手紙は憶えている

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
手紙は憶えている
Remember
監督 アトム・エゴヤン
脚本 ベンジャミン・オーガスト英語版
製作 ロバート・ラントス英語版
アリ・ラントス
製作総指揮 マーク・マセルマン
アナント・シン
モイセス・コジオ
マイケル・ポーター
ジェフ・サガンスキー
D・マット・ゲラー
ローレンス・ガターマン
出演者 クリストファー・プラマー
ブルーノ・ガンツ
ユルゲン・プロホノフ
ハインツ・リーフェン英語版
ヘンリー・ツェニー
ディーン・ノリス
マーティン・ランドー
音楽 マイケル・ダナ
撮影 ポール・サロシー英語版
編集 クリストファー・ドナルドソン
配給 カナダの旗 エンターテインメント・ワン英語版
日本の旗 アスミック・エース
公開 2015年9月10日ベネチア国際映画祭
カナダの旗 2015年10月23日
ドイツの旗 2015年12月31日
日本の旗 2016年10月28日[1][2]
上映時間 95分
製作国 カナダの旗 カナダ
ドイツの旗 ドイツ[3]
言語 英語ドイツ語
製作費 CAD 13,000,000[4][5]
興行収入 世界の旗 $1,986,615[6]
日本の旗 4500万円[7]
テンプレートを表示

手紙は憶えている』(てがみはおぼえている、原題: Remember)は、2015年製作のカナダドイツ映画ホロコーストを題材にしたサスペンス映画アトム・エゴヤン監督。

あらすじ[編集]

ゼヴは今年90歳で、ニューヨークの介護施設で暮らしている。最近は認知症が進行し、最愛の妻、ルースが死んだことさえ忘れてしまうようになっていた。
ある日、ゼヴは友人のマックスから1通の手紙を託される。2人はアウシュビッツ収容所からの生還者で、ナチスに大切な家族を殺されていた。その手紙には2人の家族を殺したナチスの兵士に関する情報が記されていた。その兵士の名はオットー・ヴァリッシュといい、現在は"ルディ・コランダー"という偽名を使って暮らしているという。コランダーと名乗る人物は4人にまで絞り込まれていた。
体が不自由なマックスに代わりゼヴは復讐を決意、1通の手紙とかすかな記憶だけを頼りに、単身オットー・ヴァリッシュを探しに旅に出る。
手紙の指示通りに、まず鉄道でクリーブランドに向かう。

キャスト[編集]

※括弧内は日本語吹替

制作[編集]

脚本のベンジャミン・オーガスト英語版1979年生まれ)は、ニュージャージー州リビングストン出身のユダヤ人。近年、年配の俳優の作品が少ないと感じて、高齢者中心の脚本をカナダのプロデューサー、ロバート・ラントス英語版に送った。

2014年4月30日にアトム・エゴヤン監督と発表され、撮影は2014年7月14日に始まった。

脚注[編集]

外部リンク[編集]