秋田文庫

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

秋田文庫(あきたぶんこ)は、秋田書店が発行している文庫である。

概要[編集]

もともとは、1976年7月から秋田漫画文庫として刊行開始され、同社の『プレイコミック』・『週刊少年チャンピオン』などに掲載されていた作品やサンデーコミックスにて刊行された作品の文庫化からはじまったレーベルである。その後、1980年代中盤にいったん消滅した後、1993年7月に秋田文庫として再スタートした。

創刊当初より手塚治虫石ノ森章太郎藤子不二雄A水野英子をはじめとするトキワ荘漫画家や横山光輝松本零士楳図かずおなど、主に秋田書店が権利をもつ巨匠漫画家作品を主力としていた。一方で『週刊少年チャンピオン』の看板作家だった水島新司高橋葉介立原あゆみ、『月刊プリンセス』の看板作家だったあしべゆうほ細川智栄子青池保子中山星香、『ミステリーボニータ』の看板作家だった市東亮子、『フォアミセス』の看板作家だった上原きみ子などの作品を積極的に文庫化し、広い読者層を掘り起こそうともしていた。また、赤川次郎アーサー・コナン・ドイル星新一光瀬龍など主に『サスペリアミステリー』と『ミステリーボニータ』、『週刊少年チャンピオン』に掲載された小説のコミカライズ作品も開拓した。

1993年に刊行された第1回配本作品『ブラック・ジャック』(手塚治虫)全12巻は、刊行から1年程で650万部を突破した。この大ヒットにより「第二次漫画文庫ブーム」の火付け役となった[1](ちなみに「第一次漫画文庫ブーム」は1976年に刊行開始した小学館文庫のヒットによって始まった)。

主な作品[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 読売新聞1994年7月13日付。

外部リンク[編集]

関連項目[編集]