ジョーダン・ピール

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
ジョーダン・ピール
Jordan Peele
Jordan Peele
2004年撮影
本名 Jordan Haworth Peele
生年月日 (1979-01-21) 1979年1月21日(40歳)
出生地 ニューヨーク市
国籍 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
民族 アフリカ系アメリカ人
ジャンル 俳優
脚本家
映画監督
コメディアン
活動期間 2002年 - 現在
配偶者 チェルシー・ペレッティ
2016年 - 現在)
主な作品
映画
ゲット・アウト
アス
テレビシリーズ
『キー&ピール』
テンプレートを表示

ジョーダン・ピールJordan Peele, 1979年1月21日 - )は、アメリカ合衆国俳優脚本家映画監督コメディアンである。

来歴[編集]

生い立ち・コメディアンとして[編集]

1979年ニューヨーク市に生まれた。両親は離婚しており、白人の母親から育てられた[1]マンハッタンにあるコンピューターの学校に入学し、サラ・ローレンス大学へ進学するも、2年後に中退してコメディアンとしての道へ進んだ[2]。その後はシカゴを拠点にセカンド・シティなどに参加してキャリアを構築。2003年にはコメディ番組の『マッドTV!』へ出演し、『セサミ・ストリート』のビッグバードなどの声で知られるキャロル・スピニーモーガン・フリーマンフォレスト・ウィテカーなどの物まねで人気を博した。同番組で共演した同じくコメディアンキーガン=マイケル・キーとは意気投合し、2012年からはキーと共にコンビを組んで『Key and Peele』というコメディ番組も制作している。

監督・脚本家として[編集]

主にコメディアン、俳優として活動を継続させていたが、2017年に白人家庭に招かれた黒人青年が体験する恐怖を描いた『ゲット・アウト』の脚本を執筆。同作品ではイギリス出身のアフリカ系俳優ダニエル・カルーヤを主演に迎え、ピール自身は監督も担当した。低予算で制作したにもかかわらず口コミでその評判が広がり、興行成績的にも成功を収め、最終的にはピール自身にアカデミー脚本賞をもたらした[3]

私生活[編集]

2013年にコメディシリーズ『ブルックリン・ナイン-ナイン』などへの出演で知られるチェルシー・ペレッティと結婚[2]2017年には息子も生まれている。

主な作品[編集]

映画[編集]

テレビシリーズ[編集]

  • マッドTV! MADtv (2003年 - 2008年)- 出演
  • ポリス・バカデミー/マイアミ危機連発! Reno 911! (2009年)- 出演
  • チルドレンズホスピタル Childrens Hospital (2010年 - 2015年)- 出演
  • キー&ピール Key and Peele (2012年 - 2015年)- 出演
  • コメディ・バンバン! Comedy Bang! Bang! (2013年)- 出演
  • モダン・ファミリー Modern Family (2013年)- 出演
  • クロール・ショー Kroll Show (2013,年、2014年)- 出演
  • ファーゴ Fargo (2014年)- 出演
  • ドランク・ヒストリー Drunk History (2014年)- 出演
  • ウェット・ホット・アメリカン・サマー: キャンプ1日目 Wet Hot American Summer: First Day of Camp (2015年)- 出演
  • TripTank (2015年)- 出演
  • ザ・マペッツ The Muppets. (2016年)- 出演
  • ザ・デイリー・ショー The Daily Show (2017年)- 出演

テレビアニメ[編集]

  • スーパーニュース! SuperNews! (2009年 - 2010年)
  • ロボット・チキン Robot Chicken (2014年)
  • Bob's Burgers (2014年 - 2016年)
  • リック・アンド・モーティ Rick and Morty (2015年)
  • アメリカン・ダッド American Dad! (2016年)
  • ビッグマウス Big Mouth (2017年 - 2018年)

脚注[編集]

  1. ^ How Keegan-Michael Key and Jordan Peele Have Broken the Comedy-Duo Mold”. 2019年1月1日閲覧。
  2. ^ a b Jordan Peele Biography”. 2019年1月1日閲覧。
  3. ^ Jordan Peele Awards”. 2019年1月1日閲覧。

外部リンク[編集]