細川徹

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

細川 徹(ほそかわ とおる、本名同じ、愛称は『細川くん』『細川さん』。1971年(昭和46年)10月15日 - )は日本放送作家脚本家演出家映画監督、自身が構成作家を務めるラジオ番組宮藤官九郎のオールナイトニッポンGOLDの人気コーナー「烏丸せつこ最強説!」では宮藤官九郎とともに濡れ場評論家として活躍中。埼玉県出身。成城大学出身で学生当時は映画サークルに所属していた。大人計画所属。妻はイラストレーターの五月女ケイ子。熱烈なカレー好きで仕事の忙しさが増すと「グリーンカレーが食べたくなる」とつぶやく。2010年に第1子(長女)が誕生。

人物[編集]

  • 自身を親バカと言うほど大の親バカである。自身の著書で娘に『かわいいと言うことに抵抗はありません』と記載するほどである。
  • パソコンのEnterキーを勢いよく押しすぎてしまうため頻繁に破損する。
  • iPhoneやMacなどApple製品を愛用している。
  • 映画初出演は2009年公開の宮藤官九郎監督『少年メリケンサック』。宮藤官九郎監督作品に頻繁に出演している。

主な作品[編集]

舞台[編集]

  • 『スチャダラ2010』(1996年 脚本) 演出 - 宮沢章夫 出演 - スチャダラパー
  • 『スチャダラ2010 X'masスペシャル』(1996年 脚本) 演出 - 宮沢章夫 出演 - スチャダラパー他
  • 『きたろう二人芝居「おこられ太」』(1999年 脚本) 共同脚本 - 宮藤官九郎 出演 - きたろう
  • 『alt.special issue 10大ニュース祭り』(1999年 作家・演出)
  • 『スーパーガールのエゴトピア』(2000年 作家・演出・出演)
  • 『O.N.アベックホームラン』(2000年 作家・演出) 出演 - 大堀こういち温水洋一 共同作・演出 - O.N.アベックホームラン[1]
  • 『シティボーイズミックス - ラ・ハッスル・きのこショー』(2001年 作家)
  • 『男子はだまってなさいよ! 1』(2002年 作家・演出、2002年)
  • 『男子はだまってなさいよ! 20時間弱コント展』(2002年 作家・演出)
  • 『男子はだまってなさいよ! 2』(2002年 作家・演出)
  • 『シティボーイズミックス - パパ・センプリチータ』(2002年 作家)
  • 『VTRS - VTR回転』(2002年 脚本・監督・出演)
  • 『シティボーイズミックス - NOTA~恙無き限界ワルツ』(2003年 作家・演出)
  • 『男子はだまってなさいよ! 3』(2003年 作家・演出)
  • 『シティボーイズミックス - だめな人の前をメザシを持って移動中』(2004年 作家・演出)
  • 『男子はだまってなさいよ! 4 - バカワールドカップ』(2004年 作家・演出)
  • 『O.N.アベックホームラン2 頭ビョンこころの銃』(2004年 作家・演出) 出演 - 大堀こういち・温水洋一 共同作・演出 - O.N.アベックホームラン[1]
  • 『シティボーイズミックス - メンタル三兄弟の恋』(2005年 作家・演出)
  • 『シティボーイズミックス - マンドラゴラの降る沼』(2006年 作家・演出)
  • 『男子はだまってなさいよ! 5 - 宇宙戦争』(2006年 作家・演出)
  • 『O.N.アベックホームランベスト ちがいます』(2006年 作家・演出) 出演 - 大堀こういち・温水洋一 共同作・演出 - O.N.アベックホームラン[1]
  • 『シティボーイズミックス - モーゴの人々』(2007年 作家・演出)
  • 『O.N.アベックホームラン4 セプテンバーホール』(2007年 作家・演出) 出演 - 大堀こういち・温水洋一 共同作・演出 - O.N.アベックホームラン[1]
  • 『シティボーイズミックス - オペレッタ ロータスとピエーレ』(2008年 作家・演出)
  • 『O.N.アベックホームラン in 福岡』(2008年 作家・演出) 出演 - 大堀こういち・温水洋一 共同作・演出 - O.N.アベックホームラン[1]
  • 『男子はだまってなさいよ! 宿題すませず夜遊び!! 1』(2009年 作家・演出・出演)
  • 『シティボーイズミックス - そこで黄金のキッス』(作・演出・出演、2009年)
  • 俺たちは天使だ! NO ANGEL NO LUCK 〜 地球滅亡30分前!』(2009年 演出)
  • 『O.N.アベックホームラン5 1000』(2009年 作家・演出) 出演 - 大堀こういち・温水洋一 共同作・演出 - O.N.アベックホームラン[1]
  • 『男子はだまってなさいよ! 6 - 男子はだまってなさいョ! 全員集合』(2009年 作家・演出)
  • 『男子はだまってなさいよ! 7 - 天才バカボン』(2010年 作家・演出)
  • 『男子はだまってなさいよ! 8 - アダルト』(2011年 作家・演出)
  • 『男子はだまってなさいよ! 9 - 聖バカコント』(2013年 作家・演出)
  • 『ラバーガールsolo live+ GAME』(2013年 作家・演出)
  • レディ ジュエルペットの魔法のミュージカル『誕生!リトルレディジュエル』 (2014年 作家・作詞・演出)

テレビ[編集]

映画[編集]

ビデオ[編集]

  • 『ローカルニュース』(1999年 中村義洋監督) - 出演
  • ほんとにあった! 呪いのビデオ 3巻』(1999年) - 出演(ラジオドラマ収録中の不可解な現象の体験者として。「細徹とおる」名義。)
  • 『人間の屑』(2000年 中嶋竹彦監督) - 出演
  • 『少年メリケンサック』(2009年 宮藤官九郎監督) - 出演(居酒屋「江戸っ子」の店員)
  • 『少年メリケンサックを探せ』(2009年)-構成・出演
  • 『バカ昔ばなし』(2011年)-脚本・監督
  • 『バカ昔ばなし その弐』(2012年)-脚本・監督
  • 『劇場版 バカ昔ばなし〜じじいウォーズ』(2013年)-脚本・監督

CM[編集]

その他の活動[編集]

  • 「リフト」ニフティショートフィルム脚本(監督:竹内鉄郎 主演:雨上がり決死隊)
  • 「月刊☆TV」KDDI(au)EZチャンネル企画・構成

  *「こんな怪人出来ました」「だめな心霊写真」のコーナーディレクション

  • 亀は意外と速く泳ぐ」三木聡監督作品、劇場予告編監督
  • 「男子はだまってなさいよ!の四畳半レイディオ」ネットラジオ配信中
  • 東京オンリーピック」“バカ近代四種” 監督
  • 「ひとり身の上相談」TVブロス(東京ニュース通信社)
  • 「大人の時間ですよ!」TVブロス(東京ニュース通信社)
  • 「新しい新しい単位」(扶桑社)
  • 「図解 世界のしくみ」(扶桑社)
  • 「バカ昔ばなし」シリーズ (絵本版・DVD版共に脚本・演出 ティー・オーエンタテインメント
  • 宮藤官九郎のオールナイトニッポンGOLD」構成 (ニッポン放送)
  • 「親バカ本」(マガジンハウス)

脚注[編集]

  1. ^ a b c d e f 大堀こういちの「O」と、温水洋一の「N」をとってO.N.アベックホームランというユニット名となっている。
  2. ^ 杏、映画初主演!アマチュアオーケストラで指揮棒を振る「オケ老人!」”. 映画.com (2015年10月10日). 2015年10月13日閲覧。

外部リンク[編集]