トッド・ヘインズ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
トッド・ヘインズ
Todd Haynes
トッド・ヘインズTodd Haynes
トライベッカ映画祭にて (2009年
生年月日 1961年1月2日(54歳)
出生地 カリフォルニア州ロサンゼルス
国籍 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国

トッド・ヘインズTodd Haynes, 1961年1月2日 - )は、アメリカ合衆国映画監督脚本家

来歴[編集]

10代で映画に関心を持ち、高校在学中の1978年に最初の短編『The Suicide』を製作。その後、ブラウン大学記号学を専攻し、在学中の1985年アルチュール・ランボーから着想を得た中編『Assassins: A Film Concerning Rimbaud』を製作。記号学と文学の学士を取得してブラウン大学を卒業後、ニューヨークに移住し、バード大学に入学。この頃からインディペンデント映画界に関わるようになり、1988年役者の代わりにバービー人形を使ってカレン・カーペンターの最期の日々を描いた中編『Superstar: The Karen Carpenter Story』を発表。しかし、音楽著作権を巡ってカレンの兄リチャードに訴えられた。

1991年ジャン・ジュネの『薔薇の奇跡』を元にした長編デビュー作『ポイズン』を発表。ポルノとの批判もされたが、サンダンス映画祭グランプリ、ベルリン国際映画祭テディ賞などを受賞。1998年1970年代ロンドンを舞台に当時のグラム・ロック界を描いた『ベルベット・ゴールドマイン』を発表。第51回カンヌ国際映画祭のコンペティション部門に出品され、芸術貢献賞を受賞した。

2002年ダグラス・サークの『天はすべて許し給う』にオマージュを捧げた『エデンより彼方に』を発表。1950年代アメリカを忠実に再現した映像が高く評価され、インディペンデント・スピリット賞作品賞・監督賞など多数の賞を受賞。また、主演のジュリアン・ムーア第59回ヴェネツィア国際映画祭女優賞を受賞している。2007年ボブ・ディランの半生を描いた『アイム・ノット・ゼア』を発表。クリスチャン・ベールヒース・レジャーリチャード・ギアなど6人の俳優にディランを演じさせて話題となり、第64回ヴェネツィア国際映画祭では審査員特別賞ケイト・ブランシェットが女優賞を受賞した。

2011年からはテレビドラマの演出にも携わり、『ミルドレッド・ピアース 幸せの代償』(2011年)などを手がけている。

私生活[編集]

ゲイであることを公表している[1]。現在はオレゴン州ポートランドで暮らしている。

作品[編集]

参考文献[編集]

外部リンク[編集]