別冊ビバプリンセス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search

別冊ビバプリンセス』(べっさつビバプリンセス)は、1976年から1990年にかけて秋田書店が発刊していた月刊漫画雑誌

本項では、1990年から1994年に発刊していた『別冊プリンセス』(べっさつプリンセス)についても記述する。

概要[編集]

1976年3月に秋田書店が『別冊ビバプリンセス』の誌名で創刊。『月刊プリンセス』(秋田書店)の派生誌。

1970年代、少女向けの月刊漫画雑誌の創刊が相次ぐ中に、創刊され姉妹誌の『月刊プリンセス』より読み切り作品が多いのが特徴であった。また連載作品は『月刊プリンセス』への移籍や同誌からの出張連載などが中心であり、持続性が無いものが多く、『別冊ビバプリンセス』において長期連載となった作品は『アルカサル-王城-』(青池保子)、『ふふふの闇』(山田ミネコ)、『黄金の梨』(坂田靖子)の3作品のみである。

創刊からしばらくの間は季刊誌であったが[1]1986年3月(4月号)に隔刊化した後[2]、80年代末に月刊化した[1]。その後、1990年9月に一旦休刊し、『別冊プリンセス』として再スタートした。

掲載作品一覧[編集]

漫画作品[編集]

別冊プリンセス[編集]

『別冊ビバプリンセス』は、1990年に誌名を『別冊プリンセス』に変更したが、1994年に休刊。『別冊ビバプリンセス』時代を含め18年の歴史にピリオドを打った。

掲載作品一覧[編集]

参考資料[編集]

脚注[編集]

  1. ^ a b 碧ゆかこはるか遠き国の物語』9巻、秋田書店、1990年7月、巻末あとがきより
  2. ^ 青池保子『エロイカより愛をこめて35周年メモリアルブック』(2012年、秋田書店、64P)