ゲド戦記

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
ゲド戦記
Earthsea
物語の舞台となる多島海(アーキペラゴ)の地図
物語の舞台となる多島海(アーキペラゴ)の地図
著者 アーシュラ・K・ル=グウィン
訳者 清水真砂子
イラスト ルース・ロビンス他
発行日 アメリカ合衆国の旗 1968年-2001年
日本の旗 1976年-2004年
発行元 アメリカ合衆国の旗 パルナッソス出版
アメリカ合衆国の旗 アテネウム・ブックス
アメリカ合衆国の旗 ハーコート出版
日本の旗 岩波書店
ジャンル 児童文学
ファンタジー
アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
言語 英語
Portal.svg ウィキポータル 文学
テンプレートを表示

ゲド戦記』(ゲドせんき、Earthsea)は、アーシュラ・K・ル=グウィンによって英語で書かれ、1968年から2001年にかけて出版されたファンタジー小説。「戦記」と邦訳されているが戦いが主眼の物語ではなく、ゲドが主人公として行動するのも最初の一巻のみである。原題も作品世界を意味する『Earthsea』(アースシー)となっている。全米図書賞児童文学部門、ネビュラ賞長編小説部門ニューベリー賞受賞。

英語圏におけるファンタジー作品の古典として、しばしば『指輪物語』『オズの魔法使い』と並び称される[1][2]。文学者マーガレット・アトウッドは『ハリーポッター』や『氷と炎の歌』など近年流行した幻想小説に影響を与えた作品として、ゲド戦記一巻の『影との戦い』を挙げている[3]

作品一覧[編集]

日本語版は、清水真砂子の訳により、岩波書店から出版されている。岩波少年文庫、ハードカバー、内容は変わらないが、大人向けにデザインを変えた物語コレクション、映画化の際に発行したソフトカバーの4ヴァージョンが発売されている。
「影との戦い」のみ、同時代ライブラリー(現在は終刊)から発売されたことがある。

2007年現在、日本語版の発行部数は200万部[4]

あらすじ[編集]

この世で最初の言葉を話したセゴイによって海中から持ち上げられ創られたと伝えられる、太古の言葉が魔力を発揮する多島海(アーキペラゴ)、アースシーを舞台とした魔法使いゲドの物語。アースシーのうち、主にハード語圏では森羅万象に、神聖文字で表記される「真(まこと)の名前」が存在し、それを知る者はそれを従わせることができる。人は己の真の名をみだりに知られぬように、通り名で呼び合う。主人公を例に採ればゲドが真の名で、ハイタカが通り名である。

影との戦い(A Wizard of Earthsea)[編集]

ゲド(ハイタカ)の少年期から青年期の物語。ゲドは才気溢れる少年だったが、ライバルよりも自分が優れていることを証明しようとして、ロークの学院で禁止されていた術を使い、死者の霊と共に「影」をも呼び出してしまう。ゲドはその影に脅かされ続けるが、師アイハル(オジオン)の助言により自ら影と対峙することを選択する。

こわれた腕環(The Tombs of Atuan)[編集]

アチュアン神殿の大巫女テナー(アルハ)が中心の物語。「名なき者たち」に仕える巫女達によって親から引き離され、名前(自己)を奪われ、地下神殿の闇の中で大巫女として育てられるテナー。そこに、二つに割られ奪われた「エレス・アクベの腕輪」(製)を本来あるべき場所に戻し、世界の均衡を回復しようとする大魔法使いゲドが現れる。少女の自己の回復と魂の解放の物語でもあり、ゲドとテナーの信頼、そして愛情の物語としても読める。

さいはての島へ(The Farthest Shore)[編集]

大賢人となったゲドが登場する。世界の均衡が崩れて魔法使いが次々と力を失う中、エンラッドから急を知らせて来た若き王子レバンネン(アレン)と共にその秩序回復のため、世界の果てまで旅をする。

なお、終焉と世界の変化を暗示する結末から、第4巻が発表されるまでの十数年間、ゲド戦記は「三部作」とされていた。

帰還(Tehanu, The Last Book of Earthsea)[編集]

ゲド壮年期の物語である。ゲドは先の旅で全ての力を失い、大賢人の地位を自ら降りて故郷の島へ帰ってきた。そこで子供たちを産み、未亡人となったテナー(ゴハ)は親に焼き殺されかけた所を危うく救われた少女テハヌー(テルー)と生活していた。ゲドはテナーと生活を始める。ところが元大賢人と元巫女という存在は故郷の一般の魔法使いにとっては目障りでしかなく、3人の「弱き者」たちを容赦なく悪意に満ちた暴力が襲う。魔法の力を失った後に見えて来るアースシーの世界を覆う価値観とは、一体何なのか。それを作者自らが問いかけている作品とも言える。

第3巻と第4巻の間には発表までに長い間隔があり、フェミニズム色の強い第4巻に戸惑う読者も、また高く評価する読者も、少なくないようである。また、第5巻以降は「9.11」(アメリカ同時多発テロ)後の混沌としたアメリカの世界観が如実に表れている。旧版では“―ゲド戦記最後の書―”という副題が付されていた。

アースシーの風(The Other Wind)[編集]

かつてゲドと共に旅をし、アースシーの王となったレバンネン(アレン)や、ゲドの妻となったテナー、その二人の養女となったテハヌー(テルー)が物語の核となっていく。竜や異教徒のカルガド人によって、従来の正義であった「真の名」という魔法の原理への批判が行われ、これまで作り上げられてきたアースシーの世界観を根本から壊していくような物語構造となっている。女の大賢人の可能性や世界の果てにある理想郷、また死生観への再考、長年敵対していたカルガド帝国との和解も暗示。テハヌーと竜との関わりも明らかにされ、確実に物語の中心はゲドからレバンネン、テハヌーの世代へと移り変わってきている。

原題であるThe Other Windに対し、日本語版の題名は「新しい風」の予定だったが「新しいではない」との翻訳者および作者本人の意見を受け現在のものとなった。

ドラゴンフライ アースシーの五つの物語(Tales from Earthsea)[編集]

邦訳から暫くは「ゲド戦記外伝」という題だったが、現在は「ドラゴンフライ アースシーの五つの物語」へ改題されている。

『アースシーの風』以前に発表された中短編5作品と、著者によるアースシー世界についての解説を収録。特に「ドラゴンフライ」は『アースシーの風』と深いかかわりがあり、先に書かれたこちらを読むと理解が早い。

収録作品[編集]

「カワウソ」
ロークの学院開設の功労者にして、初代守りの長、メドラ(カワウソ/アジサシ)の一生を通じて、学院の黎明期を描く。
「ダークローズとダイヤモンド」
エシーリ(ダイヤモンド)とローズの恋物語(ローズの方は真の名が明かされない)。
「地の骨」
アイハル(ダンマリ、のちにオジオン)がヘレス(ダルス)に師事した時と、二人が協力してゴントの大地震を鎮めた時の顛末。
「湿原で」
ロークから逃げ出した魔法使いイリオス(オタク)と、彼を匿った未亡人エマー(メグミ)、そしてイリオスを追ってきた大賢人ゲドの物語。
「ドラゴンフライ」(旧題:トンボ)
『アースシーの風』の重要人物オーム・アイリアン(ドラゴンフライ)の幼年期と青春時代、ロークへの旅と呼び出しの長達との対立、竜への覚醒までを描く。
アースシー解説
アースシーの世界観について、文化や歴史、伝説などの、作者による解説。

その他、アースシー世界を舞台とした作品[編集]

初期短編集「風の十二方位」The Winds Twelve Quarters (1975)のなかに、

「解放の呪文」 "The Word of Unbinding" (1964)
「名前の掟」 "The Rule of Names" (1964)
イェボーが名前を明かされた顛末。後にゲドがこの経緯をもとにイェボーと取引きをした。

がある。

世界観[編集]

人界以外の地域の様子が不明で世界は平面であるとされている、電気や動力が存在せず明かりは裸火や魔法による灯し火のみなど、大航海時代直前のヨーロッパに似る。

地名[編集]

アースシー
物語の舞台である多島海世界。魔法を受け入れる文化を持つハード語圏と、魔法を嫌うカルガド帝国に大まかに分かれ、前者はさらに中央部の多島海(アーキペラゴ)と東西南北の各辺境海域に区分される。
ハブナー島
アースシーにおいて、人間が居住しているものとしては最大の島。多島海の更に中央に所在する。
ハブナー
ハブナー島の、そしてアースシー最大の都市。港町。かつてアースシー全てを支配していた王朝の首都であった。第4巻以降、アースシー王となったレバンネンがここを首都としている。
ローク島
魔法使いを養成する学院が存在する島。アースシー世界の中心で、空位が続いているアースシーの王に代わって、秩序を維持するものとしてアースシーに強い影響力を与えている。悪しきものが近づこうとすると、周囲(厳密にはその船の進路前方)にの防護壁「ロークの風」が自動で築かれる。
ゴント島
北海域に位置する小さな島で、ゲドの故郷。ひなびた田舎だが、アイハルや後に「武勲(いさおし)」が作られるゲドなど、高名な魔法使いを何人も輩出し「ゴントの名産品はヤギと魔法使い」と評される。アースシー北東部のカルガド帝国と隣接し、度々侵攻されている。
エンラッド島
北海域に位置する島で、レバンネンの故郷。

国、組織、団体など[編集]

学院
魔法を正しい方向に導く(白魔術化する)ために設立された学校。男子校。魔法を教授する、守り・様式・手わざ・呼び出し・名付け・薬草・姿かえ・詩・風の9人の「長(おさ)」と大賢人、計10人の賢人によって管理される。アースシーにおける魔法使いとは、学院卒業者のことを指す、云わば学位。「魔法使い」の称号を受けていなければ、いかに優れた技の持ち主でも「まじない師」でしかない。入学に当たっては別の魔法使いから大賢人に宛てた、本人を魔法使いを目指すにふさわしい者とする推薦状親書が必要。守りの長に真の名を名乗らなければ敷地内には入る事さえ出来ない、どんな扉開け・開錠の術も撥ね返す堅い守りが固められている。逆に卒業し出て行く時には守りの長の名を呼ぶ。
『ゲド戦記』が用いた概念の中で最も大きな影響を与えたのは「正しい魔法は学校で学ぶ」というこの制度であり、『ハリーポッター』を筆頭に多くの現代ファンタジー作品が追随した[1]
カルガド帝国
アースシーの東部に位置する小国。ハード語圏とは言語や人種が異なる(ハード語圏の人々は有色、カルガド人は白人)。魔法を嫌い、アチュアンの地に祀られた太古の神を拝む。近隣のハード語圏の島にたびたび侵攻している。
アースシーに住む、人間とは異なる知的生物。人間より賢く、遥かに長命で、多くは人間を見下している。いくつかの例外を除き、人間のような通り名は持たず、真の名だけを持つ。また、彼らの使う言葉は魔法に使われる「真のことば」であり、すなわち全ての竜は魔法を使う。

その他の用語[編集]

真の名
“まことのな”と読む。アースシーにおいて、すべてのものを支配できるもの。砂の一粒、水の一滴まで森羅万象が真の名を持っており、真の名を知っていればそれを操ることができる。学院ではこの全てを覚えることも学業の一環として課される(24時間でページの一覧が消去される魔法仕立ての教科書がある)。魔法使いには真の名を探り出す術をもっているものもおり、ゲドは生まれつき真の名を探り出す術に長けている。
人間の場合、成人の儀式の際に、儀式に立ち会う魔法使いやまじない師の口を借りて知らされる。通常は一生変わることはないが、強い力を持つ魔法使いであれば、(無理やり)新しくつけかえて相手を生まれ変わらせることもできる。また、自分の真の名を相手に知られると、たとえ魔法使いであってもその相手に対しては完全に無防備になる。そのため一般に、よほど信頼できる相手でない限り、真の名を他人に明かすことはない。
魔法
魔法使いの類によってかけられる。魔法をかけるにはまず相手(または物)の真の名を知らなければならない。その上で神聖文字を唱える。すると相手を操り、更にはそのものの本質を変える事さえ出来る。しかし本質を変える事は宇宙の規律を一時的にせよ操作する事でもあり、濫用は厳しく戒められている。神聖文字とは、太古の昔、セゴイが海中から島々を持ち上げアースシーの世界を創った時に使われた「真のことば」であり、ひいては竜のことばでもある。
太古の力
大地が持つ力であり、アースシー創世から存在するとも言われる。カルガド帝国では信仰の対象ともなっており、その中心がアチュアンの墓所である。
太古の力は必ずしも魔法と対立するものではなかったが、ロークの学院設立以降、徐々に蔑まれるようになった。しかし、ローク島自体が本来は太古の力の中心であり、物語中でも、竜のカレシンなどに度々言及されている。

登場人物[編集]

ゲド / ハイタカ(原書ではSparrowhawk
アースシーの魔法使いで大賢人。最後の大賢人で、ゲドが退いた後、大賢人は選出されていない。また竜と交渉出来る者、竜王でもある。若い頃、「影」を呼び出し顔に傷を負う。レバンネンと共に最果ての地に赴き世界の均衡を取り戻すが、魔法の力を失う。
アイハル / オジオン
北海域にあるゲドの故郷・ゴント島の魔法使い。山羊飼いだったゲドに魔法使いの才能を見出し、彼を魔法学院があるローク島に送り出す。
エスタリオル / カラスノエンドウ
ゲドの同期生。東海域のイフィッシュ出身。「影」に襲われ重傷を負い、自分さえ信じられなくなっていたゲドを親友と認め、自らの真の名を明かした。ゲドより先に卒業し、やはり魔法使い(ゲドは事件が原因で留年した)。のち、ゲドと共に「影」との対決に臨む。ケスト(ノコギリソウ)、ウミガラスという妹・弟がいる。ウミガラスの方は真の名は不明。
ヘレス / ダルス
アイハルの師匠。その昔、ゴント大地震が起きた際に、当時第一線の魔法使いだったアイハルと共にゴント山に呼びかけて、被害が出る寸前に揺れを鎮めた。アイハルとゲド、テナー、テハヌーの家の持ち主。
テナー / アルハ、ゴハ
かつてカルガド帝国においてアチュアンの墓地の巫女をしていた女。ゲドの活躍により、巫女アルハ(カルガド語で「喰らわれし者」)からテナーに戻る。 後にアイハルの庇護を受け、テハヌーを引き取る。「腕環のテナー」として、真の名を公にしている数少ない存在。
テハヌー / テルー
幼い頃、両親からの虐待により顔の左半分がケロイドになってしまった少女。人間の親から生まれた竜の化身でカレシンの娘と言われる。
レバンネン / アレン
エンラッドの王子。ゲドと共に最果ての地に赴き、生きて死後の世界から帰り、アースシーの王座に就く。
カレシン
最長老にして竜族の長を務める竜。崩れてしまった世界の均衡を再び正してもらう代わりに、ゲド達を援助する。
アイリアン / ドラゴンフライ(旧訳:トンボ)
オーム・アイリアンとも。テハヌーと同じく、人間の親を持ちながら竜である存在。自分の存在を探求していく過程で、女人禁制が徹底されているロークの学院に例外的に招かれ、己の真の姿を見出す。例外的に真の名を2つ持つ。
イエボー
人間の領地に侵入して住み着き、子供を育てていた竜。普段はペンダーにいる。度々人間の船や居住地を襲っていたが、ゲドに真の名を見破られ、調伏される。人の姿に化けることができるという。
ゲドの外伯母
ゲドの母の姉で彼の生まれた村の女呪術師。早くに母を亡くしたゲドの母代わりでもあり最初の魔法の師匠でもある。高度な教育は受けておらず、魔法を乱用するような傾向はあったものの、大賢人となったゲドが「かなりの強い力」と評する魔法力を持ち、真っ当と思われる術を選んで甥に教授していくなど教育者としての分別も有していた。

映像化作品[編集]

TVシリーズ版[編集]

  • 米SCI FI Channelが、アーシュラ・K・ル・グウィン原作「ゲド戦記」1巻と2巻のストーリーを「Earthsea」のタイトルでTV化(ミニシリーズ)。2004年秋に放送された。ゲドの師、オジオン役にベテラン黒人俳優ダニー・グローヴァーが充てられている[5]。外国では既にDVD化。日本でも「ゲド〜戦いのはじまり〜」として、DVDが2006年8月4日に発売された。日活発売。

アニメ映画版[編集]

スタジオジブリ制作、宮崎吾朗宮崎駿の長男)監督・脚本。東宝配給で2006年7月29日より、長編アニメーション映画として劇場公開された。なお、この映画の副題として用いられている"Tales from Earthsea"は、原作「ゲド戦記外伝」の原題。

第3巻を中心に、他の巻の要素と宮崎駿の短編「シュナの旅」の要素を加えてストーリーを編集した、独自の脚本である。原作者の公式コメント[6]で、原作者の意に反する内容だったことが明らかになり、論議を呼んでいる。

関連事項[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b Craig, Amanda. Classic of the month: A Wizard of Earthsea. The Guardian. September 24, 2003. Accessed November 10, 2014.
  2. ^ A Wizard of Earthsea reader's guide. The Big Read. National Endowment for the Arts.
  3. ^ Atwood, Margaret. Quoted in "Margaret Atwood Chooses ‘A Wizard of Earthsea’". The Wall Street Journal, October 16, 2014. Accessed November 10, 2014.
  4. ^ 110万冊無料配布。“ゲドを読む。”の狙いを読む-宮崎吾朗監督作品「ゲド戦記」DVDのユニークなプロモーション(2ページ目)、日経BP、2007年。閲覧には会員登録(無料)が必要。
  5. ^ 外部リンク:SCIFI.COM Earthsea、およびこのドラマへの原作者ル・グウィンのコメント
  6. ^ 原作者ル=グウィンの公式コメント:Gedo Senki, a First Response 日本語訳:ジブリ映画「ゲド戦記」に対する原作者のコメント全文

外部リンク[編集]