英雄コナン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

英雄コナン(えいゆうコナン、蛮人コナンキンメリアのコナンとも)は、1932年からロバート・E・ハワード(一部作品はディ=キャンプ、ビョルン・ニューベリイらの補作)により著されたヒロイック・ファンタジーのシリーズであり、その主人公である。本シリーズは、典型的なヒロイック・ファンタジーの先駆けとなった。

アーノルド・シュワルツェネッガーを主演とし『コナン・ザ・グレート』(1982年)および『キング・オブ・デストロイヤー』(1984年)として映画化された。彼をターミネーターへと続く一連のスターダムへ導いたことでも知られ、現在でも彼の出演した主要な作品の一つとして記憶されている。2011年には再起動として『コナン・ザ・バーバリアン』が映画化された。

概要[編集]

時ははるかな古代、各国の各民族が入り乱れて争う戦乱の荒野に、怪物や古の妖術の名残が点在するハイボリア時代。

北方の未開の地キンメリア出身の屈強な大男コナンは、粗にして野だが卑ではない豪放磊落な誇り高い戦士であった。故郷キンメリアを離れ、あるときは傭兵、あるときは将軍、あるときは一攫千金を狙う冒険者、あるときは荒くれ船乗りを束ねた海賊となるコナンの無宿渡世の旅路には、常に異郷の民や怪物との戦い、驚くべき冒険に美しい女たちがつきまとう。 やがて故郷に帰ったコナンはキンメリア、そして周辺諸国を支配するアキロニアの大帝王となるが、それでもなお彼の行く手には戦いが待ち受ける。

なお、一見男性的な作品に見えるが、登場するゲストヒロインにはかなりの存在感があり、時に意外な活躍を見せ、時にヒロイン視点で物語が進められることもある。最初からコナンに従順で献身的なヒロインもいれば、打算からコナンを利用しようとしたり、時には保身に走って裏切ろうとするなど行動も多様で、コナンと純粋に愛し合うヒロインもいれば、コナンに救われこそすれど彼と愛し合うわけではないヒロインも登場している。

出版事情[編集]

「コナン」の初出は1932年、ハワードが親友ハワード・フィリップス・ラヴクラフトとの交流によって執筆したクトゥルフ神話短編小説『闇の種族』である。

本作で主人公は恋敵を殺すために訪れた洞窟で自身の前世を垣間見、そこで前世の自分が恋敵と恋人との間を結果的に引き裂いてしまった事を知って、今度こそはと二人を救うために奔走する事になる。その前世こそが、怪物を次々と薙ぎ倒す先史時代の屈強な冒険者「略奪者コナン」と呼ばれる若者であった。

その後ハワードの書いた「コナン」物語は全部で21篇で、他、梗概にとどまるものと未完の草稿が5篇あるとされる。完成作のうち17篇は『ウィアード・テイルズ』誌に発表され、残る4篇のうち3篇は1950年代に発見されて大幅加筆のうえ発表、1960年代に発見された最後の1篇は原作のまま発表された。

「コナン」には模倣作品や加筆作品がきわめて多く、未完の草稿を完成品に仕立てたもの、コナン以外のハワード作品の主人公をコナンに変えてしまったものや、まったくの模倣作品にいたるまで、数十篇を数える。原因としては、コナンの物語が年代順に書かれていないことと物語の間の空白期間が長いことがあり[1]、その間を埋めようとするファン心理が模倣を産んだと考えられている。

日本にコナンが紹介された1970年代、アメリカで発表されたシリーズにはノーム・プレス版とランサー・ブックス版があり、前者はハードカバー全7巻、後者はペーパーバック全12巻で、後者は表紙絵をフランク・フラゼッタが描いたこともあって爆発的な人気を呼んだ。

ランサー・ブックス版はハワードの作品の空白期間を加筆作品で埋めて時系列順に並び替え、コナンの一代記を形成しようとする試みであるのに対し、ノーム・プレス版は5巻までをハワード作品とし、模作は6、7巻にまとめてある。

日本語訳では、ハヤカワ文庫がノーム・プレス版を、創元推理文庫がランサーブックス版を底本にしている。ハヤカワ版は底本の第5巻を2分冊にした全8巻で刊行されたが、創元版は7巻までで途絶してしまった。当時、ノーム・プレス版は原作に忠実であるとされていた[2]が、死後の発表作にはディ・キャンプの加筆がかなり入っているものもあるようである[3]

2006年になって、創元推理文庫から「新訂版コナン全集」としてハワード原作に忠実な新シリーズの刊行が開始され、2013年に第六巻『竜の刻』の発売をもって完結した。本シリーズはハワードが執筆した作品しか収録されていないが、ランサーブックス版(および旧創元推理文庫版)同様に発表順ではなく年代順に並べ替えられ、十代半ばの傭兵時代を描く『氷神の娘』から始まり、アキロニア王となったコナンの冒険である『竜の刻』で幕を閉じる。

作品一覧(ハワード・オリジナル作品)[編集]

日本語題名は創元推理文庫による。

「ウィアード・テールズ」誌掲載作[編集]

(数字は掲載号)

  • 「不死鳥の剣」 "The Phoenix on the Sword" (1932/12)
  • 「真紅の城砦」 "The Scarlet Citadel" (1933/1)
  • 「象の塔」 "The Tower of the Elephant" (1933/3)
  • 「黒い怪獣」 "Black Colossus" (1933/6)
  • 「忍びよる影」 "The Slithering Shadow" (1933/9)
  • 「黒魔の泉」 "The Pool of the Black One" (1933/10)
  • 「館のうちの凶漢たち」 "Rogues in the House" (1934/1)
  • 「月下の影」 "Shadows in the Moonlight" (1934/4)
  • 「黒い海岸の女王」 "Queen of the Black Coast" (1934/5)
  • 「鋼鉄の悪魔」 "The Devil in Iron" (1934/8)
  • 「黒い予言者」 "The People of the Black Circle" (1934/9-11)
  • 「魔女誕生」 "A Witch Shall be Born" (1934/12)
  • 「古代王国の秘宝」 "Jewels of Gwahlur" (1935/3)
  • 「黒河を越えて」 "Beyond the Black River" (1935/5-6)
  • 「ザムボウラの影」 "Shadows in Zamboula" (1935/11)
  • 「竜の刻」 "The Hour of the Dragon" (1935/12-1936/4)
  • 「赤い釘」 "Red Nails" (1936/7-10)

生前未発表作[編集]

  • 「氷神の娘」 "The Frost Giant's Daughter"
  • 「石棺の中の神」 "The God in the Bowl"
  • 「消え失せた女たちの谷」 "The Vale of Lost Women"
  • 「黒い異邦人」 "The Black Stranger"

未完作品[編集]

  • 「闇のなかの怪」 "The Snout in the Dark" (断片)
  • 「トムバルクの太鼓」 "Drums of Tombalku" (断片)
  • 「死の広間」 "The Hall of the Dead" (梗概)
  • 「ネルガルの手」 "The Hand of Nergal" (断片)

日本語訳[編集]

早川書房版(ノーム・プレス版)[編集]

団精二鏡明佐藤正明訳、武部本一郎

NO. - 日本語題 - 原題 - 原著刊行年 - ISBN-No. - 日本版刊行年月日

  1. 「征服王コナン」(Conan the Conqueror , 1950) ISBN 4-15-010002-0 (1970.8.31)
  2. 「風雲児コナン」(The Sword of Conan , 1952) ISBN 4-15-010010-1 (1970.11.30)
  3. 「冒険者コナン」(The Coming of Conan , 1953) ISBN 4-15-010014-4 (1971.1.31)
  4. 「不死鳥コナン」(King Conan , 1953) ISBN 4-15-010024-1 (1971.4.30)
  5. 「狂戦士コナン」(Conan the Barbarian , 1954) ISBN 4-15-010030-6 (1971.6.30)
  6. 「大帝王コナン」(King Conan , 1953) ISBN 4-15-010060-8 (1972.6.30)
  7. 別巻1 「復讐鬼コナン」(The Return of Conan , 1957) ISBN 4-15-010043-8 (1971.11.30)
  8. 別巻2 「荒獅子コナン」(Tales of Conan , 1955) ISBN 4-15-010129-9 (1973.10.31)

東京創元社版(旧版)[編集]

宇野利泰訳、柳柊二画、1-3再版には末弥純表紙の版もある

  1. 「コナンと髑髏の都」 ISBN 4-488-51401-4
  2. 「コナンと石碑の呪い」 ISBN 4-488-51402-2
  3. 「コナンと荒鷲の道」 ISBN 4-488-51403-0
  4. 「コナンと焔の短剣」 ISBN 4-488-51404-9
  5. 「コナンと黒い予言者」 ISBN 4-488-51405-7
  6. 「コナンと毒蛇の王冠」 ISBN 4-488-51406-5
  7. 「コナンと古代王国の秘宝」 ISBN 4-488-51407-3

東京創元社版(新訂版コナン全集)[編集]

宇野利泰中村融訳(第5、6巻は中村融訳)、後藤啓介画(カバー)

NO. - 日本語題 - ISBN-No. - 日本版刊行年月日

  1. 「黒い海岸の女王」 ISBN 4-488-51411-1 (2006年10月27日)
  2. 「魔女誕生」 ISBN 4-488-51412-X (2006年12月15日)
  3. 「黒い予言者」 ISBN 978-4-488-51413-6 (2007年3月23日)
  4. 「黒河を越えて」 ISBN 978-4-488-51414-3 (2007年7月13日)
  5. 「真紅の城砦」 ISBN 978-4-488-51415-0 (2009年3月27日)
  6. 「龍の刻」 ISBN 978-4-488-51416-7 (2013年5月31日)

翻案作品[編集]

映画[編集]

コナン・ザ・グレート
1982年の映画で、英雄コナンの最初に作られた映画である。
キング・オブ・デストロイヤー/コナンPART2
1984年の映画で『コナン・ザ・グレート』の続編である。
コナン・ザ・バーバリアン
2011年の映画。リ・イマジネーション作品という位置付けである。
ザ・レジェンド・オブ・コナン
2014年の夏に公開予定の作品で『コナン・ザ・グレート』のリブートである。

アニメーション[編集]

コナン・ザ・アドベンチャー
1992年から1993年にかけて北米およびカナダで放映されたアニメーション。隕鉄から鍛えた剣を手にしたコナンが、隕鉄を狙う邪悪な魔術師アモンによって家族を石に変えられ、復讐の旅に赴く。全65話。

コンピュータゲーム[編集]

CONAN
日本国内では2007年12月6日に発売したPlayStation 3Xbox 360用のコンピュータゲーム。

脚注[編集]

  1. ^ 一例をあげれば第一作『不死鳥の剣』は壮年のコナンが王になった直後の物語だが、第二作『真紅の城砦』はアキロニア王コナンが隣国の救援に赴く物語で、第三作『象の塔』は若き日のコナンが冒険者となったばかりの頃の物語であり、第四作『黒い怪獣』はコナンが冒険者として名を知られるようになった後の物語である。
  2. ^ ハヤカワ版『不死鳥コナン』等の初版のカバー見返しには「本シリーズには後世の作家による模作はいっさい含みません」とあり、刊行予定も『大帝王コナン』までの全6巻になっている。
  3. ^ 創元版『黒い海岸の女王』(新訂版コナン全集第1巻)あとがき(p.356)による。

外部リンク[編集]