クリティクス・チョイス・アワード

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
クリティクス・チョイス・アワード
第28回クリティクス・チョイス・アワード
Critics' Choice icon.png
アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
カナダの旗 カナダ
主催クリティクス・チョイス・アソシエーション英語版
初回1996年1月22日 (27年前) (1996-01-22)
公式サイトwww.criticschoice.com
テレビ/ラジオ放送
放送局The CW

クリティクス・チョイス・アワード(Critics' Choice Awards)は、アメリカ合衆国カナダの映画批評家で組織するクリティクス・チョイス・アソシエーション英語版(CCA)が主催する映画賞[1]。1995年から2019年までは放送映画批評家協会が主催していたため、「放送映画批評家協会賞(Broadcast Film Critics Association Award)」の通称で知られていた。会員による投票が行われ、その年の12月にノミネート作品が発表、翌年1月に受賞作品が発表される。この他、CCA理事会の裁量で特別賞が授与される。毎年3月に開催されるアカデミー賞前哨戦の一つに位置付けられている。

歴史[編集]

「クリティクス・チョイス・アワード」とは映画部門(クリティクス・チョイス・ムービー・アワード)とテレビ部門(クリティクス・チョイス・テレビジョン・アワード英語版)の総称である[2]。創設当初は映画部門のみを指して「クリティクス・チョイス・アワード」としていたが、2011年に放送映画批評家協会の姉妹組織である放送テレビジャーナリスト協会がテレビ部門賞を創設したため、映画部門賞の名称を「クリティクス・チョイス・ムービー・アワード」と改名した。2019年に放送映画批評家協会と放送テレビジャーナリスト協会が合併して新たにクリティクス・チョイス・アソシエーション英語版が設立されたため、現在は同団体が映画賞を主催している[3]

2006年から2009年まではサンタモニカ市民公会堂英語版で授賞式を行っていたが、2010年から2012年まではハリウッド・パラディオン英語版で行われていた。授賞式のテレビ中継はエンターテイメント・テレビジョンが2000年から2004年まで担当し、2005年から2006年まではThe WB、2007年はエンターテイメント・テレビジョンが行い、2008年から2012年まではVH1が行っている[4]。2013年からはThe CWがテレビ中継を引き継ぎ[5]、第19回授賞式はサンタモニカ空港から中継された[6][7][8]。2015年から2016年までの放送はA&E英語版が行い[9]、2017年以降はThe CWが放送している。

授賞式は1月の第2週に開催されるが、これは映画賞シーズン英語版の幕開けを飾るゴールデングローブ賞の授賞式が1月の第1日曜日に開催されるため、開催日が重ならないように配慮しているためである。2022年はハリウッド外国人映画記者協会における多様性マネージメントの問題から第79回ゴールデングローブ賞のテレビ中継をNBCが拒否したため、CCAは第27回授賞式の授賞式及びテレビ放送日を1月の第1日曜日に行うことを計画した。その後、2021年10月26日までにTBS(The CWの姉妹局)との間にサイマル放送契約を締結し、新規視聴者層を開拓した[10][11][12]

受賞結果[編集]

第1回(1995年)[編集]

第2回(1996年)[編集]

第3回(1997年)[編集]

第4回(1998年)[編集]

第5回(1999年)[編集]

第6回(2000年)[編集]

第7回(2001年)[編集]

第8回(2002年)[編集]

第9回(2003年)[編集]

第10回(2004年)[編集]

第11回(2005年)[編集]

第12回(2006年)[編集]

第13回(2007年)[編集]

第14回(2008年)[編集]

第15回(2009年)[編集]

第16回(2010年)[編集]

第17回(2011年)[編集]

第18回(2012年)[編集]

第19回(2013年)[編集]

第20回(2014年)[編集]

第21回(2015年)[編集]

第22回(2016年)[編集]

第23回(2017年)[編集]

第24回(2018年)[編集]

第25回(2019年)[編集]

脚注[編集]

  1. ^ BFCA”. Critics' Choice Awards. 2015年5月23日時点のオリジナルよりアーカイブ。2023年1月27日閲覧。
  2. ^ Critics' Choice Awards | Home”. Critics' Choice Awards. The Broadcast Film Critics Association. 2012年12月12日時点のオリジナルよりアーカイブ。2013年1月11日閲覧。
  3. ^ About the Critics Choice Association”. Critics Choice Association. 2023年1月27日閲覧。
  4. ^ VH1 becomes Critics' Choice”. Reuters (2007年5月21日). 2023年1月27日閲覧。
  5. ^ Weisman, Jon (2012年10月22日). “CW grabs Critics' Choice Movie Awards”. Variety. オリジナルの2012年12月28日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20121228121345/http://www.variety.com/article/VR1118061085/ 2013年1月11日閲覧。 
  6. ^ Barker Hangar 3021 Airport Ave #203, Santa Monica, CA – Google Maps
  7. ^ Gelb, Andy. “Critics' Choice Movie Awards”. 2012年12月15日時点のオリジナルよりアーカイブ。2014年1月23日閲覧。
  8. ^ Bibel, Sara (2013年9月16日). “The CW to Broadcast the 'Critics Choice Movie Awards' & 'Critics Choice Television Awards' in 2014”. Zap2it. The CW press release. 2013年9月18日時点のオリジナルよりアーカイブ。2013年9月16日閲覧。
  9. ^ Kondolojy, Amanda (2014年10月7日). “A&E Network to Televise 'The Critics' Choice Awards'”. TV by the Numbers. 2015年10月12日時点のオリジナルよりアーカイブ。2014年10月7日閲覧。
  10. ^ “The 27th Annual Critics Choice Awards Returns to The CW Network on Sunday, January 9, 2022” (プレスリリース), The CW, (2021年5月12日), http://www.thefutoncritic.com/news/2021/05/12/the-27th-annual-critics-choice-awards-returns-to-the-cw-network-on-sunday-january-9-2022-393212/20210512cw01/ 2023年1月27日閲覧。 
  11. ^ Gilbert, Matthew (2021年7月27日). “Critics Choice Awards out to replace Golden Globes”. Boston Globe. https://www.bostonglobe.com/2021/07/27/arts/critics-choice-awards-out-replace-golden-globes/ 2021年10月7日閲覧。 
  12. ^ Hammond, Peter (2021年10月26日). “TBS & CW To Simulcast 2022 Critics Choice Awards On January 9”. Deadline Hollywood. 2021年10月26日閲覧。

外部リンク[編集]