大島かおり

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

大島 かおり(おおしま かおり、1931年11月3日 - 2018年5月8日 )は、日本の翻訳家

来歴・人物[編集]

東京出身。東京女子大学英米文学科卒業。英語教師を10年間勤めたのち、ドイツに渡る。帰国後、翻訳家に。

ミヒャエル・エンデモモをはじめ、ナチスハンナ・アーレントアドリエンヌ・リッチノーマ・フィールドなど、プロテスタント左派、フェミニズムの立場からのドイツ語からの翻訳が多いが、英語の翻訳も行う。

受賞[編集]

  • 2001年、独日翻訳賞『ラーエル・ファルンハーゲン』
  • 2005年、日本翻訳文化賞(第42回)『アーレント=ヤスパース往復書簡』(全3巻)

訳書[編集]

  • ゲルトルート・ホイザーマン『マリアンネ』学習研究社 1970
  • R.ヒンデルクス=クッチャー『いなずま坊や モーツァルト』学習研究社(世界の伝記) 1972
  • ハンナ・アーレント『全体主義の起原』(2-3)(みすず書房 1972年)(大島通義大久保和郎共訳)
  • フランシス・ホジソン・バーネット秘密の花園』学習研究社 1973
  • ウオルィンスキイ『美の悲劇 ドストエフスキイ『白痴』研究』みすず書房 1974
  • K.メーネルト『モスクワと新左翼』朝日新聞社 1975
  • エンデ『モモ』(岩波書店)1976
  • ウィリアム・シャイラー『ベルリン日記』大久保和郎共訳 筑摩書房 1977
  • D.シェーンボウム『ヒットラーの社会革命 1933~39年のナチ・ドイツにおける階級とステイタス』大島通義共訳 而立書房 1978
  • M.ライフ『ベノとわらうふろおけ』あかね書房 1978
  • ランドフスカ音楽論集』レストウ編 鍋島元子と共訳 みすず書房 1981
  • ライナー・クンツェ『素晴らしい歳月』晶文社 1982
  • E.モルトマン=ヴェンデル『イエスをめぐる女性たち 女性が自分自身になるために』新教出版社 1982
  • エマヌエル・リンゲルブルム『ワルシャワ・ゲットー 捕囚1940-42のノート』入谷敏男共訳 みすず書房 1982
  • H.P.ブロイエル『ナチ・ドイツ清潔な帝国』人文書院 1983
  • R.シュトゥルンク『キリストへの信従 一つの福音的挑発』新教出版社 1984
  • ルート・フォン・マイエンブルク『ホテル・ルックス ある現代史の舞台』晶文社 1985
  • アイザック・ドイッチャー『大粛清・スターリン神話』菊地昌典共訳 TBSブリタニカ 1985年
  • H.コックス『世俗都市の宗教 ポストモダン神学へ向かって』新教出版社 1986
  • J.E.ベーレント『世界は音 ナーダ・ブラフマー』人文書院 1986
  • ウイリアム・シャイラー『第三帝国の終り 続ベルリン日記』筑摩書房 1987
  • ロバート・エーベン・サケット『ミュンヘン・キャバレー・政治 1900-1923』晶文社 1988
  • E.モルトマン=ヴェンデル『乳と蜜の流れる国 フェミニズム神学の展望』新教出版社 1988
  • 『嘘、秘密、沈黙。 アドリエンヌ・リッチ女性論 1966-1978』晶文社 1989
  • 『血、パン、詩。 アドリエンヌ・リッチ女性論 1979-1985』晶文社 1989
  • バーバラ・W.タックマン『世紀末のヨーロッパ 誇り高き塔・第一次大戦前夜』筑摩書房 1990
  • サーラ・スレーリ『肉のない日 あるパキスタンの物語』みすず書房 1992
  • ルース・ハバード、マーガレット・ランダル『赤のかたち 二人の女性の対話』青海恵子共訳 みすず書房 1993
  • マーガレット・アトウッド『浮かびあがる』新水社 1993
  • ジャネット・セイヤーズ『20世紀の女性精神分析家たち』晶文社 1993
  • ノーマ・フィールド『天皇の逝く国で』みすず書房 1994
  • エルジビェータ・エティンガー『アーレントとハイデガー』(みすず書房 1996年)
  • ハンナ・アーレント『ラーエル・ファルンハーゲン―ドイツ・ロマン派のあるユダヤ女性の伝記』(みすず書房 1999年)
  • ノーマ・フィールド『祖母のくに』みすず書房 2000
  • 『アーレント=ハイデガー往復書簡 1925-1975』ウルズラ・ルッツ編 木田元共訳 みすず書房 2003
  • 『アーレント=ヤスパース往復書簡』全3巻 みすず書房 2004
  • ノーマ・フィールド『へんな子じゃないもん』みすず書房 2006
  • ローラ・ハイン『理性ある人びと力ある言葉 大内兵衛グループの思想と行動』岩波書店 2007
  • E・T・A・ホフマン『黄金の壺/マドモワゼル・ド・スキュデリ』光文社古典新訳文庫 2009
  • ローザ・ルクセンブルク『獄中からの手紙 ゾフィー・リープクネヒトへ』編訳 みすず書房(大人の本棚) 2011
  • ハンナ・アーレント著,J・コーン,R・H・フェルドマン編『ユダヤ論集』1-2 みすず書房 2013
  • アンドルー・ゴードン『ミシンと日本の近代 消費者の創出』みすず書房 2013
  • ホフマン『砂男/クレスペル顧問官』光文社古典新訳文庫 2014
  • 『アーレント=ブリュッヒャー往復書簡 1936-1968』ロッテ・ケーラー編 初見基共訳 みすず書房 2014
  • ホフマン『くるり割り人形とねずみの王さま・ブランビラ王女』光文社古典新訳文庫、2015 

その他、童話、絵本の翻訳多数

出典[編集]

  • 日外アソシエーツ現代人物情報