斉木しげる

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
斉木 しげる(さいき しげる)
本名 斎藤 滋樹(さいとう しげき)
生年月日 (1949-11-18) 1949年11月18日(67歳)
出身地 静岡県浜松市天竜区
血液型 O型
身長 178cm
最終学歴 早稲田大学教育学部国文学科(現・国語国文学科)中退
グループ名 シティボーイズ
相方 大竹まこときたろう
事務所 ASH&Dコーポレーション
活動時期 1971年 -
同期 風間杜夫
過去の代表番組 今夜もドル箱!
 ほか
他の活動 俳優(テレビドラマ・映画・舞台)
配偶者  既婚
親族 斎藤雅緒(兄)
公式サイト 外部リンク参照

斉木 しげる(さいき しげる、1949年11月18日 - )は、日本俳優タレント。本名、斎藤 滋樹(さいとう しげき)。静岡県浜松市天竜区出身。芝居ユニットシティボーイズ大竹まこと・斉木しげる・きたろう)の一人。実兄はイラストレーター・画家の斎藤雅緒。

経歴・人物[編集]

静岡県立浜松西高等学校卒業早稲田大学教育学部国文学科(現・国語国文学科)中退

1971年秋、通っていた俳優座養成所を中退した仲間が集まり、劇団『表現劇場』を結成。このときのメンバーに、大竹まこときたろうの二人と俳優の風間杜夫がいた。のちに大竹、きたろうと、シティボーイズを結成する。

テレビドラマでの役どころは、生真面目な父親役が多い。また、特撮作品の出演も多い。

かつて『魔法少女ちゅうかなぱいぱい!』『魔法少女ちゅうかないぱねま!』など、東映不思議コメディーシリーズに3年連続でレギュラー出演した。その際には、無責任な父親像を演じたかったと回想。「僕は実生活でも子どもに対しては放任主義だったんだけど、それをよりデフォルメした感じで芝居をしていた」と話している。3年間の出演が終わった後で、原作の石ノ森章太郎から花魁の色紙を贈られたときは、かつて石ノ森の『幻魔大戦』を愛読していたこともあって感激したという[1]

1994年、シティボーイズ結成15周年記念ライヴ『ゴム脳市場』のイメージソングとしてライヴ会場でCD発売された『恋人たちのゴム脳』[2] はその後、斉木の持ち歌となり、数々のライヴで歌われている。

人の肉体を見て、血液型を見抜くことができるという特技を持つ。『未来創造堂』(日本テレビ系)でゲストで出演した時に披露したが、しかしこの時は5人中2人の血液型を間違えている。

腕時計をしないことで知られる。 持ち物には執着が全くと言っていい程なく、かばんですら大きめの紙袋で代用してしまう。

自動車の運転免許を持っていない。きたろうによると、ハンドルを握ると周囲に暴言を吐くなど凶暴な性格になるとのことで、あえて保有していないのだという[3]

主な出演[編集]

テレビドラマ[編集]

バラエティー[編集]

パチンコ名人と名乗り、全国各地のパチンコ店で制限時間内の遊技による出玉数を競う。ゲストのタレントを迎え撃った。
おもなゲスト対戦者:ブラザートムデビット伊東(玉聖)、大原かおり(玉乳)、内山信二(玉龍)※後に称号剥奪。

ほか多数

ドキュメンタリー[編集]

  • NHK BS特集「自動車の半世紀 東京モーターショーの50年」(2005年10月23日)ナレーション・ドラマシーン出演
  • 『非破壊検査PRESENTS「お江戸ミステリー 家康が最も怖れた仕掛人」』(2011年1月23日、日本テレビ) - 再現ドラマ出演・栗山膳四郎役
  • NHKスペシャルMEGAQUAKE 巨大地震Ⅱ」(2012年6月、NHK総合)ドラマシーン出演

ラジオ[編集]

映画[編集]

オリジナルビデオ[編集]

CD[編集]

  • 『恋人たちのゴム脳』(1994年) - シティボーイズ結成15周年記念『ゴム脳市場』イメージソング

外部リンク[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 「東映ヒロインMAX」Vol.5(2007年、辰巳出版)
  2. ^ 楽曲提供者である小西康陽がリーダーのピチカートファイヴのライヴ会場でもCD発売された。
  3. ^ おぎやはぎの愛車遍歴 NO CAR, NO LIFE!』2013年12月30日放送分より
  4. ^ “ファンキー加藤主演作に小池徹平、平愛梨、DISH//小林龍二ら参加”. 映画ナタリー. (2015年11月27日). http://natalie.mu/eiga/news/167292 2016年5月18日閲覧。 

関連項目[編集]