ウォルト・ディズニー・スタジオ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
ウォルト・ディズニー・カンパニー > ウォルト・ディズニー・スタジオ
ウォルト・ディズニー・スタジオ
The Walt Disney Studios
Walt Disney Studios Logo.svg
Disney studios burbank entrance gate buena vista.jpg
種類 事業部門
略称 WDS
本社所在地 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
カリフォルニア州バーバンク市サウス・ブエナ・ビスタ・ストリート500
設立 1923年10月16日
事業内容 映画・音楽・演劇
代表者 アラン・F・ホルン(共同会長、チーフ・クリエイティブ・オフィサー)
アラン・バーグマン(共同会長)
所有者 ウォルト・ディズニー・カンパニー
主要株主 ウォルト・ディズニー・カンパニー
主要部門 ウォルト・ディズニー・スタジオ・モーション・ピクチャーズ
ウォルト・ディズニー・モーション・ピクチャーズ・グループ
ウォルト・ディズニー・パブリッシング・グループ
ディズニー・ミュージック・グループ
ディズニー・シアトリカル・グループ
ウォルト・ディズニー・スタジオ・オペレーションズ
主要子会社 ウォルト・ディズニー・ピクチャーズ
ウォルト・ディズニー・アニメーション・スタジオ
ウォルト・ディズニー・レコード
ウォルト・ディズニー・スタジオ・モーション・ピクチャー・プロダクション
ピクサー・アニメーション・スタジオ
ディズニーネイチャー
マーベル・スタジオ
ルーカスフィルム
ルーカスフィルム・アニメーション
スカイウォーカー・サウンド
タッチストーン・ピクチャーズ
ブルースカイ・スタジオ
20世紀スタジオ
サーチライト・ピクチャーズ
ゼロ・デイ・フォックス
20世紀フォックス・アニメーション
フォックススタジオ・オーストラリア
ディズニー・シアトリカル・プロダクションズ
ミラビスタ映画
外部リンク www.waltdisneystudios.com
テンプレートを表示

ウォルト・ディズニー・スタジオ (The Walt Disney Studios) は、映画の製作・配給を取り扱う、ウォルト・ディズニー・カンパニーの4大主要事業部門の一つ。音楽や演劇も専門とする。1923年10月16日にアニメーション・スタジオとして設立[1]し、その後新たな部門の立ち上げや買収を繰り返し巨大なスタジオへと成長した。アメリカ映画協会の一員でもある[2]

他の3つの主要な事業部門は「ディズニー・パークス・エクスペリエンス・プロダクツ」(Disney Parks, Experiences and Products)、「ウォルト・ディズニー・ダイレクト・トゥ・コンシューマー&インターナショナル」(Walt Disney Direct-to-Consumer & International)、「ディズニー・メディア・ネットワーク」(Disney Media Networks)である。

歴史[編集]

ウォルト・ディズニーロイ・O・ディズニーは創業以来、多くの傑作アニメーション映画を生み出してきた。世界初の長編アニメ、カラーアニメなど歴史に残る業績を残したが、ウォルトの死後(1966年)低迷[3]し、1990年代に再び黄金期を迎えた[3]

復活の立役者は当時映画部門の責任者だったジェフリー・カッツェンバーグである。彼は伝統的なディズニー・アニメを再建する一方で、CGアニメ時代の到来を受けて、ピクサー社との提携を実現した。しかし1994年にカッツェンバーグはディズニーを辞職しドリームワークスの設立[4][5][6]に関わることになり、ピクサー[7]とも製作方針の食い違いなどから不仲になっていった(関係の悪化は当時のディズニーCEOであったマイケル・アイズナーが原因であるとの見方が強い)。

1996年に日本のスタジオジブリと戦略的提携を結び、『もののけ姫』以降の長編アニメーション映画作品への出資と、アジアを除く全世界での映画配給権、日本を含む全世界でのビデオソフト販売権をWDCとウォルト・ディズニー・ジャパン(WDJ)が有している[8]。海外配給はディズニーが行っているが、作品が再構成されるような編集は行われていない。日本においてはほとんどのジブリ作品をビデオソフト化した「ジブリがいっぱいCOLLECTION」シリーズを、1998年よりWDJが発売[8]しているが、1980年代以降のディズニースタジオ作品のビデオソフトで使われるDisney・シンデレラ城ミッキーマウスシンボルマークを用いたタイトル映像は挿入されず、ジブリが製作した短編タイトル映像が使われている。

ピクサーは、ディズニーとは『カーズ』を最後に契約を終了する予定[9][10]だったが、2005年にアイズナーがCEOを退任したことにより、関係を再び修復。そして2006年5月5日、ディズニーはピクサーをM&Aにより買収[11]し完全子会社とした。なお、アップルコンピュータとピクサーのCEOだったスティーブ・ジョブズは、株式交換によってディズニーの個人筆頭株主(保有率約7%)になると共に役員に就任した。

パイレーツ・オブ・カリビアン/デッドマンズ・チェスト』(2006年)から新しいウォルト・ディズニー・ピクチャーズのロゴムービー(3DCG)を見ることができる。

2006年7月、ディズニー社は、実写映画製作本数を年間20本ペースから12 - 13本まで落とすと発表した。2009年にドリームワークスとの提携を発表し、2011年から同社制作の実写作品をタッチストーンが配給することになった。

2009年8月、40億ドル(当時3700億円)でマーベル・エンターテインメントを買収。マーベル・スタジオマーベル・テレビジョンマーベル・アニメーションが傘下[12][13][14]となった。2012年には、ルーカスフィルムを40億5000万ドル(約3200億円)で買収した[15]

2019年3月20日、ディズニー社は、総額661億ドル(約8兆円)で21世紀フォックスの映画・テレビ部門の買収を完了したと正式に発表[16][17][18][19]20世紀スタジオサーチライト・ピクチャーズフォックス2000ピクチャーズ20世紀フォックス・アニメーションなどがウォルト・ディズニー・スタジオの子会社へと再編された[20][21]。元々ディズニー社と並んでビッグ6と呼ばれていたFOXグループの製作・配給事業が傘下に加わり、資本的に全く無関係な映画作品まで「ディズニー」の領域は及んでいくことになる。

2020年1月17日、ウォルト・ディズニー・スタジオは買収し、子会社とした20世紀フォックスとフォックス・サーチライト・ピクチャーズの社名から「フォックス」ブランドを改名すると発表した。2つの映画製作スタジオは、それぞれ20世紀スタジオサーチライト・ピクチャーズに名前が変更された。それと同様に、アメリカ合衆国内での一部の映画はウォルト・ディズニー・スタジオ・モーション・ピクチャーズによって配給される事になった[22][23][24]。サーチライト・ピクチャーズの作品は引き続きサーチライト自社での配給を行っている(日本ではどちらもウォルト・ディズニー・ジャパンによる配給に変更)[25]

騒動[編集]

スパイダーマンの権利関係

ディズニーはマーベル・エンターテインメントを買収したが、2020年現時点でスパイダーマン関連のみソニー・ピクチャーズ・エンタテインメントソニー)が所有する事になったが、ディズニーとソニーの連携によって『シビル・ウォー/キャプテン・アメリカ』にスパイダーマンがMCU入りを果たした。その後『スパイダーマン:ホームカミング』などとMCUで活躍していたが、2019年にはいり『スパイダーマン:ファー・フロム・ホーム』の公開後ソニーとディズニーの権利問題が浮上した[26][27]

ソニーはスパイダーマンの映画の製作費を全て負担して、ディズニーに約1割程度の利益を払うとあう契約であったが、ディズニーの提案はディズニーとソニー共に5割という契約を提案した。それにより両社に亀裂が入り、MCU離脱など報道されていたが、ソニー側が新しい提案「ウォルト・ディズニーが25%映画への出資と、同じく25%の利益を得ること。」をディズニーに送った結果、ディズニーとソニーは受け入れ、現在はディズニーとソニーと和解しスパイダーマンもMCU離脱もしない事が明らかになった[28][29]

部門・子会社[編集]

主にアニメーション映画から実写映画まで幅広く制作している。

ウォルト・ディズニー・モーション・ピクチャーズ・グループ[編集]

配給部門

製作部門

ウォルト・ディズニー・スタジオ・オペレーションズ[編集]

ウォルト・ディズニー・パブリッシング・グループ[編集]

ディズニー・ミュージック・グループ[編集]

ディズニー・シアトリカル・グループ[編集]

過去[編集]

収益[編集]

1940年代から1960年代前半の『白雪姫』や『シンデレラ』、『ファンタジア』、『メリー・ポピンズ』などとディズニーは繁栄を迎えていたが、1966年ウォルトの死後は長期低迷期に入り、長らくヒット作品が出なかった。1990年代に『美女と野獣』の世界的ヒットによりディズニー・ルネサンス(商業的成功)と呼ばれる復活となった。その後もピクサーの『トイ・ストーリー』や『カーズ』などのヒット作品が続出する事になった。2010年代に入り、マーベル・シネマティック・ユニバース(MCU)が凄まじい成長を遂げている。

2014年は『アナと雪の女王』と『ベイマックス』のヒット[37]に続き2015年は『アベンジャーズ/エイジ・オブ・ウルトロン』に続き史上最速の最高収益となった『スター・ウォーズ/フォースの覚醒』が全世界で大ヒットした[38][39]

2016年にディズニーは『ズートピア』や『ローグ・ワン/スター・ウォーズ・ストーリー』と言ったヒット作品が連続[40]し、世界累計興収76億ドルを記録した[41][42]2018年の世界興収トップである『アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー』と『ブラックパンサー[43]、『インクレディブル・ファミリー』 の作品が10億ドルを突破した。 反面『ハン・ソロ/スター・ウォーズ・ストーリー』は高収益を得られなかった[44][45]

2019年内で、ウォルト・ディズニー・スタジオが公開した映画の総合興行収入が100億ドルに達した世界初の映画製作スタジオとなった[46][47]。また、単体の映画作品『ライオン・キング』、『キャプテン・マーベル』、『トイ・ストーリー4』、『アラジン』、『アナと雪の女王2』、『スター・ウォーズ/スカイウォーカーの夜明け[48]、またソニー・ピクチャーズソニー)の連携で製作された『スパイダーマン:ファー・フロム・ホーム』の収益は10億ドルを超えた[47]。同年4月に公開された『アベンジャーズ/エンドゲーム』は世界歴代興行収入1997年の『タイタニック』と2009年の『アバター』を抜き、世界1位(日本国内での収益は60億円を超え[49])となりギネス世界記録を更新した[50][51][52][53]

出典[編集]

  1. ^ ディズニー、2013年の作品戦略を紹介 - ルーカスフィルムやジブリ作品にも言及” (日本語). PHILE WEB. 2020年6月2日閲覧。
  2. ^ Taniguchi, Munenori. “Netflixがアメリカ映画協会に加盟。6大メジャースタジオと比肩する映画制作スタジオに - Engadget Japanese” (日本語). Engadget JP. 2020年4月14日閲覧。
  3. ^ a b かつての栄光から低迷、そして復活!ディズニー・アニメーションの伝統” (日本語). シネマトゥデイ. 2019年12月29日閲覧。
  4. ^ ディズニー泥沼退社から誕生!切れ味抜群ドリームワークスアニメ特集:今週のクローズアップ” (日本語). シネマトゥデイ. 2019年12月29日閲覧。
  5. ^ 米ドリームワークス、ディズニーとの配給契約終了へ 情報筋”. www.afpbb.com. 2019年12月29日閲覧。
  6. ^ ディズニー対ドリームワークスのバトル激化 : 映画ニュース” (日本語). 映画.com. 2019年12月29日閲覧。
  7. ^ ドリームワークス、またもディズニーに嫌がらせ : 映画ニュース” (日本語). 映画.com. 2019年12月29日閲覧。
  8. ^ a b 『風立ちぬ』、ディズニーがアメリカでの配給権を獲得!” (日本語). シネマトゥデイ. 2019年12月29日閲覧。
  9. ^ ピクサー社、ディズニー社との提携を打ち切り|WIRED.jp” (日本語). WIRED.jp. 2019年12月29日閲覧。
  10. ^ ディズニー、「トイ・ストーリー」続編をピクサー抜きで製作へ : 映画ニュース” (日本語). 映画.com. 2019年12月29日閲覧。
  11. ^ ディズニー、ピクサーを買収 : 映画ニュース” (日本語). 映画.com. 2019年12月29日閲覧。
  12. ^ ディズニー 米国最大のコミックス会社マーベル買収発表” (日本語). アニメ!アニメ!. 2019年11月16日閲覧。
  13. ^ ディズニーがアメコミ大手の「マーベル」を3700億円で買収 買収合併 - 不景気.com”. www.fukeiki.com. 2019年12月29日閲覧。
  14. ^ マーベル株主総会で ディズニーへ売却にゴーサイン | アニメ!アニメ!ビズ”. www.animeanime.biz. 2019年12月29日閲覧。
  15. ^ ディズニーがルーカスフィルムを買収”. 映画.com (2012年10月31日). 2015年7月11日閲覧。
  16. ^ ディズニー、21世紀フォックスの買収完了 約8兆円” (日本語). 日本経済新聞 (2019年3月21日). 2020年3月30日閲覧。
  17. ^ ディズニーによる21世紀フォックスの買収が完了(IGN Japan 2019年3月20日)
  18. ^ マーベルはフォックス所有のスーパーヒーローの映画を6カ月以内に企画し始める可能性があるとケヴィン・ファイギ”. jp.ign.com. 2019年12月29日閲覧。
  19. ^ マーベル映画『X-MEN』ディズニーで2021年以降にリブートへ ─ 『デッドプール』のみ存続、米報道” (日本語). THE RIVER (2019年3月21日). 2019年12月29日閲覧。
  20. ^ 米ディズニー、フォックス傘下のアニメスタジオ再建に着手 : 映画ニュース” (日本語). 映画.com. 2020年3月30日閲覧。
  21. ^ ディズニー配給アニメーション映画2020年は6本、FOX系の気になる行方 | アニメーションビジネス・ジャーナル”. animationbusiness.info. 2020年3月30日閲覧。
  22. ^ 米ウォルト・ディズニー「フォックス」の名を完全排除 オープニングロゴも刷新 : 映画ニュース” (日本語). 映画.com. 2020年4月7日閲覧。
  23. ^ 20世紀フォックスから「フォックス」消滅へ ─ 米ディズニーの意向で” (日本語). THE RIVER (2020年1月18日). 2020年1月25日閲覧。
  24. ^ 映画配給の20世紀フォックス、ディズニーが「20世紀スタジオ」に社名変更” (日本語). CNN.co.jp. 2020年1月25日閲覧。
  25. ^ 20世紀フォックスがいよいよ「20世紀スタジオ」へ ロゴも「FOX」消え白黒の新デザインに” (日本語). ねとらぼ. 2020年4月7日閲覧。
  26. ^ 「スパイダーマン」、ディズニー映画から姿消してもパークでは健在か” (日本語). Bloomberg.com. 2020年4月16日閲覧。
  27. ^ 悪いのはソニー?ディズニー?「スパイダーマン」続編ピンチでファンの声は”. Asagei Biz-アサ芸ビズ. 2020年4月16日閲覧。
  28. ^ 『スパイダーマン』MCU残留はトムホのおかげ!ディズニー&ソニーのトップに何度も“お願い”していた” (日本語). シネマトゥデイ. 2020年4月16日閲覧。
  29. ^ マーベル・スタジオファンに超朗報!「スパイダーマン」がMCUに復帰決定” (日本語). Qetic (2019年9月27日). 2020年4月16日閲覧。
  30. ^ マーベル、テレビ部門を「マーベル・TV・スタジオ」として再始動 ─ 「M.O.D.O.K.」アニメ化、世界征服を夢見る中年ヴィランの危機描く” (日本語). THE RIVER (2020年1月22日). 2020年3月30日閲覧。
  31. ^ マーベルがテレビ部門を正式閉鎖、映画部門「マーベル・スタジオ」に完全統合 ─ 新企画はすべて打ち切り、新体制で再編へ” (日本語). THE RIVER (2019年12月11日). 2020年3月30日閲覧。
  32. ^ D'Alessandro, Anthony (2018年10月18日). “Disney Finalizes Film Studio Brass Under Alan Horn: Emma Watts Confirmed To Run Fox”. Deadline. https://deadline.com/2018/10/disney-absorbs-fox-executives-emma-watts-elizabeth-gabler-fox-searchlight-1202485406/ 2019年5月10日閲覧。 
  33. ^ 映画配給の20世紀フォックス、ディズニーが「20世紀スタジオ」に社名変更” (日本語). CNN.co.jp. 2020年1月25日閲覧。
  34. ^ 20世紀フォックスから「フォックス」消滅へ ─ 米ディズニーの意向で” (日本語). THE RIVER (2020年1月18日). 2020年1月25日閲覧。
  35. ^ https://variety.com/2019/film/asia/disney-subsidy-to-shoot-marvel-movie-fox-studios-australia-1203181601/
  36. ^ ディズニー、FOX 2000を終了へ ─ 20世紀フォックス幹部が続々解雇、スタジオ大規模再編はじまる” (日本語). THE RIVER (2019年3月22日). 2020年3月30日閲覧。
  37. ^ 『ベイマックス』が『アナ雪』に続いて年間BD総合首位獲得、洋画劇場版アニメによる2年連続首位は初 - music.jpニュース”. music-book.jp. 2020年4月16日閲覧。
  38. ^ スターウォーズ新作、米の初日興行収入が歴代最高。ワールドワイドのオープニング週売上も5.17億のスマッシュ記録。 | ZAKKA MEKKA”. zakkamekka.com. 2020年4月16日閲覧。
  39. ^ 『スター・ウォーズ』、史上最速の世界興収10億ドル突破” (日本語). レスポンス(Response.jp). 2020年4月16日閲覧。
  40. ^ 『ローグ・ワン』SWシリーズ歴代2位 世界興収10億ドル突破(ORICON NEWS) - グノシー”. グノシー 雑談力がつくニュースアプリ. 2020年4月16日閲覧。
  41. ^ 米ディズニー、年間の世界興収 過去最高6096億円に”. www.afpbb.com. 2020年4月16日閲覧。
  42. ^ ウォルト・ディズニー 2016年の年間興収が全世界で8000億円を突破 | アニメーションビジネス・ジャーナル”. animationbusiness.info. 2020年4月16日閲覧。
  43. ^ 映画の興収とオモチャ売上は比例しない? ─ マーベル『ブラックパンサー』米グッズ展開はMCU単作最大ラインナップに” (日本語). THE RIVER (2018年2月24日). 2020年4月16日閲覧。
  44. ^ ハン・ソロにフォースの加護なし? 北米興行収入激減” (日本語). CNN.co.jp. 2020年4月16日閲覧。
  45. ^ 『ハン・ソロ/スター・ウォーズ・ストーリー』が5000万ドルの大赤字か スター・ウォーズ特集”. jp.ign.com. 2020年4月16日閲覧。
  46. ^ 2019年は興行収入トップ10のうち8つをディズニー関連作品が支配 - GIGAZINE”. gigazine.net. 2020年4月3日閲覧。
  47. ^ a b 「アナと雪の女王2」世界累計興収10億ドルを突破!ディズニー作品では今年6本目 : 映画ニュース” (日本語). 映画.com. 2020年4月3日閲覧。
  48. ^ 『スター・ウォーズ/スカイウォーカーの夜明け』が世界興行収入10億ドルを突破”. hypebeast.com. 2020年4月16日閲覧。
  49. ^ 『アベンジャーズ/エンドゲーム』驚異の興行収入60億円&動員411万人突破!” (日本語). Qetic (2019年6月20日). 2020年4月3日閲覧。
  50. ^ アベンジャーズの最新作、世界興収1位に アバター抜く:朝日新聞デジタル”. www.asahi.com. 2020年4月3日閲覧。
  51. ^ 『アベンジャーズ/エンドゲーム』が、全世界歴代興収1位!歴史的快挙を達成!|アベンジャーズ/エンドゲーム|マーベル公式”. マーベル公式. 2020年4月3日閲覧。
  52. ^ 『アベンジャーズ/エンドゲーム』、世界興収1位に 『アバター』抜く” (日本語). www.afpbb.com. 2020年4月3日閲覧。
  53. ^ 『アベンジャーズ/エンドゲーム』が『アバター』を抜き、世界興行収入のギネス世界記録を更新” (日本語). ギネス世界記録 (2019年7月23日). 2020年4月3日閲覧。

外部リンク[編集]