第79回ヴェネツィア国際映画祭

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
第79回ヴェネツィア国際映画祭
オープニングホワイト・ノイズ
クロージングThe Hanging Sun
会場 イタリアの旗 イタリア ヴェネツィア
創設 1932年
賞名 金獅子賞 - 『All the Beauty and the Bloodshed[1]
主催者 ロシオ・ムニョス・モラレス英語版[2]
期間 2022年8月31日 - 9月10日
ウェブサイト labiennale.org/en/cinema
ヴェネツィア国際映画祭開催史

第79回ヴェネツィア国際映画祭は2022年8月31日から9月10日まで開催される[3] 。コンペティション部門の審査委員長はアメリカの女優であるジュリアン・ムーアが務める[4]

概要[編集]

前々回前回新型コロナウイルス感染症の影響を受けていたが、今回はマスク着用も義務から推奨となるなど規制がなくなった[5]。また、今回はロシアウクライナ軍事侵攻の影響からカンヌ国際映画祭につづいてウクライナウォロディミル・ゼレンスキー大統領が開会式にて事前収録されたビデオメッセージでウクライナ侵攻を「実話に基づいたドラマ」「120分ではなく、189日の長さの恐怖」と表現し、「ウクライナに背を向けないでください」「沈黙せず、恐れないで欲しい」と現状や戦争を忘れないように訴えた[5][6]

日本からはコンペティション部門に深田晃司監督の『LOVE LIFE[7]、オリゾンティ部門に石川慶監督の『ある男[8][9]、ヴェネツィア・クラシックス部門に今村昌平監督の『神々の深き欲望[10]小津安二郎監督の『風の中の牝雞[11][12]鈴木清順監督の『殺しの烙印[13]、ヴェネツィア・イマーシブ部門にWOWOWCinemaLeapが共同製作した「Typeman」[14][15][16]講談社VRラボが製作した「Thank you for sharing your world」[17][18][19]がそれぞれ出品された。また、日本関連として1952年に制作された『生きる』をオリバー・ハーマヌス英語版監督がイギリスでリメイクした『生きる LIVING』がアウト・オブ・コンペティション部門にて上映された[20]

公式選出[編集]

ラインナップは7月26日に発表された[21]

コンペティション[編集]

コンペティションとして以下の作品が選ばれた[21][22][23][24]

日本語題 原題 監督 製作国
Il signore delle formiche ジャンニ・アメリオ イタリアの旗 イタリア
ザ・ホエール The Whale ダーレン・アロノフスキー アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
ホワイト・ノイズ White Noise(オープニング作品) ノア・バームバック アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
L'immensità エマヌエーレ・クリアレーゼ イタリアの旗 イタリア
フランスの旗 フランス
Saint Omer アリス・ディオップ英語版 フランスの旗 フランス
ブロンド Blonde アンドリュー・ドミニク アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
TAR/ター Tár トッド・フィールド アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
LOVE LIFE 深田晃司 日本の旗 日本
フランスの旗 フランス
バルド、偽りの記録と一握りの真実 Bardo (o falsa crónica de unas cuantas verdades) アレハンドロ・ゴンサレス・イニャリトゥ メキシコの旗 メキシコ
アテナ Athena ロマン・ガヴラス フランスの旗 フランス
ボーンズ アンド オール Bones & All ルカ・グァダニーノ アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
The Eternal Daughter ジョアンナ・ホッグ英語版 イギリスの旗 イギリス
アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
شب، داخلی، دیوار ヴァヒド・ジャリルヴァンド英語版 イランの旗 イラン
イニシェリン島の精霊 The Banshees of Inisherin マーティン・マクドナー アイルランドの旗 アイルランド
イギリスの旗 イギリス
アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
アルゼンチン1985 〜歴史を変えた裁判〜 Argentina, 1985 サンティアゴ・ミトレ アルゼンチンの旗 アルゼンチン
アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
Chiara スザンナ・ニッキャレッリ英語版 イタリアの旗 イタリア
ベルギーの旗 ベルギー
Monica アンドレア・パラオロ英語版 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
イタリアの旗 イタリア
خرس نیست ジャファール・パナヒ イランの旗 イラン
All the Beauty and the Bloodshed ローラ・ポイトラス英語版 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
[[:en:A Couple|Un Couple] フレデリック・ワイズマン フランスの旗 フランス
アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
The Son/息子 The Son フローリアン・ゼレール イギリスの旗 イギリス
フランスの旗 フランス
Les Miens ロシュディ・ゼム フランスの旗 フランス
Les Enfants des Autres レベッカ・ズロトヴスキ フランスの旗 フランス

アウト・オブ・コンペティション[編集]

アウト・オブ・コンペティションとして以下の作品が選ばれた[21][25][26]

フィクション
日本語題 原題 監督 製作国
The Hanging Sun(クロージング作品) フランチェスコ・カロッツィーニ英語版 イタリアの旗 イタリア
イギリスの旗 イギリス
Kapag Wala Nang Mga Alon ラヴ・ディアス フィリピンの旗 フィリピン
フランスの旗 フランス
ポーランドの旗 ポーランド
 デンマーク
生きる LIVING Living オリバー・ハーマヌス英語版 イギリスの旗 イギリス
Dead for a Dollar ウォルター・ヒル アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
カナダの旗 カナダ
Kõne taevast キム・ギドク  エストニア
 リトアニア
キルギスの旗 キルギス
Dreamin' Wild ビル・ポーラッド アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
Master Gardener ポール・シュレイダー アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
Siccità パオロ・ヴィルズィ英語版 イタリアの旗 イタリア
Pearl タイ・ウェスト アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
ドント・ウォーリー・ダーリン Don't Worry Darling オリヴィア・ワイルド アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
ノンフィクション
日本語題 原題 監督 製作国
Freedom On Fire: Ukraine’s Fight For Freedom エフゲニー・アフィネフスキー英語版  ウクライナ
イギリスの旗 イギリス
アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
The Matchmaker ベネデッタ・アルジェンテリ イタリアの旗 イタリア
Gli Ultimi Giorni Dell’Umanita エンリコ・ゲッツィ
アレッサンドロ・ガヤルド
イタリアの旗 イタリア
A Compassionate Spy スティーブ・ジェームズ英語版 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
イギリスの旗 イギリス
Music for Black Pigeons ヨルゲン・レス英語版
アンドレアス・コーフォイド
 デンマーク
The Kiev Trial セルゲイ・ロズニツァ オランダの旗 オランダ
 ウクライナ
In Viaggio ジャンフランコ・ロッシ イタリアの旗 イタリア
Bobi Wine Ghetto President クリストファー・シャープ
モーゼス・ブワヨ
ウガンダの旗 ウガンダ
イギリスの旗 イギリス
アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
Nuclear オリヴァー・ストーン アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
シリーズ
日本語題 原題 監督 製作国
Riget Exodus(episodes 1-6) ラース・フォン・トリアー  デンマーク
コペンハーゲン・カウボーイ Copenhagen Cowboy(episodes 1-5) ニコラス・ウィンディング・レフン  デンマーク
短編作品
日本語題 原題 監督 製作国
Camarera De Piso ルクレシア・マルテル アルゼンチンの旗 アルゼンチン
メキシコの旗 メキシコ
A Guerra Finita シモーネ・マッシイタリア語版 イタリアの旗 イタリア
In Quanto A Noi シモーネ・マッシイタリア語版 イタリアの旗 イタリア
Look At Me サリー・ポッター イギリスの旗 イギリス
アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国

オリゾンティ[編集]

オリゾンティ部門には以下の作品が選ばれた[21][27][28]

コンペティション
日本語題 原題 監督 製作国
Obeť ミハエル・ブラシュコ スロバキアの旗 スロバキア
 チェコ
ドイツの旗 ドイツ
En los márgenes ファン・ディエゴ・ボト英語版 スペインの旗 スペイン
イギリスの旗 イギリス
Trenque Lauquen ラウラ・シタレラ英語版 アルゼンチンの旗 アルゼンチン
ドイツの旗 ドイツ
Vera ティッツァ・コヴィ
ライナー・フリンメル
 オーストリア
Innocence ガイ・ダビディ  デンマーク
イスラエルの旗 イスラエル
 フィンランド
アイスランドの旗 アイスランド
Princess(オープニング作品) ロベルト・デ・パオリスイタリア語版 イタリアの旗 イタリア
Blanquita フェルナンド・グッツォーニスペイン語版  チリ
メキシコの旗 メキシコ
ルクセンブルクの旗 ルクセンブルク
フランスの旗 フランス
ポーランドの旗 ポーランド
Pour la France ラシド・ハミフランス語版 フランスの旗 フランス
中華民国の旗 台湾
ある男 石川慶 日本の旗 日本
Chleb I Sól ダミアン・コクル ポーランドの旗 ポーランド
Luxembourg, Luxembourg アントニオ・ルキーチ英語版  ウクライナ
Ti Mangio il Cuore ピッポ・メザペーザイタリア語版 イタリアの旗 イタリア
Spre Nord ミハイ・ミンカン  ルーマニア
フランスの旗 フランス
ギリシャの旗 ギリシャ
 ブルガリア
 チェコ
Autobiography マクブル・ムバラク インドネシアの旗 インドネシア
フランスの旗 フランス
ドイツの旗 ドイツ
ポーランドの旗 ポーランド
シンガポールの旗 シンガポール
フィリピンの旗 フィリピン
カタールの旗 カタール
La Syndicaliste ジャン=ポール・サロメ英語版 フランスの旗 フランス
ドイツの旗 ドイツ
جنگ جهانی سوم ホーマン・セイエディ英語版 イランの旗 イラン
Najsreќniot Čovek Na Svetot / Najsretniji Čovjek テオナ・ストゥルガー・ミテフスカフランス語版 北マケドニア共和国の旗 北マケドニア
ボスニア・ヘルツェゴビナの旗 ボスニア・ヘルツェゴビナ
ベルギーの旗 ベルギー
クロアチアの旗 クロアチア
 デンマーク
スロベニアの旗 スロベニア
True Things ハリー・ウートリフ英語版 イギリスの旗 イギリス
A Noiva セルジオ・トレフォー ポルトガルの旗 ポルトガル
短編コンペティション
日本語題 原題 監督 製作国
Christopher At Sea トム・C・J・ブラウン フランスの旗 フランス
アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
イギリスの旗 イギリス
Manuaale Di Cinematografia Per Dilettanti - VOL. I フェデリコ・ディ・コラート イタリアの旗 イタリア
Tria - Del Sentimento Del Tradire ジュリア・グランディネッティ イタリアの旗 イタリア
Nocomodo ローラ・ハリファ=ルグラン フランスの旗 フランス
Rutubet トゥラン・ヘイスト トルコの旗 トルコ
Snow In September ラグヴァドゥラム・ピュアヴ=オチル フランスの旗 フランス
モンゴルの旗 モンゴル
Qing Bie Gua Duan Ce Ding TAN マレーシアの旗 マレーシア
The Fruit Tree イザベル・トレネール ベルギーの旗 ベルギー
III サロメ・ヴィルヌーヴ カナダの旗 カナダ
Love Forever クレア・ヤング オーストラリアの旗 オーストラリア
Sahbety カワタル・ユーニス  エジプト
Alt På En Gang Henrik Dyb Zwart  ノルウェー
エクストラ
日本語題 原題 監督 製作国
Janain Mualaqa アーメッド・ヤシン・アル・ダラジ イラクの旗 イラク
パレスチナの旗 パレスチナ
サウジアラビアの旗 サウジアラビア
 エジプト
イギリスの旗 イギリス
Amanda キャロライナ・カヴァッリ イタリアの旗 イタリア
Zapatos Rojos カルロス・アイケルマン・カイサー メキシコの旗 メキシコ
イタリアの旗 イタリア
Nezouh ソウダージ・カァダン イギリスの旗 イギリス
シリアの旗 シリア
フランスの旗 フランス
L’Origine Du Mal セバスチャン・マルニエ フランスの旗 フランス
カナダの旗 カナダ
Notte Fantasma フルビオ・リスレオ イタリアの旗 イタリア
بي رويا アリアン・ヴァジルダフタリ イランの旗 イラン
Valeria Mithatenet ミハエル・ヴィニック英語版 イスラエルの旗 イスラエル
 ウクライナ
Goliath アディルハン・イェルジャノフ カザフスタンの旗 カザフスタン
ロシアの旗 ロシア

ヴェネツィア・クラシックス[編集]

ヴェネツィア・クラシックス部門には以下の作品が選ばれた[29]

修復作品
日本語題 原題 監督 製作国 製作年
Teresa La Ladra カルロ・ディ・パルマ イタリアの旗 イタリア 1973
ぼくの小さな恋人たち Mes petites amoureuses ジャン・ユスターシュ フランスの旗 フランス 1974
英国式庭園殺人事件 The Draughtsman's Contract ピーター・グリーナウェイ イギリスの旗 イギリス 1982
神々の深き欲望 今村昌平 日本の旗 日本 1968
Ucho カレル・カヒーニャ英語版 チェコスロバキアの旗 チェコスロバキア 1970
少年、機関車に乗る Bratan バフティヤル・フドイナザーロフ英語版 チェコスロバキアの旗 チェコスロバキア 1991
ステラ・ダラス Stella Dallas ヘンリー・キング アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国 1925
カヴァルケード Cavalcade フランク・ロイド アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国 1933
女と女 Thérèse et Isabelle ラドリー・メツガー フランスの旗 フランス 1968
風の中の牝雞 小津安二郎 日本の旗 日本 1948
テオレマ Teorema ピエル・パオロ・パゾリーニ イタリアの旗 イタリア 1968
チェスをする人 Shatranj Ke Khilari サタジット・レイ インドの旗 インド 1977
捕えられた伍長 Le Caporal épinglé ジャン・ルノワール アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国 1962
La marcia su Roma ディーノ・リージ イタリアの旗 イタリア 1962
狂ったバカンス La voglia matta ルチアーノ・サルチェ イタリアの旗 イタリア 1962
殺しの烙印 鈴木清順 日本の旗 日本 1967
インディアン渓谷 Canyon Passage ジャック・ターナー アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国 1946
黒猫 The Black Cat エドガー・G・ウルマー アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国 1934
エドワード・ヤンの恋愛時代 獨立時代 エドワード・ヤン 中華民国の旗 台湾 1994

ヴェネツィア・イマーシブ[編集]

独自選出[編集]

国際批評家週間[編集]

ヴェニス・デイズ[編集]

審査員[編集]

メインコンペティション[4][30]
オリゾンティ[31][32]
ルイジ・デ・ラウレンティス賞[31][32]

受賞結果[編集]

公式部門[編集]

コンペティション[1]

独立部門[編集]

特別賞[編集]

脚注[編集]

  1. ^ a b Venice Film Festival Winners: Golden Lion Goes To ‘All The Beauty And The Bloodshed’; Luca Guadagnino Best Director, Martin McDonagh Best Screenplay; Cate Blanchett, Colin Farrell Take Top Acting Prizes”. Deadline. 2022年9月11日閲覧。
  2. ^ ROCÍO MUÑOZ MORALES TO HOST THE OPENING AND CLOSING NIGHTS OF VENEZIA 79”. ヴェネツィア・ビエンナーレ (2022年5月6日). 2022年9月3日閲覧。
  3. ^ BIENNALE CINEMA 2022 79TH VENICE INTERNATIONAL FILM FESTIVAL”. labiennale.org. ヴェネツィア・ビエンナーレ. 2022年9月3日閲覧。
  4. ^ a b Vivarelli, Nick (2022年7月15日). “Julianne Moore to Head Venice Jury Also Comprising Audrey Diwan, Leila Hatami, Kazuo Ishiguro”. Variety. 2022年9月3日閲覧。
  5. ^ a b “第79回ベネチア映画祭開幕 セレモニーはコロナ禍以前のような華やぎ、ウクライナのゼレンスキー大統領がビデオ登場”. 映画.com. (2022年9月1日). https://eiga.com/news/20220901/12/ 2022年9月3日閲覧。 
  6. ^ “ベネチア映画祭開幕 ウクライナ大統領がメッセージ”. 時事ドットコム. (2022年9月2日). https://www.jiji.com/jc/article?k=20220902043459 2022年9月3日閲覧。 
  7. ^ LOVE LIFE”. ヴェネツィア・ビエンナーレ. 2022年9月3日閲覧。
  8. ^ ARU OTOKO (A MAN)”. ヴェネツィア・ビエンナーレ. 2022年9月3日閲覧。
  9. ^ 細見卓司 (2022年9月2日). “妻夫木聡さん、窪田正孝さん歓呼に応える ベネチアで「ある男」上映”. 朝日新聞. https://www.asahi.com/articles/ASQ923TY9Q8YUCVL00X.html 2022年9月3日閲覧。 
  10. ^ KAMIGAMI NO FUKAKI YOKUBÔ (PROFOUND DESIRES OF THE GODS)”. ヴェネツィア・ビエンナーレ. 2022年9月3日閲覧。
  11. ^ KAZE NO NAKA NO MENDORI (A HEN IN THE WIND)”. ヴェネツィア・ビエンナーレ. 2022年9月3日閲覧。
  12. ^ 『風の中の牝雞 4Kデジタル修復版』第79回ヴェネチア国際映画祭クラシック部門にてワールドプレミア上映決定!”. 松竹シネマクラシックス (2022年7月20日). 2022年9月3日閲覧。
  13. ^ KOROSHI NO RAKUIN (BRANDED TO KILL)”. ヴェネツィア・ビエンナーレ. 2022年9月3日閲覧。
  14. ^ TYPEMAN”. ヴェネツィア・ビエンナーレ. 2022年9月3日閲覧。
  15. ^ “日本人監督によるリアルタイムのVR演劇「Typeman」が、ヴェネチア国際映画祭にノミネート”. MoguLive. (2022年7月28日). https://www.moguravr.com/typeman/ 2022年9月3日閲覧。 
  16. ^ VR演劇「Typeman」が第79回ヴェネチア国際映画祭XR部門「Venice Immersive」にノミネート ~メタバース空間でライブパフォーマンスを行なう新たなエンターテインメントで世界へ~”. 株式会社WOWOW (2022年7月28日). 2022年9月3日閲覧。
  17. ^ THANK YOU FOR SHARING YOUR WORLD”. ヴェネツィア・ビエンナーレ. 2022年9月3日閲覧。
  18. ^ “講談社VRラボ新作『Thank you for sharing your world』ヴェネツィア国際映画祭のVR部門コンペティションに正式招待(講談社)”. CGWORLD.jp. (2022年8月1日). https://www.moguravr.com/typeman/ 2022年9月3日閲覧。 
  19. ^ VRアニメーション『Thank you for sharing your world』が第79回ヴェネツィア国際映画祭 VENICE IMMERSIVE部門にノミネート!”. 講談社VRラボ (2022年7月27日). 2022年9月3日閲覧。
  20. ^ LIVING”. ヴェネツィア・ビエンナーレ. 2022年9月3日閲覧。
  21. ^ a b c d “第79回ベネチア国際映画祭(2022年)公式ラインナップが発表!”. Fan's Voice. (2022年7月26日). https://fansvoice.jp/2022/07/26/venice79-lineup/ 2022年9月3日閲覧。 
  22. ^ Venice Lines Up New Movies From Darren Aronofsky, Laura Poitras, Olivia Wilde, Alejandro G. Iñárritu, Florian Zeller – Full Lineup”. Variety (2022年7月26日). 2022年9月3日閲覧。
  23. ^ VENEZIA 79 COMPETITION”. La Biennale Di Venezia. 2022年9月3日閲覧。
  24. ^ “2022年 第79回ベネチア国際映画祭コンペティション部門23作品紹介”. シネマトゥデイ. (2022年8月31日). オリジナルの2022年9月2日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20220902162951/https://www.cinematoday.jp/sp/venezia 2022年9月3日閲覧。 
  25. ^ Venice Lines Up New Movies From Darren Aronofsky, Laura Poitras, Olivia Wilde, Alejandro G. Iñárritu, Florian Zeller – Full Lineup”. Variety (2022年7月26日). 2022年9月3日閲覧。
  26. ^ OUT OF COMPETITION”. La Biennale Di Venezia. 2022年9月3日閲覧。
  27. ^ ORIZZONTI”. La Biennale Di Venezia. 2022年9月3日閲覧。
  28. ^ ORIZZONTI EXTRA”. La Biennale Di Venezia. 2022年9月3日閲覧。
  29. ^ VENICE CLASSICS”. La Biennale Di Venezia. 2022年9月3日閲覧。
  30. ^ JULIANNE MOORE PRESIDENT OF THE VENEZIA 79 INTERNATIONAL JURY”. La Biennale Di Venezia (2022年7月15日). 2022年9月3日閲覧。
  31. ^ a b Vivarelli, Nick (2022年7月20日). “JSpanish Director Isabel Coixet to Head Venice Horizons Jury”. バラエティ. 2022年9月3日閲覧。
  32. ^ a b THE JURIES FOR THE ORIZZONTI SECTION AND THE “LUIGI DE LAURENTIIS” AWARD FOR A DEBUT FILM”. La Biennale Di Venezia (2022年7月20日). 2022年9月3日閲覧。

外部リンク[編集]