エブリシング・エブリウェア・オール・アット・ワンス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
エブリシング・エブリウェア・オール・アット・ワンス
Everything Everywhere All at Once
監督 ダニエル・クワン
ダニエル・シャイナート
脚本 ダニエル・クワン
ダニエル・シャイナート
製作 アンソニー・ルッソ
ジョー・ルッソ

マイク・ラロッカ英語版
ダニエル・クワン
ダニエル・シャイナート
ジョナサン・ワン
ピーター・タム・リー
出演者 ミシェル・ヨー
キー・ホイ・クァン
ステファニー・スー
ジェニー・スレイト
ハリー・シャム・ジュニア
ジェームズ・ホン
ジェイミー・リー・カーティス
音楽 サン・ラックス
撮影 ラーキン・サイプル英語版
編集 ポール・ロジャーズ
製作会社 IACフィルムズ英語版
AGBO
イヤー・オブ・ザ・ラット
レイ・ライン・エンターテインメント
配給 アメリカ合衆国の旗 A24
日本の旗 ギャガ
公開 アメリカ合衆国の旗 2022年3月11日SXSW映画祭)
アメリカ合衆国の旗 2022年3月25日
日本の旗 2023年3月3日
上映時間 140分
製作国 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
言語 英語
官話
広東語
興行収入 アメリカ合衆国の旗 $77,191,785[1]
世界の旗 $143,379,294[1]
テンプレートを表示

エブリシング・エブリウェア・オール・アット・ワンス』(原題: Everything Everywhere All at Once; 和訳: 「同時に至るところに全て」)は、2022年製作アメリカ合衆国SF映画ダニエル・クワンとダニエル・シャイナートが脚本・監督を担当した。出演はミシェル・ヨーキー・ホイ・クァンステファニー・スージェニー・スレイトハリー・シャム・ジュニアジェームズ・ホンジェイミー・リー・カーティス

2022年3月11日に開催されたサウス・バイ・サウスウエスト映画祭のオープニングを飾った[2]日本での略称は「エブエブ[3]

2023年3月12日ロサンゼルス近郊のハリウッドで開催された第95回アカデミー賞において、作品賞監督賞主演女優賞など7部門を受賞した[4]

あらすじ[編集]

コインランドリーや家族の問題と、トラブルを抱えるエヴリン。ある日、夫に乗り移った「別の宇宙の夫」から全宇宙の命運を託されてしまう。そして彼女はマルチバースに飛び込み、カンフーの達人の「別の宇宙のエヴリン」の力を得て、マルチバースの脅威ジョブ・トゥパキと戦うこととなる。

キャスト[編集]

エヴリン・ワン・クワン
演 - ミシェル・ヨー
吹替 - 塩田朋子[5]
コインランドリーを経営する女性。マルチバースの他のバースでは、カンフーの達人、歌手、シェフなど、様々なバージョンの彼女が存在する。
映画本編では明言されていないが、注意欠陥・多動性障害(ADHD)を患っているという設定になっている[6][7]
劇中では広東語(ネイティブ)、マンダリン(官話)、英語を話す。
ジョイ・ワン / ジョブ・トゥパキ
演 - ステファニー・スー
吹替 - 種﨑敦美[5]
エヴリンとウェイモンドの娘。エヴリンからはいつも「太り過ぎ」と注意を受けている。他のバースにおいて、マルチバースへの脅威となるジョブ・トゥパキとして行動を起こしている。
劇中では英語を話す。
ウェイモンド・ワン
演 - キー・ホイ・クァン
吹替 - 水島裕[5]
エヴリンの夫。エヴリンとは過去、駆け落ちして結婚した。間が抜けたところがあるが、善良で優しい人物。IRSを訪れた際に、「別の宇宙の夫」を名乗り、エヴリンを導く。
劇中ではマンダリン(ネイティブ)、英語を話す。
ゴンゴン
演 - ジェームズ・ホン
吹替 - 佐々木睦[5]
エヴリンの厳しい父親。高齢により車椅子で移動している。
劇中では広東語を話す。なおゴンゴンは漢字で書けば「公公」で、広東語で母方の祖父の意味。
ディアドラ・ボーベアドラ
演 - ジェイミー・リー・カーティス
吹替 - 幸田直子[5]
IRSの監察官。不正を見抜くことが評価され、いくつも表彰されている。別のバースでは、エヴリンとパートナーになっている。
ベッキー・スリガー
演 - タリー・メデル
ジョイのガールフレンド。ゴンゴンの世話を買って出る。
デビー・ザ・ドッグ・マム / ビッグ・ノーズ
演 - ジェニー・スレイト
コインランドリーの顧客。
キャラクターの元の名前(「ビッグ・ノーズ」)は、ユダヤ人のステレオタイプ英語版との関連性から、デジタルリリース時に変更された[8]
チャド
演 - ハリー・シャム・ジュニア
吹替 - 武内駿輔[5]
別のバースでエヴリンと一緒に働く鉄板焼きシェフ。優秀なシェフだが、その器用さには秘密がある。

製作[編集]

ダニエル・クワンとダニエル・シャイナートによる「異次元間アクション映画」にミシェル・ヨーオークワフィナが出演し、アンソニーとジョー・ルッソが製作を担当することが2018年8月に発表された[9]

当初、この脚本はジャッキー・チェンが主演を務めることを想定して書かれていたものだったが、ヨーに変更したため、内容が大幅に書き換えられることになった[10]

本作は、2019年3月に税額控除を受け、カリフォルニア州で撮影することになった[11]。同年9月には、クワンとシャイナートが、本作の製作に対してゴーサインを待っている状態だと述べた[12]

しかし、オークワフィナは2020年1月にスケジュールの都合でプロジェクトから外れた。ステファニー・スージェームズ・ホンキー・ホイ・クァンジェイミー・リー・カーティスがキャストに追加され、オークワフィナの代わりにスーが出演することになった。撮影は2020年1月に始まり、A24が本作の配給権を獲得した[13]

監督のダニエルズは「湯浅政明今敏宮崎駿などといった、日本のアニメ監督からインスピレーションを受けて作った」とコメントしている。また、SF映画『2001年宇宙の旅』や香港映画花様年華』、ディズニーピクサー)映画『レミーのおいしいレストラン』など、複数の著名映画作品のパロディシーンも登場している[14][15]

公開[編集]

日本[編集]

日本では第95回アカデミー賞発表の9日前となる2023年3月3日に公開された[16]

日本国内でのソフトレンタル・販売についてはデジタル配信が先行する形で2023年5月3日からU-NEXTでレンタル配信を開始した[17]Blu-rayDVDなどは同年9月6日に発売予定で日本語吹替版も収録することを同年6月に発表した[5][18]

定額制動画配信サービスでは2023年9月3日からNetflixにて独占配信することが同年8月に発表された[19]

上映禁止[編集]

同性愛の場面があることから、イスラム教で同性愛が禁忌とされている中東の一部では上映が禁止された[20]

評価[編集]

第95回アカデミー賞で11部門でノミネートされ、アジア人女性初の主演女優賞をはじめ、作品賞、監督賞、助演男優賞助演女優賞脚本賞編集賞の計7部門で受賞した(演技部門における三冠達成は、1951年の『欲望という名の電車』と1976年の『ネットワーク』に次いで、3度目となる)[4]。『ロード・オブ・ザ・リング/王の帰還』(2003年)を上回り、史上最も多くの賞を獲得した映画となった[21]。また、アカデミー作品賞を受賞した初めてのSF映画でもある[22]

配給のA24は、映画で使われた衣装や小道具をチャリティーとしてオークションに出品し、収益の全額がランドリーワーカー支援団体、アジア系のためのメンタルヘルス・プロジェクト、そしてトランスジェンダー支援団体に寄付された[23]。また、日系アメリカ人シャーリー・クラタがデザインした一部の衣装は映画芸術科学アカデミーのコレクションとして収蔵されたことが2023年6月に報じられた[24]

2023年5月、本作で主演を務めたミシェル・ヨーは同月開催のカンヌ国際映画祭に合わせて行われたエンターテイメント専門誌『バラエティ』との単独インタビューにおいて、続編を製作することについて、「同じことをやるだけ」として、否定している[25]

脚注[編集]

出典[編集]

  1. ^ a b Everything Everywhere All at Once” (英語). Box Office Mojo. 2023年12月7日閲覧。
  2. ^ Grobar, Matt (2021年12月8日). "'Everything Everywhere All At Once': SXSW Sets Daniel Kwan and Daniel Scheinert's A24 Pic As Opening Night Film". Deadline (アメリカ英語). 2021年12月8日閲覧
  3. ^ "映画『エブリシング・エブリウェア・オール・アット・ワンス』公式". 2023年2月11日閲覧
  4. ^ a b "米 アカデミー賞 ミシェル・ヨーさんが主演女優賞 アジア系初". NHKニュース. 日本放送協会. 2023年3月14日. 2023年3月15日閲覧
  5. ^ a b c d e f g 映画『エブリシング・エブリウェア・オール・アット・ワンス』公式 [@eeaaojp] (2023年6月16日). "#映画エブエブ4KUHD&BD&DVD収録の日本語吹替版キャストが決定". X(旧Twitter)より2023年6月16日閲覧
  6. ^ Oba, Mina (2023年3月3日). "『エブエブ』監督ダニエル・クワン、映画制作がきっかけでADHDと診断". Vogue Japan. 2023年3月14日閲覧
  7. ^ 篠儀直子 (2023年3月13日). "第95回アカデミー賞で最多7冠! 『エブリシング・エブリウェア・オール・アット・ワンス』という名の、めくるめくジェットコースター・ライドが始まる!". GQ JAPAN. 2023年3月14日閲覧
  8. ^ "Everything Everywhere All at Once Will Fix Problematic Credit" (英語). 2023年2月11日閲覧
  9. ^ Galluppo, Mia (2018年8月30日). "Michelle Yeoh, Awkwafina in Talks for Film From 'Swiss Army Man' Directors". The Hollywood Reporter (アメリカ英語). 2023年10月23日閲覧
  10. ^ "『エブエブ』もともとはジャッキー・チェンのために書かれた脚本だった!キャスティング秘話". シネマトゥデイ. 2023年3月3日. 2023年3月15日閲覧
  11. ^ Patten, Dominic (2019年4月2日). "Leonardo DiCaprio EP'd 'Akira' Among Winners In Latest Cali Tax Credits Round". Deadline (アメリカ英語). 2023年10月23日閲覧
  12. ^ Kohn, Eric (2019年9月25日). "Why 'Swiss Army Man' Directors Passed on 'Deadpool 2'". IndieWire (英語). 2023年10月23日閲覧
  13. ^ Fleming Jr, Mike (2020年1月22日). "A24 Reunites With The Daniels, AGBO's Everything Everywhere All At Once". Deadline (アメリカ英語). 2023年10月23日閲覧
  14. ^ 小西菜穂 (2023年2月24日). "オスカー有力候補から感じるクレしんテイストに全米がハマった 「エブエブ」ネット民大ウケの"指ソーセージ"バースが解禁". ねとらぼ. 2023年5月7日閲覧
  15. ^ 庄村聡泰 (2023年3月11日). "『エブエブ』どんだけ文字に起こしてもこの怪作珍品は観なきゃ全くわからん". 日刊サイゾー. 2023年5月7日閲覧
  16. ^ "ついに公開!『エブエブ』無限ミシェル・ヨーが楽しめる<爆速"マルチバース"スロット映像>に唖然呆然". BANGER!!!(バンガー). 2023年3月5日. 2023年5月1日閲覧
  17. ^ "『エブリシング・エブリウェア・オール・アット・ワンス』U-NEXTで独占配信決定、ゴールデンウィーク中に登場へ". THE RIVER. 2023年5月1日. 2023年5月1日閲覧
  18. ^ "「エブエブ」ソフト化、ギャガストアでは大島依提亜デザインのTシャツ同梱". 映画ナタリー. ナターシャ. 2023年6月2日. 2023年6月3日閲覧
  19. ^ "『エブリシング・エブリウェア・オール・アット・ワンス』9月3日Netflix配信開始". THE RIVER. 2023年8月25日. 2023年8月25日閲覧
  20. ^ "大ヒットの映画『バービー』、一部の国では物議 その言い分は?". Forbes JAPAN 公式サイト(フォーブス ジャパン). 2023年8月19日. p. 1. 2023年8月21日閲覧
  21. ^ Michaela Zee (2023年3月10日). "『エブリシング・エブリウェア・オール・アット・ワンス』が『ロード・オブ・ザ・リング/王の帰還』を上回り、史上最も多くの賞を獲得した映画に". IGN Japan. 2023年3月13日閲覧
  22. ^ Takimoto, Daisuke, ed. (2023年3月14日). "映画賞のレースを席巻、『エブリシング・エブリウェア・オール・アット・ワンス』の快挙が示していること". WIRED.jp. コンデナスト・ジャパン. 2023年3月18日閲覧
  23. ^ "『エブエブ』は歴史を、社会を変えた。「マイノリティのストーリー」が持つ力". あしたメディア by BIGLOBE. 2023年4月10日. 2023年4月11日閲覧
  24. ^ "「E.T.」コンセプト画や「エブエブ」衣装、米映画芸術科学アカデミーのコレクション入り". 映画.com. 2023年6月26日. 2023年7月28日閲覧
  25. ^ Wagmeister, Elizabeth; Sharf, Zack (2023年5月21日). "Michelle Yeoh Says 'There's No Sequel' to 'Everything Everywhere' — And She's Finally Getting Scripts That Don't Ask For 'Asian-Looking Person'". Variety (英語). 2023年5月28日閲覧

関連項目[編集]

外部リンク[編集]