劇場版 HUNTER×HUNTER -The LAST MISSION-

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
HUNTER×HUNTER > HUNTER×HUNTER (2011年のアニメ) > 劇場版 HUNTER×HUNTER -The LAST MISSION-
劇場版 HUNTER×HUNTER
-The LAST MISSION-
監督 川口敬一郎
脚本 岸間信明
原作 POT(冨樫義博)『HUNTER×HUNTER
出演者 潘めぐみ
伊瀬茉莉也
藤原啓治
沢城みゆき
浪川大輔
永井一郎
三石琴乃
冨永みーな
大友龍三郎
横山智佐
関俊彦
会一太郎
寺崎裕香
中村獅童
天野ひろゆき
山本美月
SUPER☆GiRLS志村理佳田中美麗前島亜美
音楽 平野義久
主題歌 ゆず表裏一体
製作会社 ハンター協会 2013
配給 東宝
公開 2013年12月27日
上映時間 98分
製作国 日本の旗 日本
言語 日本語
前作 劇場版 HUNTER×HUNTER 緋色の幻影
テンプレートを表示

劇場版 HUNTER×HUNTER -The LAST MISSION-』(げきじょうばん ハンターハンター -ザ・ラストミッション-)は、2013年12月27日に全国東宝系にて公開された日本のアニメーション映画

日本テレビ放送網開局60周年記念作品。週刊少年ジャンプ創刊45周年記念作品。

キャッチコピーは「全ハンターよ、真実《闇》と闘え―」、「今、蘇る悪夢。それはハンター協会の闇の歴史」、「数十年前のあの日、全ての悲劇が始まった… 浮かび上がるハンター協会の闇の歴史―そして、ネテロの隠された過去 ハンター VS ハンターの死闘が今、始まる!!!

概要[編集]

アニメシリーズの時系列に照らし合わせるならば、「キメラアント編の導入部分から抜け出した話[1]」との事。

全国259スクリーンで[2]、2013年12月27日に公開され、2013年12月28、29日の土日2日間で映画観客動員ランキング(興行通信社調べ)初登場第3位、観客動員13万993人、興収1億5,803万1,050円[3]、公開3週目の時点でランキング9位、累計動員は60万9,106人、累計興収は7億2,299万9,750円を記録[4]

脚本を担当した岸間信明は、フジテレビ版『HUNTER×HUNTER』で脚本、OVAでシリーズ構成を担当、またネテロ役の永井一郎亡き後の『サザエさん』で2代目磯野波平役に決定した茶風林が第一声を発する回「ミセスうっかりミス」の脚本も担当した。

コラボ企画としてピザーラの商品購入者対象の抽選イベントのコラボキャンペーンが行われた[5][6]。またピザーラが潘めぐみの友人の両親が立ち上げた会社であることも明かされた[7]。他、ガンホー・オンライン・エンターテイメントのパズルゲーム『パズル&ドラゴンズ』に2013年12月23日から2014年1月5日までの間、HUNTER×HUNTERの一部登場人物がコラボガチャに登場した[8]

前作『劇場版 HUNTER×HUNTER 緋色の幻影』の関連事項として、ゲストの天野ひろゆきはDVD・Blu-rayオーディオコメンタリーにゲスト参加、山本美月[9]、前島亜美[10]が劇場での視聴を述べている。また前作に引き続き、劇場への来場者先着50万人に、書家武田双雲が書いた「ハンター十ヶ条」が書かれた手ぬぐいを配布するイベントが行われた[11]。なお、この「ハンター十ヶ条」の条文自体は、既に原作『HUNTER×HUNTER』第331話「X日(デー)」に全文が掲載されている[12]

ストーリー[編集]

登場人物[編集]

また、会長選挙・アルカ編にて初登場する、ある人物が登場する。

オリジナルキャラクター[編集]

ジェド
声 - 中村獅童
かつてネテロと共にハンター協会を支えていた伝説のハンターで、当時存在していた裏組織『』の隊長。ネテロによって組織を葬られ、自身も粛清されたが、彼に対する深い復讐心により蘇る。
修羅
声 - 天野ひろゆき
『影』の参謀で、ジェドの右腕。
煉獄
声 - 山本美月
『影』唯一の女性戦士で、最凶の能力者。それなりの強さを持っているが、同時にどういう理由か、儚さも持っている。
餓鬼
声 - 大友龍三郎
ジェドの部下。

スタッフ[編集]

  • 監督 - 川口敬一郎
  • 脚本 - 岸間信明
  • 音楽 - 平野義久
  • 製作 - 城朋子茨木政彦、柏木登、市川南、岡田浩行、藤門浩之、高橋誠
  • エグゼティブプロデューサー - 奥田誠治
  • プロデュース - 中谷敏夫
  • プロデューサー - 北島直明 
  • アニメーションプロデューサー - 福士裕一郎
  • メインキャラクターデザイン - 吉松孝博
  • 総作画監督 - 筱雅律
  • 美術監督 - 金子英俊
  • 音響監督 - 山田知明
  • アニメーション制作 - マッドハウス
  • 製作 - ハンター協会2013(日本テレビ放送網、集英社バップ東宝マッドハウスKDDI、日本テレビ系全国28社)
  • 製作幹事 - 日本テレビ放送網
  • 企画協力 - 集英社「週刊少年ジャンプ」編集部
  • 配給 - 東宝

主題歌[編集]

表裏一体
作詞・作曲 - 北川悠仁岩沢厚治前山田健一、編曲 - 前山田健一・ゆず、ストリングス編曲 - 門脇大輔、歌 - ゆず、レーベル - セーニャ・アンド・カンパニー

完全限定生産の「HUNTER×HUNTER Ver.」、通常生産の「ゆず Ver.」がある。「HUNTER×HUNTER Ver.」4曲目の「約束の唄」には前作『劇場版 HUNTER×HUNTER 緋色の幻影』に出演したクロロ(宮野真守)が参加、「HUNTER×HUNTER Ver.」ジャケットイラストにもヒソカを片側としてクロロが対になるように描かれている。

脚注[編集]

  1. ^ 『週刊少年ジャンプ』2013年51号、集英社、14頁。
  2. ^ 「劇場版 HUNTER×HUNTER」第2弾公開、ゴン役の潘めぐみは感涙”. 映画.com (2013年12月27日). 2014年1月7日閲覧。
  3. ^ 「永遠の0」が2週連続で1位!「劇場版HUNTER×HUNTER−The LAST MISSION−」が初登場!(12月28日-12月29日)”. CINEMAランキング通信 (2014年1月7日). 2014年1月8日閲覧。
  4. ^ 壬生智裕、「岡田准一『永遠の0』がV4!『トリック』最終章は初登場2位!【映画週末興行成績】」(2014年1月15日)、シネマトゥデイ、2014年1月16日閲覧。
  5. ^ ピザーラ × ハンター×ハンター コラボキャンペーン 第一弾”. 2014年3月31日閲覧。
  6. ^ ピザーラ × ハンター×ハンター コラボキャンペーン 第二弾”. 2014年3月31日閲覧。
  7. ^ 潘ちゃん×潘さん交換日記 : ピザーラの縁と「ブシロード」 潘めぐみ”. MANTANWEB (2013年12月14日). 2014年3月31日閲覧。
  8. ^ パズドラのHUNTER×HUNTERコラボはキメラアント編、ゲンスルーやコルトも登場”. マイナビニュース (2013年12月16日). 2014年3月31日閲覧。
  9. ^ 「クリスマスには卒業単位が欲しい!」山本美月がハントしたいものを告白!!”. Walkerplus (2013年12月19日). 2014年3月9日閲覧。
  10. ^ 劇場版HUNTER×HUNTER The LAST MISSION”. 前島亜美(SUPER☆GiRLS)オフィシャルブログ 「あみたのいちご畑」 (2013年12月25日). 2013年12月26日閲覧。
  11. ^ 全国先着50万名様 入場者プレゼント!!! 「ハンター十ヶ条」手ぬぐい”. 『劇場版 HUNTER×HUNTER―The LAST MISSION―』公式サイト. 2013年12月24日閲覧。
  12. ^ 冨樫義博 『HUNTER×HUNTER』32巻 (6版) 集英社、2012年12月28日、16-17頁。ISBN 9785088706986 

外部リンク[編集]