沖縄方言

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
沖縄語
沖縄方言
沖縄口/ウチナーグチ
話される国 日本
地域 沖縄諸島
話者数 984,000人 (2000年)
言語系統
言語コード
ISO 639-1 なし
ISO 639-3 ryu
Boundaries of the Okinawan Languages.svg
  沖縄方言
消滅危険度評価
Definitely endangered (UNESCO)
Status-unesco-definitely.svg
テンプレートを表示

沖縄方言(おきなわほうげん)または沖縄語(おきなわご)、沖縄中南部方言(おきなわちゅうなんぶほうげん)は、琉球語(琉球方言)のうち、沖縄諸島中南部で話される方言言語)の総称である。話される範囲には沖縄本島中南部と慶良間諸島久米島渡名喜島粟国島奥武島浜比嘉島平安座島宮城島伊計島が含まれる。国頭方言との境界は太平洋側ではうるま市石川と金武町屋嘉の間に、東シナ海側では恩納村恩納と谷茶の間にある[1]。現地ではウチナーグチと呼ばれる。

琉球語には沖縄方言以外に、奄美方言八重山方言などがあり、しばしば互いに意思疎通が困難なほど言語学的に隔たりがあるため、それぞれ沖縄語、奄美語、八重山語などと一個の独立した言語とみなす立場もある。この立場の場合、これら言語を総括して琉球諸語、あるいは琉球語派と呼ぶことがある。

ここでは、言語説と方言説の両意見を考慮して琉球語沖縄方言(琉球語派沖縄語)と併記する。

概要[編集]

琉球語沖縄方言(琉球語派沖縄語)は、さらに中部方言(首里方言・那覇方言を含む)と南部方言の2つのグループに大きく分けられている。沖縄本島北部から沖永良部島鹿児島県)の言葉は、これとは別の方言である(国頭方言を参照のこと)。また津堅島久高島は、地理的には沖縄諸島南部だが、ハ行p音を持つなど国頭方言的要素がある[2]

琉球王国の時代、王府首里城のある首里に集まる按司同士で通じる共通語としてつくられたのが首里方言で、尚真中央集権支配の間(1476年-1526年)に完成された。1534年より首里王府によって編纂された沖縄最古の歌謡集おもろさうしに琉球古語が使われており、首里方言の源流であるとされる。首里方言は王族と上流階級によって使われる公用語であったが、庶民の間ではそれぞれの土地の言葉が使われた。琉球王府の公文書や、琉歌漢文を除く)、組踊などの口承文芸、文学は、首里方言で書かれている。首里方言では、各地で失われた古い発音の区別を残しており、士族男子は訓練によって規範的な発音を身につけていた。商売人などの間の共通語としては首里方言よりも那覇方言が広く使用され、明治以降は次第に首里方言に代わって那覇方言が地域共通語の地位を占めるようになった。首里方言は士族階級の解体とともに消えていき、20世紀後半にはどの地域、どの階級においても体系的には用いられなくなった[3]

音韻[編集]

音韻体系[編集]

原則的には、琉球語沖縄方言(琉球語派沖縄語)には以下の音素が認められる[4]

  • 母音音素 /i, e, a, o, u/
  • 半母音音素 /j, w/
  • 子音音素 /p, b, t, d, k, g, ʔ, s, z, c, h, r, m, n/
  • 拍音素 /N, Q/

このうち/e/および/o/は短母音として現れることは少なく、多くは長母音として現れる。/N/(撥音)、/Q/(促音)は語中・語尾だけでなく、語頭にも出現する点が日本語と異なる。また母音・半母音・撥音の前で声門破裂音ʔの有無が区別される。ただし久米島方言ではʔは無くなっている[5]

那覇市垣花、小禄南城市奥武津堅島等、一部の方言では無声破裂音・無声破擦音で有気音と無気喉頭化音の区別がある[4]。他の沖縄中南部方言では区別はない。また那覇方言など一部では/d/が/r/に変化しており、/d/音素を欠いている所がある[4]

モーラ表[編集]

以下に、那覇方言のの一覧を示す。那覇方言ではダ行がないが、他の多くの方言では/di/[di]、/de/[de]、/da/[da]、/do/[do]、/du/[du]を持つ。首里方言では、シ(ʃi)とスィ(si)、シェ(ʃe)とセ(se)、チ(tʃi)とツィ(tsi)、さらにdʒの行とdzの行の区別があった[6]

那覇方言の拍体系[7][8]
/i/ /e/ /a/ /o/ /u/ /ja/ /jo/ /ju/ /wi/ /we/ /wa/  
/ʔ/
/ʔi/
[ʔi]

/ʔe/
[ʔe]

/ʔa/
[ʔa]

/ʔo/
[ʔo]

/ʔu/
[ʔu]
ッヤ
/ʔja/
[ʔja]
ッヨ
/ʔjo/
[ʔjo]
  ッウィ
/ʔwi/
[ʔwi]
ッウェ
/ʔwe/
[ʔwe]
ッワ
/ʔwa/
[ʔwa]
ッン
/ʔN/
[ʔm]
[ʔn]
/Ø/
/i/
[i]
[ji]

/e/
[e]
[je]

/a/
[a]

/o/
[o]

/u/
[u]
[wu]

/ja/
[ja]

/jo/
[jo]

/ju/
[ju]
ウィ
/wi/
[wi]
ウェ
/we/
[we]

/wa/
[wa]

/N/
[m]
[n]
[ŋ]
[ɴ]
/h/
/hi/
[çi]

/he/
[he]

/ha/
[ha]

/ho/
[ho]

/hu/
[ɸu]
ヒャ
/hja/
[ça]
ヒョ
/hjo/
[ço]
  フィ
/hwi/
[ɸi]
フェ
/hwe/
[ɸe]
ファ
/hwa/
[ɸa]
 
/k/
/ki/
[ki]

/ke/
[ke]

/ka/
[ka]

/ko/
[ko]

/ku/
[ku]
      クィ
/kwi/
[kwi]
クェ
/kwe/
[kwe]
クヮ
/kwa/
[kwa]
 
/g/
/gi/
[gi]

/ge/
[ge]

/ga/
[ga]

/go/
[go]

/gu/
[gu]
      グィ
/gwi/
[gwi]
グェ
/gwe/
[gwe]
グヮ
/gwa/
[gwa]
 
/t/ ティ
/ti/
[ti]

/te/
[te]

/ta/
[ta]

/to/
[to]
トゥ
/tu/
[tu]
             
/c/
/ci/
[tʃi]
チェ
/ce/
[tʃe]
チャ
/ca/
[tʃa]
チョ
/co/
[tʃo]
チュ
/cu/
[tʃu]
           
/s/
/si/
[ʃi]
シェ
/se/
[ʃe]

/sa/
[sa]

/so/
[so]

/su/
[su]
  ショ
/sjo/
[ʃo]
シュ
/sju/
[ʃu]
       
/z/[9]
/zi/
[dʒi]
ジェ
/ze/
[dʒe]
ジャ
/za/
[dʒa]
ジョ
/zo/
[dʒo]
ジュ
/zu/
[dʒu]
             
/n/
/ni/
[ni]

/ne/
[ne]

/na/
[na]

/no/
[no]

/nu/
[nu]
             
/r/
/ri/
[ɾi]

/re/
[ɾe]

/ra/
[ɾa]

/ro/
[ɾo]

/ru/
[ɾu]
             
/p/
/pi/
[pi]

/pe/
[pe]

/pa/
[pa]

/po/
[po]

/pu/
[pu]
             
/b/
/bi/
[bi]

/be/
[be]

/ba/
[ba]

/bo/
[bo]

/bu/
[bu]
  ビョ
/bjo/
[bjo]
         
/m/
/mi/
[mi]

/me/
[me]

/ma/
[ma]

/mo/
[mo]

/mu/
[mu]
             
 
/Q/
[k,t,s,tʃ,ʃ,p]

日本語共通語との対応関係[編集]

琉球語沖縄方言(琉球語派沖縄語)では、日本語のオ段母音がuに、エ段母音がiに対応している。そのため殆どの行で日本語のオ段とウ段、エ段とイ段は統合している。ただカ行イ段のキは一部地域を除きci(チ)に変化を起こしている[10]

またタ行・サ行ではウ段がイ段に統合している。すなわち、日本語のスはsiとなってシ・セと統合し、日本語のツはciとなってチと統合している(テはtiとなるためチと区別がある)。これらの行ではオ段のソ、トはsu、tuとなっても、ス、ツとの区別は残っている[10]

日本語共通語 沖縄方言 備考
エ /e/ イ /i/ 日本語のテに対応するのはチ [ʨi] ではなくティ [ti]
オ /o/ ウ /u/ 日本語のトに対応するのはツ [tsu]ではなくトゥ [tu]、ドに対応するのはヅ [dzu] ではなくドゥ [du]
アイ /ai/ エー /ee/
アエ /ae/
アウ /au/ オー /oo/
アオ /ao/
キ /ki/ チ /ci/ [ʨi]。糸満方言ではキのまま[11]
ス /su/ シ /si/
ツ /cu/ チ /ci/
ダ /da/ ラ /ra/ 那覇方言ではダ行 [d] とラ行 [ɾ] は合流した。
デ /de/ リ /ri/
ド /do/ ル /ru/
ハ行/h/ ハ行/h/ ただし津堅島、久高島ではパ行/p/[12]
リ /ri/ イ /i/ イリ /iri/ は変化なし。
アワ /awa/ アー /aa/

アクセント[編集]

沖縄方言はアクセントの型(パターン)を2種類持つ二型式アクセントである。沖縄県内では宮古方言八重山方言の一部も二型式アクセントである。九州では、長崎県南部から佐賀県中南部、熊本県の南西部、宮崎県えびの市鹿児島県の陸地部(一型式アクセントを使用する曽於市志布志市を除く)や甑島列島、屋久島奄美群島の一部が二型式アクセントである。

文法[編集]

琉球語沖縄方言(琉球語派沖縄語)では多くの古典文法の特徴が保たれている。例えば、終止形連体形の区別や、所有格「が」(首里方言では死語)、主格「ぬ」(共通語の「の」)、さらにそのほか、主格としての「が」「ぬ」の敬体と常体での使い分けが挙げられる。

動詞[編集]

琉球語沖縄方言(琉球語派沖縄語)の動詞の語形変化は、動詞が何種類かの異なった語幹を持ち、それぞれの語幹に各種接辞が付くことで各活用形を生み出している。沖縄方言の動詞の語形変化を見るのに、まずは日本語の「書く」にあたる動詞カチュン/kacuN/、「取る」にあたる動詞トゥイン/tuiN/について、いくつかの用法を示す。

那覇方言の「書く」「取る」の語形変化
「書く」 「取る」 意味用法
語形 日本語 語形 日本語
カカン/kakaN/ 書かない トゥラン/turaN/ 取らない 否定
カクナ/kakuna/ 書くな トゥルナ/turuna/ 取るな 禁止
カチブサン/kacibusaN/ 書きたい トゥイブサン/tuibusaN/ 取りたい 願望
カチャビーン/kacabiiN/ 書きます トゥヤビーン/tujabiiN/ 取ります 丁寧
カチュン/kacuN/ 書く。 トゥイン/tuiN/ 取る。 終止
カチュル/kacuru/ 書く… トゥイル/tuiru/ 取る… 連体
カチ/kaci/ 書いて トゥッティ/tuQti/ 取って 接続
カチャン/kacaN/ 書いた トゥッタン/tuQtaN/ 取った 過去

以上より、「書く」の活用からはkak、kacという異なった語幹が抽出できる。また「取る」では語幹tur、tu、tuj、tuQtが抽出できる。

語幹[編集]

那覇方言の動詞の活用形を整理すると、基本語幹(kak・tur)、連用語幹(kac・tu(j))、派生語幹(kac・tu)、音便語幹(kac・tuQt)の4種の語幹に、各種の語尾が付いて活用形が構成されていることが分かる[13]。基本語幹からは未然形・命令形・条件形などが、連用語幹からは連用形・丁寧形が、派生語幹からは終止形・連体形などが、音便語幹からは接続形・過去形などが形作られる。連用語幹は基本語幹に連用形語尾(i)が付いて末尾子音が変化したものであり、派生語幹は連用形にウン(をり)が付いて変化したもの、音便語幹は連用形に「て」が付いて変化したものである[13]。沖縄方言の動詞活用は、日本語と同じ元来の活用形だけでなく、連用形+「をり」から変化した各活用形が加わっているため、日本語よりも複雑化している。

語幹は、頭語幹と語幹末尾に分けることができる。以下に、那覇方言の各種動詞の4種の語幹の一覧を示す。那覇方言の活用の種類は第1種動詞から第3種動詞までの3種に分かれ、おおまかには日本語の五段活用動詞が第1種動詞、ラ行五段動詞と上一段下一段動詞が第2種に当たる。沖縄方言では上一段・下一段動詞はほぼラ行五段活用化している。(以下の表で○印は無を表す。語形は全て音素表記。)

那覇方言の第1種動詞の語幹[14]
日本語 頭語幹 語幹末 同種の活用をする動詞
基本語幹 連用語幹 派生語幹 音便語幹
書く ka k c c c kacuN(書く)、cicuN(聞く)、sacuN(咲く)、ʔaQcuN(歩く)
漕ぐ kuu g z z z kuuzuN(漕ぐ)、ʔwiizuN(泳ぐ)、ʔoozuN(扇ぐ)
立つ ta t c c Qc tacuN(立つ)、ʔucuN(打つ)、kacuN(勝つ)
育つ sura t c c c suracuN(育つ)、tamucuN(保つ)、kucuN(朽ちる)
殺す kuru s s s c kurusuN(殺す)、meesuN(燃やす)、haNsuN(外す)
為る s s s s suN(為る)、siQkwasuN(敷く)、hiQkoosuN(比較する)
呼ぶ ju b b b r jubuN(呼ぶ)、tubuN(飛ぶ)、musubuN(結ぶ)
読む ju m m m r jumuN(読む)、numuN(飲む)、ʔamuN(編む)
眠る niN r z z t niNzuN(眠る)、kaNzuN(被る)、ʔaNzuN(あぶる)
見る NN r z z c NNzuN(見る)、kuNzuN(括る)
那覇方言の第2種動詞の語幹[14]
日本語 頭語幹 語幹末 同種の活用をする動詞
基本語幹 連用語幹 派生語幹 音便語幹
取る tu r ○/j Qt tuiN(取る)
刈る ka r ○/j t kaiN(刈る)、nubuiN(登る)、ʔaraiN(洗う)
蹴る ki r ○/j Qc kiiN(蹴る)、ʔiiN(入る)、hiiN(放る)、ciiN(切る)
煮る ni r ○/j c/(Qt) niiN(煮る)、ciiN(着る)、ʔiiN(言う)、iiN(座る)

※第2種動詞の連用形では連用語幹の左側(○)、丁寧形では連用語幹の右側(j)を使う。

那覇方言の第3種動詞の語幹[14]
日本語 頭語幹 語幹末 同種の活用をする動詞
基本語幹 連用語幹 派生語幹 音便語幹
有る ʔa r ○/j/i t ʔaN(有る)、uN(居る)、jaN(である)

※第3種動詞の連用形では連用語幹の左側(○)、丁寧形では連用語幹の右側(j、i)を使う。

以上の3種のほか、ʔicuN(行く)、sinuN(死ぬ)、cuuN(来る)などの、不規則活用をする動詞がある。

活用形[編集]

各語幹に様々な接辞が付いて活用形が構成される。以下に那覇方言の各活用形の語形と用法を述べる[14][13]

未然形
基本語幹+a。単独で意志・勧誘を表す(これを志向形とも言う)。また、N(否定)、riiN(可能・受身)、suN(使役)、a・wa(仮定条件)などの接辞が付く。(例)kaka(書こう)、mataN(待たない)、cikariiN(聞こえる)、ʔwiigasuN(泳がせる)、ʔikaa(行けば)、kakawa(書けば)。
条件形1
基本語幹+ee。単独で条件を表す。未然形を使った仮定条件と違って既定条件を表し、文脈によって「~なら」とも「~ので」とも訳せる[13]
命令形1
基本語幹+i。単独で命令を表す。
命令形2
基本語幹+ee。同じく命令を表す。
連体形1
基本語幹+u。na(な。禁止)、ka(まで)、kazirii(まで・かぎり)などが付く。
連用形
連用語幹+i。ga(~しに)、ciroo(~しそう)、uusuN(~できる)、busaN(~したい)などが付く。
丁寧形
連用語幹+(j)abiiN/ibiiN。第1種動詞では連用語幹+abiiN、第2種動詞では頭語幹+jabiiN、第3種動詞では頭語幹+jabiiNまたは頭語幹+ibiiNとなる[14]。日本語の「~ます」にあたる。
終止形(現在形)
派生語幹+uN/iN/N。第1種動詞にはuNが、第2種動詞にはiNが、第3種動詞にはNが付く[14]。派生語幹から成る活用形は連体形以下も同様にu/i/○の交替がある。なお、第2種動詞の終止形語尾をiNではなくjuNとしている辞書等もあるが、20世紀後半にはjuNは高齢層で稀に聞かれるだけで、ほぼiNに統一されていた[14]。かつての首里方言ではjuN・iN並存だった。
現在形は、未来や、特定の時間に限定されない行為を表すほかに、現在のことを表す点が日本語と異なる。すなわち、日本語で「新聞を読んでいる」と言うところをsiNbuN junuNと言う[15]。沖縄方言の現在形は元々「をり」を含んでいる形であり、西日本方言で進行アスペクトを表す「連用形+よる(をり)」との関係が考えられる。
連体形2
派生語幹+uru/iru/ru。後に名詞が続くほか、baa(~時)、hazi(~はず)などの語が付く。また、強調の助詞ru(ぞ)に呼応して係り結びをつくる。
未然形2(ga係り結び形)
派生語幹+ura/ira/ra。疑問の助詞ga(か)に呼応して係り結びをつくる。
条件形2
派生語幹+uraa/iraa/raa。「~なら」という条件を表す。
準体形
派生語幹+u/i/○。si(の)、siga(~のだが)、sa(よ)、gutu(理由)、ga(疑問)、mi・i(たずね)などが付く。
過去進行形
派生語幹+utaN/itaN/taN。過去における動作の進行を表す。
接続形
音便語幹+i。「~して」の意味を表す。
過去形
音便語幹+aN。過去を表す。
完了形(確証過去形)
音便語幹+eeN。ある動作・行為の結果が現在残っていて、過去に確かにそれが行なわれたことを表す[13][16]。「(今までに)きっと~している」「~したに違いない」「~してある」などと訳される[15]
継続形
音便語幹+ooN。動作の結果あるいは継続進行を表す[16]。「~している」などと訳される。

過去進行形、過去形、完了形、継続形は、それ自体がさらに活用をして、連体形、係結形、条件形、準体形などを持つ。例えば過去(終止)形kacaN(書いた)は過去連体形kacaru(書いた…)、過去条件形kacaraa(書いたなら)のように変化する。

形容詞[編集]

琉球語沖縄方言(琉球語派沖縄語)の形容詞は、語幹+「さ」に動詞アン(ある)を付けた形から成り立っている。例えば連体形の「高い」にあたるものにはtakasaruやtakasaːruなどがあるが、これは「高さある」が変化したものである。また、終止形の「高い」にあたるものにはtakasanやtakasaːnなどがあり、「高さありむ」が変化したものとみられる[17]。このような歴史的経緯から琉球語沖縄方言(琉球語派沖縄語)の形容詞は、ほとんど動詞と同じように活用する。連用形1だけは、語幹+クという形で成り立っていて「さ」を含まない。また規範的には、形容詞には終止形語尾がサンで終わるものとシャンで終わるものの2種類がある(それぞれ文語ク活用、シク活用に対応する)が、慣用発音ではシャンもサンに変化する。

那覇方言の形容詞の活用[13]
  連用形1 条件形1 条件形2 連用形2 名詞形 終止形 連体形 ga係結形 接続形 過去形 確証過去形 丁寧形
高い タカク タカサラー タカサレー タカサイ タカサ タカサン タカサル タカサラ タカサティ タカサタン タカサテーン タカサイビーン

次に久米島儀間方言での例文を示す[18]

  • takaku nai(高くなる)
  • takasaːreː numa n(高ければ飲まない)
  • tʃurasaːn jaː(美しいね)
  • ʔuri ru takasaːru(これが高いのだ)
  • nuːga takasaːra(何が高いのだろうか)
  • takasaː miː(高いか)
  • takasaːti n koːi(高くても買う)

独立した言語としての「沖縄語」[編集]

2009年2月19日にユネスコが発表した調査結果によると、世界で約2500の言語が消滅の危機にあるとし、日本の南西諸島における諸語もその対象となった。この中で琉球語沖縄方言(琉球語派沖縄語)は、琉球語奄美方言→「奄美語」・琉球語国頭方言→「国頭語」・琉球語宮古方言→「宮古語」・琉球語八重山方言→「八重山語」・琉球語与那国方言→「与那国語」とともに、それぞれ独立した1個の言語「沖縄語」とみなされた。

ユネスコの担当者は、「これらの言語が日本で方言として扱われているのは認識しているが、国際的な基準だと独立の言語と扱うのが妥当と考えた」という[19]。これを受けて参議院議員である糸数慶子は、「ユネスコが独立した言語とした8言語は、言語なのか、方言なのか」など、7項目を「沖縄の言語に関する質問主意書」として政府に提出した[20]。この質問に対し政府は、我が国で最も普通に使われている言語が「日本語」であり、地方で共通的に用いられる言葉が「方言」とされるとの見解を示した上で[21]、「『言語』及び『方言』の用語は、様々な意味を有するものと承知しており、お尋ねに一概にお答えすることは困難である」とした[22]

キリスト教信仰に基づく少数言語のための組織である国際SILが出版しているエスノローグによると、日本で使われている言語として日本語アイヌ語朝鮮語とともに、「中央沖縄語(Okinawan, Central)」が挙げられているが、エスノローグでは言語学者や一般の人の理解と異なる分類を載せることがあり、日本国内では、中央沖縄語の呼称は使われない。

この他にも、南西諸島における言語として、喜界語・北奄美語・南奄美語・徳之島語・沖永良部語・与論語・国頭語・宮古語・八重山語・与那国語といった言語を多く挙げているが[23]これらの言語は、琉球語の諸方言とみなされている[24]。また、国際SIL自体も方言であるとの意見を排除しないと表明している。2007年に沖縄周辺地域の語として沖縄島中央「ryu」[25]、与那国島「yoi」[26]、徳之島「tkn」[27]など計11種がISO 639-3として言語コードに追加された。

他の方言群[編集]

Ryukyuan dialects map.png
北琉球方言
南琉球方言(先島方言群)

琉球語沖縄方言(琉球語派沖縄語)を作中で使っている作品等[編集]

参考文献[編集]

  • 内間直仁(1984)『琉球方言文法の研究』笠間書院
  • 中本正智(1976)『琉球方言音韻の研究』法政大学出版局
  • 飯豊毅一・日野資純・佐藤亮一編(1984)『講座方言学 10 沖縄・奄美の方言』国書刊行会
  • 内間直仁・野原三義(2006)『沖縄語辞典-那覇方言を中心に』研究社
  • 半田一郎(1999)『琉球語辞典-那覇・首里を中心とする沖縄広域語準拠』大学書林
  • 野原三義(1977)「沖縄那覇方言の音韻」(『沖縄国際大学文学部紀要(国文学篇)』6-1号)
  • 野原三義(1976)「沖縄那覇方言動詞の活用」(『沖縄国際大学文学部紀要(国文学篇)』4-2号)
  • 鈴木重幸(1960)「首里方言の動詞のいいきりの形」(『国語学』41号)
  • 外間守善(1977)「沖縄の言語とその歴史」(『岩波講座 日本語11方言』岩波書店)
  • 平山輝男編(1997)『日本のことばシリーズ 47 沖縄県の言葉(北琉球)』明治書院

脚注[編集]

  1. ^ 『岩波講座 日本語11方言』212-213頁。
  2. ^ 『岩波講座 日本語11方言』213頁。
  3. ^ 飯豊ほか(1984)189頁。
  4. ^ a b c 飯豊ほか(1984)190-195頁。
  5. ^ 『岩波講座 日本語11方言』217頁。
  6. ^ 国立国語研究所(1963)『沖縄語辞典』大蔵省印刷局。
  7. ^ 内間・野原(2006)、ⅹⅴ‐ⅹⅹ頁。
  8. ^ 野原(1977)。
  9. ^ [dʒ]~[ʒ]
  10. ^ a b 中本(1976)371-387頁。
  11. ^ 中本(1976)296頁。
  12. ^ 飯豊ほか(1984)226頁。
  13. ^ a b c d e f 内間・野原(2006)、ⅹⅹⅶ-ⅹⅹⅹⅲ頁。
  14. ^ a b c d e f g 野原(1976)。
  15. ^ a b 鈴木(1960)。
  16. ^ a b 平山編(1997)、35頁。
  17. ^ 内間(1984)「形容詞活用の通時的考察」
  18. ^ 例文はいずれも内間(1984)、588-589頁からの引用。
  19. ^ 世界2500言語消滅危機、ユネスコ「日本は8語対象」, asahi.com
  20. ^ 沖縄の言語に関する質問主意書
  21. ^ 第171回国会、内閣参質一七一第八九号、人間が音声又は文字を用いて、思想、感情、意志等を伝達するために用いる記号体系が「言語」とされ、共通語とは異なった形で地方的に用いられることばが「方言」とされ、我が国において、現在、最も普通に使われている言語が「日本語」とされていると承知している。
  22. ^ 参議院議員糸数慶子君提出沖縄の言語に関する質問に対する答弁書
  23. ^ Ethnologue report for Japan, Ethnologue (2005)
  24. ^ 亀井孝河野六郎千野栄一 編著 『言語学大辞典セレクション 日本列島の言語』 三省堂 (1997)
  25. ^ Documentation for ISO 639 identifier: ryu,SIL international (2007)
  26. ^ Documentation for ISO 639 identifier: yoi,SIL international (2007)
  27. ^ Documentation for ISO 639 identifier: tkn,SIL international (2007)

関連項目[編集]

外部リンク[編集]