ブラック・クランズマン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
ブラック・クランズマン
BlacKkKlansman
Cannes 2018 14.jpg
第71回カンヌ国際映画祭に出席する監督・主要キャスト
監督 スパイク・リー
脚本 スパイク・リー
デヴィッド・ラビノウィッツ
ケヴィン・ウィルモット
チャーリー・ワクテル
原作 ロン・ストールワース『ブラック・クランズマン』
製作 スパイク・リー
ジョーダン・ピール
ショーン・レディック
ショーン・マッキトリック
レイモンド・マンスフィールド
出演者 ジョン・デヴィッド・ワシントン
アダム・ドライバー
ローラ・ハリアー
トファー・グレイス
音楽 テレンス・ブランチャード
撮影 チェイス・アーヴィン
編集 バリー・アレクサンダー・ブラウン
製作会社 レジェンダリー・エンターテインメント
パーフェクト・ワールド・ピクチャーズ
ブラムハウス・プロダクションズ
モンキーパー・プロダクションズ
QCエンターテインメント
配給 アメリカ合衆国の旗 フォーカス・フィーチャーズ
日本の旗 パルコ
公開 アメリカ合衆国の旗 2018年8月10日
日本の旗 2019年3月22日
上映時間 128分[1]
製作国 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
言語 英語
製作費 1500万ドル[2]
興行収入 世界の旗 $93,400,823[2]
テンプレートを表示

ブラック・クランズマン』(原題:BlacKkKlansman)は2018年に公開されたアメリカ合衆国伝記犯罪映画である。監督はスパイク・リー、主演はジョン・デヴィッド・ワシントンが務めた。本作はロン・ストールワース英語版2014年に上梓した『ブラック・クランズマン』(鈴木沓子玉川千絵子訳、丸屋九兵衛監修、PARCO出版、2019年)を原作としている。

概要[編集]

1970年代のアメリカ・コロラド州コロラドスプリングスで、アフリカ系アメリカ人(黒人)初の市警察巡査となったロンが、白人至上主義団体クー・クラックス・クランの地方支部への潜入捜査に着手し、活動内容や極秘計画を暴くまでを描く。

映画は、スパイク・リー、ショーン・レディック、ショーン・マッキトリックジェイソン・ブラムジョーダン・ピールによって製作されている。映画の制作にあたって、レディックは原作を映画化する権利を買い取り、2017年9月に、スパイク・リーが監督に決定した。キャスト陣は翌月10月に決定し、ニューヨーク州で撮影が始まった。

同映画は、2018年5月14日、第71回カンヌ国際映画祭カンヌ国際映画祭 審査員特別グランプリを受賞し、8月10日、全米で上映が開始された。その日は、白人至上主義者の極右集会「ユナイト・ザ・ライト・ラリー」からちょうど1周年の日であった。

また同作は批評家からワシントンとドライバーの演技や、映画のタイムリーな題材を賞賛され、長年賞から遠ざかっていたリー監督の復帰作としても話題となった。第91回アカデミー賞で同作は、作品賞監督賞(リー監督にとっては初)、助演男優賞を含む6つの賞にノミネートされ、最終的に脚色賞を受賞した。

AFIはまた、2018年のトップ10映画の1つとして同作を推薦し、第76回ゴールデングローブ賞では作品賞 (ドラマ部門)を含む4つのノミネートを獲得した。

あらすじ[編集]

1972年、ロン・ストールワース英語版コロラド州コロラド・スプリングズの警察署でアフリカ系アメリカ人(黒人)として初めて警察官に採用される。警察署内ですら人種差別が残る中、ロンは見習い潜入捜査官として元ブラック・パンサー党クワメ・トゥーレ(ストークリー・カーマイケル)の演説会に派遣され、地元の黒人学生自治会長で黒人解放活動家のパトリスと出会い、親交を深める。

晴れて情報部に正式配属されたロンは白人至上主義団体クー・クラックス・クラン(KKK)の新聞広告に電話をかけ、白人のレイシストを装ってKKK支部の幹部と面会する約束を取り付けた。同僚のユダヤ系警官フリップ・ジマーマンが潜入担当、ロンは電話連絡担当として、二人一役でKKK志願者を演じることになる。

白人訛りを巧妙に使いこなすロンと、現場での数々のトラブルにも動じないフリップの演技は優秀で、KKK支部長ウォルターや全国指導者デビッド・デュークからも信頼を得て、次期支部長に推挙されるまでになる。過激派支部員のフェリックスだけが、新入りのロンに懐疑的な目を向け続け、様々な方法でロンの正体を暴こうとする。

そのフェリックスが陸軍内のシンパからプラスチック爆薬の提供を受けて黒人殺傷を企んでいることを察知したロンは、パトリスに集会を避けるよう警告して自分が警官であることを明かすが、パトリスは彼が身分を隠して潜入捜査していたことをなじる。

パトリス達の黒人集会当日、同時にKKK支部では来訪したデュークを迎えて集会が開かれ、フリップは「ロン」として、ロンはデュークを警護する警官として、KKK集会に参加する。 その裏でフェリックスに爆弾を託された妻コニーは警戒が強化された黒人集会場への爆弾設置を諦め、標的をパトリスの自宅に変える。しかし間一髪でロン達が到着し、コニーが仕掛け損ねた爆弾でフェリックス達は爆死してしまう。

事件は一応終結したが、ロンたち捜査班は署長から慰労とともにさらなる捜査の中止と関連書類の破棄を命ぜられ、憤るも渋々従わざるを得なかった。ロンは最後にもう一度デュークに電話をかけて自分の正体をばらし、狼狽するデュークを皆で嘲笑して溜飲を下げた。

ある夜、仲直りしたパトリスとロンが警察を退職するかどうかで口論していると、何者かが玄関をノックする。二人が拳銃を構えながら玄関に向かうと--- カメラがズームアウトし、野外で十字架を燃やす儀式を行っているKKKの集団を捉える。 2017年バージニア州シャーロッツヴィル極右集会における実際のドキュメンタリー映像が次々にカットインされる。デモ隊に自家用車が衝突し、黒人男性が「クソ野郎は俺の街から出ていけ」と悲痛に叫ぶ。轢き殺された白人女性ヘザー・ハイアーの追悼の場面が映し出され、映画が終わる。

キャスト[編集]

※括弧内は日本語吹替

製作[編集]

2015年、ショーン・レディックはロン・ストールワースの自伝『Black Klansman』の映画化権を購入し脚色作業に取りかかった。2017年にはジェイソン・ブラム率いるブラムハウス・プロダクションズとジョーダン・ピール率いるモンキーパー・プロダクションズが製作に関与することになった[3][4]。9月、スパイク・リーが監督に起用され、ジョン・デヴィッド・ワシントンが出演交渉に臨んでいるとの報道があった[5]。10月25日、アダム・ドライバーが本作に出演することになったと報じられた[6][7]。31日、トファー・グレイスとコーリー・ホーキンズの出演が決まった[8][9]。11月9日、ポール・ウォルター・ハウザーがキャスト入りした[10]。16日、ヤスペル・ペーコネンが本作に出演するとの報道があった[11]。17日、ライアン・エッゴールドの出演が決まったと報じられた[12]。12月4日、アシュリー・アトキンソンが起用されたと報じられた[13]

撮影[編集]

2017年10月、本作の主要撮影ニューヨークで始まった[14][15]

白人至上主義者を演じたグレイスは精神的に消耗しきり、数週間にもわたって深刻な鬱状態に苦しむこととなった。グレイスはピーター・ジャクソン監督の『ホビット』三部作を1本の映画に再編集するという作業を通して、徐々に精神の安定を回復することができたのだという。グレイスは自身の演技に関して「『ブラック・クランズマン』を見た人の中には、私がデュークを好人物であるかのように演じていてけしからんと思われる方が出るでしょう。しかし、デュークが好人物に見えることこそ、彼を一層厄介な存在たらしめているものなのです。」と語っている[16]

公開・興行収入[編集]

2018年5月14日、本作は第71回カンヌ国際映画祭でプレミア上映された[17]。また、同日にオフィシャル・トレイラーも公開された[18]。6月16日にはシドニー映画祭での上映が行われた[19]。本作は2018年8月10日に全米公開される予定だが、これは前年に発生したシャーロッツビルでの暴動の1周年にぶつけたものである[20]

リー監督はデビッド・デュークとドナルド・トランプにこそ本作を鑑賞してほしいという主旨の発言をしている[21]

本作は『MEG ザ・モンスター』及び『スレンダーマン 奴を見たら、終わり』と同じ週に封切られ、公開初週末に1100万ドル前後を稼ぎ出すと予想されていたが[22]、その予想は的中した。2018年8月9日、本作は全米1512館で公開され、公開初週末に1084万ドルを稼ぎ出し、週末興行収入ランキング初登場5位となった[23]

評価[編集]

カンヌでの上映後、10分間にもわたるスタンディングオベーションが発生した[20]。最高賞であるパルム・ドールの受賞こそ適わなかったが、次点に相当する審査員特別グランプリに選出された[24]

本作は批評家から絶賛されている。映画批評集積サイトのRotten Tomatoesには44件のレビューがあり、批評家支持率は95%、平均点は10点満点で7.4点となっている。サイト側による批評家の見解の要約は「『ブラック・クランズマン』は史実を利用して現代の出来事を実に痛烈に批評しており、全盛期のスパイク・リー作品を思わせるものが随所にある。」となっている[25]。また、Metacriticには17件のレビューがあり、加重平均値は75/100となっている[26]。なお、本作のシネマスコアはA-となっている[27]

ガーディアン』のピーター・ブラッドショーは本作に5つ星評価で3つ星を与え、「『ブラック・クランズマン』は娯楽作品であるが、ジョーダン・ピール監督が『ゲット・アウト』で垣間見せたような社会風刺があり、それによって全体のバランスを見事にとっている。同作はトランプ政権の中心にいる粗野な人々に対する怒りに満ちた苛烈な応答であり、痛快なしっぺ返しでもある」と述べている[28]。『インディワイアー』のデヴィッド・エーリッヒは本作にB+評価を下し、「愉快な作品である以上に、ずっと恐ろしい作品である」「重苦しくかつ極めて今日性の高い題材をワイルドにまとめあげているが、娯楽作品でもあるという点では終始一貫している。」と評している[29]

出典[編集]

  1. ^ The 2018 Official Selection”. 2018年6月20日閲覧。
  2. ^ a b BlacKkKlansman”. 2020年1月3日閲覧。
  3. ^ 'Black Klansman' KKK Thriller in the Works From Spike Lee, Jordan Peele (Exclusive)”. 2018年6月20日閲覧。
  4. ^ Adam Driver Joins Spike Lee’s ‘Black Klansman’”. 2018年6月20日閲覧。
  5. ^ Spike Lee, Jordan Peele Team Up on KKK Crime Thriller ‘Black Klansman’”. 2018年6月20日閲覧。
  6. ^ Adam Driver Joins Spike Lee’s ‘Black Klansman’ Thriller”. 2018年6月20日閲覧。
  7. ^ Adam Driver Joins Spike Lee’s ‘Black Klansman’”. 2018年6月20日閲覧。
  8. ^ Topher Grace Joins Spike Lee’s ‘Black Klansman’”. 2018年6月20日閲覧。
  9. ^ Corey Hawkins Joins Spike Lee's 'Black Klansman' (Exclusive)”. 2018年6月20日閲覧。
  10. ^ ‘I, Tonya’ Actor Paul Walter Hauser Joins Spike Lee’s ‘Black Klansman’”. 2018年6月20日閲覧。
  11. ^ Spike Lee’s ‘Black Klansman’ Adds ‘Vikings’ Actor Jasper Paakkonen (EXCLUSIVE)”. 2018年6月20日閲覧。
  12. ^ Ryan Eggold, Who Played Fan Favorite Tom Keen In ‘The Blacklist,’ Joins Spike Lee’s ‘Black Klansman’”. 2018年6月20日閲覧。
  13. ^ Pedro Pascal Joins Barry Jenkins’ ‘If Beale Street Could Talk’; Ashlie Atkinson Cast In ‘Black Klansman’”. 2018年6月20日閲覧。
  14. ^ Spike Lee Talks 'Black Klansman' Movie and Why He Regrets the Rape Scene in 'She's Gotta Have It' Film”. 2018年6月20日閲覧。
  15. ^ Spike Lee filming movie in Ossining”. 2018年6月20日閲覧。
  16. ^ Topher Grace Recut ‘The Hobbit’ Trilogy as a 2-Hour Movie to Clear His Head After Playing David Duke”. 2018年8月9日閲覧。
  17. ^ Cannes Lineup Includes New Films From Spike Lee, Jean-Luc Godard”. 2018年6月20日閲覧。
  18. ^ BLACKkKLANSMAN - Official Trailer”. 2018年6月20日閲覧。
  19. ^ BlacKkKlansman”. 2018年6月20日閲覧。
  20. ^ a b Cannes: Spike Lee's 'BlacKkKlansman' Draws 10-Minute Ovation”. 2018年6月20日閲覧。
  21. ^ Spike Lee says he hopes his new film, 'BlacKkKlansman,' makes Donald Trump a one-term President”. 2018年8月9日閲覧。
  22. ^ 'The Meg' to Challenge 'Mission: Impossible' for Weekend Top Spot”. 2018年11月2日閲覧。
  23. ^ August 10-12, 2018”. 2018年11月2日閲覧。
  24. ^ Japanese Director Hirokazu Kore-eda’s ‘Shoplifters’ Wins Palme d’Or at Cannes”. 2018年6月20日閲覧。
  25. ^ BlacKkKlansman”. 2018年6月20日閲覧。
  26. ^ BlacKkKlansman (2018)”. 2018年6月20日閲覧。
  27. ^ ‘Meg’ Makes More Moola: Updated $45M+ Opening Reps Record Debut For Director Jon Turteltaub – Box Office”. 2018年11月2日閲覧。
  28. ^ BlacKkKlansman review – Spike Lee's clanging rebuke to the New Trump Order”. 2018年6月20日閲覧。
  29. ^ ‘BlacKkKlansman’ Review: Spike Lee Detonates a Funny and Righteously Furious ‘Fuck You’ to Trump — Cannes 2018”. 2018年6月20日閲覧。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]