ぱいかじ南海作戦

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
ぱいかじ南海作戦
著者 椎名誠
発行日 2004年4月
発行元 新潮社
ジャンル 冒険小説
日本の旗 日本
言語 日本語
形態 文庫本
[ Wikidata-logo-en.svg ウィキデータ項目を編集 ]
テンプレートを表示

ぱいかじ南海作戦』(ぱいかじなんかいさくせん)は、椎名誠による日本小説2004年4月新潮社より発売。「ぱいかじ」とは沖縄方言で「南風」のこと。

2012年には本作を原作とした映画が製作・公開された。

あらすじ[編集]

カメラマンを本業とする男・佐々木は、勤務していた会社をリストラされ、さらには愛する妻・佐和子に逃げられ、一人寂しく暮らしていた。

ある日、佐々木は東京から沖縄へ一人旅立つ。飛行機から船を乗り継ぎ、辿り着いた島に住む4人のホームレスと楽しい一夜を過ごした佐々木だったが、翌朝目覚めると、持って来たはずの全財産(バッグなど)がなくなっていた。

途方に暮れた佐々木は、都会からやってきた青年「オッコチ」、関西在住の美女2人組「アパ」「キミ」と出会う。二人のおかげで料理の質が高くなり、掘った落とし穴にイノシシが落ちて大喜び。そんな中、ホームレス4人組の噂を聞きつけた佐々木は、彼らから全財産を取り返すべく、“ある作戦”を決行するために、島に渡る。4人とも見事な土下座をして謝る。帰ると2人組を連れ帰りにきたおばさんたちがいた。元妻の撮影のADもやってきて「イントレ」(高い足場)が必要だといわれ、土下座の4人もきて作り上げる。撮影隊もやってきて忙しい…。

映画[編集]

ぱいかじ南海作戦
監督 細川徹
脚本 細川徹
原作 椎名誠
製作 重村博文
中尾哲郎
中原研一
前田浩子
製作総指揮 大月俊倫
出演者 阿部サダヲ
永山絢斗
貫地谷しほり
佐々木希
音楽 櫻井映子
主題歌 星野源「パロディ」
撮影 芦澤明子
編集 菊井貴繁
製作会社 キングレコード
テレビ東京
BSジャパン
アルケミー・プロダクションズ
配給 キングレコード/ティ・ジョイ
公開 2012年7月14日
上映時間 115分
製作国 日本の旗 日本
言語 日本語
テンプレートを表示

放送作家・脚本家として活躍する細川徹が、初めて実写映画のメガホンをとった作品。2011年11月沖縄県西表島でロケを行い、2012年7月14日新宿バルト9他で劇場公開された。

キャッチ・コピーは「終点の先にパラダイスがあった!・・・のか???」。

キャスト[編集]

スタッフ[編集]

  • 監督・脚本:細川徹
  • 原作:椎名誠
  • 製作総指揮:大月俊倫
  • 製作:重村博文中尾哲郎、中原研一、前田浩子
  • プロデュース:前田浩子
  • 企画:近藤良英、橋本直樹
  • 撮影:芦澤明子
  • 美術:新田隆之
  • 音楽:櫻井映子
  • 音楽プロデューサー:緑川徹
  • 録音:岡本立洋
  • 照明:永田英則
  • 編集:菊井貴繁
  • 衣裳/スタイリスト:堀井香苗
  • ヘアメイク:石邑麻由
  • ビデオエンジニア(VE):鏡原圭吾
  • アソシエイト・プロデューサー: 森山敦
  • ライン・プロデューサー:森太郎
  • 制作担当:関浩紀
  • 助監督:潮崎遵
  • スクリプター/記録:矢野千鳥
  • 制作プロダクション:アルケミー・プロダクションズ、ウィルコ
  • 『ぱいかじ南海作戦』製作委員会:キングレコードテレビ東京BSジャパン、アルケミー・プロダクションズ
  • 配給:キングレコード、ティ・ジョイ

主題歌[編集]

  • 星野源「パロディ」
    • シングル「夢の外へ」(2012年7月4日発売)のカップリング曲。

外部リンク[編集]