増岡弘

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ますおか ひろし
増岡 弘
1962年
1962年
プロフィール
本名 増岡 弘[1]
性別 男性
出身地 日本の旗 日本埼玉県南埼玉郡[1](現:さいたま市岩槻区[2]
生年月日 (1936-08-07) 1936年8月7日
没年月日 (2020-03-21) 2020年3月21日(83歳没)
血液型 B型[注 1][4][5]
職業 声優俳優ナレーター[6]
事務所 東京俳優生活協同組合(最終所属)[7]
配偶者 あり
公称サイズ(時期不明)[8]
身長 / 体重 167 cm / 77 kg
声優活動
活動期間 1960年代 - 2020年
ジャンル アニメゲーム吹き替えナレーション
デビュー作 大熊(『狼少年ケン』)アニメデビュー作[5][9]
俳優活動
活動期間 1950年代 - 不明
ジャンル テレビドラマ舞台特撮
声優テンプレート | プロジェクト | カテゴリ

増岡 弘(ますおか ひろし、1936年昭和11年〉8月7日[1][10][3] - 2020年令和2年〉3月21日[11])は、日本声優俳優ナレーター[6]埼玉県出身[1]。最終所属は東京俳優生活協同組合[7]

生涯[編集]

声優・俳優になるまで[編集]

埼玉県[1]南埼玉郡(現在のさいたま市岩槻区)出身[2]埼玉県立大宮工業高等学校卒業。

当初は絵描きを志しており東京芸術大学美術学部に入るが、「自由な絵を描きたい」という理由から2年で中退[10]。その後文化学院[1]文化芸術科卒業[2]東郷青児に世話になるなどしたが、新しいことがやりたくなり、東京でサンドイッチマンの仕事を始める[10]。そのときの知人の誘いで舞台美術の仕事(舞台装置の制作)にかかわり演劇の世界に入るが、しだいに「食べていけない」と思うようになる[12]

あるとき、とある公演の舞台美術を担当した際、出演する人物が資金を持ち逃亡したため、急遽その人物の代役を担当。台詞を忘れるなど恥ずかしく悔しい思いをし、「もう一度やり直したい」と希望したことがきっかけで役者に転向する[2][13]

1957年(昭和32年)、劇団表現座を主宰[14]。友人を頼って名古屋に移った後、中部日本放送放送劇団オーディションに応募し合格[10]。1959年(昭和34年)から同劇団の専属となる[14]

中部日本放送の東京支社に出入りしていた際にその近隣にあった喫茶店のマスターに東京俳優生活協同組合のマネージャーを紹介してもらい、1961年(昭和36年)から同事務所に所属[10]

キャリア[編集]

テレビ草創期から活躍し、アニメ『狼少年ケン』の大熊役以降は声優としての活動が大きい[5][9]。1978年(昭和53年)6月11日放送分からは近石真介に代わって『サザエさん』のフグ田マスオ役を、1988年(昭和63年)10月3日放送の初回から『それいけ!アンパンマン』のジャムおじさん役を長年演じていた(『サザエさん』のフグ田マスオ役は41年、『それいけ!アンパンマン』のジャムおじさん役は31年である)。

声優業以外にも、劇団「東京ルネッサンス」を主宰して、舞台活動も行っていた[2]。また、野沢雅子肝付兼太白石冬美と共に東京アニメーター学院で声優科の講師も務めていた他、自然団法人「みそひともんちゃく」の代表でもあった。日本各地で人権問題について考える講演活動も行なっていた。

晩年・死去[編集]

2018年(平成30年)、第12回声優アワードにて功労賞を受賞[15]

2019年(令和元年)8月、長年演じた『サザエさん』のフグ田マスオ役と『それいけ!アンパンマン』のジャムおじさん役を卒業[16]。二作ともに、増岡本人から高齢による番組卒業の申し出があったという[16]。増岡はこのことについて後に「とても辛かった」としながらも、高齢で体力が落ちていくことを実感するなか「(今後も視聴者に)勇気や元気など色んなものを伝えられるのか」と考えたことがきっかけで、作品の今後を思い持ち役をふさわしい人にバトンタッチするべきと決め、卒業に至ったと語っている[13]

上記の卒業発表の前後約1か月には『有吉くんの正直さんぽ』のナレーションを体調不良のため、一時降板していたが、9月から復帰していた[17]

2020年(令和2年)3月21日午前2時53分、直腸がんのため死去。83歳没[11]。近親者のみで葬儀、告別式を済ませてから3月26日にメディアへの発表がなされた[18]

死去を受け、同年3月29日放送の『サザエさん』では追悼のテロップが流れ、増岡の後任でマスオ役を担当する田中秀幸も「増岡さんとは昔からたくさんの番組でご一緒させて頂きました。優しい笑顔、楽しいお話し、穏やかなお人柄。全部ずっと覚えています。どうぞ安らかにお眠り下さい」と追悼のコメントを発表した[19]。また『有吉くんの正直さんぽ』では、同年4月4日放送分にて序盤にテロップが流れた後、番組終了後には追悼のVTRを放映した[20]

人物・エピソード[編集]

声種ハイバリトン[7]

「声質が変わらない」と評されることが多く、これについて「きっと声というのは心が出すものだから、心さえ変わらなければ、いつまでも変わらないでできる…声というのは年を取らないという風に思ってますよね」と語っている[21]

特撮作品では悪役が多く、数々の怪人を演じ、俳優として出演した作品もある。

声優業のほかにも、趣味の味噌作りでテレビ番組に出演することがあり、味噌作りに関する著書もある。『徹子の部屋』に出演した際は、おもに味噌作りの話と西武鉄道から廃品の枕木を買い、それを使ってログハウス風の自宅を建てた話などを披露した。

特技のひとつは落語[10]二代目柳家さん助の門下で、高座名は益々家ちゃん助(ますますや ちゃんすけ)[2]

1967年寺山修司らが結成した劇団天井桟敷の第一回公演『青森県のせむし男』でタイトルとなった「母恋のせむし男(大正松吉)」役を演じたが、同劇団員ではなく外部出演であった。

若手時代、吹き替えで「素手でこい」という台詞を緊張の余り「ステテコでこい」と言いNGを出したことがあり、ディレクターに「アメリカでステテコはないだろう」と叱責されたという[22]

アニメで役作りをする際には、最初に不相応な芝居を考えたうえで、そこから演技方針を狭めていくという。これは若手時代に、黒人役という先入観で声を潰して演技をしたところ、ディレクターから「その人物の置かれた立場を演じて欲しい」と言われた失敗談から、声優の仕事は「声を作ること」ではなく「人物を作ること」だと再認識したためだとしている[23]

宮内幸平とは家族ぐるみの付き合いをするほど仲が良かった[24]

兄弟もたくさんいる次男で、兄、妹がいる[10]

マスオ関連[編集]

フグ田マスオ役について、近石真介から役を引き継ぐ際にはオーディションが行われなかったため「自分の姓が増岡(ますおか)だから選ばれたのだろう」と考えたという[25]

近石は先輩にあたるが、趣味の味噌づくりなどを通して交友があった。また、新人時代に増岡は近石から「増岡さん、役者というのは一つの会社に例えるとよくわかるよ。何を作るか、作ったものは今の世に必要か、宣伝して誰もが知っていることか、売れるものの確認、それらを行う社長や社員はみんな自分の中にあるんです。自分を一つの会社と思ってみてください。そうすると、おのずと皆で仲良く協力していいものを作れるし売れないはずはない」との言葉をかけられたといい、自身の役者人生に大きな影響を与えたという[26]

演じる際は「えぇ〜!?」など何気ない台詞や感嘆詞に独特の台詞回しをすることで知られており[27]、これらは増岡のアドリブなのだという[28]

マスオ役の経験から、「役を引き継ぐ際は、前の役者さんの演技を意識しない方が良いと思ったんです」と語っている[24]

一番好きなマスオの台詞には、平凡だが温かい響きがそこにあるとの理由で「ただいま〜」「いってきま〜す」を挙げている[29]

『サザエさん』の収録については、日常生活のようなものになっていたため仕事をしたという実感がまったくしなかったが「そこが良さでもある」と語っている[30]。待遇面に関しては苦言を呈することもあったが[31]、番組自体については、さりげなく礼儀作法など大切なことを教えてくれる作品だとしている[13]

ジャムおじさん関連[編集]

ジャムおじさん役については、一生懸命それを子供たちにわかってもらえるよう、冷たい言い方をせず、「言葉の温度」を意識し、演じていたという[30]。また「(共演者)みなさんの優しさがちゃんと言葉の温度になっていて、あれは子供たちに受け入れやすいと思うんですよね。」「だから『アンパンマン』は満足感があり、いい作品だなーって。いつまでも世界の子供達に見てもらいたいと思い続けている作品です」と語っている[30]

長年共演してきたアンパンマン役の戸田恵子は、増岡について「(レギュラー陣の中で)年長者なので、私達は「師匠」と呼んでいる」と話し[32]、カレーパンマン役の柳沢三千代は思い悩んでいたころ、増岡からそっと茶に誘われ励ましの言葉をもらったという[33]。また、戸田によるとレギュラー陣のひとりであるホラーマン役の肝付兼太の訃報を受けた際、増岡はかなり落ち込んでいたといい「同世代ですものね。当然ですよね」と述べている[34]

『正直さんぽ』関連[編集]

『正直さんぽ』では有吉弘行の毒舌をたしなめるナレーションが特徴だった。有吉によると増岡がレギュラー番組を降板後、『正直さんぽ』の続投に関しては不透明だったものの、「まぁ、さんぽぐらいやるかぁ」と増岡が続投を承諾したことにより「すごいよね。うれしいよ。愛着あるんだなぁって思って」「増岡さんが元気にやってくださってるみたいで、いいなぁって。うれしいなぁって思いました」と、増岡の続投を喜ぶコメントをしていた[35]。有吉は増岡が逝去した際「正直さんぽを特別に可愛がってくださって感謝しかなかったです。一回ぐらい一緒に散歩しましょうという願いが叶わなかったのが残念です。」とコメントし、増岡を偲んだ[36]

生前最後の収録となった2020年1月25日放送分の『正直さんぽ』では、関係者によると同月23日にスタジオ入りした際には体調が芳しくなく、終始苦しげな表情を見せていたが、収録に入ると、姿勢を直していつもどおりの声を吹き込んだといい、最後まで「これぞプロ!」とスタッフが驚嘆する仕事ぶりを見せたという[37]

後任[編集]

増岡の高齢に伴う卒業・体調不良に伴う降板および死後、持ち役・ナレーションを引き継いだ人物は以下の通り。

後任 役名 作品 後任の初担当作品
池田昌子 ナレーション お坊さんバラエティ ぶっちゃけ寺 2019年8月12日放送分
バッキー木場 諏訪部順一のとびだせ!!のみ仲間 2020年3月7日放送分
玄田哲章 有吉くんの正直さんぽ 2020年10月31日放送分[注 2][38]
山寺宏一 ジャムおじさん それいけ!アンパンマン 2019年8月16日放送分
森田了介 右大臣 不明[注 3]
田中秀幸 フグ田マスオ サザエさん 2019年8月25日放送分
高岡瓶々 アル・パウエル ダイ・ハード2 テレビ朝日版スター・チャンネル追加録音

出演(俳優)[編集]

テレビドラマ[編集]

特撮[編集]

舞台[編集]

  • セーヌ·エ·オワーズの陸橋(1962年、劇団表現座) - アルフォンソ[39]
  • 青森県のせむし男(1967年、天井桟敷) - 大正松吉[40]

出演(声優)[編集]

太字はメインキャラクター。

テレビアニメ[編集]

1963年
1965年
1966年
  • おそ松くん(時計屋、子分、おフランス軒の客、スモッグ一家の親分 他)
1967年
1968年
1969年
1970年
1971年
1972年
1973年
1974年
1975年
1976年
1977年
1978年
1979年
1980年
1981年
1982年
1983年
1984年
1985年
1986年
1987年
1988年
1989年
1990年
1991年
1992年
1994年
1995年
1996年
1998年
  • タッチ Miss Lonely Yesterday あれから君は…(浅倉俊夫〈浅倉南の父〉)
1999年
2000年
2001年
2002年
2011年
  • 日常(ナレーション)
2019年

劇場アニメ[編集]

1966年
  • サイボーグ009(ジェロニモ・ジュニア〈005〉、ブラック・ゴースト潜水艦艦長[要出典])※005は008と誤表記
1967年
1969年
1972年
1979年
1980年
1981年
1983年
1984年
  • 劇場版 名探偵ホームズ(宝石店の主人)
  • プロ野球を10倍楽しく見る方法 PART2(タブチ)
1986年
1987年
1988年
1989年
1990年
1991年
1992年
1993年
1994年
1995年
1996年
1997年
1998年
1999年
2000年
2001年
2002年
2003年
2004年
2005年
2006年
2007年
2008年
2009年
2010年
2011年
2012年
2013年
2014年
2015年
2016年
2017年
2018年
2019年

OVA[編集]

1985年
1986年
1987年
1989年
1990年
1991年
1992年
2008年

ゲーム[編集]

2001年
2004年
2005年
2006年
2007年
2008年
2009年
2010年
2012年
2013年

吹き替え[編集]

映画[編集]

ドラマ[編集]

アニメ[編集]

海外人形劇[編集]

特撮[編集]

1966年
1967年
1968年
1972年
1973年
1974年
  • イナズマン(ホシバンバラの声)
  • がんばれ!!ロボコン(ロボリキの声、深川副市長の声〈第89話〉)
  • キカイダー01(宇宙人ロボットの声)
1975年
1976年
  • アクマイザー3(ゴルゴンの声、師団長ゲベルの声)
  • 秘密戦隊ゴレンジャー(電話仮面の声、妖貝仮面の声、時計仮面の声、カンキリ仮面の声、ピアノ仮面の声)
1978年
1979年
1985年
1986年
1993年
1996年
2001年

CD[編集]

CM[編集]

  • マルオ不動産(千葉県ローカルCM、1989年 - 1990年) - ナレーションおよび、不動産屋社員役として実写出演。
  • 西武開発
  • 大阪ガス
  • 浜食
  • 水戸証券(1979年)
  • カーズ2 Blu-ray
  • ヤクルト本社ミルミル
  • 安田のおでん種
  • ムヒ キズテープC(ジャムおじさん)
  • バンダイ ほんとうにたべられる 電子レンジでパン工場(ジャムおじさん)
  • バンダイ 歌って点太くん(1987年)持田香織らと実写出演。
  • 東芝ライテック メロウルックD(サザエさんとタイアップ時)(フグ田マスオ)
  • ケンタッキーフライドチキン「生姜母さんの新メニュー」篇(ナレーション、2012年)
  • アートネイチャーMRP MACH(ナレーション、2013年) 若本規夫と共演
  • JAバンク「マイカーローン」、「住宅ローン」(フグ田マスオ)
  • くるまのハヤシ(岡山県と香川県にある軽自動車の未使用車専門店)中古車屋で品定め中に自宅に店の感想を電話で家族に伝える人の役(出演者は一瞬映る家族役の人だけで本人は声だけの出演)2014年
  • ダイドー うまみブレンド
  • 森永製菓ペッツ
  • セイコーマート ホットシェフフライドチキン
  • 日本経済新聞社「日経電子版」

その他[編集]

著作[編集]

  • マスオさんのみそづくり指南(家の光協会)
  • 陽だまりのマスオさん(KIBA BOOK)
  • 美味しい味噌づくり―若さと健康のモトここにあり(じゃこめてい出版)

脚注[編集]

注釈[編集]

  1. ^ 血液型をA型と書かれた資料もある[3]
  2. ^ 2019年7月27日から8月24日放送分と2020年2月から3月放送分では一時的に冨永みーなが代役をしていた。
  3. ^ 生前に一度担当していた。

出典[編集]

  1. ^ a b c d e f 日本タレント名鑑'82』VIPタイムズ社、1981年、183頁。 
  2. ^ a b c d e f 増岡弘(ますおかひろし)”. 講演会なび(株式会社パワービーンズ). 2019年6月29日時点のオリジナルよりアーカイブ。2023年3月20日閲覧。
  3. ^ a b 『声優名鑑 アニメーションから洋画まで…』近代映画社、1985年、145頁。 
  4. ^ 増岡弘のアニメキャラ・最新情報まとめ”. アニメイトタイムズ. 2019年12月5日閲覧。
  5. ^ a b c 「極 声魂/増岡弘」『声優アニメディア』2008年4月号、学研ホールディングス、2008年4月、80-81頁。 
  6. ^ a b 増岡 弘”. タレントデータバンク. 2019年12月10日閲覧。
  7. ^ a b c 増岡 弘 - 俳協”. 2020年5月4日時点のオリジナルよりアーカイブ。2019年12月10日閲覧。
  8. ^ 増岡弘”. 東京俳優生活協同組合. 2003年8月4日時点のオリジナルよりアーカイブ。2021年11月8日閲覧。
  9. ^ a b 【声優道】増岡 弘さん「声優の仕事は、人物を作ること」
  10. ^ a b c d e f g 第7回 増岡 弘 (『百獣戦隊ガオレンジャー』ナレーター)-前編-”. 東映ヒーローネット. pp. 2 - 5. 2016年6月1日時点のオリジナルよりアーカイブ。2014年7月17日閲覧。
  11. ^ a b 増岡弘さん死去 83歳 マスオさん、ジャムおじさんの声で親しまれ,スポーツニッポン,2020年3月26日
  12. ^ 安藤隆啓、『声優道 名優50人が伝えたい仕事の心得と生きるヒント』株式会社主婦の友社、2019年(令和元年)、116頁
  13. ^ a b c 戸田恵子 オトナクオリティ』2019年12月28日、2020年1月5日ゲスト出演回より(番組公式サイトからのPodcastで視聴可能)。
  14. ^ a b 『タレント名鑑NO1』芸能春秋社、1962年、79頁。 
  15. ^ 「第十二回 声優アワード」主演賞は豊永利行さん、黒沢ともよさん!佐倉綾音さん&大西沙織さんは助演女優賞とパーソナリティ賞のW受賞.animate Times .2018年3月4日閲覧
  16. ^ a b マスオ&ジャムおじさん声優・増岡弘が卒業 高齢で本人から申し出”. マイナビニュース (2019年8月5日). 2019年8月5日閲覧。
  17. ^ 増岡弘「有吉くんの正直さんぽ」ナレーション復帰「ご心配を」ネット安堵&歓喜「お帰りなさい」”. スポニチ. 2019年9月7日閲覧。
  18. ^ 増岡弘さん死去 83歳 マスオさん、ジャムおじさんの声で親しまれ”. スポニチアネックス. スポーツニッポン新聞社 (2020年3月26日). 2020年10月23日閲覧。
  19. ^ 「サザエさん」で増岡弘さん追悼テロップ 41年間マスオ役を担当「いつも穏やかで優しい…」”. スポニチアネックス. スポーツニッポン新聞社 (2020年3月29日). 2020年3月29日閲覧。
  20. ^ 「有吉くんの正直さんぽ」で増岡弘さんを追悼「ずっと一緒にお散歩してくださった」”. デイリースポーツ. 2020年4月4日閲覧。
  21. ^ 「サザエさん」“マスオさん”の声・増岡弘さん(83)直腸がんで死去 声が変わらない秘訣とは?”. FNN プライム. 2020年3月26日閲覧。
  22. ^ 声優道 名優50人が伝えたい仕事の心得と生きるヒント 2019/2/8刊行 p58
  23. ^ 【声優道】増岡 弘さん「声優の仕事は、人物を作ること」
  24. ^ a b ジャンプ・コミック出版編集部 編「天下一声優陣 其之二 亀仙人役 増岡弘」『テレビアニメ完全ガイド「DRAGONBALL」〜天下一伝説〜』集英社ジャンプ・コミックス〉、2004年7月2日、168頁。ISBN 4-08-873705-9 
  25. ^ 声優道 名優50人が伝えたい仕事の心得と生きるヒント 2019/2/8刊行 p62
  26. ^ 12/29 マスオさん、ジャムおじさん役でお馴染み、増岡弘さんの声優人生。”. ニッポン放送 PODCAST STATION. ニッポン放送 (2020年1月6日). 2023年11月8日閲覧。
  27. ^ 『サザエさん』のキャラボイスが再生できる玩具発売でセリフのチョイスに大反響!マスオさんの「えぇ~!?」が聞ける!?”. おたぽる. 2020年2月15日閲覧。
  28. ^ 『サザエさん』の音響監督である壷井正が2019年8月16日に『Mr.サンデー』にVTR出演した際に証言
  29. ^ 「アニメ製作の裏側 大公開スペシャル 声優さんからひとこと」『アニメ 「サザエさん」公式大図鑑 サザエでございま~す!』扶桑社、2011年7月29日、145頁。ISBN 978-4-594-06438-9 
  30. ^ a b c 声優・増岡弘、『アンパンマン』と『サザエさん』の“まるで違う”収録現場の様子を語る”. ニッポン放送. 2020年2月15日閲覧。
  31. ^ マスオ役の増岡弘さん「『サザエさん』のギャラが安すぎる…」”. FLASH. 2020年4月10日閲覧。
  32. ^ やなせたかし・戸田恵子「ジャムおじさんとバタコさん」『アンパンマン VS アンパンマン』フレーベル館、2000年9月20日、120頁。ISBN 4-577-70185-5 
  33. ^ 柳沢のツイートより
  34. ^ 戸田「ジャムおじさんは落ち込んでた」肝付さん悼む
  35. ^ 有吉弘行、増岡弘ナレーション続投「うれしいなぁ」
  36. ^ 有吉のツイート
  37. ^ “マスオさん、ジャムおじさん天国へ…声優・増岡弘さん83歳で死去”. スポーツ報知. (2020年3月27日). https://hochi.news/articles/20200327-OHT1T50014.html 2020年3月27日閲覧。 
  38. ^ “「有吉くんの正直さんぽ」玄田哲章 増岡弘さん後任の新ナレーターに決定「身を引き締め」重厚&上品な声”. Sponichi Annex. スポーツニッポン新聞社. (2020年10月31日). https://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2020/10/31/kiji/20201030s00041000407000c.html 2020年10月31日閲覧。 
  39. ^ 芸能学会(編)『芸能』12月号、芸能発行所、1962年12月、67頁。 
  40. ^ 早稲田大学・坪内博士記念演劇博物館 編『演劇年報 1968年版』中和出版、1968年、43頁。 
  41. ^ サイボーグ009 (1968年)”. 石森プロ公式ホームページ. 2024年1月12日閲覧。
  42. ^ サイボーグ009”. 東映アニメーション. 2016年6月2日閲覧。
  43. ^ あしたのジョー1”. トムス・エンタテインメント. 2022年7月15日閲覧。
  44. ^ a b 尾形英夫 編「声のヒーロー37人総登場」『ロマンアルバム(4) テレビランド増刊号 デビルマン』徳間書店、1978年2月25日、74頁。 
  45. ^ 植草信和 編「富野由悠季フィルモグラフィー(原口正宏)」『富野由悠季 全仕事』キネマ旬報社〈キネ旬ムック〉、1999年6月9日、417頁。ISBN 4-87376-514-5 
  46. ^ まんが 花の係長”. トムス・エンタテインメント. 2016年6月20日閲覧。
  47. ^ とびだせ!マシーン飛竜”. メディア芸術データベース. 2023年1月9日閲覧。
  48. ^ はいからさんが通る”. 日本アニメーション. 2016年6月3日閲覧。
  49. ^ 未来少年コナン”. 日本アニメーションOFFICIAL SITE. 日本アニメーション. 2016年6月3日閲覧。
  50. ^ こぐまのミーシャ”. 日本アニメーションOFFICIAL SITE. 日本アニメーション. 2023年6月25日閲覧。
  51. ^ 闘士ゴーディアン”. メディア芸術データベース. 2016年11月17日閲覧。
  52. ^ がんばれ元気”. メディア芸術データベース. 2021年9月23日閲覧。
  53. ^ 魔法のプリンセス ミンキーモモ”. メディア芸術データベース. 2021年3月28日閲覧。
  54. ^ 鉄拳チンミ”. 株式会社 葦プロダクション 公式サイト. 葦プロダクション. 2023年6月3日閲覧。
  55. ^ 手塚治虫物語 ぼくは孫悟空”. 手塚治虫公式サイト. 2016年5月20日閲覧。
  56. ^ ドラゴンボールGT”. 東映アニメーション. 2022年5月3日閲覧。
  57. ^ サイボーグ009 怪獣戦争”. 石森プロ公式ホームページ. 2024年1月12日閲覧。
  58. ^ 未来少年コナン (劇場版)”. 日本アニメーション. 2016年6月3日閲覧。
  59. ^ STAFF&CAST”. 機動戦士ガンダム0080 ポケットの中の戦争. 2017年4月9日閲覧。[リンク切れ]

外部リンク[編集]