悪魔の花嫁

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
悪魔の花嫁
ジャンル ホラーファンタジー漫画
漫画
原作・原案など 池田悦子
作画 あしべゆうほ
出版社 秋田書店
掲載誌 月刊プリンセス
レーベル プリンセスコミックス
発表号 1975年創刊号 - 1990年10月号
巻数 全17巻
漫画:悪魔の花嫁 -最終章-
原作・原案など 池田悦子
作画 あしべゆうほ
出版社 秋田書店
掲載誌 ミステリーボニータ
レーベル ボニータコミックス
発表号 2007年6月号 -
巻数 既刊6巻(2014年5月現在)
テンプレート - ノート
プロジェクト 漫画
ポータル 漫画

悪魔の花嫁』(デイモスのはなよめ)は、原作:池田悦子、作画:あしべゆうほによる日本ホラーファンタジー漫画

概要[編集]

秋田書店の『月刊プリンセス』で1975年創刊号より連載。 連載は長期にわたったが物語に決着がつくことなく、掲載誌『別冊ビバプリンセス』の休刊と同時に1990年10月号をもって「第2部」が終了した。

その後、2007年5月7日発売の秋田書店の月刊誌ミステリーボニータ6月号にて、「最終章」として連載が再開された[1]。従来の形式はほぼ1話完結の連作というスタイルを基本とする作品群だったが、「最終章」との副題がついてからの連載では各号での掲載が10ページから20ページ弱と少ないためか、1つのエピソードが複数回にわたり掲載されている。時折休載を挟みつつ断続的に継続された。

作画担当のあしべゆうほによる別作品『クリスタル☆ドラゴン』連載再開を受け、『ミステリーボニータ』2014年5月号に掲載されたのを最後に休載。同作品の完結後に本作『悪魔の花嫁』を再開する旨が一つ前の4月号にて編集部より告知されている[2]

単行本『悪魔の花嫁』は、同社プリンセスコミックスより全17巻にて刊行。また、愛蔵版がプリンセスコミックスDXより全12巻が刊行された他、文庫版が秋田文庫より全12巻にて刊された。2000年6月時点で累計発行部数は1100万部を記録している[3]

単行本『悪魔の花嫁 -最終章-』は、同社ボニータコミックスより既刊6巻(2014年5月16日時点)。

1983年にはLPにてイメージアルバム『悪魔の花嫁』がリリースされ、2005年CDにて再発売された。1988年にはOVA化作品『悪魔の花嫁 蘭の組曲』がリリースされた。

あらすじ[編集]

はるか昔、妹のヴィーナスを愛したがためにゼウスにより天界から追放され悪魔になったデイモス。ヴィーナスもまた生きながら朽ちていくという罰を受けた。妹を救うためには現代でヴィーナスの生まれ変わりである美奈子の体を手に入れ、その体にヴィーナスの魂を入れることが必要だった。ヴィーナスを救うために美奈子を誘惑するデイモスだが、次第に美奈子に惹かれていく。

ゲストキャラクターが各短編で主人公になり、それぞれの話にレギュラーであるデイモスと美奈子がかかわっていくオムニバス形式で話が進んでいく作品。大抵は事件に巻き込まれた美奈子がデイモスに救われたり、あるいは美奈子に近づく男がデイモスの誘惑や罠によって破滅する、という物語で構成される。

キャラクター[編集]

「声」はイメージアルバム版およびOVA版における声優

伊布 美奈子(いふ みなこ)
声 - 伊藤かずえ / 荘真由美
初登場時は現代の普通の高校生だが、ヴィーナスの生まれ変わり。デイモスと共に奇怪な事件に次々と巻き込まれていく。
デイモス
声 - 塩沢兼人 / 野沢那智
双子の妹であるヴィーナスを愛したがために天界から追放され悪魔となった。妹を救うために美奈子を誘惑する。だが、次第に美奈子自身に惹かれていくようになり、両者への思いに板挟みとなっていく。
ヴィーナス
声 - 藤田淑子(OVA版のみ)
デイモスの双子の妹で、ゼウスにより生きながら体が朽ちていき最後には消滅してしまうという罰を受ける。デイモスが美奈子に惹かれていることを知り、激しい嫉妬の炎を燃やす。

書誌情報[編集]

  • 池田悦子(原作) / あしべゆうほ(作画) 『悪魔の花嫁』 秋田書店〈プリンセスコミックス〉、全17巻
    1. 1975年11月21日発売[4]ISBN 4-253-07010-8
    2. 1976年3月12日発売[5]ISBN 4-253-07011-6
    3. 1976年9月20日発売[6]ISBN 4-253-07012-4
    4. 1977年3月25日発売[7]ISBN 4-253-07013-2
    5. 1977年8月24日発売[8]ISBN 4-253-07014-0
    6. 1978年2月8日発売[9]ISBN 4-253-07015-9
    7. 1978年7月7日発売[10]ISBN 4-253-07016-7
    8. 1979年3月16日発売[11]ISBN 4-253-07017-5
    9. 1979年10月23日発売[12]ISBN 4-253-07018-3
    10. 1980年9月3日発売[13]ISBN 4-253-07019-1
    11. 1981年3月3日発売[14]ISBN 4-253-07020-5
    12. 1981年6月18日発売[15]ISBN 4-253-07021-3
    13. 1982年3月3日発売[16]ISBN 4-253-07022-1
    14. 1982年8月5日発売[17]ISBN 4-253-07023-X
    15. 1983年2月4日発売[18]ISBN 4-253-07024-8
    16. 1984年4月3日発売[19]ISBN 4-253-07025-6
    17. 1990年11月2日発売[20]ISBN 4-253-07026-4
  • 池田悦子(原作) / あしべゆうほ(作画) 『悪魔の花嫁 -最終章-』 秋田書店〈ボニータコミックス〉、既刊6巻(2014年5月16日現在)
    1. 2008年6月16日発売[21]ISBN 978-4-253-26041-1
    2. 2009年12月16日発売[22]ISBN 978-4-253-26042-8
    3. 2011年1月14日発売[23]ISBN 978-4-253-26043-5
    4. 2012年1月16日発売[24]ISBN 978-4-253-26044-2
    5. 2013年4月16日発売[25]ISBN 978-4-253-26045-9
    6. 2014年5月16日発売[26]ISBN 978-4-253-26046-6

愛蔵版[編集]

文庫版[編集]

関連書籍[編集]

ドラマ[編集]

1980年7月26日、テレビ朝日の「土曜ワイド劇場」においてサスペンスドラマ『怪奇シリーズ第一夜 悪魔の花嫁 呪われた百物語』として放送された。原案は「悪魔の花嫁 百壱物語」でキャラクターの名前や役回り等も変わっている。怪奇ものではあるが非現実的なものではなく悪魔は出てこず産業スパイを絡めた物語となっている。

出演者
スタッフ

イメージアルバム[編集]

1983年3月21日、イメージアルバム『悪魔の花嫁』がLPで発売(日本コロムビア、規格品番:CX-7093)。2005年CD化。

キャスト

本イメージアルバムに収録された「悪魔の花嫁」(歌:伊藤かずえ)はシングルカット(規格品番:AH-323)もされた。

OVA[編集]

悪魔の花嫁 蘭の組曲』と題して、1988年10月5日にOVAがリリースされた。今のところDVD化はされていない。

監督はりんたろう、脚本は原作者である池田悦子が担当している。なお、声優はイメージアルバム版とは異なるが、イメージアルバムでデイモスを演じた塩沢兼人が大庭要を演じている。

スタッフ
キャスト

脚注[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ 秋田書店 ミステリーボニータ 2007年6月号
  2. ^ 『ミステリーボニータ』2014年4月号のp.73に「現在連載中の『悪魔の花嫁』につきましては、作画担当のあしべゆうほ先生の『クリスタル☆ドラゴン』連載再開に伴い、来月号掲載分をもって一時休載させていただきます。間もなくクライマックスへと向かう『クリスタル☆ドラゴン』の完結後、必ず再開いたします。毎号楽しみにお待ちいただいている読者さまには大変申し訳ございませんが、今しばらくお待ちください。」と掲載された。
  3. ^ 日経エンタテイメント』(日経BP社)2000年7月号より
  4. ^ 悪魔の花嫁 1”. 秋田書店. 2022年3月11日閲覧。
  5. ^ 悪魔の花嫁 2”. 秋田書店. 2022年3月11日閲覧。
  6. ^ 悪魔の花嫁 3”. 秋田書店. 2022年3月11日閲覧。
  7. ^ 悪魔の花嫁 4”. 秋田書店. 2022年3月11日閲覧。
  8. ^ 悪魔の花嫁 5”. 秋田書店. 2022年3月11日閲覧。
  9. ^ 悪魔の花嫁 6”. 秋田書店. 2022年3月11日閲覧。
  10. ^ 悪魔の花嫁 7”. 秋田書店. 2022年3月11日閲覧。
  11. ^ 悪魔の花嫁 8”. 秋田書店. 2022年3月11日閲覧。
  12. ^ 悪魔の花嫁 9”. 秋田書店. 2022年3月11日閲覧。
  13. ^ 悪魔の花嫁 10”. 秋田書店. 2022年3月11日閲覧。
  14. ^ 悪魔の花嫁 11”. 秋田書店. 2022年3月11日閲覧。
  15. ^ 悪魔の花嫁 12”. 秋田書店. 2022年3月11日閲覧。
  16. ^ 悪魔の花嫁 13”. 秋田書店. 2022年3月11日閲覧。
  17. ^ 悪魔の花嫁 14”. 秋田書店. 2022年3月11日閲覧。
  18. ^ 悪魔の花嫁 15”. 秋田書店. 2022年3月11日閲覧。
  19. ^ 悪魔の花嫁 16”. 秋田書店. 2022年3月11日閲覧。
  20. ^ 悪魔の花嫁 17”. 秋田書店. 2022年3月11日閲覧。
  21. ^ 悪魔の花嫁 -最終章-嫁 1”. 秋田書店. 2022年3月11日閲覧。
  22. ^ 悪魔の花嫁 -最終章-嫁 2”. 秋田書店. 2022年3月11日閲覧。
  23. ^ 悪魔の花嫁 -最終章-嫁 3”. 秋田書店. 2022年3月11日閲覧。
  24. ^ 悪魔の花嫁 -最終章-嫁 4”. 秋田書店. 2022年3月11日閲覧。
  25. ^ 悪魔の花嫁 -最終章-嫁 5”. 秋田書店. 2022年3月11日閲覧。
  26. ^ 悪魔の花嫁 -最終章-嫁 6”. 秋田書店. 2022年3月11日閲覧。
  27. ^ 悪魔の花嫁 - 幻の未収録作品&秘蔵原画集”. 秋田書店. 2022年3月11日閲覧。

外部リンク[編集]