グリーンルーム

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
グリーンルーム
Green Room
監督 ジェレミー・ソルニエ
脚本 ジェレミー・ソルニエ
製作 ニール・コップ
アニシュ・サヴィアーニ
ヴィクター・モイヤーズ
製作総指揮 ガブリエル・ハモンド
ダニエル・ハモンド
ヴィンセント・サヴィーノ
出演者 アントン・イェルチン
イモージェン・プーツ
パトリック・スチュワート
音楽 ブルック・ブレア
ウィル・ブレア
撮影 ショーン・ポーター
編集 ジュリア・ブロッシュ
配給 日本の旗 トランスフォーマー
公開 アメリカ合衆国の旗 2016年4月29日
日本の旗 2017年2月11日[1][2]
上映時間 95分[3]
製作国 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
言語 英語
製作費 $5,000,000[4]
興行収入 アメリカ合衆国の旗 $3,220,371[5]
テンプレートを表示

グリーンルーム』(原題:Green Room)は、2015年制作のアメリカ合衆国スリラー映画

タイトルのグリーンルームとは「楽屋」の意味。アントン・イェルチン主演。

あらすじ[編集]

パット率いるパンクバンド「エイント・ライツ」は、車のガソリン代にも事欠くほどの極貧ツアーで各地を旅していた。

そんなある日、彼らに久々にライブハウスでの公演が決まる。意気揚々とライブを始める「エイント・ライツ」であったが、観客はゴロツキばかりという不穏な雰囲気であった。

それでも何とか無事に演奏を終えて楽屋に戻ると、そこには一体の死体が転がっていた。すぐさま逃げ出そうとするパット達だったが、スキンヘッドの従業員たちによって楽屋に閉じ込められてしまう。

実は、このライブハウスはネオナチの巣窟だった。そこへ現れたライブハウスのオーナーであり、ネオナチのリーダーであるダーシーは、部下にパット達の抹殺を命じる。

パット達は一緒に閉じ込められた少女アンバーと力を合わせ、アイデアと反骨精神を武器に極悪非道なネオナチ軍団に立ち向かう。

キャスト[編集]

脚注[編集]

外部リンク[編集]