くるみ割り人形とねずみの王様

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
ドイツの寄付金付き切手に使われたくるみ割り人形の絵(1971年)

くるみ割り人形とねずみの王様』(くるみわりにんぎょうとねずみのおうさま、Nußknacker und Mausekönig)は、E.T.A.ホフマンメルヒェン1816年カール・ヴィルヘルム・ザリーツェ=コンテッサドイツ語版並びにフリードリヒ・フーケの作品と共に『少年童話集』(『童話集』とも[1])という単行本に収録された[2]。その後作品集『ゼラピオン同人集ドイツ語版』第一巻に収められた[2]チャイコフスキーのバレエ『くるみ割り人形』の原作として知られる作品である[3]

物語[編集]

医務参事官シュタールバウム家のあるクリスマスの情景からはじまる。この家には上からルイーゼ、フリッツ、マリーの3人の子供がおり、下の娘マリーは7歳になる。彼女はたくさんのクリスマスプレゼントのなかから不恰好なくるみ割り人形をみつけ、これがすっかり気に入るが、これをフリッツが大きな胡桃を無理に割ろうとして故障させてしまう。くるみ割り人形を気の毒に思ったマリーは、その夜、戸棚に飾ってある他の人形のベッドを借りてくるみ割りを休ませようとする。するとあたりの様子が変化し、地面から7つの首をもつネズミの王様が軍勢をともなって現われる。それに対してくるみ割り人形が動き出し、ほかの人形たちを率いてネズミの軍を相手に戦争を始める。マリーがくるみ割りの窮地を救おうとすると、彼女は不意に気を失い、気がつくと包帯を巻かれてベッドに寝かされていた。母親たちの話では、マリーは夜中まで人形遊びをしているうちにガラス戸棚に腕を突っ込んで怪我をしてしまったのだという。

マリーが名付け親であるドロッセルマイヤーおじさんにこのことを話すと、彼は「ピルリパート姫」にまつわるおとぎ話を話して聞かせる。物語の中では姫はネズミの呪いを受けて醜くされてしまうが、時計師ドロッセルマイヤーとその甥の活躍でもとの美しさを取り戻す。しかしその身代わりにまだ若い甥のドロッセルマイヤーが醜い姿に変えられてしまったのだった。この話を聞くと、マリーは彼女のくるみ割りこそが青年ドロッセルマイヤーなのだと考える。こののち、マリーのもとに夜な夜なネズミの王様が現われ、くるみ割りの安全と引き換えにマリーのお菓子を要求するようになる。マリーが仕方なく戸棚の敷居に菓子を置いておくと、翌朝にはネズミによって食い荒らされているのだった。しかしネズミはさらにマリーの絵本や洋服まで要求するようになる。マリーが困ってくるみ割りに話しかけると、彼は一振りの剣を与えてほしいと答え、マリーは兄フリッツに頼んで兵隊人形の剣を一振りもらう。

その夜、くるみ割りがマリーのもとに現われ、もらった剣でネズミの王様に打ち勝ったことを告げる。そして助けてもらったお礼として、彼はマリーを美しい人形の国へ招待する。翌朝、自分のベッドで目覚めたマリーは夢のような人形の国の情景が忘れられず、家族にそのことを話してまわるが、誰からも取り合ってもらえなかった。そうした中、ドロッセルマイヤーおじさんが甥の青年を連れて尋ねてくる。感じのいいこの青年は、マリーと二人きりになると途端に、自分がマリーに救われたくるみ割り人形だと告げ、彼女のおかげでもとの姿に戻れたのだと話す。彼はいまや人形の国の王様であり、マリーを王妃として迎えに来たのだった。

解題[編集]

作品は、クリスマスに人形が命をもって動き出すメルヒェン物語であり、この作品に続く人形が活躍する児童文学に大きな影響を与えた[4]

ホフマンは『黄金の壺』を発表したのちに本作品の構想をはじめ、『砂男』(1815年)とほぼ同時期に本作品を完成させており[5]、1816年12月7日、ホフマンの企画により発行されたクリスマス童話集『子供のメルヒェン』に収録された[6]。この童話には批判が多くあつまり、1816年の新聞では「誰がこれを子供に読み聞かせられようか?」「不適切な冗談によって鼻持ちならない堕落しきったものになっている」「子供たちの理解力にふさわしいか否か考慮されなかったのか」などと批評された[7]。これには当時の社会情勢として、多くの子供たちが身分制を原因とする社会的貧困の中に置かれており、この物語で描写される「立派な家で両親に見守られて幸せな暮らしをする」のは上流階級の子供たちだけだったことも原因にあげられる[8]。1819年、この物語は『ゼラーピオン同人集』にホフマンによるこれらの批評への反論とともに再録された[9]。ホフマンの原作は難解であり、現代ではドイツで発行される場合であっても大抵の場合は子供向けの本では原文によみやすく手を入れた状態で発行される[10]

この物語はもともと、作者ホフマンが友人ユーリウス・エドゥアルト・ヒッツィヒドイツ語版の子供のために即興で作ったものであった[11]。ヒッツィヒにはクララ、フリッツ、マリーという名の子供たちがいた[2]。特にマリーをよく可愛がっており、彼女が13歳で逝去した際にヒッツィヒに宛てた手紙にマリーの死を予感していたことから、翻訳家の前川道介はドロッセルマイヤーがホフマンの自画像であると述べている[2]。この話はマリーのためのクリスマスプレゼントとして作られたものであった[12]。作中で不気味な雰囲気を漂わせている、話好きで手先の器用な「ドロッセルマイヤーおじさん」には、容貌魁偉で「お化けのホフマン」などと言われていた作者ホフマンのイメージが重なると、翻訳家の種村季弘は述べている[13]

チャイコフスキーによるバレエ「くるみ割り人形」の原作であるが、台本の草案を書いた振付師のプティパはドイツ語を解さなかったため、実際にはアレクサンドル・デュマ・ペールが息子アレクサンドル・デュマ・フィスと合作・翻案した『はしばみ割りの物語』[注釈 1]が下敷きに用いられている[15][16]。これに関してドイツ文学者の識名章喜は物語をバレエやオペラなどの演目にする場合、原作から話を単純化することはよく見られるものと述べている[17]。デュマ版は登場人物の行動を具体的に記述する傾向があるなどの違いがあるが、ストーリーの流れはホフマン版と同じである[注釈 2]バレエはこれを大幅に短縮し、最初の戦争にマリーが助勢したことでネズミの軍に対する勝利を確定させ、「ピルリパート姫」以降の話を全面的に省略して雪の国から人形の国へ行く場面へと進み、人形の国(お菓子の国)での様々な登場人物の描写に後半部の大半を使っている。[要出典]また、主人公の少女の名前がホフマン版やデュマ版の「マリー」から「クララ」(原作では冒頭でマリーが貰った人形の名前の愛称)に変更されている[18]

このバレエのほか、バレエおよび童話を原作として映画やアニメーション作品がいくつもつくられている(Category:くるみ割り人形を参照)。

脚注[編集]

注釈[編集]

  1. ^ 日本語では『はしばみ割り物語』『ハシバミ割り物語』とも。訳書の表題を原題を無視した『くるみ割り人形』とする例もある。なお、父子の役割分担については諸説あり[14]
  2. ^ ホフマン版(例えば参考文献欄のホフマン(種村訳)、ホフマン(前川&鈴木訳)、ホフマン(上田訳))とデュマ版(例えば参考文献欄のデュマ(小倉訳))の比較により明らか。

出典[編集]

  1. ^ 大島 2015, p. 438.
  2. ^ a b c d ホフマン, 前川 & 鈴木 1983, p. 352.
  3. ^ ホフマン, 前川 & 鈴木 1983, p. 351.
  4. ^ 皆川 2014, p. 46.
  5. ^ 土屋 2015, p. 52.
  6. ^ 木野 1992, p. 567.
  7. ^ 木野 1992, p. 568.
  8. ^ 土屋 2015, p. 54.
  9. ^ 木野 1992, p. 568-569.
  10. ^ 若宮 2008, p. 144.
  11. ^ ホフマン & 種村 1995, pp. 262-263.
  12. ^ ホフマン & 種村 1995, p. 262.
  13. ^ ホフマン & 種村 1995, p. 263.
  14. ^ デュマ & 小倉 1991, pp. 192-197.
  15. ^ 若宮 2008, p. 140-141.
  16. ^ 大島 2015, p. Kindle版、位置No.全5164中 4784 / 93%.
  17. ^ 大島 2015, p. 437.
  18. ^ ホフマン & 種村 1995, p. 260.

参考文献[編集]

  • E・T・A・ホフマン、種村季弘訳 『くるみ割り人形とねずみの王様』 河出文庫〈初版〉、1995年12月25日。ISBN 4-309-46145-X 
  • E・T・A・ホフマン、前川道介、鈴木潔訳 『くるみ割り人形とねずみの王様』 国書刊行会〈初版〉、1983年7月30日。 
  • ホフマン『クルミわりとネズミの王さま』 上田真而子訳、岩波少年文庫、2000年 ISBN 4-00-114075-6
  • アレクサンドル・デュマ、小倉重夫訳 『くるみ割り人形』 東京音楽社〈初版〉、1991年12月2日。ISBN 4-309-46145-X 
  • 木野 光司「子供の幻想文学の誕生 : 『くるみ割り人形とねずみの王様』の考察 (長橋芙美子教授退任記念号)」『人文研究』第44巻第8号、大阪市立大学、1992年、 567-582頁、 NAID 120006004025
  • 若宮 由美「子どもの関心を広げる芸術作品への総合的アプローチ--《くるみ割り人形》の分析的研究」『埼玉学園大学紀要. 人間学部篇』第8巻、埼玉学園大学、2008年12月1日、 139-150頁、 NAID 110008447723
  • 皆川 美恵子「〈本棚〉古典の散歩道: 『くるみわり人形とねずみの王様』」『幼児の教育』第113巻第2号、日本幼稚園協会、2014年4月1日、 46-51頁、 NAID 120006352424
  • ホフマン『くるみ割り人形とねずみの王さま/ブランビラ王女 (識名章喜「解説」より)』大島かおり訳、光文社〈光文社古典新訳文庫〉、2015年。
  • 土屋邦子「E.T.A.ホフマンの『くるみ割り人形とねずみの王様』における二重性の超克」『DA』第11巻、神戸大学、2015年、 51-70頁。

外部リンク[編集]