頁
8 おおかみなんてこわくない狼なんて怖くない!! 読切 集英社 V週刊少年ジャンプ 1989年20号 短-1 狼男を主人公としたラブコメディ。31頁。短編集の表題作。
9 てんてしようわるきゆうひつとてんで性悪キューピッド 1 連載 集英社 V週刊少年ジャンプ 1989年32号 - 1990年13号 ラブコメディ作品。連載デビュー作。
10 ゆうゆうはくしよ幽☆遊☆白書 1 連載 集英社 V週刊少年ジャンプ 1990年51号 - 1994年32号 オカルトコメディとして始まり、後に格闘漫画へ変換。
第39回小学館漫画賞受賞作品。アニメ化もされている。
11 れへるいいレベルE 1 連載 集英社 V週刊少年ジャンプ 1995年42号 - 1997年3・4合併号 オカルトコメディ作品。
週刊誌である『WJ』において月刊連載された。後にアニメ化。
12 はんたあはんたあHUNTER×HUNTER 1 連載 集英社 V週刊少年ジャンプ 1998年14号 - 連載中 2度のアニメ化等様々なメディアミックスが行われている。

書籍[編集]

漫画単行本[編集]

書誌情報の詳細などについてはリンク先の各記事を参照。

  • 2012年12月現在。
  • 書名が同じ物は【 】内の注記で区分をつけている。
  • デフォルトでの表記は作品毎にまとめて初巻の発行順とし、短編集については最後に記載しした。他列でのソート後にデフォルトの順へと戻すには、最左列を利用する。
  • 「略」欄は上記#漫画作品の収録欄で用いている略号を示す。
連載作品 再出版 短編集
書名 発行 レーベル 発行年 注記
1 て1てんで性悪キューピッド【JC版】 集英社 ジャンプ・コミックス 2新書 1990年 4 てA
2 て2てんで性悪キューピッド【ワイド版】 ホーム社 ホームコミックス 3B6 1994年 3 ワイド版での再出版。 てB
3 て3てんで性悪キューピッド【文庫版】 集英社 集英社文庫コミック版 1文庫 2002年 2 文庫での再出版。 てC
4 ゆ1幽☆遊☆白書【JC版】 集英社 ジャンプ・コミックス 2新書 1991年 - 1994年 19
5 ゆ2幽☆遊☆白書完全版 集英社 ジャンプ・コミックス 5A5 2004年 - 2005年 15 ワイド版での再出版。
6 ゆ3幽☆遊☆白書【文庫版】 集英社 集英社文庫コミック版 1文庫 2010年 - 2011年 12 文庫での再出版。
7 レベルE 集英社 ジャンプ・コミックス 2新書 1996年 - 1997年 3
8 HUNTER×HUNTER 集英社 ジャンプ・コミックス 2新書 1998年 - 刊行中 32
9 狼なんて怖くない!! 集英社 ジャンプ・コミックス 2新書 1989年 1 短編集。

絵本[編集]

その他[編集]

  • バイオハザード3 公式ガイドブック(1999年発行) イラスト寄稿。
  • 出身地である山形県新庄市のイメージキャラクター「かむてん」のデザインを担当。
  • 実弟の冨樫の単行本『森の妖精のはなし』シリーズ(成人向け)巻末にイラスト寄稿。
  • 森博嗣小説『地球儀のスライス』、平山夢明小説『他人事』で巻末の解説を書いている。
  • NARUTO-ナルト-』の連載十周年記念として出版された『NARUTO秘伝・皆の書 - オフィシャルプレミアムファンBOOK』(集英社・2009年12月9日発売、ISBN 978-4-08-874834-4)に十周年お祝いメッセージ&イラストを寄稿。および二影対談として『NARUTO-ナルト-』作者・岸本斉史との対談が掲載されている。
  • ヘタッピマンガ研究所R村田雄介)Step15-17にゲストとして登場。漫画家になるまでの経緯などについて話した。
  • 『HUNTER×HUNTER』のアニメに声優として2回出演している。

脚注[編集]

[ヘルプ]

注釈[編集]

  1. ^ 冨樫義博本人からの公言はないが『幽☆遊☆白書画集』にて「背景は弟に手伝ってもらった」とコメントしていたり、弟のイラストがコミック版『幽☆遊☆白書』にゲスト掲載されていたり、逆に冨樫の単行本にゲストとして兄の義博が参加している。
  2. ^ a b 2011年12月現在
  3. ^ 同年の『週刊少年ジャンプ』8 - 11号にのみ掲載。

出典[編集]

  1. ^ a b c d e f g h i Vol.13[巻頭インタビュー]冨樫義博 」- 国土交通省山形河川国道事務所が発行している情報誌『U-zen』のインタビュー記事(Internet Archiveによる過去ログ)
  2. ^ 冨樫義博 『幽☆遊☆白書第7巻』 集英社〈JC〉、1992年、49頁。ISBN 978-4-08-871279-6
  3. ^ 秋本治 『こちら葛飾区亀有公園前派出所第166巻』 集英社〈JC〉、2009年、188頁。