ハイ・ファンタジー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

ハイ・ファンタジー (High Fantasy) は、ファンタジー小説のジャンルの1つ。「異世界ファンタジー」と呼ばれる事もある。

独自の世界観や歴史をもつ架空の世界(異世界)を主な舞台とし、現実世界(の直線的な歴史や風俗)とはかかわりが薄いのが特徴の物語で、ロー・ファンタジーと対比して使われる語句である。明確な定義ではないが、

  • ハイ・ファンタジー:異世界(現実とは別の世界)を設定し、そこで展開する物語。
  • ロー・ファンタジー:現実世界を舞台にし、そこに魔法や妖精など異質な存在(ファンタジー的な要素)が介入してくる物語。

これらの違いは要素が異世界で完結するか、流入する場合の2つに分けられる。近年ではそれらの境界が曖昧になりやすい傾向が多い。

その他の定義[編集]

また、ハイ・ファンタジーには以下のような意味もある。

  • ヒロイック・ファンタジーの対義語。超人的な英雄が活躍するヒロイック・ファンタジーに対し、等身大の登場人物の物語。
  • 異世界ファンタジーを「異世界だけで完結している物語」と「現実世界の登場人物が異世界を訪れる物語」に分けた時の、前者。前者を指輪型、後者をナルニア型とも呼ぶ場合がある。

上記の事を提示した上で、本稿では主にハード・ファンタジーを視点とした内容を記述する。

主なハイ・ファンタジーの種類[編集]

ハイ・ファンタジーの一般的な特徴[編集]

一般的に、その世界に生きる者や世界の成り立ちそのものから作られているファンタジー作品が見られ、作品傾向としては重厚な例が見られる。ハイ・ファンタジーの作品の特徴として、シリアスなトーンで進行し、しばしば叙事詩(エピック)的であること、勢力の壮大な対抗をテーマとすることが挙げられる。いくつかの作品においては、「現実の(あるいは現代の)世界」に属するキャラクターが何らかの装置(例えば異世界への「門」)によって異世界に放り込まれるケースもある。

ハイ・ファンタジーの典型的特徴としては、

  • 架空の民族などが存在すること
  • 独自に考案された言語
  • 恋愛や性、結婚などの成人向けのテーマ
  • 数冊におよぶ長大な物語

などが挙げられる。また、これらの項目によってハイ・ファンタジーとロー・ファンタジーとを区別することができよう。 しかし、それ以前に現実世界を元にしているかそうではないかが区別することの要素となる。また近年ではそれらの区別ができないファンタジーも多く見られるようになり、境界線は曖昧となっている。 またJ.K.ローリングの作品に見られるように、現実世界と異世界がリンクしている場合もあり2つの世界がつながりを持つといった作品も人気がある。

ハイ・ファンタジーのストーリーライン[編集]

ハイ・ファンタジーのストーリーラインの主たるものに、英雄物語がある。類型として、英雄的伝説的な貴種などや、あるいはそれらと偶然にかかわった人物が物語を繰り広げる。主人公の力・あるいは受け継ぐ秘宝がキーとなる場合に、前述はその理由付けとされる。多くは少年少女や若者であるが、作品によっては確立した自我と個性を持つ完全に成熟した大人であることもある。大部分の物語において、英雄は自分の過去についての知識や遺産を、伝説、予言、家族の喪失と再発見、あるいはより不可解な遭遇から、ゆっくりと獲得していく。そうして得られた知識は彼に力と自信をもたらしていく。主人公を取り巻く恋愛模様が描かれることも多い。ストーリーラインが開始する際に、主人公の人生において重要な秘密やイベントが1つは存在する。主人公は、未知の力によって恐れられ、対抗する勢力の力を無効にできたり、またはなんらかの重要な脅威となる運命にあるものが多いが、ドラゴンラージャのように何も力などを秘めていない人物が主人公になる場合もある。主人公に助言や援助を与える神秘的な人物の存在もまたしばしば見られる。こういった助言者は、経験者や戦士であることが多い。