キングレコード

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
キングレコード株式会社
KING RECORD CO., LTD.
King Records logo.svg
Kingrecords Company.jpg
キングレコード本社外観
種類 株式会社
略称 キング
本社所在地 日本の旗 日本
112-0013
東京都文京区音羽1丁目2番3号
設立 1951年11月
業種 情報・通信業
法人番号 3010001002017
事業内容 音楽コンテンツの製作・発売
代表者 重村博文(代表取締役会長)
坂本敏明(代表取締役社長)
資本金 13億円
売上高 212億500万円(2017年3月実績)[1]
従業員数 277人(2017年12月現在)
主要株主 (株)講談社
(株)TBSテレビ
主要子会社 ベルウッド・レコード(株)
(株)ポリゴン・ピクチュアズ
関係する人物 村上潔
三嶋章夫
森山敦
johnny
外部リンク http://www.kingrecords.co.jp/
テンプレートを表示
関口台スタジオ
1939年当時の『出征兵士を送る歌』のレコードスリーブ・カード

キングレコード株式会社KING RECORD CO., LTD.)は、日本レコード会社出版社である講談社(当時・大日本雄辯會講談社)の音楽部門として1931年に発足した。ロゴ表記は主にKING RECORDSが使用されているが、戦前から使われているライオンマークも存在する。なおキングの名称は講談社の雑誌『キング』に由来する。

概要[編集]

1931年に大日本雄辯會講談社系列として創業。社名は同社が発行していた大衆向け雑誌『キング』に因む。戦前は主に「キング」「キングレコード」のレーベル名で、日本コロムビア日本ビクター(現:JVCケンウッド・ビクターエンタテインメント)日本ポリドール(現:ユニバーサル ミュージックLLC)テイチク(現:テイチクエンタテインメント)といった大手レーベルと並び、流行歌軍歌(戦時歌謡)を製作・発表。『愛馬進軍歌』『出征兵士を送る歌』などがヒットする。戦時中、敵性語排斥により『キング』が『富士』に改名したことを受けて「富士音盤(ふじおんばん)」とレーベル名を変更したが、戦後になってもとの『キング』に戻したことからレーベル名も「キングレコード」に戻す。1951年にキングレコード株式会社として独立(設立)。

日本コロムビアやテイチクエンタテインメント、日本クラウン同様、演歌に強いレコード会社としても知られており、1990年代後半の演歌歌手リストラが問題化した際には、リストラされた一部演歌歌手の受け入れを行っている。

また、ノンプロ歌手のレーベルとしても有名で、ここからデビューしたノンプロ歌手を俗に「キング歌手」とも呼ぶ[要出典]

目下の音楽業界のCD不況の中、黒字経営であり、17年間もの間、連続で黒字を達成している[2]

レーベル[編集]

主な制作部署として、演歌歌謡曲部門「第一クリエイティブ本部」、J-POP部門「第二クリエイティブ本部」、アニメ声優部門「キング・アミューズメント・クリエイティブ本部」と2017年2月1日に新設された「第0クリエイティブ本部」[3]がある。

J-POP部門に属するレーベルとしてAKB48関連の「You, Be Cool!」(ユー・ビー・クール)やロック専門の「STANDING THERE, ROCKS」(スタンディング・ゼア・ロックス)がある。

サブレーベルとして、子会社でありニューミュージックの「ベルウッド・レコード」、ヘヴィメタルプログレッシブ・ロック専門の「NEXUS」(ネクサス)[注 1]フュージョンの「ELECTRIC BIRD」(エレクトリックバード)、ダンスミュージックの「Venus-B」(ヴィーナスビー)、スターチャイルドから派生したももいろクローバーZやアニメ・実写関連の「EVIL LINE RECORDS」(イーブルラインレコード)、クラシック専門で旧東ドイツの「ドイツ・シャルプラッテン」、童謡などキッズ向け楽曲の「すくいく」を持っている。

またゲームミュージック関連では、ドラゴンクエストシリーズを扱う「SUGIレーベル」を持ち、かつては「ファルコムレーベル」、「コナミレーベル」を持っていたことがあるほか、1980年代から2005年頃まではゲームソフトの販売にも携わっていた。

なお、上記各部門やサブレーベルに属さない映像単体作品に関しては、映像制作部が制作を担当している[注 2]

1960年代に、根本進の漫画『クリちゃん』をイメージキャラクターとした童謡レーベル「クリちゃんレコード」を持っていた[4]

沿革[編集]

子会社[編集]

「…のすべて」、「…の謎」シリーズ[編集]

軍艦マーチのすべて」を1998年に発売して以降、キングレコードは「…のすべて」、「…の謎」シリーズを展開してきた。2003年(平成15年)度には、「むすんでひらいての謎」が第58回文化庁芸術祭優秀賞を受賞した。

「…のすべて」シリーズ一覧[編集]

発売日 タイトル 規格品番
1998年4月24日 軍艦マーチのすべて KICG-3073
2018年4月4日 KICG-3073
2000年6月7日 軍歌のすべて KICW-8021/2
マーチのすべて KICW-8035/6
2002年5月1日 KICW-8153/4
2004年5月8日 KICW-8313/4
2006年6月22日 KICW-8447/8
2008年5月9日 KICW-9117/8
2000年12月6日 君が代のすべて KICG-3074
2002年3月6日 螢の光のすべて KICG-3075
2014年3月5日 螢の光のすべて (改定版) KICG-3263
2003年6月25日 荒城の月のすべて KICG-3133
2003年11月6日 ラジオ体操のすべて KICG-3079
2004年3月3日 四国民謡のすべて KICH-2408
2005年6月22日 海ゆかばのすべて KICG-3228
2006年7月28日 お玉じゃくしと権兵衛さんのすべて KICG-3238

「…の謎」シリーズ一覧[編集]

発売日 タイトル 規格品番
2003年3月5日 むすんでひらいての謎 KICG-3077
2003年9月26日 五木の子守唄の謎 KICG-3078
2004年9月1日 赤とんぼの謎 KICG-3080
2005年8月3日 アリランの謎 KICG-3230

ゲームソフト[編集]

発売日 タイトル ゲームハード
1987年8月7日 ミラクルロピット 2100年の大冒険 ファミリーコンピュータ
1989年3月17日 ジーザス 恐怖のバイオモンスター
1990年11月21日 コロダイス ゲームボーイ
1991年5月17日 ラブルセイバー
1992年2月27日 ラブルセイバー2
1992年6月26日 総合格闘技 アストラルバウト スーパーファミコン
1993年10月8日 スーパー競走馬 風のシルフィード
1993年8月27日 勝馬予想 競馬貴族 ゲームボーイ
1994年2月28日 総合格闘技 アストラルバウト2 スーパーファミコン
1994年7月29日 勝馬予想 競馬貴族EX'94 ゲームボーイ
1994年9月23日 ラリーニクソン スーパーバスフィッシング スーパーファミコン
1995年4月14日 勝馬予想 競馬貴族EX'95 ゲームボーイ
1995年10月20日 RINGS 〜アストラルバウト3〜 スーパーファミコン
1996年3月15日 フィッシング甲子園 セガサターン
1996年5月31日 スーパーファミコン
1996年8月23日 出世麻雀大接待 PlayStation
1996年12月27日 セガサターン
1997年3月14日 フィッシング甲子園2 PlayStation
1997年5月30日 セガサターン
1996年3月15日 爆れつハンターR セガサターン
1997年10月23日 マリオ武者野の超将棋塾 PlayStation
1998年1月15日 セガサターン
1998年8月6日 3×3EYES 〜転輪王幻夢〜 PlayStation
1998年9月10日 どきどきポヤッチオ
1998年10月16日 新競馬貴族ポケットジョッキー ゲームボーイ
1999年1月28日 DUKE NUKEM TOTAL MELT DOWN PlayStation
1999年3月11日 奏(騒)楽都市OSAKA
1999年7月23日 ポケットルアーボーイ ゲームボーイ
2000年9月29日 新世紀エヴァンゲリオン 麻雀補完計画 ゲームボーイカラー
2001年12月21日 シャーマンキング 超・占事略決 ふんばり編/メラメラ編
2002年7月26日 シャーマンキング 超・占事略決2 ゲームボーイアドバンス
2002年12月13日 シャーマンキング 超・占事略決3
2003年4月25日 あずまんが大王アドバンス
2004年4月23日 宇宙のステルヴィア
2005年9月9日 瓶詰妖精 〜はる・なつ・あき・ふゆ せんせいさんと一緒〜 Windows 98 / 2000 / Me / XP

脚注[編集]

[ヘルプ]

注釈[編集]

  1. ^ 時期によってはNEXUSに代わって「CRIME」(クライム)となっていた。
  2. ^ この部署は以前、旧第三クリエイティブ本部に属していたが、アニメ・声優関連作品担当の同本部MM制作部を新しい第三クリエイティブ本部へと昇格させることになった為に分離され、本部に属さない独立部署となった。
  3. ^ 同第1号は、エドゥアルト・ファン・ベイヌム指揮のアムステルダム・コンセルトヘボウ管弦楽団の演奏による、ブラームス作曲の「交響曲第1番」だった(LP規格品番:LLA-10001、レコード芸術誌推薦)。
  4. ^ デッカ・レコード原盤、ロンドンレーベル。1958年5月、スイス・ジュネーブのヴィクトリア・ホールにて録音された。レコード芸術推薦盤。
  5. ^ 同レコード第1号は、ズービン・メータ指揮、ウィーン・フィルハーモニー管弦楽団ほかの演奏による、マーラー作曲、交響曲第2番「復活」だった(規格品番:K33C-70001 - 2(2枚組)、レコード芸術誌推薦)。
  6. ^ 同原盤は、日本ではワーナーミュージック・ジャパンに発売が移行する。

出典[編集]

参考文献[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]