キモサベ社中

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search

キモサベ社中(きもさべしゃちゅう)は、1980年代に活動したコントグループ。トリオと思われがちだが、バックバンド2名がいたため、実際は5人編成である。

メンバー[編集]

ポン太、又兵衛、菊之丞はいずれも劇団民藝に所属していた。
キモサベとはアメリカのテレビドラマ『ローン・レンジャー』に出てくるインディアンの方言である。

概要[編集]

1981年に結成。当初のメンバーはポン太、菊之丞、バックバンド2名と別の男性であり、ライブハウスで活動していた。その後、『お笑いスター誕生!!』のオーディションに受かったが、男性がテレビ出演を嫌がって脱退したため、代わりに又兵衛が入った。[1]
キーボード、ギター(楽器はネタによって変わることもある)のバックバンド2名による音の演出を活かしたコントや、ラジオ番組ネタで笑いを取っていた。
1982年に『お笑いスター誕生!!』へ出場。6週勝ち抜き、銀賞を獲得する。1983年にはサバイバルシリーズで優勝した。

ポン太が菊之丞、又兵衛と不仲となり、1984年に二人が脱退。ポン太はバックバンドの1名と他2名でキモサベ社中を再結成したが、後に解散した。
キモサベポン太は俳優として活動するとともに、本名の是枝正彦名義で劇作家、演出家として活動。1988年に(有)パン・プランニングを結成し、多くの舞台を手掛けている。
キモサベ又兵衛は渡部又兵衛、キモサベ菊之丞は松崎菊也と名前を変え、ミュージカル劇団音楽座に所属していた有本まことと「キャラバン」を結成。1988年に解散後、「笑パーティー」、「ジョージボーイズ」と社会風刺コント集団「ザ・ニュースペーパー」を結成した。

受賞歴[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]

出典[編集]

  1. ^ 渡部又兵衛『お笑い芸人 糖尿病と二人連れ』(グラフ社)