WASIMO

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

WASIMO』(ワシモ)は、宮藤官九郎・作、安斎肇・画による日本絵本児童文学)。『小学一年生』(小学館2012年4月号から同年9月号まで連載された。2013年にハードカバーの単行本が刊行。2014年にはテレビアニメが放送。『小学一年生』(小学館2014年4月号から同年9月号まで続編が連載された。続編の単行本化も予定されている。

ストーリー[編集]

大好きだったおばあちゃんが亡くなって以来、毎日泣いてばかりの孫娘・ひよりを見かねて、パパはおばあちゃんそっくりのロボットWASIMOを作る。

絵本[編集]

  • WASIMO
作:宮藤官九郎、画:安斎肇、出版:小学館、発売日: 2013年1月17日
ISBN 978-4097264996

テレビアニメ[編集]

わしも WASIMO』のタイトルで、2014年3月10日より3月21日までNHK Eテレにて放映された(後に同年4月19日・20日にも放映されている)。また、2015年1月5日から同年3月24日まで第2期が、同年3月30日から9月22日まで第3期が放送された[1]。2016年4月4日からは第4期が放送中。1話10分。第2期からは、月曜日と火曜日に放送されており、2016年4月10日より、日曜朝の再放送が開始した。字幕放送も実施。その時は、わしものセリフ黄色、ひよりのセリフは水色、その他の人物のセリフは白となっている。

スタッフ[編集]

  • 原作 - 作/宮藤官九郎、絵/安斎肇「WASIMO」より
  • シリーズ構成 - 細川徹(第2期・第3期)
  • キャラクターデザイン - 小坂知
  • CGディレクター - 今垣佳奈
  • 色彩設定 - 松本真司
  • 美術監督 - 春日礼児(第1期)、秋葉みのる(第2期・第3期)
  • 撮影監督 - 近藤慎与(第1期)、川口正幸(第2期・第3期)
  • 音響監督 - 平光琢也
  • 音楽 - EDISON
  • プロデューサー - 宮本未来
  • アニメーションプロデューサー - 浦崎宣光
  • 制作統括 - 柏木敦子、柴田裕司
  • 監督 - 今川泰宏(第1期)、川瀬敏文(第2期・第3期)
  • 編集 - 松原理恵
  • 効果 - 山田稔
  • 録音 - 依田章良(第1期)、木澤秀昭(第2期・第3期)
  • 音響制作 - 齋藤祐樹
  • アニメーション制作 - スタジオディーン
  • 制作 - NHKエンタープライズ
  • 製作・著作 - NHK

キャスト[編集]

主題歌[編集]

オープニングテーマ「わしものうた」
作詞 - 宮藤官九郎 / 作曲 - EDISON / 歌 - anahata
エンディングテーマ「わしもわしも」
作曲 - EDISON

放送局[編集]

放送地域 放送局 放送期間 放送日時 備考
第1期
日本全域 NHK Eテレ 2014年3月10日 - 3月21日 月曜 - 金曜 18:00 - 18:10
第2期 -
日本全域 NHK Eテレ 2015年1月5日 - 月・火曜 18:00 - 18:10
再放送
日本全域 NHK Eテレ 2016年4月10日 - 日曜 7:10 - 7:20

各話リスト[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 1月から「おじゃる丸」の放送曜日が変わります。”. アニメワールド+BLOG. 日本放送協会 (2014年11月28日). 2014年12月1日閲覧。
  2. ^ 当初8月11日の放送予定だったが、高校野球中継により日程を変更。
  3. ^ 当初8月17日の放送予定だったが、高校野球中継により日程を変更。
  4. ^ 当初8月8日の放送予定だったが、高校野球中継により日程を変更。
  5. ^ 当初8月9日の放送予定だったが、高校野球中継により日程を変更。
  6. ^ 当初8月16日の放送予定だったが、高校野球中継により日程を変更。

外部リンク[編集]