フレデリック・ポール

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
フレデリック・ポール
Frederik George Pohl, Jr.
Frederik Pohl Eaton 2008-05-17.png
フレデリック・ポール、2008年UCR J. Lloyd Eaton Science Fiction Conferenceにて
ペンネーム ジェイムズ・マクレイなど
誕生 (1919-11-26) 1919年11月26日
アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国ニューヨーク州
死没 (2013-09-02) 2013年9月2日(93歳没)
職業 小説家編集者
国籍 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
ジャンル SF
代表作 『マン・プラス』、『ゲイトウエイ』
主な受賞歴 ヒューゴー賞ネビュラ賞ローカス賞
Portal.svg ウィキポータル 文学
テンプレートを表示

フレデリック・ジョージ・ポール・ジュニアFrederik George Pohl, Jr., 1919年11月26日 - 2013年9月2日)は、アメリカ合衆国SF作家編集者ニューヨーク州生まれ。

別名はジェイムズ・マクレイ (James MacCreigh)など多数 。マクレイ名義ではアイザック・アシモフとの共著がある。

少年時代よりファン活動に参加し、19歳で雑誌の編集を任されるなど、SF界との関わりは早かった。ファン団体フューチャリアンズではアシモフ、ウォルハイムらと親交を深める。アシモフの初期短編(特にキャンベルに没にされた作品)を自分の雑誌に多数採用して経済的に支えた他、処女長編『宇宙の小石』もポールが出版社に渡りを付けて出版された物である。

商業誌へのデビュー作は一編の詩で、「アメージング・ストーリーズ」1937年10月号にエルトン・アンドルーズ(Elton Andrews)名義で掲載された。初期の代表作はC・M・コーンブルースとの共作、『宇宙商人』(1953年)。これは、幾つかの大企業に牛耳られた未来社会を描いた長編で、風刺SFの古典となった。

また、1959年から1969年にかけて、SF雑誌「ギャラクシー」および「イフ」の編集に携わり、この間に3度のヒューゴー賞を受賞するほどの名編集者ぶりを発揮している。またこれらの雑誌で、ラリー・ニーヴンキース・ローマーらを育てた。

1976年にサイボーグを扱った『マン・プラス』でネビュラ賞 長編小説部門を受賞。その後も「ニュー・ポール」と称されるほど一新した作品を続出。この時期の代表作としては他に「ヒーチー年代記」が挙げられる。

ポールは数度の結婚経験がある(その相手には、SF作家・評論家のジュディス・メリルも含まれる)。最新の結婚相手はSFファンでありSF研究家協会の一員でもあったエリザベス・アン・ハル。彼女とは、アメリカのSF情報誌『ローカス』1984年5月号に「ベティ・アン[1]へ…たのむ、ぼくと結婚してくれ。フレッド」という広告を載せてプロポーズに成功し、レスター・デル・レイを付き添い人として同年7月に結婚した。

1983年夏に来日。日本SF大会DAICON4にも参加した。2013年9月2日、93歳で死去[2]

作品リスト[編集]

  • 宇宙商人 (The Space Merchants, 1952) :C・M・コーンブルースと共著
  • 22世紀の酔っぱらい (Drunkard's Walk, 1960)
  • 臆病者の未来 (The Age of the Pussyfoot, 1969)
  • マン・プラス (Man Plus, 1976)
  • 仮面戦争 (The Cool War, 1979)
  • JEM (JEM The Making of a Utopia, 1980)
  • 時の果ての世界 (The World at the End of Time, 1990)
  • 異郷の旅人 (Homegoing, 1989)
  • チェルノブイリ (Chernobyl, 1987)
  • 最終定理 (The Last Theorem, 2008) : アーサー・C・クラークと共著
  • 「スター・チャルド」シリーズ(ジャック・ウイリアムスンと共著)
    • 宇宙の珊瑚礁へ (The Reefs of Space, 1963)
    • スター・チャイルド (Starchild, 1965)
    • 新たなる誕生 (Rougue Star, 1969)
  • ヒーチー年代記

ジュブナイル[編集]

  • Undersea Trilogy(ジャック・ウイリアムスンと共著)
    • ジムくんの海てい旅行 (Under Sea Quest, 1954)
    • 深海の恐竜(海底艦隊) (Undersea Fleet, 1956)
    • 海底の地震都市 (Undersea City, 1958)

その他、短編、アンソロジー等多数。未訳作品については英語版(Frederik Pohl)等を参照。

脚注[編集]

  1. ^ ベティ・アンとは、アメリカのSF作家クリス・ネヴィルの代表作、『ベティ・アンよ帰れ』の主人公の名前。
  2. ^ Frederik Pohl (1919-2013) LOCUS online 2013年9月2日