ハイ・ファンタジー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

ハイ・ファンタジー英語: High Fantasy)は、ファンタジーのサブジャンルの1つ。対立する概念としてロー・ファンタジーがある。

ハイ・ファンタジーの用語はロイド・アリグザンダー1971年に発表したエッセイ『High Fantasy and Heroic Romance』で初めて用いられた[1]

ハイ・ファンタジーとは、現実の世界ではなく、架空の世界のファンタジーとして定義される[1]。その架空の世界は(架空世界内では)一貫しているが、現実の世界とは異なる「法則」で成り立っている[1]。逆にロー・ファンタジーは、現実の世界に魔法の要素が含まれていたり、架空の世界であっても(現実の世界として)合理的で親しみのある世界に魔法の要素が含まれている[1]

ウィリアム・モリスは架空の中世的世界を舞台にした数多くのロマンス作品を執筆したが、『世界のはての泉英語版』は最初のハイ・ファンタジーの例と見做されている[2]。また、J・R・R・トールキンの『指輪物語』は代表的なハイ・ファンタジーと見做されている[2]

その他の定義[編集]

次のような定義もある。

  • ハイ・ファンタジーは異世界そのものを舞台とする。ロー・ファンタジーは現実世界を舞台として本来現実には存在しない異世界の住民や魔法が登場する[3][4]

また、社会学者の高橋準は著書『ファンタジーとジェンダー』において、ハイ・ファンタジーを以下の3系統に大別している[4]

また、ハイ・ファンタジーとロー・ファンタジーは厳密に分類されるわけで、絶対的な区分でもなく、一例として『ハリー・ポッターシリーズ』は現代イギリス社会に魔法が入り込んでいるという観点からはロー・ファンタジーであるが、現実世界から切り離されているホグワーツ魔法魔術学校内や学校周辺は異世界的でありハイ・ファンタジーと言える[4]。このように一つの作品でハイ・ファンタジーとロー・ファンタジーとの混淆が起きることもよくある[4]

主なハイ・ファンタジーの種類[編集]

ハイ・ファンタジーの一般的な特徴[編集]

一般的に、その世界に生きる者や世界の成り立ちそのものから作られているファンタジー作品が見られ、作品傾向としては重厚な例が見られる。ハイ・ファンタジーの作品の特徴として、シリアスなトーンで進行し、しばしば叙事詩(エピック)的であること、勢力の壮大な対抗をテーマとすることが挙げられる。

ハイ・ファンタジーの典型的特徴としては、

  • 架空の民族、種族、生物種などが存在すること
  • 独自に考案された言語、文化、技術
  • 数冊におよぶ長大な物語

などが挙げられる。また、これらの項目によってハイ・ファンタジーとロー・ファンタジーとを区別することができよう。 しかし、それ以前に現実世界を元にしているかそうではないかが区別することの要素となる。また近年ではそれらの区別ができないファンタジーも多く見られるようになり、境界線は曖昧となっている。 またJ.K.ローリングの作品に見られるように、現実世界と異世界がリンクしている場合もあり2つの世界がつながりを持つといった作品も人気がある。

ハイ・ファンタジーのストーリーライン[編集]

ハイ・ファンタジーのストーリーラインの主たるものに、英雄物語がある。類型として、英雄的伝説的な貴種などや、あるいはそれらと偶然にかかわった人物が物語を繰り広げる。主人公の力・あるいは受け継ぐ秘宝がキーとなる場合に、前述はその理由付けとされる。多くは少年少女や若者であるが、作品によっては確立した自我と個性を持つ完全に成熟した大人であることもある。大部分の物語において、英雄は自分の過去についての知識や遺産を、伝説、予言、家族の喪失と再発見、あるいはより不可解な遭遇から、ゆっくりと獲得していく。そうして得られた知識は彼に力と自信をもたらしていく。主人公を取り巻く恋愛模様が描かれることも多い。ストーリーラインが開始する際に、主人公の人生において重要な秘密やイベントが1つは存在する。主人公は、未知の力によって恐れられ、対抗する勢力の力を無効にできたり、またはなんらかの重要な脅威となる運命にあるものが多いが、何も力などを秘めていない人物が主人公になる場合もある。主人公に助言や援助を与える神秘的な人物の存在もまたしばしば見られる。こういった助言者は、経験者や戦士であることが多い。

出典[編集]

  1. ^ a b c d ブライアン・ステイブルフォード (2005). The A to Z of Fantasy Literature. Scarecrow Press. p. 198. ISBN 0-8108-6829-6. 
  2. ^ a b ガードナー・ドゾワ. “Introduction”. Modern Classics of Fantasy. ISBN 031215173X. 
  3. ^ 一柳廣孝, 吉田司雄 『幻想文学、近代の魔界へ』 青弓社2006年、181頁。ISBN 978-4787291790
  4. ^ a b c d 高橋準 『ファンタジーとジェンダー』 青弓社2004年、27-30頁。ISBN 978-4787232342