A24 (企業)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
A24
以前の社名
A24 Films (2012-16)
非公開会社
業種 エンターテインメント
設立 2012年8月20日(8年前) (2012-08-20[1]
創業者
  • ダニエル・カッツ
  • デヴィッド・フェンケル
  • ジョン・ホッジス
本社
拠点数
2 (2016年)
主要人物
  • ダニエル・カッツ
  • デヴィッド・フェンケル
サービス
従業員数
11–50[2] (2016年)
部門 A24 Television
ウェブサイト www.a24films.com

A24は、2012年8月20日[3]に設立されたアメリカ合衆国のインディペンデントエンターテインメント企業で、拠点はニューヨークである。映画やテレビ番組の製作、出資、配給を専門としている。

映画業界出身のダニエル・カッツ、デヴィッド・フェンケル、ジョン・ホッジスが映画配給を専門とするA24フィルムズを共同で立ち上げた。A24フィルムズの活動は2013年の『チャールズ・スワン三世の頭ン中』によってまずまずのスタートを切り、同年の終わりにリリースされた『スプリング・ブレイカーズ』により成長を始めた。同社はその後、『ルーム』、『エクス・マキナ』の米配給権および『ウィッチ』の世界配給権獲得で知名度を上げ、より大きく成長した。また、2013年後半にディレクTVシネマ及びAmazonプライムと一部の映画を配給する契約を交わし、2016年には社名を縮めてA24とした。

2019年現在、同社は合計25度のアカデミー賞ノミネートを受けている。2016年アカデミー賞において、『ルーム』が主演女優賞ブリー・ラーソン)、『AMY エイミー』が長編ドキュメンタリー映画賞, 『エクス・マキナ』が視覚効果賞をそれぞれ受賞している。また、2017年のアカデミー賞では『ムーンライト』が作品賞助演男優賞マハーシャラ・アリ)、脚色賞を獲得した。

歴史[編集]

2012年 - 2013年:設立当初[編集]

A24は2012年8月20日にダニエル・カッツ、デヴィッド・フェンケル、ジョン・ホッジスにより設立された。同社の設立以前、カッツはグッゲンハイム・パートナーズ英語版のファイナンス・グループを率いており、またフェンケルはオシロスコープ英語版の社長・共同創業者・パートナー、ホッジスはビッグ・ビーチ英語版の制作・開発部門の責任者だった[3]

「A24」という名前は、カッツがイタリア旅行で高速道路<アウストラーダA24>を運転している時に、会社を設立しようと決心したことに由来する。偶然にも、この高速道路はイタリア映画史上において、ネオリアリストやシュールレアリストの巨匠たちの映画に使われた田園風景の舞台としても有名である。[4]

創業資金はグッゲンハイム・パートナーズより提供された[5]。2012年10月、A24は42ウェストの上級広報担当だったニコレット・エイゼンバーグを宣伝責任者として迎えた[6]

会社は2013年に始まった[7]。初めての劇場公開映画はロマン・コッポラの『チャールズ・スワン三世の頭ン中』であった。2013年には他にサリー・ポッターの『ジンジャーの朝 〜さよなら、わたしが愛した世界』、ハーモニー・コリンの『スプリング・ブレイカーズ』、ソフィア・コッポラの『ブリングリング』、ジェームズ・ポンソルト英語版の『いま、輝くときに』が公開された。

2013年9月、A24はディレクTVシネマと4000万ドルで同社の映画の配信契約を交わし、『複製された男』が初の対象作品となった[8]。同年、A24はAmazonプライムと契約を交わし、A24の配給映画はDVD及びBlu-rayが発売された後にAmazonプライム・ビデオで視聴可能となった[9]

2014年 - 2017年:テレビ部門立ち上げ[編集]

2015年5月、A24はテレビ部門を立ち上げ、USAネットワークのシリーズ『Playing House』の製作やチャニング・テイタムがプロデュースを務める『刑事★コムラッド ~同志に別れを~英語版(仮題:Iron Fisting)』の企画を始めた[10]

2016年1月、サシャ・ロイドが入社し、国際市場での映画・テレビ配給と事業開発の指揮を取ることとなった[11]。会社はバンク・オブ・アメリカJPモルガン・チェースサントラスト・バンクス英語版と契約し、信用枠を5000万ドルから1億2500万ドルに引き上げた[12]。4月、A24は映画『スイス・アーミー・マン』の権利をそれまで持っていた企業とパートナー契約を結んで世界配給権を獲得した[13]。6月、A24はオシロスコープと配給会社のホノラプロダクションと共にBitTorrent Nowに加わった[14]

2017年1月、A24は初の非英語作品となる『Menashe英語版』の米中配給権を獲得した[15]

2018年 - 現在:経営陣の変更、Appleとの提携[編集]

2018年2月20日、A24は 「The A24 Podcast」[16] というポッドキャストを開始した。映画業界のゲスト二人による議論が主な内容であり、主なゲストとしてボー・バーナム英語版ポール・シュレイダーソフィア・コッポラアリア・ショウカットマーティン・スコセッシらが参加した。番組では決められたテーマは無く、ゲストの最近の作品に関することや、その他の分野にまで多岐にわたって議論される。最新のベニー・サフディ英語版ポール・トーマス・アンダーソンによるエピソード(2019年12月23日)を含め16話が公開されている。

2018年3月26日、共同創業者のジョン・ホッジスが同社を去ることを発表した。[17]

2018年11月15日、A24とAppleは複数年にわたる提携を結び、A24がAppleのオリジナル映画を作ることを発表した。この作品が劇場公開されるのか、ストリーミングサービスの「Apple TV+」 専用になるのかは、現時点では不明だ。[18]

フィルモグラフィ[編集]

映画作品(公開日順)[編集]

公開年 日本語題
原題
劇場公開日 興行収入(米ドル)
2013 チャールズ・スワン三世の頭ン中
A Glimpse Inside the Mind of Charles Swan III
2013年2月8日 $210,565[19]
ジンジャーの朝 〜さよなら、わたしが愛した世界
Ginger & Rosa
2013年3月15日 $1.6 million[20]
スプリング・ブレイカーズ
Spring Breakers
$32.1 million[21]
ブリングリング
The Bling Ring
2013年6月14日 $20 million[22]
いま、輝くときに
The Spectacular Now
2013年8月2日 $6.9 million[23]
2014 複製された男
Enemy
2014年3月14日 $3.3 million[24]
アンダー・ザ・スキン 種の捕食
Under the Skin
2014年4月4日 $5.7 million[25]
オン・ザ・ハイウェイ その夜、86分
Locke
2014年4月25日 $5 million[26]
Obvious Child 2014年6月6日 $3 million[27]
奪還者
The Rover
2014年6月13日 $2.5 million[28]
ライフ・アフター・ベス
Life After Beth
2014年8月15日 $274,717[29]
白い沈黙
The Captive
2014年9月5日 $2 million[30]
Mr.タスク
Tusk
2014年9月19日 $1.8 million[31]
ガンズ&ゴールド
Son of a Gun
2014年10月16日 $660,241[32]
リベンジ・オブ・ザ・グリーン・ドラゴン
Revenge of the Green Dragons
2014年10月24日 $107,412[33]
アラサー女子の恋愛事情
Laggies
2014年10月24日 $1.8 million[34]
アメリカン・ドリーマー 理想の代償
A Most Violent Year
2014年12月31日 $5.9 million[35]
2015 ヤング・アダルト・ニューヨーク
While We're Young
2015年3月27日 $21 million[36]
カットバンク
Cut Bank
2015年4月3日 $288,591[37]
エクス・マキナ
Ex Machina
2015年4月10日 $36.6 million[38]
ベアリー・リーサル
Barely Lethal
2015年4月30日 $933,847[39]
スロウ・ウエスト
Slow West
2015年5月20日 $1.2 million[40]
AMY エイミー
Amy
2015年7月3日 $23.7 million[41]
人生はローリングストーン
The End of the Tour
2015年7月31日 $3 million[42]
ダーク・プレイス
Dark Places
2015年8月7日 $5 million[43]
ワイルド・ギャンブル
Mississippi Grind
2015年9月25日 $422,746[44]
ルーム
Room
2015年10月16日 $35.4 million[45]
2016 極悪の流儀
Mojave
2016年1月22日 $8,602[46]
ウィッチ
The Witch
2016年2月19日 $40.4 million[47]
手紙は憶えている
Remember
2016年3月11日 $1.1 million[48]
クリシャ
Krisha
2016年3月18日 $144,822[49]
グリーンルーム
Green Room
2016年4月15日 $3.8 million[50]
サスペクツ・ダイアリー すり替えられた記憶
The Adderall Diaries
$15,364[51]
ロブスター
The Lobster
2016年5月13日 $15 million[52]
デ・パルマ
De Palma
2016年6月10日 $165,237[53]
スイス・アーミー・マン
Swiss Army Man
2016年6月24日 $4.9 million[54]
ロスト・エモーション
Equals
2016年7月15日 $1.3 million[55]
スイッチ・オフ
Into the Forest
2016年7月29日 $92,166[56]
Morris from America 2016年8月19日 $91,151[57]
追憶の森
The Sea of Trees
2016年8月26日 $906,995[58]
American Honey 2016年9月30日 $1.8 million[59]
ムーンライト
Moonlight
2016年10月21日 $42 million[60]
オアシス: スーパーソニック
Oasis: Supersonic
2016年10月26日 $1.4 million[61]
ザ・モンスター
The Monster
2016年11月11日 $74,700[62]
20センチュリー・ウーマン
20th Century Women
2016年12月28日 $7.2 million[63]
2017 アウトサイダーズ
Trespass Against Us
2017年1月20日 $517,197[64]
フェブラリィ -悪霊館-
The Blackcoat's Daughter
2017年3月31日 $38,348[65]
フリー・ファイヤー
Free Fire
2017年4月21日 $2.6 million[66]
ラバーズ・アゲイン
The Lovers
2017年5月5日 $2.2 million[67]
偽りの忠誠 ナチスが愛した女
The Exception
2017年6月2日 $834,572[68]
イット・カムズ・アット・ナイト
It Comes at Night
2017年6月9日 $19.7 million[69]
A GHOST STORY ア・ゴースト・ストーリー
A Ghost Story
2017年7月7日 $1.9 million[70]
Menashe 2017年7月28日 $1.9 million[71]
グッド・タイム
Good Time
2017年8月11日 $3.2 million[72]
Woodshock 2017年9月15日 $43,682[73]
フロリダ・プロジェクト 真夏の魔法
The Florida Project
2017年10月6日 $10.9 million[74]
聖なる鹿殺し キリング・オブ・ア・セイクリッド・ディア
The Killing of a Sacred Deer
2017年10月20日 $7 million[75]
レディ・バード
Lady Bird
2017年11月3日 $78.9 million[76]
ディザスター・アーティスト
The Disaster Artist
2017年12月1日 $29.8 million[77]
ワイルド・ウエスト 復讐のバラード
The Ballad of Lefty Brown
2017年12月15日 $7,856[78]
2018 シドニー・ホールの失踪
The Vanishing of Sidney Hall
2018年3月2日
ラスト・ムービースター
The Last Movie Star
2018年3月30日 $14,410[79]
荒野にて
Lean on Pete
2018年4月6日 $2.4 million[80]
バグダッド・スキャンダル
Backstabbing for Beginners
2018年4月27日 $367,000[81]
魂のゆくえ
First Reformed
2018年5月18日 $3.8 million[82]
パーティで女の子に話しかけるには
How to Talk to Girls at Parties
2018年5月25日 $385,733[83]
ヘレディタリー/継承
Hereditary
2018年6月8日 $80.2 million[84]
Woman Walks Ahead 2018年6月29日 $76,713[85]
エイス・グレード 世界でいちばんクールな私へ
Eighth Grade
2018年7月13日 $14.3 million[86]
HOT SUMMER NIGHTS/ホット・サマー・ナイツ
Hot Summer Nights
2018年7月27日 $246,133[87]
Never Goin' Back 2018年8月3日 $61,271[88]
暁に祈れ
A Prayer Before Dawn
2018年8月10日  $958,883[89]
Slice 2018年9月10日
ザ・チルドレン・アクト
The Chilren Act
2018年9月14日 $17.6 million[90]
Mid90s ミッドナインティーズ
Mid90s
2018年10月19日 $9.3 million[91]
2019 グロリア・ベル
Gloria Bell
2019年3月8日 $11.1 million[92]
ネイティブ・サン 〜アメリカの息子〜
Native Son
2019年4月6日
アンダー・ザ・シルバーレイク
Under the Silver Lake
2019年4月19日 $2 million[93]
The Souvenir 2019年5月17日 $1.7 million[94]
ラストブラックマン・イン・サンフランシスコ
The Last Black Man in San Francisco
2019年6月7日 $4.5 million[95]
ミッドサマー
Midsommar
2019年7月3日 $42.3 million[96]
フェアウェル
The Farewell
2019年7月12日 $22.1 million[97]
SKIN/スキン
Skin
2019年7月26日 $141,396[98]
シェア 私に何が起こったか
Share
2019年7月27日
ディック・ロングはなぜ死んだのか?
The Death of Dick Long
2019年9月27日 $36,856[99]
ザ・ライトハウス
The Lighthouse
2019年10月18日 $17.6 million[100]
ザ・キル・チーム
The Kill Team
2019年10月25日 $372,282[101]
WAVES/ウェイブス
Waves
2019年11月15日 $1.6 million[102]
アンカット・ダイヤモンド
Uncut Gems
2019年12月13日 $50 million[103]

テレビシリーズ(公開順)[編集]

放映年 日本語題
原題
放送日 シーズン数 話数 放送局
2014 Playing House 2014年4月29日 – 2017年7月14日 3 26 USAネットワーク
2015 The Carmichael Show 2015年8月26日 – 2017年8月19日 3 32 NBC
2017 Jerrod Carmichael: 8 2017年3月11日 1 1 HBO
刑事★コムラッド ~同志に別れを~
Comrade Detective
2017年8月4日 1 6 Amazonプライム・ビデオ
2018 2 Dope Queens 2018年2月2日 – 2019年3月1日 2 8 HBO
Random Acts of Flyness 2018年8月4日 – 継続中 1 6
Drew Michael 2018年8月25日 1 1
Pod Save America 2018年10月12日 1 4
2019 I'm Sorry 2019年1月9日 – 継続中 2 20 TruTV
At Home with Amy Sedaris 2019年2月19日 – 継続中 1 10
ラミー 自分探しの旅
Ramy
2019年4月19日 – 継続中 1 10 Hulu
Anthony Jeselnik: Fire in the Maternity Ward 2019年4月30日 1 1 Netflix
ユーフォリア/EUPHORIA
Euphoria
2019年6月16日 – 継続中 1 8 HBO
自白映像ファイル
The Confession Tapes
2019年6月21日 – 継続中 1 4 Netflix
科学捜査のウソ
Exhibit A
2019年6月28日 – 継続中 1 4
Ramy Youssef: Feelings 2019年6月29日 1 1 HBO
フランケンシュタインの怪物の怪物
Frankenstein's Monster's Monster, Frankenstein
2019年7月16日 1 1 Netflix
My Favourite Shapes by Julio Torres 2019年8月10日 1 1 HBO
John Mulaney & the Sack Lunch Bunch 2019年12月24日 1 1 Netflix
2020 Whitmer Thomas: The Golden One 2020年2月22日 1 1 HBO

参考文献[編集]

  1. ^ “A24 OPEN DOORS FOR FILM PRODUCTION, FINANCE, AND PRODUCTION = Movie City News”. Movie City News. (2012年8月20日). http://moviecitynews.com/2012/08/a24-opens-doors-for-film-distribution-finance-and-production/ 2016年7月30日閲覧。 
  2. ^ A24”. LinkedIn. 2016年6月29日閲覧。
  3. ^ a b McNary, Dave (2012年8月20日). “Katz, Fenkel, Hodges launch A24”. Variety. http://variety.com/2012/film/news/katz-fenkel-hodges-launch-a24-1118058061/ 2016年7月30日閲覧。 
  4. ^ Baron, Zach. “Hollywood, Disrupted: Inside the Scrappy Film Company that Made “Moonlight” and “The Witch”” (英語). GQ. 2020年3月12日閲覧。
  5. ^ Dqster, Adam (2016年1月11日). “Upstart Distributor A24 Is Making Indie Films Exciting Again”. Fast Company. http://www.fastcompany.com/3054918/upstart-distributor-a24-is-making-indie-films-exciting-again 2016年8月2日閲覧。 
  6. ^ Kilday, Gregg (2012年10月3日). “Nicolette Aizenberg Joins A24 As Head Of Publicity”. 2016年8月2日閲覧。
  7. ^ Lee, Chris (2013年6月14日). “A24: the brains behind 'The Bling Ring' zing”. Los Angeles Times. 2017年6月12日閲覧。
  8. ^ Spangler, Todd (2013年9月30日). “DirecTV Pacts with Indie Film House A24 for Early-Release VOD Titles”. Variety.com. 2016年1月12日閲覧。
  9. ^ Lewis, Hilary (2013年11月21日). “Amazon Prime, A24 Announce Exclusive Multi-Year Streaming Deal”. The Hollywood Reporter. 2016年5月17日閲覧。
  10. ^ Rose, Lacey (2015年5月12日). “'Ex Machina' Studio A24 Launching TV Division With Channing Tatum-Produced Comedy, Asia-Set Action Show (Exclusive)”. The Hollywood Reporter. 2017年6月12日閲覧。
  11. ^ Busch, Anita (2016年1月12日). “Sasha Lloyd Takes Top International Post At A24”. Deadline.com. 2016年1月12日閲覧。
  12. ^ Lieberman, David (2016年2月23日). “A24 Says It Will Boost Film And TV Operations With Raise In Bank Credit Line”. Deadline. http://deadline.com/2016/02/a24-boost-film-tv-operations-increase-bank-credit-line-1201707778/ 2017年2月28日閲覧。 
  13. ^ Tartaglione, Nancy (2016年4月5日). “A24 To Handle ‘Swiss Army Man’ Global Release In Company's First World Rights Move; New U.S. Release Date – Update”. Deadline.com. 2016年8月1日閲覧。
  14. ^ McNary, Dave (2016年6月23日). “A24, Oscilliscope, Honora Join New BitTorrent Now Program”. Variety. 2016年8月1日閲覧。
  15. ^ Fleming Jr, Mike (2017年1月31日). “A24 Lands Sundance Film ‘Menashe;’ First Foreign Language Film For ‘Moonlight’ Distributor”. Deadline.com. http://deadline.com/2017/01/menashe-a24-yiddish-language-film-sundance-film-festival-joshua-weinstein-1201898585/ 2017年2月28日閲覧。 
  16. ^ Notes” (英語). a24films.com. 2020年3月12日閲覧。
  17. ^ N'Duka, Amanda (2018年3月26日). “A24 Founder John Hodges To Part Ways With The Company” (英語). Deadline. 2020年3月12日閲覧。
  18. ^ Lang, Brent (2018年11月15日). “Apple Taps A24 to Produce Slate of Films” (英語). Variety. 2020年3月12日閲覧。
  19. ^ A Glimpse Inside the Mind of Charles Swan III”. Box Office Mojo. 2016年5月5日閲覧。
  20. ^ Ginger & Rosa”. Box Office Mojo. 2016年5月5日閲覧。
  21. ^ Spring Breakers - Box Office Mojo(英語)
  22. ^ The Bling Ring”. Box Office Mojo. 2020年3月12日閲覧。
  23. ^ The Spectacular Now”. Box Office Mojo. 2020年3月12日閲覧。
  24. ^ Enemy - Box Office Mojo(英語)
  25. ^ Under the Skin”. Box Office Mojo. 2020年3月12日閲覧。
  26. ^ Locke - Box Office Mojo(英語)
  27. ^ Obvious Child - Box Office Mojo(英語)
  28. ^ The Rover”. Box Office Mojo. 2020年3月12日閲覧。
  29. ^ Life After Beth”. Box Office Mojo. 2020年3月12日閲覧。
  30. ^ The Captive”. Box Office Mojo. 2020年3月12日閲覧。
  31. ^ Tusk - Box Office Mojo(英語)
  32. ^ Son of a Gun”. Box Office Mojo. 2020年3月12日閲覧。
  33. ^ Revenge of the Green Dragons”. Box Office Mojo. 2020年3月12日閲覧。
  34. ^ Laggies - Box Office Mojo(英語)
  35. ^ A Most Violent Year - Box Office Mojo(英語)
  36. ^ While We're Young”. Box Office Mojo. 2020年3月12日閲覧。
  37. ^ Cut Bank”. Box Office Mojo. 2020年3月12日閲覧。
  38. ^ Ex Machina - Box Office Mojo(英語)
  39. ^ Barely Lethal”. Box Office Mojo. 2020年3月12日閲覧。
  40. ^ Slow West”. Box Office Mojo. 2020年3月12日閲覧。
  41. ^ Amy”. Box Office Mojo. 2020年3月12日閲覧。
  42. ^ The End of the Tour”. Box Office Mojo. 2020年3月12日閲覧。
  43. ^ Dark Places”. Box Office Mojo. 2020年3月12日閲覧。
  44. ^ Mississippi Grind”. Box Office Mojo. 2020年3月12日閲覧。
  45. ^ Room”. Box Office Mojo. 2020年3月12日閲覧。
  46. ^ Mojave - Box Office Mojo(英語)
  47. ^ The Witch - Box Office Mojo(英語)
  48. ^ Remember - Box Office Mojo(英語)
  49. ^ Krisha - Box Office Mojo(英語)
  50. ^ Green Room - Box Office Mojo(英語)
  51. ^ The Adderall Diaries”. Box Office Mojo. 2020年3月12日閲覧。
  52. ^ The Lobster (2016)”. The Numbers. 2016年6月6日閲覧。
  53. ^ De Palma - Box Office Mojo(英語)
  54. ^ Swiss Army Man - Box Office Mojo(英語)
  55. ^ Equals (2016)”. The Numbers. 2016年12月20日閲覧。
  56. ^ Into the Forest”. Box Office Mojo. 2020年3月12日閲覧。
  57. ^ Morris from America - Box Office Mojo(英語)
  58. ^ The Sea of Trees”. Box Office Mojo. 2020年3月12日閲覧。
  59. ^ American Honey - Box Office Mojo(英語)
  60. ^ Moonlight - Box Office Mojo(英語)
  61. ^ Oasis: Supersonic - Box Office Mojo(英語)
  62. ^ The Monster”. Box Office Mojo. 2020年3月12日閲覧。
  63. ^ 20th Century Women”. Box Office Mojo. 2020年3月12日閲覧。
  64. ^ Trespass Against Us”. Box Office Mojo. 2020年3月12日閲覧。
  65. ^ The Blackcoat's Daughter”. Box Office Mojo. 2020年3月12日閲覧。
  66. ^ Free Fire”. Box Office Mojo. 2020年3月12日閲覧。
  67. ^ The Lovers”. Box Office Mojo. 2020年3月12日閲覧。
  68. ^ The Exception”. Box Office Mojo. 2020年3月12日閲覧。
  69. ^ It Comes At Night”. Box Office Mojo. 2020年3月12日閲覧。
  70. ^ A Ghost Story”. Box Office Mojo. 2020年3月12日閲覧。
  71. ^ Menashe”. Box Office Mojo. 2020年3月12日閲覧。
  72. ^ Good Time”. Box Office Mojo. 2020年3月12日閲覧。
  73. ^ Woodshock”. Box Office Mojo. 2020年3月12日閲覧。
  74. ^ The Florida Project”. Box Office Mojo. 2020年3月12日閲覧。
  75. ^ The Killing of a Sacred Deer”. Box Office Mojo. 2020年3月12日閲覧。
  76. ^ Lady Bird”. Box Office Mojo. 2020年3月12日閲覧。
  77. ^ The Disaster Artist”. Box Office Mojo. 2020年3月12日閲覧。
  78. ^ The Ballad of Lefty Brown (2017)”. The Numbers. 2019年9月21日閲覧。
  79. ^ The Last Movie Star”. Box Office Mojo. 2020年2月25日閲覧。
  80. ^ Lean on Pete”. Box Office Mojo. 2020年3月12日閲覧。
  81. ^ Backstabbing for Beginners”. Box Office Mojo. 2020年3月12日閲覧。
  82. ^ First Reformed”. Box Office Mojo. 2020年3月12日閲覧。
  83. ^ How To Talk To Girls at Parties”. Box Office Mojo. 2020年3月12日閲覧。
  84. ^ Hereditary”. Box Office Mojo. 2020年3月12日閲覧。
  85. ^ Woman Walks Ahead”. Box Office Mojo. 2020年2月25日閲覧。
  86. ^ Eighth Grade”. Box Office Mojo. 2020年3月12日閲覧。
  87. ^ Hot Summer Nights”. Box Office Mojo. 2020年3月12日閲覧。
  88. ^ Never Goin' Back”. Box Office Mojo. 2020年3月12日閲覧。
  89. ^ A Prayer Before Dawn”. Box Office Mojo. 2020年3月12日閲覧。
  90. ^ The Children Act”. Box Office Mojo. 2020年3月12日閲覧。
  91. ^ Mid90s”. Box Office Mojo. 2020年2月25日閲覧。
  92. ^ Gloria Bell”. Box Office Mojo. 2020年2月25日閲覧。
  93. ^ Under the Silver Lake”. Box Office Mojo. 2020年3月12日閲覧。
  94. ^ The Souvenir”. Box Office Mojo. 2020年2月25日閲覧。
  95. ^ The Last Black Man in San Francisco”. Box Office Mojo. 2020年2月25日閲覧。
  96. ^ Midsommar”. Box Office Mojo. 2020年2月25日閲覧。
  97. ^ The Farewell”. Box Office Mojo. 2020年2月25日閲覧。
  98. ^ Skin”. Box Office Mojo. 2020年3月12日閲覧。
  99. ^ The Death of Dick Long”. Box Office Mojo. 2020年2月25日閲覧。
  100. ^ The Lighthouse”. Box Office Mojo. 2020年2月25日閲覧。
  101. ^ The Kill Team (2019) - Financial Information”. The Numbers. 2020年2月25日閲覧。
  102. ^ Waves (2019) - Financial Information”. The Numbers. 2020年2月25日閲覧。
  103. ^ Uncut Gems”. Box Office Mojo. 2020年3月12日閲覧。

外部リンク[編集]