中山星香

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

中山 星香(なかやま せいか、1954年昭和29年)3月6日 - )は、日本漫画家岡山県倉敷市出身。矢吹れいこ名義で『日ペンの美子ちゃん』を執筆していたことでも知られる。実兄は、同じく漫画家の中山蛙。ペンネームは実家の「中山青果」に由来する[1]。日本の少女向けファンタジー・コミックの開拓者であり、第一人者である[2]

経歴[編集]

岡山県岡山市生まれ、倉敷市に育ち、小学生の頃から兄から漫画の描き方を教わる。岡山県立倉敷青陵高等学校卒業後に上京、飯塚よし照のスタジオに勤務し、また和田慎二らの同人誌「あぴいる」に参加。1975年(昭和50年)に『高二時代』に「窓からこんにちわ」を掲載。『りぼん』『花とゆめ』などに投稿し、またこの時期から1977年(昭和52年)デビューまで、『日ペンの美子ちゃん』を執筆した。

1977年(昭和52年)、秋田書店『ビバ・プリンセス-春-』で、投稿作『ヤーケウッソ物語』で本格デビュー。続いて『月刊プリンセス』でファンタジー作品「はいどうぞ!」「ファンタムーシュ」や、学園ラブコメディ「聖祈苑へようこそ!」などを連載。デビュー当時は、少女向けコミックの世界では読者も編集者も「ファンタジー」という形式を読み解くリテラシーがなく、中山が温めていたハイ・ファンタジーのアイデアは、最初『ヤーケウッソ物語』「はい どうぞ!」などのギャグコメディ作品のキャラクターとして世に出され、その後本格的なハイ・ファンタジー作品を連載した[2]北欧神話ケルト民話J・R・R・トールキンなどの影響の濃い作風で、独自の世界観に基づくハイ・ファンタジーの分野を少女漫画において開拓した。

代表作は、『月刊プリンセス』誌上において16年以上にわたり連載された、「妖精国(アルフヘイム)の騎士」(2005年平成17年)1月号より『プリンセスGOLD』に移動・掲載された)。この作品はライフワークとしている『三剣物語』(みつるぎものがたり)の第三部に相当する。秋田書店や作家本人によって宣伝文句の一つでもあった、いわゆる“Nonstop連載”「妖精国の騎士」本編が、2006年(平成18年)10月16日発売の『プリンセスGOLD』2006年11+12月号(通算238話)にて完結となった。

2007年(平成19年)4月に刊行された「妖精国の騎士」文庫版27巻にて雑誌掲載+数ページ加筆がなされ、本編には『プリンセスGOLD』誌掲載版とコミックス54巻版と文庫27巻版の3種類の完結が並行して存在している事になる。また文庫版26巻・作者本人による「あとがき」5ページ半にて、「妖精国の騎士」は、手塚治虫の「双子の騎士」が着想のヒントになった事も明らかにされた。

2007年(平成19年)、本編完結はしたものの、いくつかの伏線解消がなされていなかったためか、編集部より後日譚4話の読み切り形式での掲載依頼があった。「妖精国の騎士Ballad」と命名され、不定期で『プリンセスGOLD』に掲載完了。しかし、「妖精国の騎士」の双児の兄妹の兄王子ローラント(後の新生アルトディアス国王ローラント1世)と「月魂(つきしろ)の騎士」のハイリオン王子が描き手が同じというだけではなく瓜二つであるため、ダブるのを避けるためにと「月魂の騎士」は執筆が中断されたが、「妖精国の騎士」完結後も「月魂の騎士」の執筆が再開される兆しはない。

2007年(平成19年)9月にYahoo!オークションのページで20年ぶりに『日ペンの美子ちゃん』が特別編として復活した[1]2008年(平成20年)2月29日まで)。

2008年(平成20年)5月9日には日本漫画家協会より、『妖精国の騎士』に対して優秀賞が贈られた。

三剣物語[編集]

『三剣物語』は以下の4部構成となっており、三振りの魔剣にまつわる物語が展開する予定となっている。

  • 第1部 三剣創生の物語
  • 第2部『妖精国の騎士』(既刊:単行本全54巻及び文庫版全27巻)
    上述の後日談『妖精国の騎士Ballad』(コミックス全1巻、2007年8月16日発売)
    『妖精国の騎士Ballad』の続編として『ロビン-風の都の師弟-』(単行本 全3巻、『FlexComixフレア』にてweb連載終了)
  • 第3部『はるかなる光の国へ』(既刊:単行本全1巻)
  • 第4部予告タイトル『アルディアの炎』

作品化されているものは第2部と第3部のみ。

妖精国(アルフヘイム)[編集]

三剣物語をはじめ、中山の殆どの作品に某かの形で登場する妖精国である。この国からの使者は黒い蝙蝠様の羽を持つ“ネコノテ”と呼ばれる猫科の生き物であり、普段は手のみが地面から出ているが、その手を引っぱり上げると猫本体が出現する。様々な有象無象の善悪入り乱れた妖精妖獣達が跳梁跋扈し、幾らかの妖獣は偶に人間界に出没したりしている。尚、この国は極めて厳格な魔法規則に従っている為に、魔法が増幅される『魔法使いたちの休日』と呼ばれる期間には人間界に避難する事もある。作者にとって理想郷(ユートピア)の一つの形であると思われる。

ネリマドール[編集]

作者の居住する地が基となった架空世界。作者にとってある種の理想郷(ユートピア)的な世界であり、その名前は公式サイトのタイトルともなっている。様々な作品世界とつながっている、いわば中継地点のような地であると言えるかもしれない。

作品リスト[編集]

漫画[編集]

秋田書店
東京三世社
朝日ソノラマ(現朝日新聞出版
新書館
主婦と生活社
宙出版
ソフトバンククリエイティブ
学研

挿絵[編集]

早川書房

参考文献[編集]

  • “特集 中山星香”. ぱふ (雑草社) (3月号). (1982). 
  • “インタビュー『妖精たちの国へ』”. 鳩よ! (マガジンハウス) (4月号). (2002). 

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 「花冠の竜の国」コミックス9巻 コーヒー・ブレイク4より
  2. ^ a b 高橋準 『ファンタジーとジェンダー』PP239 - 240、青弓社、2004年
  3. ^ 文庫版は「秋田文庫」から刊行され、2009年8月の時点で全7巻である。しかし、文庫7巻の作者のコメントによるとかつて出版システムの都合なのか、連載中にも関わらず全2巻と銘打たれていた過去があり、作者希望により文庫版は全7巻という記述はせずに既刊7巻という記述がされている。

外部リンク[編集]