平光琢也

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
平光 琢也
プロフィール
誕生日 (1955-01-13) 1955年1月13日(63歳)
出身地 日本の旗 日本岐阜県
血液型 O型
主な作品
舞台 美少女戦士セーラームーン
(1994年 - 1999年)

平光 琢也(ひらみつ たくや、1955年1月13日 - )は、日本俳優演出家脚本家音響監督岐阜県出身[1]。「ひらこう」と読まれるが「ひらみつ」が正しい。趣味絵画ドラム

来歴・人物[編集]

神奈川県立小田原高等学校を経て、1975年日本大学芸術学部演劇学科在学中に「劇団魔天楼」を結成。また、同時期に劇団雲研究生、円・演劇研究所研究生を経て、1978年演劇集団 円に俳優として入団[2]

1983年に「劇団魔天楼」で共に活動していた赤星昇一郎郷田ほづみとで結成したお笑いトリオ「怪物ランド」で、『お笑いスター誕生!!』に出場。10週勝ち抜きチャンピオンとなる。その後、怪物ランドの冠番組となった『ウソップランド』(テレビ朝日)に出演し[2]、この番組はカルト的な人気を獲得した。


怪物ランドが活動休止になった後は、所属する演劇集団 円(現在 演劇集団 円  演出部 )の公演やモーニング娘。主演の舞台の演出、テレビアニメの音響監督として活動している[1]。2017年より名古屋芸術大学 芸術学科 音楽領域 教授。

出演作品[編集]

テレビ[編集]

舞台[編集]

  • 夏の夜の夢(1979年/演劇集団 円)
  • から騒ぎ(1979年/演劇集団 円)
  • ユビュ王(1979年/演劇集団 円)
  • おばけリンゴ(1981年/円 こどもステージ)
  • くすくす わっはっは(1994年/円 こどもステージ)

映画[編集]

  • ズームアップ ビニール本の女(1981年/にっかつ
  • ラブレター(1981年/にっかつ)
  • セクシー・ぷりん 癖になりそう(1981年/にっかつ)
  • ドン松五郎の大冒険(1987年/プロジェクトエー)

演出作品[編集]

舞台[編集]

  • WATER ショウパブが演劇になった日(1989年9月29日 - 10月4日/怪物ランドプロデュースvol.1)
  • WATER Again セックスマシーン'90モデル発表会(1990年3月8日 - 11日/怪物ランドプロデュースvol.2)
  • フェロモン〜限定4000人に捧げるセレモニー(1990年7月21日 - 8月5日/怪物ランドプロデュースvol.3)
  • SEXSOPHY〜怪物ランドの高俗と低俗(1991年3月19日 - 27日/怪物ランドプロデュースvol.4)
  • 恋、または横っ面をはられた彼 (1991年6月/【きたみ組】プロデュースvol.1)
  • WATER(再演) (1991年12月13日 - 19日/怪物ランドプロデュースvol.5)
  • Domination〜怪物ランド風SMファンタジー(1992年3月19日 - 24日/怪物ランドプロデュースvol.6)
  • フェロモン(再演)(1992年8月20日 - 23日/怪物ランドプロデュースvol.7)

美少女戦士セーラームーン (ミュージカル)(1994年 - 1999年 バンダイ時代)[編集]

  • 美少女戦士セーラームーンS うさぎ・愛の戦士への道(1994年7月26日- 8月25日 ゆうぽうと簡易保険ホール )
  • 美少女戦士セーラームーンS 変身・スーパー戦士への道(1994年12月28日- 1995年1月16日 サンシャイン劇場、シアタードラマシティ)
  • 美少女戦士セーラームーンS 変身・スーパー戦士への道 【改訂版】(1995年3月26日 - 4月6日 福岡サンパレス他)
  • 美少女戦士セーラームーンスーパーズ 夢戦士・愛・永遠に(1995年7月25日- 8月30日 ゆうぽうと簡易保険ホール 他)
  • 美少女戦士セーラームーンスーパーズ 【改訂版】 夢戦士・愛・永遠に…サターン復活篇(1996年3月24日 - 31日 サンシャイン劇場)
  • 美少女戦士セーラームーン セーラースターズ(1996年8月5日- 30日 サンシャイン劇場 他)
  • 美少女戦士セーラームーン セーラースターズ 【改訂版】(1996年12月28日 - 1997年1月12日 大阪厚生年金会館、サンシャイン劇場)
  • 美少女戦士セーラームーン 永遠伝説(1997年7月25日 - 8月18日 サンシャイン劇場 他)
  • 美少女戦士セーラームーン 永遠伝説 【改訂版】(1998年2月5日- 16日 サンシャイン劇場)
  • 美少女戦士セーラームーン 新伝説降臨(1998年7月10日- 8月20日 サンシャイン劇場 他)

美少女戦士セーラームーン (ミュージカル)(2013年-2017年 ネルケ時代)再び関わる[編集]

  • 美少女戦士セーラームーン -La Reconquista-(2013年9月13日 - 23日[3] アイアシアタートーキョー
  • 美少女戦士セーラームーン -Petite Étrangère-(2014年8月21日 - 9月7日 アイアシアタートーキョー、梅田芸術劇場
  • 美少女戦士セーラームーン -Un Nouveau Voyage-(2015年9月18日 - 10月4日 AiiA 2.5 Theater Tokyo, サンケイホールブリーゼ
  • 美少女戦士セーラームーン -Amour Eternal-(2016年10月15日- 2017年3月11日AiiA 2.5 Theater Tokyo、キャナルシティ劇場、サンケイホールブリーゼ 、恵庭市民会館大ホール)
  • 美少女戦士セーラームーン -Le Mouvement Final-(2017年 9月8日-10月1日 AiiA 2.5 Theater Tokyo、アイプラザ豊橋、梅田芸術劇場)
  • ミュージカル HUNTER×HUNTER(2000年12月26日 - 29日・2001年1月1日 - 4日)
  • ミュージカル HUNTER×HUNTER deja-vu in summer(2001年8月15日 - 20日・25日・26日)
  • 江戸っ娘。忠臣蔵(2003年5月31日 - 6月29日/明治座モーニング娘。主演)
  • リチャード三世(2003年7月10日 - 20日/演劇集団 円)
  • アミューズ25周年記念企画 ミュージカル『FUTARI -ふたり-』(2003年8月14日 - 24日)
  • 後藤真希主演ミュージカル サヨナラのLOVE SONG(2004年2月18日 - 22日・25日 - 29日)
  • ミュージカル ふたり(2004年8月1日 - 11日・19日 - 21日)
  • 革命の林檎(2004年12月22日 - 29日)
  • マクベス(2005年7月22日 - 31日/演劇集団 円)
  • ロックミュージカル BLEACH(2005年8月17日 - 28日)
  • ファウスト(2006年7月21日 - 30日/演劇集団 円)
  • オセロー(2007年7月20日 - 29日/演劇集団 円)
  • 燃ゆる暗闇にて(2010年2月15日 - 21日/円・演劇研究所33期専攻科 卒業公演)
  • シーンズ フロム ザ ビッグ ピクチュアー(2010年10月1日 - 10日/演劇集団 円、紀伊国屋ホール
  • 宝島 (2011年12月18日-27日/演劇集団 円、シアターχ
  • 囁谷シルバー男声合唱団(2014年11月3日-12日 演劇集団 円、ステージ円 11月15日 ピッコロシアター大ホール)
  • SOUND THEATRE 音楽朗読劇 さよならソルシエ(2016年12月 脚色 演出)

脚本作品[編集]

テレビ[編集]

映画[編集]

Webアニメ[編集]

音響監督作品[編集]

ほとんどの作品にネルケプランニングが関わっている。

テレビアニメ[編集]

OVA[編集]

劇場アニメ[編集]

Webアニメ[編集]

CD[編集]

著書[編集]

  • 怪物ランドの生涯
  • スポーションKIDS(原作:タクヤ&M.A.T./画:高田裕三
  • 売れる声優になるためにあなたが今しなければならない30のこと 〜現場が欲しいのはこんな人〜(2014/3/28、幻冬舎、ISBN-10: 4344830865)
  • 小説 ミュージカル 美少女戦士セーラームーン La Reconquista ─ラ レコンキスタ─ (2015/4/1、講談社キャラクター文庫、ISBN-10: 4063148734)

出典[編集]

  1. ^ a b 平光琢也 『売れる声優になるためにあなたが今しなければならない30のこと 〜現場が欲しいのはこんな人〜』、幻冬舎、2014/3/28、奥付より
  2. ^ a b 『ウソップランド』青銅社、1985年1月30日、213-215頁
  3. ^ ミュージカル版美少女戦士セーラームーン公式サイト
  4. ^ ハマノカズゾウ|音響監督|コンビネーション”. 2014年11月2日閲覧。

外部リンク[編集]