九十九一

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
九十九 一
本名 福地 隆(ふくち たかし
生年月日 (1952-11-01) 1952年11月1日(65歳)
出身地 日本の旗 日本 大阪府大阪市
血液型 AB型
身長 168cm
言語 日本語
方言 共通語大阪弁
師匠 滝あきら
上岡龍太郎
芸風 漫談
事務所 ワンダー・プロダクション
活動時期 1976年 -
同期 小堺一機松本竜助
配偶者  住友優子
親族 メイビ(息子)

九十九 一(つくも はじめ、[1]1952年11月1日 - )は、日本お笑い芸人俳優脚本家演出家である。本名:福地 隆(ふくち たかし)。

ピン芸人(漫談・ひとりコント)として芸能活動開始。現在は俳優(主に喜劇)として活動テリトリーを拡げ、放送作家としても活動している。大阪府大阪市出身。ワンダー・プロダクション所属。過去にE-Pin企画所属していた。

来歴[編集]

高校時代から落語家を目指し、3代目桂米朝への弟子入りを志すも、3代目笑福亭仁鶴らによる落語ブームが生じたため断念する。母親からは高校だけは卒業するようにと言われ、高校卒業後は全国各地を転々と放浪した。

帰阪後の1976年滝あきらの門下から「滝たかし」の芸名でデビューする。ほどなくして「滝シード」に改名し、1年ほどで師の下を離れると、上岡龍太郎にも師事して「九十九一」に改名した。

ピン芸人漫談・ひとりコント)として舞台やラジオ番組に出演していたが[2]1979年に上京し、1981年には日本テレビオーディション番組お笑いスター誕生!!』に出場する。同年5月にグランプリの座を獲得して人気を博し、ブレイク後はタレントとしてテレビ番組に出演するとともに構成作家などの裏方でも活動した。

1990年代以降は俳優として映画テレビドラマにも出演しているほか、観客参加型の謎解きイベント『ミステリーナイト』の企画や脚本を担当したり、舞台演劇の脚本・演出を担当したりもしている。2013年12月には16年ぶりとなるピンライブをお台場で開催した[2]

人物[編集]

  • 「九十九一」という芸名は、トーマス・エジソンが言ったとされる格言「発明は99%の努力と1%のひらめき」が由来である。その一方で、好みの数字から「九十九」という名字を選んだとも述べている[1]
  • 妻は声優住友優子、息子は俳優メイビ(本名:福地明比)である。メイビは九十九が手掛けた『ミステリー・ナイト』での出演を皮切りに、テレビドラマや舞台に出演している。
  • 無類のギャンブル好きである。『ミステリーナイト』では参加者の集団を1号艇や2号艇と分けたり、息子のメイビに「幼少のころ、父と馬ばかりの動物園に遊びに行っ」ていたと暴露されたりしている。

主な出演番組[編集]

バラエティ番組[編集]

テレビドラマ[編集]

映画[編集]

舞台[編集]

  • 悪魔のいるクリスマス
  • E-Pin企画主催イベント
  • 大都会の独り言1〜3
  • おきばりやす
  • ザ・近松
  • 最後の…一本
  • は・れ・み
  • 九十九夜一夜物語
  • 吉本百年物語 10月公演「これで誕生! 吉本新喜劇」

CM・ナレーション[編集]

レコード[編集]

九十九1〜九十九一の部屋[編集]

1981年アルファレコードから『九十九1(つくもファースト)〜九十九一の部屋』(No:ALR-28021)と題されたレコードが発売された。

同時期にアルファレコードから発売されていたスネークマンショーの一連のアルバムを完全に意識したと思われるコント、本人の歌唱による歌謡曲で構成されたアルバムである。同アルバムのジャケット付帯の帯には「話題騒然!コントに唄に九十九の魅力がぎっしり詰まった超お徳用盤ついに登場」とのキャッチコピーが添えられていた。

このアルバムのB-3に収録されている「淋しがりやのあなた b/w うつむいた時間」(ALR-741)はのちにアルファレコードからシングルカットされた。アルバム収録曲「湯の町ブルース」「淋しがりやのあなた」は猪俣公章が作曲した。ライナーでは「サウンドエフェクター」「協力(漫画)」として漫画家赤塚不二夫の名前がクレジットされている。

収録曲一覧

SIDE A:

  1. ローカル・ニュース(2'22")
  2. 青春ラジオ・ドラマ「幸子」(6'00")
  3. 唄:東京哀歌(エレジー) (3'45")
  4. ノンフィクション・アワー「お父ちゃんが翔んだ」(5'48")
  5. 臨時ニュース(1'12")
  6. ラジオ討論会「学歴は必要か」(5'18)
  7. 唄:湯の町ブルース(4'14")
  8. スポーツ・ニュース(0'41")

SIDE B:

  1. 演歌オペラ「桃太郎」全二幕(7'29")
  2. 綴り方朗読「もう犬は飼わないぞ」(5'02")
  3. 唄:淋しがりやのあなた(3'27")
  4. SFドラマ「内臓プッシュホン」(4'23")
  5. プロ野菜ニュース(0'39")
  6. クリスタル・ストーリー「恋人選び」(5'53")・テーマ音楽:LOVE HUNTER
  7. 天気予想(1'07")

脚注[編集]

  1. ^ a b 河北新報1999年1月3日付「9の物語/一歩先を進む優越感/九十九一さんに聞く」
  2. ^ a b あの人は今こうしている シュールな芸で席巻も…九十九一「バラエティー撤退」を語る(日刊ゲンダイ、2014年3月10日)

外部リンク[編集]