日ペンの美子ちゃん

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

日ペンの美子ちゃん(にっペンのみこちゃん)は、日本ペン習字研究会(日ペン)が実施しているがくぶん総合教育センターボールペン習字通信講座イメージキャラクターであり、また彼女を主人公にした広告漫画のタイトル。

概要[編集]

1972年、芸能雑誌『明星』の広告に初登場。以後、1999年まで中山星香(矢吹れい子名義)、聖原玲音(森里真美名義)、さとうげん(まつもとみな名義)、ひろかずみという4人の漫画家によって描き継がれた。この間多くの少女漫画誌や学習研究社旺文社の出す中高生向け学年誌の裏表紙に掲載されたために、この時期に少女期を過ごした女性を中心に、また同年代の男性にも高い知名度を持つ。

最初期には白馬の王子様を夢見るような乙女だった美子ちゃんは、やがて社長秘書スチュワーデスなどとしても活躍、1980年代後半にはスポーツ万能少女としてさまざまなライバルと対決したり、宇宙へも進出、1990年代には部活やアルバイトに精を出す元気系少女と、少女の憧れや少女漫画のヒロイン像の変遷を体現したキャラクターともいえる。

漫画は、美子ちゃんやその友人たちの周辺で起こる問題(恋の悩みが多いがその他多岐にわたる)を、美子ちゃんが字が綺麗である特技を生かして解決したり、解決できなかったりする内容。日ペンの特徴を語る決まり文句が必ず盛り込まれて、何かしらのオチがつく。毎回ほぼ固定のフォーマットで、横3×縦3コマの9コママンガ(まれに複数コマが連結になる場合もある)。上段3コマで、何かしら事が起こって解決手段として美子ちゃんが日ペンを提示、中段では美子ちゃんとペットが日ペンの売りを披露し、下段でオチ、というのがおおよその流れ。美子ちゃん自身は報われない結末が多い。1ページ漫画としての良作も多かったことも、本作の知名度を高めている。

「日ペンの巫女ちゃん」は誤植、誤変換の定番のひとつでもあったが、それを意識したのか美子ちゃんが巫女のアルバイトをするエピソードもしばしば描かれた。

1990年代に入ると、インターネットの普及で電子メールを利用する人が増えたためペン習字の受講者が減少したことで、広告漫画としては四代目の1999年をもって各誌から撤退した。

2004年5月5日付で、第三文明社より『あの素晴らしい日ペンの美子ちゃんをもう一度』(岡崎いずみ著)が出版された。同書での三代目作者まつもとみなによる描きおろし新作では、彼がアニメーターとして関わった『ふたりはプリキュア』のヒロインたちとの共演も果たした(デザインは若干異なる)。なお、現在のところ、これが唯一の『日ペンの美子ちゃん』の書籍化である。

2006年、7年ぶりに復活、梅村ひろみ画の五代目美子ちゃんが登場することになった。ただ、これも短命に終わり、翌2007年に新作が3本公開されただけ(うち1本は1回だけ雑誌広告に登場した)で、あとはイラストなどで登場するのみであった。

2007年9月には、Yahoo!オークションの企画で20年ぶりに初代美子ちゃんが特別編として復活した。

それ以降沈黙が続いたが、ニンテンドーDSで「DS美文字トレーニング」が発売されるなど電子メールに頼らない手書きの『美文字』ブームが起きたことを追い風に、学文社の社内でも当時を知る社員を中心に「美子ちゃんを復活させよう」という機運が高まった。

2016年春頃より水面下で動き出し、5月より再始動プロジェクトがスタート。当初は女優ないしモデルを起用して「(リアル)美子ちゃん」とする案、漫画家ないしイラストレーターに依頼する案などが浮かんでは消え、最終的に六代目の描き手を公募する方向で進められた。ただ、たまたま社員がネットで、現在の描き手である服部昇大が美子ちゃんのパロディキャラクターで日本語ラップについて解説するマンガ「日ポン語ラップの美ー子びーこちゃん」をウェブや同人誌で発表しているのを見つけたことで、学文社側から服部に接触を試みた。面談の中で、服部が美子ちゃんをパロディにした経緯を聞いた上で、美子ちゃんに対するリスペクトを感じられたことから、学文社は正式に六代目の描き手として服部に依頼した[1]

2017年1月、服部昇大画の六代目が登場し、美子ちゃんが10年ぶりに復活した[2]。併せて公式ツイッターを開設、毎週水曜日に新作がアップされることになった。公式ツイッターは、アカウント開設から1週間も満たぬうちに目標の5000人を突破し、フォロワーは2017年3月の時点で1万3000人近く[1]、6月1日時点で2万5000人近く[3]に達している。そのほかにも、多数のメディアに取り上げられ、服部のほか初代作者の中山も取材を受けている。

2017年5月 、東京メトロの6駅に6コマ漫画の広告を1コマずつ出稿し、どの駅に何コマ目があるか探し当てる企画「美子ちゃんを探せ」が行われ、また中野ブロードウェイ内にある「墓場の画廊」では原画展が開催され、歴代の原画の展示やオリジナルグッズが販売された。会期途中、服部昇大とまつもとみなのサイン会が行われ、まつもとみなサイン会当日には二代目担当の森里真美もサプライズで登場した[3]

2017年8月 、週刊ヤングジャンプ36・37合併号で特別読み切りが掲載され、大阪日本橋のメイドカフェ「mel cafe」では純喫茶日ペンの美子ちゃんを期間限定で開催。オリジナルメニューやグッズが販売された。

2018年1月よりアニメCMの放送決定。美子ちゃん役は平野綾。ニャンコ役は杉田智和が担当。TOKYO MXを中心に放送予定。

変遷[編集]

歴代の美子ちゃんは、同一キャラではなく、それぞれ別人がその名を引き継ぐという体裁になっており、代替わりの際には「私が●代目の(日ペンの)美子ちゃんです」といった自己紹介がなされている。二代目はちょくちょく初代と共演し、三代目登場の回では初代から三代共演の作がある[4]。変わらないのは黒髪、ぱっつんな前髪、字が綺麗であること、ペット(猫または兎。しかも喋る)がいることである。

  • 初代(1972年 - 1984年)[5]矢吹れい子(中山星香)・作画/飯塚よし照・案
    • 高校生。本名はみかのはら美子(過去作品の1コマより)[6]。歴代の美子ちゃんで一番もてた。
    • 住所は練馬区春日町[6]
    • 好きなものは、西城秀樹宝塚歌劇団読売巨人軍SF指輪物語[6]
    • 時代背景もあるが、悪気もなく清々しい表情で「きちがい」と言い放つセリフも見られる[1][7]
    • 後日談として、美しい文字でしたためた招待状やラブレターで意中のイケメン男性を次々とゲットする特技を活かし、後に社長秘書となる。その後、社内で知り合った男性と結婚し、夫もボールペン習字講座を受講することで重要な手書き書類を任され、部長まで昇進した[6]
    • ペットは[6]
    • 当時中山は猪漫画スタジオに常勤スタッフとして勤めていた。本作品は、このスタジオが請け負ったCM漫画のうちの一つで、飯塚が作者を振り分けており、中山が選ばれた。表題は2作目の時に彼によって決定された。アイデアはすべて飯塚が起こし、中山はコンテを元に絵を仕上げるだけで、作画は少女漫画のタッチを消さぬことを心がけてとのこと。もっとも、次第に細かいネタには作画者の趣味が生かされるようになり、本棚には指輪物語、窓からはエルフの君が顔を出す、といった場面があった。なお、作者自身は美子ちゃんのお節介な性格に納得できず、それに対するツッコミを猫にやらせていたとのこと。なお、作画者はその後デビューするが、その際にペンネームを変えた理由の一つが、「美子ちゃんのイメージが強いので」であったとも[8]
    • 後の取材で中山が「猪漫画スタジオから独立した1977年以降は手掛けていない」と語ったこともあり、再検証した結果、その1977年以降も三代目へと交代する1984年まで過去に制作されたものの中から一部を再使用していたことが判明した[5]
  • 二代目(1977年 - 1984年)[5]森里真美(聖原玲音)・作画/飯塚よし照・案
    • 性格は、歴代で最も控えめで上品[6]。初代を「美子おねえさま」と呼んで尊敬しており、初代とは職場の先輩・後輩の間柄。作中でも初代との共演の回数が多い。三代目が登場する1984年までは初代の過去作品と並行して掲載されていた[5]。ただ、当時の原画はほとんど残っておらず、『幻の美子ちゃん』となっている[6]
    • 住所は杉並
    • 好きなものは、ジュリー[6]
    • ペットはminminという名の[6]
    • 聖原は当時、中山のアシスタントをしており、そのツテで作画を引き受けた。初代との描き分けに配慮し、ペットを変えたのもそのための策であった[9]
  • 三代目(1984年 - 1987年)[5]まつもとみな(佐藤元)
    • 色恋話が控えめとなり、代わりに手書き文字の存在を脅かすワープロなど当時のOA機器とのバトルものが登場した[6]
    • 少年誌にも進出することを踏まえ、絵のタッチが少女漫画風からアニメ風へと変更されている[6]
    • 好きなものは、チェッカーズ少女隊紅白歌合戦[6]
    • ペットはウサギネコ[6]
  • 四代目(1988年 - 1999年)[5]ひろかずみ
    • 美人ではないけれど、世話好きで、明るく愛嬌があって皆から頼られる存在[6]
    • 好きなものは、テリヤキバーガーケーキアルバイト。嫌いなものは、学力テスト。本人には自覚はないが、ド音痴で絵が下手でもある[6]
    • 四代目をもって雑誌広告から撤退した。
  • 五代目(2006年 - 2007年)[5]梅村ひろみ・作画/たなかまさみ、さわのりょう・案
    • とても明るく、おっちょこちょいな性格[6]
    • ペットは猫[6]
    • 登場は2006年だが、新作漫画の初公開は2007年9月であった。がくぶん公式サイトで公開されたが、僅か3作のみで終わった。なお、うち1作は雑誌広告として掲載された(2007年11月5日発行「マーガレット」第45巻22号の裏表紙)。それ以降は、主に日本ペン習字研究会の展覧会の看板やインターネットページのアイコンなどワンカットのイラストとして登場したのみであった。
    • 作者は、学文社のさし絵ライター養成講座修了者の中から公募して選ばれた。
  • 六代目(2017年 - )[5]服部昇大・作画/案
    • 誕生日は1月6日、(45回目の)17歳[3](「永遠の17歳」とも)。
    • 日本のペン習字を世界に発信することが野望[3]
    • スマホVRなど最新ガジェットを持つ一方で、時代にミスマッチなゲーム&ウオッチ(マルチスクリーン)を持ち歩いている。ほかにも「全共闘時代生まれ」と堂々と言い放ったり、「お面ラヰダー」初代俳優・膝岡剛の大ファン、ラヰダーカードを蒐集していたなど、時に周りから「何歳?」とツッコミを入れられる[3]
    • 時に「日ペンの偉い人」(正体不明)から美子ちゃんのスマホに直電が入ることがあり、悪の政治家からお宝を盗もうとした美子ちゃんを窘めたりする。日ペンの偉い人によると、アニメ化の企画があがっているらしい[3]
    • ペットは猫。美子ちゃんへのツッコミ役。特に名前はなく、美子ちゃんからは「(ウチの)ニャンコ」と呼ばれている[3]。美子ちゃんのVRをやりたがったり、お小遣いを貯めてニンテンドーの「例のやつ」を買うため店頭で並んだりと、新しいモノ好き。
    • 2017年、10年ぶりに復活。原案、作画ともに服部が手掛けており、内容については前もって学文社に了解を受けているが、稀にNGもあるとのこと[1][10]。公式ツイッターで毎週水曜日に新作がアップされている。さらにpixivでは毎月、前月に公開された新作を纏めて公開している。ほかに、初代と六代目によるコラボ作品もある。

脚注[編集]

  1. ^ a b c d 【6代目日ペンの美子ちゃん・服部昇大先生】パロディが公式に!気鋭のマンガ家“6代目爆誕”秘話!!! - サイゾーpremium、2017年3月22日
  2. ^ “「日ペンの美子ちゃん」が約10年ぶりにリニューアル!6代目は服部昇大が担当”. コミックナタリー. (2017年1月6日). http://natalie.mu/comic/news/215784 2017年1月6日閲覧。 
  3. ^ a b c d e f g 日ペンの美子ちゃん公式ツイッター
  4. ^ 岡崎(2004)、p.2-3を中心に。初代が二代目に「3代目がうまれるの」と語り、最後のコマで三代目が登場、自己紹介をした。なお、作者はまつもとみな。
  5. ^ a b c d e f g h 日ペンの美子ちゃんの漫画掲載年に関する訂正とお詫び”. がくぶんモール (2017年5月12日). 2017年6月1日閲覧。
  6. ^ a b c d e f g h i j k l m n o p q 【現在6代目】代替わりを重ねる日ペンの美子ちゃんを貴重な研究本で振り返る - ペン字いんすとーる
  7. ^ ここで出てくる「きちがい」は、現在でいう「マニア」の意味合いで使われた。
  8. ^ 岡崎(2004)、p.52-53
  9. ^ 岡崎(2004)、p.56
  10. ^ 2017年2月22日公開の「社畜編」では、当初ラフ案では1・2コマ目は自殺しようとした人を偶然通りかかった美子ちゃんが止めに入る内容が描かれていた。

参考文献[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]