リック・アンド・モーティ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search

リック・アンド・モーティ (Rick and Morty) はアメリカの大人向け サイエンス・フィクション シットコムアニメである。番組はアダルトスイムのためにジャスティン・ロイランドとダン・ハーモンによって制作されている。作品ではアルコール依存症の科学者リックと、彼の簡単に影響されやすい孫モーティの家族との生活と異次元での冒険でのトラブルを描いている。ロイランドがタイトル名にもなっている主人公の声を演じ、共演でクリス・パーネル、スペンサー・グラマーサラ・チョークが声の出演をしている。作品はロイランドが映画祭『Channel 101』に出品した『バック・トゥ・ザ・フューチャー』のアニメ版パロディが基になっている。アダルトスイムがハーモンに番組のアイディアを求め、彼とロイランドが映画祭作品に登場した2人のキャラクターを基に展開させていった。

番組は2013年12月2日に初回放送され、批評家から絶賛を受けた[1]。日本ではNetflixで2016年5月1日からシーズン1~3までが日本語吹替版と字幕版、両方で配信されている。シーズン4の制作はプロダクション同士で交渉が続いている。

内容[編集]

科学者のリックは、馬の心臓外科を専門とする獣医で娘のベスの住む家族の家に引っ越してくる。彼は大抵ハイテク技術の研究をし、孫のモーティ (もしくは孫娘のサマー) を連れて危険で、素晴らしい様々な宇宙を冒険する。モーティの平凡ではない家族や出来事で、モーティは家庭と学校で多大なストレスを抱える。

第1話を除いて、各エピソードにはクレジットシーンの後におまけシーンがついている。『リック・アンド・モーティ』は宇宙的ホラー作品であると考えられる[2]

登場人物[編集]

リック・サンチェス
声:ジャスティン・ロイランド[3] / 日本語吹替: 多田野曜平
アルコール依存症を抱えたマッドサイエンティスト。ディメンションC-137のリック。ベスの父親であり、モーティとサマーの祖父にあたる。孫想いだが奇人かつ無責任なところがあり、娘婿のジェリーからはモーティの安全が脅かされないか不安がられている。作品ではよくリックのセリフがアドリブで演じられている。彼の行動には「様々な精神疾患の傾向」が現れている。人を遠ざける性格で、彼の時間を有効に活用し[4]、学校、結婚や愛といった多くの普通の人々が話す無意味な会話を避ける。モーティや他の家族からの平凡な頼みに対する彼の振る舞いから、時に孤立していても、リックは彼ら、特にジェリーより優越感を味わっている。アルコール依存症の影響か、話しながらゲップをする癖がある。

別次元のリックとは違い、妙にモーティに執着している。S1のE06「ホレ薬」では自分の次元の人間をクローネンバーク化してしまい、結果的に別の次元に移ることになったが、モーティ以外の家族は置いていき、モーティのみを連れて行くなど、モーティに対しての執着心はかなりのものと見受けられる。 S2E03では、元恋人のユニティーと再会を果たすが彼女に振られ、自殺未遂をするなど、誰にも理解してもらえない孤独感を感じている。 S2E10にて、銀河連邦刑務所に投獄される。S3E01で、銀河連邦刑務所から脱獄して、その際にリック評議会のトップ達を皆殺しにした。 S3E05ではリックの身体は基準値を超える増強が行われていることが発覚した。

モーティ・スミス
声: ジャスティン・ロイランド[3] / 日本語吹替: 千葉啓介
リックの孫である14歳の少年で、頻繁にリックの冒険に連れて行かされる。心優しいがストレスに弱い。彼はリックの計画に対して乗り気ではなく、よくリックの非論理的で倫理に反する問題を「解決する方法」でトラウマを受ける。リックによれば C-137 のモーティこそ「モーティの中のモーティ」であると言われている。

最近では性格が初期に比べるとかなり荒くなっており、祖父リックに似てきている。S3E05にて、姉のサマーを傷つけたイーサンを容赦なく報復した。 リックに対しても初期の頃は幾ら危険な目に遭わされても信頼していた様子だが、徐々にリックの行動や言動に厳しく反抗するなど、現在はリックをあまり信頼していない様子である。

ベス・スミス (旧姓 サンチェス)
声: サラ・チョーク / 日本語吹替: 入江純
リックの娘、サマーとモーティの母親でジェリーの妻である。彼女は心臓外科医である。冷静で自己主張をしっかりする性格で、夫の凡人さに対抗しようとするエゴに飽き飽きしている。いくつかのエピソードでは、結婚、家族や仕事に「落ち着いてしまった」というベス自身の人生に対する不満が取り扱われている。彼女は人間の外科医になりたかったが、17歳の頃にサマーを妊娠してしまった。彼女は家族の中で最も力を持っており、自己中心的、ユモーアや賢さを垣間見せる。ベスは子供時代から彼女の母親と離婚したリックに対して好意的であるため、リックのモーティへの非道的で危険な傾向に対して冷静である[4]。ハーモンはインタビューでこの案について: 「時に子供たちは最低な父親を偶像化し、彼らを応援してくれる母親を父を追い出させたと責める。[...] 彼女は頭がおかしいリックを信じ、彼女にとってはリックの方が好きで、母親によって育ててもらったにも関わらず、リックを追い出したと責めた。彼女は人生から父親を手放さないためには何でもするだろう」と展開させている[4]

S3ではジェリーと一度離婚するがS3の最終話でよりを戻す。 幼少期はよく父リックに様々な道具を作らせており、そのひとつである「フルーピーランド」で同級生を蜂蜜沼に突き落とすなど、様々な問題行動があり、ソシオパスの傾向が見られる。

ジェリー・スミス
声: クリス・パーネル[3] / 日本語吹替: 村治学
サマーとモーティの父親で、ベスの夫。リックの義理の息子にあたるが、リックのモーティに対する影響に強く反感を持っており、義父との関係に対する妻の反応が原因で結婚生活の危機に発展することもある。自信がない性格。ジェリーは底辺の広告代理店で働いていたが、無能のあまりクビになった。エピソード『Mortynight Run』でジェリーは地球外では生き残れないと痛感したリックの1人が、無理にリックとモーティの冒険について来たジェリーを預けるデイケアを創設していたことが明らかになる。

S3にてベスと離婚するがS3の最終話にてよりを戻す。

サマー・スミス
声:: スペンサー・グラマー[3] / 日本語吹替: 松井暁波
モーティの17歳の姉。ありきたりで大抵がうわべだけのティーンエイジャーで、人気者になるためなら手段を選ばない。サマーは彼女の母親ととても似ており、とても賢くユーモアにあふれた人物だが、よりひどく自己中心的である。時々、リックと異次元への冒険に行くモーティに嫉妬を見せる。シーズン2では、よりリックとモーティと冒険に行くようになり、時にはモーティよりも結果を見せる。

S3ではリックを銀河連邦刑務所から脱獄させようとモーティの制止を振り切り、ポータルガンを使用するなど、行動が目立つ。

スタッフ[編集]

メインスタッフ[編集]

  • 原作・総監督 - ジャスティン・ロイランド、ダン・ハーモン
  • 製作総指揮 - ジェイムズ・A・フィノ、ジョー・ルッソ二世、ライアン・リドリー(シーズン3)、ダン・ガターマン(シーズン3)
  • 監督 - ピート・マイケルス(2話 - 21話)、ウェズ・アーチャー(22話 - )
  • アートディレクター - ジェームズ・マクダーモット(1話 - 21話)、ジェフリー・M・トンプソン(22話 - )
  • リードキャラクターデザイン - マイク・チリアン(1話)、カルロス・オルテガ(2話 - 21話、26話 - )、マキシマス・ユリウス・ポーソン(21話 - 26話)
  • リード背景デザイン - アンドリュー・デ・ランゲ(2話 - 20話)、クリス・S・ボールデン(21話 - 26話)、ヴァンス・ケインズ(27話 - )
  • スタジオクリエイティブディレクター - フロリア・ワグナー
  • アニメーションディレクター - フロリア・ワグナー(1話)、ネイサン・リッツ(2話 - )
  • 色彩監修 - ジェイソン・ボッシュ、フィリップ・ヴォーズ(22話 - )
  • 編集 - リー・ハーティング、ジャスティン・ロイランド(1話)
  • FX・撮影監督 - トバイアス・アンカー
  • 音楽 - ライアン・エルダー
  • プロデューサー - J・マイケル・メンデル、オリー・グリーン、ライアン・リドリー(シーズン2)、ダン・ガターマン(シーズン2)、トム・カイフマン(シーズン3)
  • エグゼクティブプロデューサー - キース・クロフォード、マイク・ラッゾ、デルナ・ベサニア、バリー・ウォード
  • アニメーション制作 - スターバーンズ・インダストリー(1話 - 21話)
  • デジタルアニメーション制作 - バーデル・エンターテインメント
  • 製作 - ジャスティン・ロイランズ・ソロヴァニティカード・プロダクション、ハーモニアス・クラップトラップ、スターバーンズ・インダストリー、ウィリアムズストリート

日本語版スタッフ[編集]

主題歌[編集]

OP/EDテーマ[編集]

「Rick and Morty Theme Song」
作曲 - ライアン・エルダー

劇中歌[編集]

シーズン1
「Baker Street」(4話)
作曲 - ジェリー・ラファティー
エンディングテーマとしても使用。
「Look On Down From The Bridge」(第6話)
作詞 - ホープ・サンドヴァル / 作曲 - デヴィッド・ロバック / 歌 - マジー・スター
エンディングテーマとしても使用。
「Run From Your Youth」(第7話)
作曲 - ライアン・エルダー
「X Gon' Give it to Ya」(第9話)
作詞 - Earl Simmons, Shatek King, Kasseem Dean / 歌 - DMX
「For the Damaged Coda」(第10話)
作詞・作曲 - カズ・マキノ、アメデオ・パーチェ、シモーネ・パーチェ / 演奏・歌 - ブロンド・レッドヘッド
エンディングテーマとしても使用。
「Shake That Ass Bitch」
歌 - Splack Pack
「The Rick Dance」
歌 - リック・サンチェス(ジャスティン・ロイランド / 吹き替え:多田野曜平
シーズン2
「Goodbye Moonmen」(第2話)
作詞 - デヴィッド・フィリップス、ダン・ハーモン / 作曲 - ライアン・エルダー / 歌 - ファート(ジェマイン・クレメント
「Do You Feel It?」(第3話)
歌 - Chaos Chaos
エンディングテーマとしても使用。
「Summer & Tinkles Song」(第4話)
歌 - ティンクルズ(タラ・ストロング
「Get Schwifty」(第5話)
歌 - リック・サンチェス(ジャスティン・ロイランド / 吹き替え:多田野曜平)
「Head Bent Over」(第5話)
歌 - リック・サンチェス(ジャスティン・ロイランド / 吹き替え:多田野曜平)、モーティ・スミス(ジャスティン・ロイランド / 吹き替え:千葉啓介)
「Feels Good」(第9話)
作詞・作曲 - Raphael Wiggins, D'Wayne Wiggins, Timothy Christian Riley, Mopreme Shakur / 歌 - Tony! Toni! Toné!
「Hurt」(第10話)
作詞・作曲 - トレント・レズナー / 歌 - ナイン・インチ・ネイルズ
エンディングテーマとしても使用。

エピソード[編集]

話数
(通算)
サブタイトル
(原題)
脚本 ストーリーボード 演出
シーズン1
1 アドベンチャーのはじまり
(Pilot)
ダン・ハーモン
ジャスティン・ロイランド
ヴィラモア・クルツ
ジョン・ファウンテン
スコット・ヒル
ティム・ホプキンズ
マシュー・タイラー
J・C・ウェグマン
マイク・ヴェッターハン
ジャスティン・ロイランド
2 夢への侵入
(Lawnmower Dog)
ライアン・リドリー スコット・アルバーツ
ヴィラモア・クルツ
ブライアン・ニュートン
ジョン・ライス
3 体内テーマパーク
(Anatomy Park)
エリック・アコスタ
ウェイド・ランドルフ
スコット・アルバーツ
ヴィラモア・クルツ
4 宇宙人とバーチャルリアリティ
(M. Night Shaym-Aliens!)
トム・カウフマン ブライアン・L・フランシス
フレッド・レイエス
ジェフ・マイヤーズ
5 ミーシークス
(Meeseeks and Destroy)
ライアン・リドリー フアン・メザレオン
マーク・マキシー
ブライアン・ニュートン
6 ホレ薬
(Rick Potion #9)
ジャスティン・ロイランド ラフィーノ・ロイ・カマチョ二世
ダン・オコナー
スティーブン・サンドヴァル
7 セックスロボット
(Raising Gazorpazorp)
エリック・アコスタ
ウェイド・ランドルフ
ブライアン・L・フランシス
フレッド・レイエス
ジェフ・マイヤーズ
8 ケーブルテレビのアップグレード
(Rixty Minutes)
トム・カウフマン
ジャスティン・ロイランド
フアン・メザレオン
マーク・マキシー
ブライアン・ニュートン
9 何かがやってくる
(Something Ricked This Way Comes)
マイク・マクマハン スコット・アルバーツ
ヴィラモア・クルツ
ダン・オコナー
ジョン・ライス
10 リックとの遭遇
(Close Rick-counters of the Rick Kind)
ライアン・リドリー ラフィーノ・ロイ・カマチョ二世
ダン・オコナー
スティーブン・サンドヴァル
11 留守宅にて
(Ricksy Business)
ライアン・リドリー
トム・カウフマン
ラフィーノ・ロイ・カマチョ二世
エリカ・ヘイズ、ダン・オコナー
シーズン2
1
(12)
パラレルワールド
(A Rickle in Time)
マット・ローラー スコット・アルバーツ
マーティン・アーチャー
ウェズ・アーチャー
2
(13)
暗殺者を止めろ!
(Mortynight Run)
デヴィッド・フィリップス ラフィーノ・ロイ・カマチョ二世
エリカ・ヘイズ
ドミニク・ポルチーニョ
3
(14)
最高の休日
(Auto Erotic Assimilation)
ライアン・リドリー マーク・マキシー
テッド・スターン
ブライアン・ニュートン
4
(15)
ニセモノか、ホンモノか
(Total Rickall)
マイク・マクマハン エリック・マクコーネル
ダン・オコナー
フアン・メザレオン
5
(16)
ハイになれ
(Get Schwifty)
トム・カウフマン スコット・アルバーツ
マーティン・アーチャー
ウェズ・アーチャー
6
(17)
スペースカーとミクロ宇宙
(The Ricks Must Be Crazy)
ダン・ガターマン ラフィーノ・ロイ・カマチョ二世
エリカ・ヘイズ
ドミニク・ポルチーニョ
7
(18)
俺はタイニー・リック
(Big Trouble in Little Sanchez)
アレックス・ルーベンス マーク・マキシー
テッド・スターン
ブライアン・ニュートン
8
(19)
宇宙人病院での騒動
(Interdimensional Cable 2: Tempting Fate)
ダン・ガターマン
ライアン・リドリー
ジャスティン・ロイランド
エリカ・ヘイズ
マーク・マキシー
エリック・マクコーネル
ダン・オコナー
フアン・メザレオン
9
(20)
パージ祭り
(Look Who's Purging Now)
ダン・ハーモン
ライアン・リドリー
ジャスティン・ロイランド
ラフィーノ・ロイ・カマチョ二世
エリカ・ヘイズ
ドミニク・ポルチーニョ
10
(21)
とんだウェディング
(The Wedding Squanchers)
トム・カウフマン スコット・アルバーツ
マーティン・アーチャー
ウェズ・アーチャー
シーズン3
1
(22)
絶品の四川風ソース
(The Rickshank Rickdemption)
マイク・マクマハン ラフィーノ・ロイ・カマチョ二世
エリカ・ヘイズ
キョンヘ・リム
フアン・メザレオン
2
(23)
アイソトープ322
(Rickmancing the Stone)
ジェーン・ベッカー マーティン・アーチャー
デヴィッド・ボナンノ
ロケット・エカーズ
ドミニク・ポルチーニョ
3
(24)
ピクルス・リックの冒険
(Pickle Rick)
ジェシカ・ガオ スコット・アルバーツ
エンリケ・ジャルディム
ダグラス・アイナル・オルセン
アントニー・チャン
4
(25)
ビンディケーターズ3
(Vindicators 3: The Return of Worldender)
サラ・カービエナー
エリカ・ロスビ
ユージン・ファン
マーク・マキシー
テッド・スターン
ブライアン・ニュートン
5
(26)
ガクブル・コースター
(The Whirly Dirly Conspiracy)
ライアン・リドリー ラフィーノ・ロイ・カマチョ二世
エリカ・ヘイズ
キョンヘ・リム
フアン・メザレオン
6
(27)
解毒と浄化で超健康
Rest and Ricklaxation)
トム・カウフマン スコット・アルバーツ
エンリケ・ジャルディム
ダグラス・アイナル・オルセン
アントニー・チャン
7
(28)
アトランティス最高!
(The Ricklantis Mixup
Tales from the Citadel)
ダン・ガターマン
ライアン・リドリー
マーティン・アーチャー
デヴィッド・ボナンノ
ロケット・エカーズ
ドミニク・ポルチーニョ
8
(29)
モーティーのパニック・メモリー
(Morty's Mind Blowers)
マイク・マクマハン
ジェームズ・シチリアーノ
ライアン・リドリー
ダン・ガターマン
ジャスティン・ロイランド
ダン・ハーモン
ユージン・ファン
マーク・マキシー
テッド・スターン
ブライアン・ニュートン
9
(30)
フルーピーランドへようこそ
(The ABC's of Beth)
マイク・マクマハン ラフィーノ・ロイ・カマチョ二世
エリカ・ヘイズ
キョンヘ・リム
フアン・メザレオン
10
(31)
アメリカを見捨てた2人
(The Rickchurian Mortydate)
ダン・ハーモン エンリケ・ジャルディム
ダグラス・アイナル・オルセン
アントニー・チャン

公開と評価[編集]

番組は初めてアダルトスイム2012年度の今後の作品発表会で紹介された[5]。アダルトスイムはシーズン1として30分で10話分 (第1話を除く) 発注した[6][7]。脚本のマット・ローラーは Twitter を通じて、番組のシーズン2が更新され、2015年7月26日から放送されることを認めた[8]。シーズン3は2016年10月から放送される予定である。

批評家の評価[編集]

作品は批評家から称賛を受け、レビューサイト Rotten Tomatoes で100%の支持を得ている[9]。さらに、『リック・アンド・モーティ』シーズン1は Metacritic で8つの批評でスコア85を得て「宇宙的称賛」と評されている[1]。『サンフランシスコ・クロニクル』のデイビッド・ウェイギャンドは番組を「一風変わって、時に荒々しい... でもうまくいってる」と綴った。彼はアニメ監督のジェームズ・マクダーモットの「台本通りの新鮮さ、色鮮やかさと荒さ」を保っている点を称え、番組には「『フューチュラマ』、『サウスパーク』や『ビートルジュース』でさえの影を引き継いでいるが、作品のユーモアは『全くのオリジナル』であると感じる」と評した[10]。『ニューヨーク・タイムズ』のニール・ゲンズリンガーは作品を称え「華麗なる錯乱した祖父から孫への教育」と綴った[11]。『バラエティ誌』のトッド・スパングラーは作品に対して冷めた評価をしている。彼は作品には妥協できる点があり、他のアダルトスイムの作品と比較した上で「ウィットに富んでいる点に依存しすぎなだけに見える」とし、番組の「ちょっと大きい空想への自由な挑戦」を楽しんでいた[12]。『The A.V. Club』のデイビッド・シムズは番組に "A-" を与えた。始めの2話分で、彼は「クリーンで単純なスタイル」と称賛している。彼は番組には「暗く、ひどくセンシティブである」と綴り、番組の「各登場人物に対するさらに奥深さを与えようとしている努力」を評し、さらにロイランドの主人公2人分の声の出演も称えている[13]

オンライン配信[編集]

アダルトスイムは第1話を iTunes で配信し、シーズン1全話に、2013年サンディエゴコミコン・インターナショナルでのクリエーターのハーモンとロイランドの37分のインタビューを共に配信した[14]。11話分は番組公式サイトでも視聴ができる[15]。始めの6話分は短期間だったが YouTube にアップロードされていた[16][17]。エピソード『ケーブルテレビのアップグレード』は放送前に局が Instagram に109の15秒動画で配信した[18]。数話分はアダルトスイムの公式サイトで無料で視聴することができるが、他はアメリカでのケーブルテレビ契約者向けに配信されている[19]。シーズン1は2015年6月にオンデマンドサイト Hulu で配信が開始された。シーズン2も2016年6月時点で配信されている[20]

DVD と Blu-ray リリース[編集]

シーズン1全話収録2014年10月7日に DVD (リージョン1) と Blu-ray で発売された[21]。発売前に、ロイランドはピー音が入っていないバージョンもあると認めた[22]。 シーズン2は2016年6月7日に DVD/Blu-ray (リージョン1) で発売された[23]

受賞とノミネート[編集]

年度 部門 候補者 結果
2015 アニー賞 最優秀一般テレビ/放送アニメ制作 『リック・アンド・モーティ』 ノミネート

ゲーム[編集]

Pocket Mortys[編集]

2016年1月14日、Adult Swim Gamesは、iOS/Android用ゲーム『Pocket Mortys』を配信開始した。 『Pocket Mortys』は『ポケットモンスター』シリーズのパロディにもなっており、プレイヤーはリックとなって様々な次元にいるモーティの仲間にしながらゲームを進めていく内容である[24]。モーティには"Rock","Paper","Scissors"の属性のうちいずれかが割り振られており、これらの属性は三すくみとなっている。

哲学[編集]

一部の視聴者は、『リック・アンド・モーティ』は哲学的特徴があるメッセージを伝えていると考えている[25][26]。また番組は実存主義であるという考えもあり[27][28]、リックの大抵の行動や番組を通じて発見できる特徴から立証されている。さらにはモーティはある程度、実存主義すぎると論されている。特にシーズン1第8話『ケーブルテレビのアップグレード』でのサマーに対する屁理屈に現れている:[29][30]

冒険の中で、じーちゃんと僕は世界を破壊したことがあったろ? その事実から逃げ出して、ここに来たんだ。ここでは世界は破壊されてなかったし、僕らは死んでいた。だからここに来て、死んだ自分たちを埋めて、い- 入れ替わって暮らしているだけなんだよ。僕は自分の腐った死体から20メートルしか離れていないところで、毎朝ごはんを食べてる。 [...] みんな産まれようと思って、産まれてきたワケじゃないでしょう? それにいつかみんな死ぬんだよ。テレビ見ようよ。

もう1つの番組が実存主義を伝えている点は、常に宇宙に比べると地球は重要ではないと気付かされることである[28]。この点はジョークでもあるし、真剣議論される点でもある。

参考文献[編集]

  1. ^ a b Metacritic staff (2013年11月22日). “'Rick and Morty' Reviews”. Metacritic. CBS Interactive. 2013年12月26日閲覧。
  2. ^ http://www.wisecrack.co/shows/8-bit-philosophy/the-philosophy-of-rick-and-morty/
  3. ^ a b c d Adult Swim (2013年7月29日) (YouTube). SDCC 2013 - Rick and Morty - Adult Swim. https://www.youtube.com/watch?v=74dgHFEJksI 
  4. ^ a b c Sepinwall, Alan (2014年3月24日). “Mega Dan Harmon interview, part 3: 'Rick and Morty'”. HitFix. http://www.hitfix.com/whats-alan-watching/mega-dan-harmon-interview-part-3-rick-and-morty/1 2014年10月18日閲覧。 
  5. ^ Rose, Lacey (May 15, 2012). “Upfronts 2012: Adult Swim Orders Eight Pilots, Including a Project From CommunityTemplate:'s Dan Harmon”. The Hollywood Reporter. http://www.hollywoodreporter.com/live-feed/adult-swim-pilots-community-harold-kumar-324657 2013年11月26日閲覧。. 
  6. ^ Harnick, Chris (2013年10月29日). “Rick And Morty: Dan Harmon's Animated Series Coming To Adult Swim”. The Huffington Post. AOL. 2013年11月26日閲覧。
  7. ^ O'Neal, Sean (2012年10月29日). “Dan Harmon is still doing just fine, now has an Adult Swim series”. The A.V. Club. The Onion, Inc.. 2013年11月26日閲覧。
  8. ^ Evans, Bradford (2014年1月29日). “Adult Swim Renews Dan Harmon's Rick and Morty for Season 2”. Splitsider. The Awl. 2014年1月29日閲覧。
  9. ^ Rotten Tomatoes: Rick and Morty
  10. ^ Weigand, David (2013年11月26日). Rick and Morty review: Funny and edgy”. San Francisco Chronicle (Hearst Corporation). http://www.sfgate.com/tv/article/Rick-and-Morty-review-Funny-and-edgy-5011147.php 2013年11月26日閲覧。 
  11. ^ Genzlinger, Neil (2013年12月1日). “A Warm and Fuzzy Grandpa? Well, Not Exactly: 'Rick and Morty' on Adult Swim”. New York Times. http://www.nytimes.com/2013/12/02/arts/television/rick-and-morty-on-adult-swim.html 2013年12月7日閲覧。 
  12. ^ Spangler, Todd (December 1, 2013). “TV Review: Rick and Morty. Variety. http://variety.com/2013/tv/reviews/rick-and-morty-tv-review-cartoon-network-adult-swim-1200883197/. 
  13. ^ Sims, David (2013年12月2日). “Dan Harmon's new series is a warped take on the Doc Brown/Marty McFly dynamic”. The A.V. Club. http://www.avclub.com/review/dan-harmons-new-series-is-a-warped-take-on-the-doc-106087 2013年12月3日閲覧。 
  14. ^ Rick and Morty, Season 1”. Apple Inc. (2013年11月8日). 2013年11月26日閲覧。
  15. ^ Rick and Morty – Premieres December 2nd at 10:30p on Adult Swim”. AdultSwim.com. Turner Broadcasting System (2013年11月22日). 2013年11月26日閲覧。
  16. ^ Harris, Aisha (November 27, 2013). “Watch the Pilot for Dan Harmon’s New Animated Series”. Slate. http://www.slate.com/blogs/browbeat/2013/11/27/rick_and_morty_pilot_watch_the_first_episode_of_dan_harmon_s_new_animated.html 2013年11月27日閲覧。. 
  17. ^ Evans, Bradford (2013年11月27日). “You Can Watch the Pilot for Dan Harmon's New Adult Swim Show Online Now”. Splitsider. The Awl. 2013年11月27日閲覧。
  18. ^ Lowensohn, Josh. “Adult Swim splits up 'Rick and Morty' episode into 109 Instagram videos”. The Verge. Vox Media. 2014年3月14日閲覧。
  19. ^ Watch Rick and Morty on Adult Swim”. Adult Swim (2015年6月24日). 2015年6月24日閲覧。
  20. ^ Plaugic, Lizzie (2015年4月23日). “Hulu snags Cartoon Network and Adult Swim shows in exclusive deal”. The Verge. 2015年4月23日閲覧。
  21. ^ Lambert, David (2013年7月11日). “Rick and Morty - 'The Complete 1st Season' on DVD, Blu-ray: Date, Cost, Extras”. TVShowsOnDVD.com. 2013年7月12日閲覧。
  22. ^ Justin Roiland on Twitter”. Twitter. 2013年7月12日閲覧。
  23. ^ Rick and Morty: The Complete Second Season [Blu-ray]”. Amazon. 2016年3月29日閲覧。
  24. ^ Pocket Mortys:ポ○モンマスター目指して別次元の孫同士を戦わせるパロディゲーム”. appbank (2016年1月15日). 2016年7月9日閲覧。
  25. ^ The Deepest Rick and Morty Philosophy Quotes”. Ranker. 2016年1月5日閲覧。
  26. ^ The Sad and Silly World of Rick and Morty - TheHumanist.com” (英語). TheHumanist.com. 2016年1月5日閲覧。
  27. ^ Is Rick and Morty Existentialist? - Philosophy Tube”. YouTube (2015年7月24日). 2016年1月5日閲覧。
  28. ^ a b The Philosophy of Rick and Morty - 8-Bit Philosophy”. YouTube (2015年12月19日). 2016年1月5日閲覧。
  29. ^ Rixty Minutes - TV Episode 2014 - Quotes”. IMDb. 2016年1月5日閲覧。
  30. ^ Rick and Morty: Nobody belongs anywhere, nobody exists on purpose, everybody's going to die.”. YouTube (2014年3月20日). 2016年1月5日閲覧。

外部サイト[編集]