ポール・シュレイダー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
ポール・シュレイダー
Paul Schrader
Paul Schrader
2018年
生年月日 (1946-07-22) 1946年7月22日(75歳)
出生地 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国 ミシガン州グランドラピッズ
配偶者 メアリー・ベス・ハート (1983-)
著名な家族 レナード・シュレイダー (兄)
主な作品
監督
ミシマ:ア・ライフ・イン・フォー・チャプターズ
白い刻印
魂のゆくえ
脚本
ザ・ヤクザ
タクシードライバー
レイジング・ブル
モスキート・コースト
最後の誘惑
 
受賞
カンヌ国際映画祭
芸術貢献賞
1985年ミシマ:ア・ライフ・イン・フォー・チャプターズ
ニューヨーク映画批評家協会賞
脚本賞
2018年魂のゆくえ
放送映画批評家協会賞
オリジナル脚本賞
2018年『魂のゆくえ』
AFI賞
フランクリン・J・シャフナー賞
2005年 並外れた創造的才能と芸術的業績を称えて
その他の賞
備考
第57回ベルリン国際映画祭 審査委員長(2007年)
テンプレートを表示

ポール・シュレイダー(Paul Schrader、1946年7月22日 - )は、アメリカ合衆国脚本家映画監督ミシガン州出身。小津安二郎三島由紀夫などに影響を受けるなど、大の親日家として知られ、知的な作風が特徴。ドイツ系アメリカ人およびオランダ系の血を引く。

兄のレナード・シュレイダーも脚本家。妻は女優メアリー・ベス・ハート

経歴[編集]

極めて厳格なカルヴィン主義者の家庭に生まれ育ったため、生まれてからの長い間、映画を観ることを禁止された[1]。18歳の時に初めて観た映画に感化されて以降、映画にのめり込む[1]コロンビア大学UCLAで映画を専攻、小津安二郎ロベール・ブレッソンカール・テオドア・ドライヤーなどの映画に傾倒する[1]。映画評論家として活動後、1974年の映画『ザ・ヤクザ』で脚本家デビューする。続いて脚本を担当したマーティン・スコセッシ監督の『タクシードライバー』で評価が高まり、『ブルーカラー/怒りのはみだし労働者ども』以降映画監督としても多数の作品に参加している。特に1985年の映画『ミシマ:ア・ライフ・イン・フォー・チャプターズ』(日本未公開)では、カンヌ国際映画祭最優秀芸術貢献賞を受賞し、高い評価を得ている。

フィルモグラフィー[編集]

出演作品[編集]

出典[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ a b c 『アート系映画徹底攻略/CineLesson 2』 フィルムアート社 1998年

外部リンク[編集]