クリストファー・ノーラン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
クリストファー・ノーラン
Christopher Nolan
Christopher Nolan
2018年
生年月日 (1970-07-30) 1970年7月30日(51歳)
出生地 イングランドの旗 イングランドロンドン
国籍 イギリスの旗 イギリス
アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
職業 映画監督
ジャンル 映画監督映画プロデューサー脚本家
活動期間 1989年 -
配偶者 エマ・トーマス(1997年 - )
著名な家族 ジョナサン・ノーラン(弟)
主な作品
メメント
ダークナイト トリロジー
インセプション
インターステラー
ダンケルク
TENET テネット
 
受賞
ロサンゼルス映画批評家協会賞
脚本賞
2001年メメント
放送映画批評家協会賞
オリジナル脚本賞
2001年『メメント』
アクション映画賞
2008年ダークナイト
2010年インセプション
SF/ホラー映画賞
2014年インターステラー
MTVムービー・アワード
新人監督賞
2002年『メメント』
AFI賞
脚本賞
2001年『メメント』
日本アカデミー賞
最優秀外国語作品賞
2008年『ダークナイト』
ブルーリボン賞
外国語作品賞
2008年『ダークナイト』
その他の賞
テンプレートを表示

クリストファー・ノーランChristopher Nolan1970年7月30日 - )は、イギリス出身の映画監督映画プロデューサー脚本家

経歴[編集]

ロンドンコピーライターの父と客室乗務員の母のもとに生まれる[1][2]。父親はイングランド人、母親はアメリカ人であるため、イギリスアメリカの国籍を持つ。幼少の頃はロンドンシカゴの両方で過ごした。その後ハートフォードシャーインデペンデント・スクールであるヘイリーベリー・アンド・インペリアル・サービス・カレッジを卒業後、ユニヴァーシティ・カレッジ・ロンドン大学に入学。英文学を学ぶ傍ら、短編映画の制作をはじめる。映画製作ではなく英文学を専攻した理由については「視野を広げるため」と語っている。大学を選んだ理由は映画製作施設の整っていることも挙げており、同大学の映画ソサエティの部長を務めた。

デビューとブレイク[編集]

1998年、『フォロウィング』で長編映画の監督デビューを果たし、脚本、製作、撮影、編集を含む5役を担った。2001年には、弟のジョナサン・ノーランが書いた短編を基にした『メメント』を発表する。低予算ながらも時系列を逆行した斬新なストーリーが全米の口コミで話題を呼び、興行的には異例の成功を収める。また、批評家からも激賞され、弟と共にアカデミー脚本賞にもノミネートされた。

『ダークナイト トリロジー』での成功[編集]

メメント』の成功により一気にハリウッドでも注目を浴びるようになると、2002年の『インソムニア』では監督として雇われ、成功を再び収める。更には『バットマン』シリーズの監督に抜擢され、2005年公開の『バットマン ビギンズ』では期待に反し平凡な興行成績に留まるも、2008年公開の続編『ダークナイト』は公開6日で『バットマン ビギンズ』の興行収入を超えて『バットマン』シリーズ最大のヒットとなり、最終的に全米興行収入歴代2位、世界興行収入歴代4位を記録した(全て公開時)。また、悪役「ジョーカー」を演じたヒース・レジャー第81回アカデミー賞助演男優賞を受賞するなど、批評家からも激賞され、その年のアカデミー作品賞にノミネートされなかったことが物議を醸す程となった(この議論を受け、翌年からアカデミー賞は作品賞の候補作品数を5作品から最大10作品にまで引き上げた)。この作品の成功によりノーランが監督した『バットマン』シリーズはアメリカでは『ダークナイト トリロジー』と呼ばれるようになった。2012年公開の完結作『ダークナイト ライジング』でも監督を務めた。

2010年代[編集]

2013年

2010年代に入ると、製作費1億ドル超(所謂ビッグバジェット)のオリジナル作品を連発していくようになる。2010年には人間の夢を舞台にしたSFアクション映画インセプション』を発表。その斬新なストーリー設定に加え、レオナルド・ディカプリオ渡辺謙マリオン・コティヤールといった世界各国の豪華スターが出演したことでも話題を呼び、全世界興行収入は約8億ドルを記録。第83回アカデミー賞では作品賞を含む8部門にノミネートされると、撮影賞を含む技術部門で4冠を獲得し、批評的成功も再び収める。2014年のSF映画インターステラー』でも、全世界興行収入で約6億ドル強を記録し、批評家からも激賞される。2017年公開の『ダンケルク』では、自身としては初となる歴史物に挑戦し、第二次世界大戦におけるダンケルク大撤退を壮大なスケールで描き、全世界で約5億ドルの興行成績を叩き出した。また、第90回アカデミー賞では作品賞を含む8部門にノミネートされ、技術部門で3冠を受賞し、自身も初の監督賞ノミネートを果たした。

2020年代[編集]

2019年1月25日には、次回作『TENET テネット』の公開日が2020年7月17日であるとワーナー・ブラザースが発表した。しかし新型コロナウィルス感染拡大の影響でアメリカ国内では映画館が閉鎖されている状況を受け、公開日は7月31日、8月12日と延期され、最終的には8月26日に欧州から段階的に世界で公開し、全米公開は9月2日となった(日本国内公開は当初の予定通り9月18日)。この影響で、『TENET テネット』の全米興収は約5700万ドルと大きく低迷、興行としては失敗に終わった(ただし2020年の全世界興行収入としては5位である[3])。

2021年9月、ノーランは次回作の製作と配給をこれまでのワーナーからユニバーサル・ピクチャーズに変えることが決まったと報じられた。これにより、ノーランは2002年公開の『インソムニア』から約20年間続いてきたワーナーとの関係が解消することになる[4]

私生活[編集]

1997年に大学の同級生であり映画プロデューサーのエマ・トーマスと結婚。4人の子供と共にロサンゼルス在住。また、左利きである。

作風[編集]

  • インターネット嫌いを公言しており、『インターステラー』にはパソコン携帯電話などインターネットを想起させるものは出さなかった。その理由として「ネットのせいでみんな本を読まなくなった。書物は知識の歴史的な体系だ。ネットのつまみ食いの知識ではコンテクストが失われてしまう」[5]と語っている。
  • IMAXを初めて長編映画で使用した監督である。あまり最先端技術には興味を示さず、『ダークナイト』ではCGではない本物のビルを丸ごと1棟爆破して撮影を行った。『インターステラー』で使われている一部の地球の映像はCGではなく実際にジェット機の先端にIMAXカメラを搭載し成層圏で撮ったものである。[6]また、『TENET テネット』では退役した飛行機(ボーイング747)を購入し、実際に倉庫に激突させて撮影をした。大掛かりな撮影が困難な時はミニチュアなどによる特撮を起用し極力CGの使用を避けている。撮影現場では第二班(本編撮影とは別に、背景やアクションシーンなど、ドラマシーケンス間を構成する、つなぎのシーケンスを担当する撮影チーム)監督をほとんど使わず、自らカメラの横に立って撮影を行う姿勢を貫いている。
  • 同じ俳優を積極的に起用することで知られる。特にマイケル・ケインは『バットマン ビギンズ』以降の長編8作品全てに出演している(『ダンケルク』はカメオ出演)。また、主要な製作スタッフを固定することでも知られ、音楽をハンス・ジマー(『バットマン ビギンズ』以降の監督作7作品中6作品)、編集をリー・スミス(『バットマン ビギンズ』以降の7作品全て)、美術をネイサン・クロウリー(『バットマン ビギンズ』以降の7作品中6作品)が担当することが多い。撮影は『メメント』以降『ダークナイト ライジング』まで一貫してウォーリー・フィスターを起用していたが、フィスターが映画監督を志向したため、『インターステラー』以降はオランダの撮影監督であるホイテ・ヴァン・ホイテマを起用している。
  • 現在の映画界ではほとんどの監督がデジタルカメラで撮影しているが、彼はフィルムを使った撮影を行っている。2014年8月には、他の数人の映画監督と共に映画スタジオに働きかけ、フィルムメーカーのコダックから今後 一定量のフィルムを購入する契約を締結させたため、経営難だったコダックはフィルム製造の継続が可能になった[7]
  • 音響面では「無限音階(シェパード・トーン)」を多用していて、ほぼ全作品で使われている。
  • 超大作ながらも脚本はオリジナルであることが多く、作家主義と大作主義の両立に最も成功している一人と評される[8]
  • 『007』シリーズのファンであり、2010年の『インセプション』公開時に初めて「いつかボンド映画を監督したい」と発言しており、現在もシリーズのプロデューサーと話し合いを続けている。特に『女王陛下の007』が気に入っていると述べている[9]。また、『バットマン』シリーズや『インセプション』がボンド映画の影響を受けていることも明かしている[10]。『バットマン』3部作を監督するにあたって最も影響を受けた映画として、リチャード・ドナー監督の『スーパーマン』と「007」シリーズ、特に『007 ロシアより愛をこめて』を挙げ[11]、『ダークナイト』ではヒース・レジャー演じるジョーカーが『ロシアより愛をこめて』に登場するナイフ付きの靴を使用するシーンがある。また『私を愛したスパイ』以来「007」シリーズでフィジカル・エフェクトやミニチュア撮影を担当しているクリス・コーボールドを特技監督に起用し、『007 サンダーボール作戦』末尾のフルトン回収システムを『ダークナイト』に「スカイフック」として登場させ、『消されたライセンス』冒頭の飛行機を飛行機で釣り上げる場面は『ダークナイト ライジング』でそっくりな見せ場を作っている。
  • 2013年には「Sight and Sound マガジン」にて、好きな映画として『殺し屋たちの挽歌』(1984年)、『十二人の怒れる男』(1957年)、『シン・レッド・ライン』(1998年)、『怪人マブゼ博士』(1933年)、『ジェラシー』(1980年)、『戦場のメリークリスマス』(1983年)、『宇宙へのフロンティア』(1989年)、『コヤニスカッツィ』(1983年)、『アーカディン/秘密調査報告書』(1955年)、『グリード』(1925年)の10本を挙げている[12]

フィルモグラフィ[編集]

長編映画(監督作品)[編集]

公開年 タイトル 配給会社 RTスコア IMDbスコア 興行収入 クレジット
1998 フォロウィング
Following
モメンタム・ピクチャーズ 76% 7.6 $48,482 監督/製作/脚本/撮影/編集
2000 メメント
Memento
ニューマーケット・フィルムズ 93% 8.6 $39,723,096 監督/脚本
2002 インソムニア
Insomnia
ワーナー・ブラザース 93% 7.2 $113,714,830 監督
2005 バットマン ビギンズ
Batman Begins
85% 8.3 $374,218,673 監督/脚本
2006 プレステージ
The Prestige
タッチストーン・ピクチャーズ
ワーナー・ブラザーズ
76% 8.5 $109,676,311 監督/製作/脚本
2008 ダークナイト
The Dark Knight
ワーナー・ブラザーズ 94% 9.0 $1,004,558,444 監督/製作/原案/脚本
2010 インセプション
Inception
87% 8.8 $825,532,764 監督/製作/原案/脚本
2012 ダークナイト ライジング
The Dark Knight Rises
87%[13] 8.8 $1,084,939,099 監督/製作/原案/脚本
2014 インターステラー
Interstellar
ワーナー・ブラザーズ
パラマウント映画
70% 8.6 $701,729,127 監督/製作/脚本
2017 ダンケルク
Dunkirk
ワーナー・ブラザーズ 92% 7.9 $526,940,665 監督[14]/製作/脚本
2020 TENET テネット
Tenet
70% 7.5 $363,129,000 監督/脚本/製作
2023 オッペンハイマー
Oppenheimer
ユニバーサル・ピクチャーズ 監督

短編映画[編集]

公開年 タイトル クレジット 備考
1989 Tarantella 監督・脚本・製作 未公開
1995 Larceny 監督・脚本・製作 未公開
1997 Doodlebug 監督・脚本・撮影・編集・美術 初監督作品
2015 Quay 監督 ドキュメンタリー

製作[編集]

公開年 タイトル クレジット
2013 マン・オブ・スティール
Man of Steel
製作・原案
2014 トランセンデンス
Transcendence
製作総指揮
2016 バットマン vs スーパーマン ジャスティスの誕生
Batman vs Superman: Dawn of Justice
製作総指揮
2017 ジャスティス・リーグ
Justice League
製作総指揮
2021 ジャスティス・リーグ:ザック・スナイダーカット
Zack Snyder's Justice League
製作総指揮


出演[編集]

公開年 タイトル 役名
2012 サイド・バイ・サイド フィルムからデジタルシネマへ
Side by Side
本人役

参考文献[編集]

  1. ^ https://www.theage.com.au/entertainment/movies/cant-get-him-out-of-our-heads-20020908-gdukji.html
  2. ^ https://www.ariel-leve.com/st_interviews/christophernolan.html
  3. ^ 2020 Worldwide Box Office” (英語). Box Office Mojo. 2021年11月12日閲覧。
  4. ^ 「映画館での上映」にこだわるC・ノーラン監督、新作では20年にわたるワーナーとの関係を解消”. MOVIE WALKER PRESS (2021年9月20日). 2021年9月21日閲覧。
  5. ^ 町山智浩著『映画と本の意外な関係!』集英社、2017年1月。ISBN 978-4-7976-8005-8
  6. ^ https://www.slashfilm.com/529050/christopher-nolan-installed-an-imax-camera-on-a-lear-jet-for-interstellar/
  7. ^ J・J・エイブラムス監督、クリストファー・ノーラン監督らがフィルムを救う : 映画ニュース - 映画.com
  8. ^ “大監督”クリストファー・ノーランの作家性ーー映像作家と劇作家、ふたつの側面から徹底考察” (日本語). Real Sound|リアルサウンド 映画部. 2019年1月13日閲覧。
  9. ^ Jolin, Dan (2010年7月). “Crime of the Century”. Empire: pp. 91 
  10. ^ クリストファー・ノーラン、ボンド映画監督への意欲に再言及
  11. ^ C・ノーラン監督、故ヒース・レジャーにバットマン役をオファーしていた
  12. ^ クリストファー・ノーラン監督、大島渚監督「戦場のメリークリスマス」を6位に選出 : 映画ニュース - 映画.com
  13. ^ "T-Meter Rating of 'The Dark Knight Rises'". Rotten Tomatoes. Retrieved August 24, 2012.
  14. ^ “クリストファー・ノーラン×トム・ハーディ「ダンケルク」2017年に日本公開”. 映画ナタリー. (2016年8月24日). https://natalie.mu/eiga/news/199180 2016年8月24日閲覧。 

関連項目[編集]

関連文献[編集]

  • トッド・マガウアン『クリストファー・ノーランの嘘/思想で読む映画論』(フィルムアート社、2017年)
  • Telegraph.co.uk Interview with Christopher Nolan and Christian Bale

外部リンク[編集]