加藤唯史

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

加藤 唯史(かとう ただし、本名:加藤 正[1]1949年2月17日[1] - 2017年10月15日[2])は、日本漫画家北海道函館市出身[1]

概要[編集]

北海道函館西高等学校卒業後上京、新聞配達のアルバイトの傍ら、渡米を志し英会話学校に通う。しかしその1年後、棚下照生アシスタントとなり、3年間務めた[1]

1973年に貸本雑誌『劇画No.1』(東考社)掲載の『妖かしの森』にてデビュー[1]。当時のペンネームは本名の加藤正だった[1]。その後は少年誌で執筆し、後に青年誌で連載を持つようになる。『ザ・シェフ』は後にドラマ化も果たすほどのヒット作となる[3]

週刊少年チャンピオン』(秋田書店)で連載していた『ロン先生の虫眼鏡』は、当時同誌で『がきデカ』などが連載されていたせいか、同誌の「唯一の良心」と言われていた。同作はのちに『月刊少年チャンピオン』(秋田書店)へ移籍した。

2017年10月15日に病死したが、遺族の意向によりその事実は2019年5月まで伏せられていた[2]

作品一覧[編集]

アシスタント[編集]

脚注[編集]

  1. ^ a b c d e f 『ニッポン漫画家名鑑』p101、102 データハウス
  2. ^ a b 訃報 加藤唯史先生、逝去のおしらせ”. 日本文芸社 (2019年5月24日). 2019年5月25日閲覧。
  3. ^ “ザ・シェフ」の加藤唯史が2017年に死去”. コミックナタリー. (2019年5月25日). https://natalie.mu/comic/news/332905 2020年2月18日閲覧。