妖精国の騎士

From Wikipedia
Jump to navigation Jump to search

妖精国の騎士』(アルフヘイムのきし)は、中山星香による本格ファンタジー漫画[1][2]。『花冠の竜の国』と合わせて中山星香の代表作に挙げられる[3][4]。第38回(2008年日本漫画家協会賞優秀賞受賞作品[5]

月刊プリンセス』(秋田書店)に1986年から2004年12月号まで、『プリンセスGOLD』(秋田書店)で2005年1月号から2006年11・12月号まで連載された[5]。コミックスはプリンセスコミックス(秋田書店)から全54巻[5]、秋田漫画文庫版全27巻。

続編の『妖精国の騎士 Ballad』(『プリンセスGOLD』に不定期連載、コミックス全1巻)、『ロビン-風の都の師弟-』(FlexComixフレアにてWeb連載、コミックス全3巻)も描かれている[1]

幼い頃から、漫画『リボンの騎士』(手塚治虫)が好きだった中山だったが、兄から後日談の『双子の騎士』の存在を聞かされる[6]。当時、『双子の騎士』は単行本化されておらず、内容を空想するだけだった。しかし、空想のストーリーが自己流になり手塚漫画から離れて行くことが嫌で、手塚作品の続編ではなく、自身の話として最初に創ったのが本作『妖精国の騎士』である[6]

また、本作は『三剣物語』とされる大部のストーリーの第2部にあたる[6]

あらすじ[edit]

関連項目[edit]

出典[edit]

  1. ^ a b 中山星香「ロビン-風の都の師弟-」3巻でシリーズ完結”. ナタリー (2013年6月12日). 2017年11月22日閲覧。
  2. ^ 「妖精国の騎士」中山星香の直筆サイン入り複製原画、ローゼリィの美しさ再現”. ナタリー (2015年4月16日). 2017年11月22日閲覧。
  3. ^ 中山星香”. ナタリー. 2017年11月22日閲覧。
  4. ^ 「日ペンの美子ちゃん」特集 服部昇大&中山星香インタビュー”. ナタリー. 2017年11月22日閲覧。
  5. ^ a b c 妖精国(アルフヘイム)の騎士”. 小学館デジタル大辞泉プラス. 2017年11月22日閲覧。
  6. ^ a b c d “インタビュー『妖精たちの国へ』”. 鳩よ! (マガジンハウス) (4月号). (2002).